人生に飽きた人へ。人生がつまらないと感じる原因と楽しむ方法を紹介

人生に飽きたと感じる方へ。今記事では、人生に飽きたと感じる理由から、人生に飽きた人へ実践してほしい人生を謳歌する方法まで詳しく解説します。さらに、人生について考えさせられるおすすめの映画もご紹介!人生を少しでも退屈と感じる方は、ぜひ参考にして楽しい日々を過ごしましょう!

”人生に飽きた”と感じる時ってありますよね。

人生に飽きてしまった人

「なんだか、毎日つまらないなぁ。刺激がなんにもないし。どうせ、明日も明後日も同じ事の繰り返し…。飽きちゃったなぁ。」

なんて、自分の毎日が、自分の人生がつまらないと感じていませんか。それ、人生に飽きているサインかもしれません。

退屈でつまらないと感じている人生をもっと楽しむためには、一体どうしたら良いのでしょうか?

今回は、人生に飽きてしまったり、毎日つまらないと感じたりする原因と、自分の人生を楽しむようにするための方法を詳しくご紹介します。


何がきっかけ?人生に飽きたと感じてしまう原因とは

「自分の人生がつまらない、もう飽きちゃった…。」なんて思い、物心ついた時から、ずっと感じているわけではありませんよね。

では、一体どこが人生に飽きるターニングポイントになっているのでしょうか?

まずは、自分の人生に飽きたと感じてしまう原因やきっかけについて、詳しく見ていきましょう。


人生に飽きる原因1. 毎日同じような日々を繰り返して刺激が足りない

平日は、毎日同じ時間に起きて会社に行って、同じような時間に帰ってくる。そして、休日は近所のスーパーで買い物して後は、平日に出来ない家の掃除や洗濯をするだけ。

仕事を始めた頃は、ベストな時間配分がよく分からず、あたふたしてしまったけど、仕事に慣れる頃には、自分にとってベストなルーティーンもしっかり出来上がってきますよね。

ルーティーンは毎日つつがなく過ごすために大切ですが、その一方で、毎日同じ事の繰り返しにもなりがちです。

そして、気がつけば、まるで判で押したかのように生活リズムがばっちり固定化。これでは、刺激も何もありませんよね。


人生に飽きる原因2. やりたい夢や目標がなく、惰性で日々を過ごしている

「仕事は、毎日卒なくこなしているけど、ただそれだけ。仕事の後や休日は、特にやる事もなくて、だらだら過ごしているうちにあっという間に終わってしまう…。」

そういう場合も人生をつまらない、飽きたと感じやすくなります。

なぜなら、時間を忘れてワクワクするような趣味もなく、モチベーションが高くなるようなやりたい夢や目標がないから。

ただただ毎日なんとなく過ごしているので、ぼんやりと人生が退屈だと感じてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


人生に飽きる原因3. 年齢を重ねるごとに、10代・20代前半と比べて楽しいことがない

ちょっとでも面白そうと感じた事には、何でも挑戦できた10代や20代前半。

「なんであんな事出来たのか、今となってはとっても不思議…。今だったら絶対無理。」なんて、自分でも思ってしまうほど、怖いもの知らずだったあの頃。30代も近くなると、昔の勢いが信じられないほど。

よくよく思い返してみると、その頃って、退屈とは縁がなかったと思いませんか。年齢を重ねるごとに自然と経験値も上がっていくもの、そして下がる基礎体力…。

経験値が上がると無茶な挑戦をする前に、「失敗したらどうしよう。私には向かないかも」といろいろ予測してしまうのです。

その結果、新しい事に挑戦して失敗するよりも、今のままでいようと考えてしまい、退屈な毎日ができあがります。

【参考記事】はこちら▽


人生に飽きる原因4. マイナス思考で物事をネガティブに捉えてしまう

無鉄砲に何でも飛び込んでいけるのは、若さゆえの特権。そして、若くなくても前向きでプラス思考の持ち主だけ。

以前のような若さはなく、何事もネガティブに捉えてしまいがちなマイナス思考の場合、何か新しい事を始めようと思っても、ワクワクする側面より危険かもしれない側面ばかり考えてしまうのです。

その結果、新しい事に挑戦する事なく、毎日同じ退屈な事の繰り返しとなって、「人生飽きた…。どうして?」となってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


人生に飽きる原因5. 自分の将来を諦めてしまった

「会社の出世コースから外れてしまった。」「こんな自分が結婚できるはずもない…。」

こんな風に自分自身に失望して自分の将来に明るい未来が描けない場合、新しいワクワクするような事に挑戦しようとする気持ちすら失せてしまうことも多々ありますよね。

この場合、「人生飽きたな」というよりも、「自分はなんて退屈でつまらない人間なんだろう」と自分自身に対して諦めてしまっているのです。


人生に飽きたと感じる人に試してほしい!人生を楽しむ方法とは

「昔はもっと毎日楽しかったはずなのに、今じゃ楽しい事なんて何もない。もうこんな毎日飽きた…。」と感じる場合、一体どうしたら、毎日を楽しむ事ができるのでしょうか?

ここでは、同じ毎日の繰り返しに飽きたら試してほしい、自分の人生をもっと楽しむ方法について具体的にご紹介します。


人生を楽しむ方法1. やりたいことや興味のあることを紙に書き出してみる

毎日同じ事の繰り返しのように見えても、同僚や上司との会話や、テレビや雑誌、ネットなどで見かけた情報で気になった事や、やってみたいと思った事ってありますよね。

「ドイツって有給が年に何週間も貰えるって、ホントかな。ホントなら、そういう会社で働きたいな。ビール好きだし、ドイツ行ってみたいかも。」などと、気になった事は、全て紙に書き出してみましょう。

書き方や書く順番は気にする必要がありません。とにかく、一枚の紙に書き出してみましょう。

また、やりたいことに「女性だから無理かな?」「男性がやったらおかしいって思われるかな?」などと、性差を気にする必要もありません。

紙に書いて可視化してみると、本当に自分がやりたい事や興味がある事なども少しずつ見えてきますよ。

【参考記事】はこちら▽


人生を楽しむ方法2. 新しい趣味や習い事にチャレンジしてみる

仕事の後は、家でごろごろテレビを見るだけだったり、同僚と飲んで帰るだけなら、その時間を新しい趣味や習い事の時間にあててみましょう。

「時間は多少あるけど、趣味とか特にないから何を始めればいいか分からない…。」という場合は、本屋さんに行ってみましょう。

自分でネットで検索すると、自分が知っている情報ぐらいしか検索する事ができませんが、本屋さんなら、自分の知らない世界がたくさん並んでいます。

いろんなジャンルの本や雑誌が並んでいるのを眺めていくだけでも、その中から自分が興味ありそうな事を見つけやすくなりますよ。

新しい趣味や習い事は、退屈でつまらないと感じている自分自身の心に新鮮な気持ちを取り戻してくれます

【参考記事】はこちら▽


人生を楽しむ方法3. 人生で必ず叶えたい夢や目標を設定してみる

自分の人生に「飽きた、退屈、つまらない…。」などと感じてしまうのは、自分自身の人生に達成したい事がないから。

「フランス語をマスターして、パリの会社で働く!」などと、自分自身の人生で必ず達成したい夢や目標を設定してみましょう。

「始発で行って終電で帰る毎日じゃ、そもそもフランス語を勉強する時間すらないけどさ。」などと、手を付ける前から諦めてしまうのはやめましょう。

千里の道も一歩から

夢や目標に年齢は関係ありません。30代であろうと、40代であろうと、気にすることなく夢や目標を設定しましょう。

一見、無謀そうに見えても、自分で必ず達成したい夢や目標が出来るとその夢や目標に近づき達成するまで、飽きたり退屈だと感じる事がなくなりますよ。


人生を楽しむ方法4. 人生を謳歌している人と行動を共にする

自分の人生がつまらないと感じているからといって、周りにいる人全てが同じようにつまらないと感じているわけではありませんよね。

例えば「週末にダイビングしに行くから、今日は仕事の後は新しいダイビングショップに行くんだよね。早く定時にならないかなぁ。」と、毎日ワクワク楽しんでいる人っていますよね。

身近に楽しそうな人がいるのであれば、思い切って一緒に行動させてもらいましょう

いきなり、ダイビングに行くのが難しいのであれば、1人だったら絶対素通りしそうな、ダイビングショップに一緒に連れて行ってもらいましょう。

入った事のないダイビングショップ、実際に見たことないダイビングの装備、ダイビングを楽しんでいる人達の話など、退屈な毎日にキラキラした刺激を与えてくれる事間違い無しですよ。


人生を楽しむ方法5. 周囲の顔色は気にせず、自分の感情通りに行動する

世の中には、自分に直接関係がなくても、他人の言動にアレコレと難癖をつけてくれる厄介な人達が少なからず存在します。

そういう厄介な人達は、他人が新しい事をし始めるとどこからともなくあらわれ、どうでもいいような文句をつけるのです。

「そんな事しても、今更出世なんてできないでしょ。時間の無駄だよ。」

でも、そんな周りの声や顔色ばかりを伺って、大人しく毎日同じ事を繰り返していても、ただただつまらないだけ。

周りの人の機嫌を損ねないように、怒られないようにと息を潜めて気を使いすぎると、やがて自分が本当にしたかった事が分からなくなっていきます。

あなたの人生はあなただけのもの。あれこれ口出ししてくれる他人の人生ではありません。

まずは、他人の顔色を気にせず、自分の思うままに素直に行動できるようにしてみましょう。これは、仕事だけでなく、恋愛などプライベートでも同じですよ。


人生を楽しむ方法6. 思い立ったらすぐ行動へ移す習慣をつける

「東京で今週末コスメフェアかぁ。行きたいけど、こんな離島からじゃ東京行くまで何時間かかる事やら…。」と理由をつけて行動しない事ってありますよね。

行かない理由、やらない理由を見つけるのはとっても簡単。でも、それはとてももったいない!

人生は、いつも思い立ったら行動する方が良いです。

少しでも興味があるなら、さくっと行動してみましょう。楽しい事や面白い事はいつだって現場で起きています。


人生を楽しむ方法7. 本気で好きになれる恋人を見つける

好きな人が特にいなく、文字通り独身の毎日は刺激も少ない穏やかで退屈な毎日の繰り返し。

熱中できるような趣味ややってみたい事も特に見当たらないのであれば、思い切って恋人探しをしてみましょう。

毎日、職場と家の往復で退屈な毎日でも、気になる女性や男性が表れれば、その人からの連絡を心待ちにしたり、デートの日を指折り数えて、仕事しか出来ない日でも気持ちがワクワクしてきます。

心の底から好きだと思えるような恋人が見つかれば、退屈でつまらないと思えた毎日も、刺激的でキラキラした毎日に早変わりしますよ。


人生を楽しむ方法8. 普段から笑顔で過ごすことを心がける

「もうこんな人生飽きた。つまらなすぎてもう嫌だ…。」なんて、自分自身の人生がつまらないと、どうしても考え方もネガティブになって塞ぎ込んでしまいがち。

でも、毎日がつまらないから、人生に飽きたからと、いつも不機嫌な顔をしていると、周囲の人も離れていってしまいます。

できるだけ、にこにこと笑顔で過ごすようにしてみましょう。

「あの人、最近、いつも機嫌が良さそうだね。」と周囲の人が思うぐらい笑顔でいると、自然と人も集まってきますよね。人が集まってくれば、その分楽しい事や面白い事に遭遇しやすくなりますよ


人生を楽しむ方法9. 結婚して子育てをする

恋人がいても、毎日がつまらない事なんてよくある話。特に付き合いが長くなり、倦怠期真っ只中だとデートしてもワクワクしませんよね。

そんな時にこそ、結婚を検討してみましょう。かなりの荒技のように聞こえるかもしれませんが、結婚し、恋人から夫婦になり、そして、子供が出来れば親になりますよね。

結婚しても夫婦二人だけでは、恋人時代とあまり変わらなくても、子供ができれば新しい生きがいを見つけられやすくなりますよ


人生を楽しむ方法10. 一人旅に出かけて見聞を広げてみる

一人旅というと、何日も一人で見知らぬ土地をさまようイメージがありますが、何もそこまで大げさな一人旅をする必要はありません。週末の日帰り一人旅や二泊三日のプチ一人旅も、立派な一人旅です。

一人だけで知らない土地に行くと、嫌でも自分で一人で考えて自分が興味ありそうな場所などを探しますよね。

毎日同じ事を繰り返すだけの毎日とは真逆な環境に一時的でも身を置くことで、自分が本当にやりたい事や楽しいと感じる事に気づけるようになりますよ。


人生を楽しむ方法11. 引っ越して環境を一新してみる

仕事を始めたばかりの頃は新鮮だった通勤路も、毎日同じ道を往復しているとすっかり慣れてしまいます。通勤路にある面白そうなお店を開拓していた20代を経て、30代ともなれば、たとえ新しいお店がオープンしていても刺激にすらなりません。

なぜなら、通勤路に飽き飽きしているから。そんな時には、思い切って引っ越ししてしまいましょう。

「引越の理由が『なんだか飽きたから。』だなんて、おかしいよ。」って思うかもしれませんが、環境を変えると気持ちも大きくリフレッシュできるのでおすすめですよ。


どんな人が多いの?人生を楽しんでいる人の5つの特徴

「あの同僚は、なんで毎日楽しそうなんだろう?」そんな風に、会社の同僚に対して思ったことはありませんか?

毎日同じことの繰り返しのように見えるのに、人生を楽しむことが出来る人は一体どこが自分とは違うのでしょうか?

ここでは人生を楽しむことができる人達に多い特徴や理由を紹介していきます。一つずつチェックしていきましょう。


人生を楽しんでいる人の特徴1. プラス思考でポジティブに物事を考える

目の前の仕事を覚えることで必死だった20代前半を経て、すっかり仕事にも慣れ、むしろ、慣れすぎてルーティーン過ぎて仕事にも自分の生活にも飽き飽きしている20代後半や30代。

その飽き飽きした状態のままでいると、その先もずっと自分の人生に飽きたまま。

しかし、人生を楽しんでいる人は、どんな状況であろうと、前向きに考えるプラス思考の持ち主です。

仕事に慣れたなら、その仕事の処理スピードを上げる方法を考えたり、空いた時間で新しい事にチャレンジしてみたりと、どんな状況でも積極的に楽しもうとしているのです。

【参考記事】はこちら▽


人生を楽しんでいる人の特徴2. 自分のやりたいことをやっている

自分の人生を楽しんでいる人は、同じことの繰り返しのようにみえる毎日の中でも、目標を夢を持っています。

「半年前から始めたフラメンコの発表会まで後3ヶ月。仕事との両立はなかなか大変だけど、仕事の後のレッスンがすっごく楽しみ。」

などと、自分自身が心から楽しいと思える事があるため、自分の人生に対して「退屈でつまらない。」と考える事がありません。


人生を楽しんでいる人の特徴3. 好奇心旺盛で新しいことに積極的にチャレンジしている

人生を楽しんでいる人の多くが、好奇心旺盛な性格をしています。

そのため、少しでも興味があることがあれば、すぐにチャレンジしていくのです。

「もう30代だし、20代ならともかく、30過ぎてまでやるような事じゃないよね?」と、勝手に年齢を言い訳にトライすらしないなんて事もありません。

年齢関係なく、やってみたいという気持ちに変わりはありません。好奇心旺盛な人は、「面白そう=やってみたい=やってみる」と考えるので、退屈やマンネリとは無関係なのです。

【参考記事】はこちら▽


人生を楽しんでいる人の特徴4. 夢や目標に向かってひたむきに努力している

人生を楽しんでいる人は、自分がやりたい事や夢、目標を叶えるための努力を惜しみません。

積極性があり、とてもストイック。毎日ひたむきに努力しているので、人生に飽きたり退屈したりする暇がありません。


人生を楽しんでいる人の特徴5. どんな状況でも楽しもうとする

人生を楽しんでいる人は、自分にとって難しい状況であっても、その状況を逆に楽しもうとする性格。そのため、他人の意見や状況に流されることがありません。

「新しい上司って、ほとんど笑わないすごく気難しいって噂聞いたなぁ。どうやって攻略してやろうかな。」などのように、難しい状況を逆手にとって楽しむための理由にしてしまうのです。


人生に飽きた人に観てほしいおすすめの映画3選

「人生を楽しむ方法って言われたって…。ホントに趣味もないし、恋愛にも興味ないし、楽しめそうな事が何もない場合は、どうすればいいの?」

そんな時には、映画を観てみるのも良いでしょう。映画なら、様々なシチュエーションが出てくるので、我が身に置き換えて考えやすいのでおすすめです。

ここでは、人生に飽きたけど、飽きた原因も楽しむ方法も分からない時にこそ観てほしい映画をご紹介します。


おすすめの映画1. 『アバウト・タイム』

「学生の頃は、毎日がもっと楽しかったのに…。ああ〜。あの頃に戻りたいなぁ。」なんて、思ったことありませんか?

「あの頃に戻りたい…。」と毎日考えてしまう人にこそ観てほしいのが『アバウト・タイム』です。

自分に自信がなく恋人もいない21歳の男性ティムが、自分の一族の男性だけタイムトラベル能力があることを父親から打ち明けられます。

恋愛を成功させるため、何度も過去と現在を行き来し、理想の女性と出会ったりすれ違ったりを繰り返していくうちに、毎日を丁寧に過ごすことがいかに大切かを気づかせてくれます。


おすすめの映画2. 『ショーシャンクの空に』

今なお根強い人気を誇るのが1995年公開の『ショーシャンクの空に』。

冤罪で劣悪なショーシャンク刑務所で服役することとなった元銀行副頭取のアンディが、過酷な環境の中でも希望を失わず生き抜く物語です。

若くしてなった銀行副頭取という名誉ある地位と名声から一転して、肉体的にも精神的にも厳しすぎる環境でも諦めることなく頑張る姿が克明に描かれています。

自分が望む環境ではない状況で、人生に諦めて退屈な毎日を過ごしている方におすすめですよ。


おすすめの映画3. 『最高の人生の見つけ方』

「自分の残りの人生が、あと僅かしかないと知ってしまったらどうする?」

そんな自問自答をしたくなるのが『最高の人生の見つけ方』です。

「余命はあと6ヶ月。」そんな宣告をされた初老の男性2人が同じ病室になったことをきっかけに、残りの人生を思い切り楽しむために病院を脱出する物語です。

仕事人間だった大富豪のエドワードと、家族のためにコツコツ地道に働いてきたカーター。

社会的地位も名声も富も全く逆の2人が「本当にやりたいこと」をやろうとする姿を観ているだけで、周囲の目を気にして生活しているのが、もったいなく感じてきますよ。


楽しくて刺激のある人生を送っていきましょう!

「なぜ、自分の人生はこんなにつまらないんだろう?」

そんな疑問がよぎった時には、自分の人生を退屈にさせている理由をじっくり探してみましょう。また、新しい事にチャレンジするのに年齢は関係ありません

「20代ならまだしも、30代にもなって、新しい事なんてトライする年でもないし。」

なんて、思い込んでいませんか。その思い込みがある限り、退屈でつまらない人生を変えることは出来ません。

自分の人生をもっと刺激的で楽しいものにするためにも、やってみたいことはなんでもトライしてみるのがおすすめですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事