妻の不倫を見抜く方法とは?不倫する原因&発覚した時の対処法を解説

「妻が不倫しているかも」と不安を抱えている男性へ。今記事では、女性が不倫している時に見受けられる前兆から、不倫の見抜き方や原因、対処法まで詳しくご紹介します。さらに、不倫の予防策も徹底ガイド。円満な夫婦生活を送るためにも、ぜひ参考にしてみてください!

「妻が不倫してるかも?」と疑っている男性へ。

妻の不倫を見抜く方法

結婚していても、恋愛や浮気をする可能性はゼロではありません。夫、嫁関係なく可能性がありますよね。

しかし、手遅れになる前に相手の浮気や恋心、そして不倫を見抜くことが出来れば、最悪の事態は防げるかもしれませんよ。

そこで今回は、不倫している妻、嫁の特徴や見抜く方法を紹介していきます。

妻が不倫をしてるかもしれないと疑っている男性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


そもそも不倫とは?意味や定義を詳しく解説!

不倫とは既婚者が、パートナー以外と関係を持つことです。自身が結婚をしている場合は、もちろん不倫になりますし、関係を持った相手が結婚していた場合も不倫となります。

不倫は民法違反の行為であり、不倫が明るみに出れば民事裁判を行い、慰謝料問題になることも。バレれば社会的な信用を失ってしまう行為と言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


「不倫」と「浮気」の違いについて

浮気は既婚者以外の交際の段階でも使われる言葉。不倫と明確に異なるのが、不倫は既婚者が肉体関係を持った場合に使われるという事です。法律では不貞行為と定義されています。

浮気が男女関係での、デートや食事を含めた気持ち的な部分を指すのに対して、不倫には具体的な行動が定義づけられているのです。

しかし、実際に肉体関係をもつ現場を押さえることは不可能ですので、肉体関係に準ずる行為でも不倫とされることが多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


妻の不倫を見抜くには?不倫している女性に見受けられる前兆とは

男性は女性に比べて不倫をしていても、分かりづらいなんて言われます。女性の勘という言葉はあっても逆はありませんよね。

妻が不倫しているのであれば、何らかの対応を取らなければなりません。ここでは不倫している女性に見受けられる特徴や、「怪しいな」と思われる前兆をまとめました。 どんな前兆が出るのかを確認して、不倫を見抜く目を見に付けましょう。


不倫の前兆1. メイクや髪型、服装など、急に美意識が高まる

女性は恋愛をしていると、相手に好意をもたれるように綺麗にするもの。夫婦関係に変わりもなく、キッカケもなく急にメイクや髪形が変わるのは、不倫を見抜く一つのポイントです。

特に長く一緒にいるのにもかかわらず、今までしたことのないような服装や髪形に変えてきたら、余計怪しいでしょう。不倫確定とまではいきませんが、気になる男性がいる可能性が高いので、のちのち不倫になるかもしれません。


不倫の前兆2. 夜の営みやキスなど、スキンシップを拒否するようになる

好きな人が出来たら、好きな人とだけ触れ合ったり夜の営みをしたくなるもの。妻にスキンシップを拒否をされたら、他の男性と肉体関係を持っているという可能性があります。

しかし妻、嫁が「単純に疲れている」「一人にしてほしい」などの理由で拒否しているのであれば問題ありません。スキンシップ拒否の理由を見極める必要がありますよ。


不倫の前兆3. どんな時でも携帯を持ち歩くようになる

携帯を持ち歩いていなかったのに持ち歩いているという事は、頻繁にLINEなどで連絡を取る相手がいるという特徴です。もちろん仕事の事かもしれませんし、友達かもしれません。

しかし、何の前触れもなく携帯を持ち歩きだしたら、相手は不倫相手かもしれません。性格にもよりますが、仕事や友達であれば、ふとした時にLINEを見ればいいのですよね?

それなのに、携帯持ち歩くという事は、LINEの返信がすぐにでも気になる意中の男性という可能性もあります。


不倫の前兆4. 友達の食事や飲み会など、外出する機会が増える

不倫を行うには、外出しなければなりません。理由は様々ですが、不倫している妻、嫁は外出を多くするようなるという特徴があります。

不倫を見抜くには、外出の理由に注目するよりも、外出の頻度に注目しましょう。理由はいくらでも嘘をつくことが出来ますが、外出の頻度が増えることはごまかせないからです。今までよりも明らかに外出頻度が増えていたら、女性は不倫をしているかもしれません。


不倫の前兆5. 連絡してもレスが遅い事が多い

連絡を返す速度も、今までと比較して急に遅くなったのであれば、かなり怪しいでしょう。性格によってはもともとレスが遅い方もいるので、早さだけでは一概には言えません。

しかし今まで1時間以内には反応が返ってきたのに、3時間も4時間も空くようになったら、何か別の用事をしているとしか考えられません。

もちろん不倫とは限りませんが、不倫を見抜くうえで一つのポイントになります。


不倫の前兆6. こまめに予定を尋ねてくる機会が増えた

当たり前ですが、不倫現場はパートナーに見られてはいけないと思うのが普通です。不倫をするためには、夫の予定を把握して、上手く立ち回る必要があります。

夫の飲み会の予定や、帰宅時間、出張の予定などを細かく訪ねてくることは、不倫している女性にありがちな特徴。

夫の時間を把握しておけば、不倫相手との密会を安心して行えるからです。


不倫の前兆7. 料理や掃除など、明らかに家事のやる気がなくなった

家庭を円満に保ちたいという願望があってこそ、料理や家事などが捗るものです。不倫をしていれば、気持ちが不倫相手に向くので、家庭の事は疎かになる特徴があります。

本気の不倫か、遊びの不倫かどうかにもよりますが、本気だった場合は家庭の事は「どうでもよくなってしまう」という状態になるでしょう。

料理の品数が減った、冷凍やレトルトが増えたなどの些細なことも見抜く必要があります。


理由は何?妻が不倫に走ってしまう主な原因

幸せなはずの結婚生活を破綻させる不倫。お互いに永遠の愛を誓って一緒になったはずなのに、不倫をされるのは心が裂かれる様ですよね。

しかし、妻や嫁が不倫に走ってしまうのにも何か原因があるのかもしれません。ここでは、「なぜ不倫に走ってしまうのか?」という原因を紹介します。全てが終わってしまう前に対処できることはしておきましょう。


不倫する原因1. 旦那にあまり構ってもらえず、寂しいから

人は誰しも愛されたいという願望があります。結婚してしまえば夫からしか愛を受けることはできないので、構ってもらえないなどの問題は、大きな問題です。

いけないとは分かっていても、愛情を注いでくれるような相手がいれば、「一緒にいたい」と不倫に走ってしまう気持ちも分からなくはありません。お互い会話もなかったり、返事もろくにしないなどのコミュニケーションは、不倫の原因になります。


不倫する原因2. 性欲が満たされていないから

男性だけでなく、女性にとっても夜の営みは大切です。全くしていない状態が続けば、女性としての魅力があるかどうか不安になるのが普通でしょう。

不倫相手さえいれば、女性としての魅力の確認もできるし、純粋に楽しむこともできるのです。夫婦間で夜の営みが全くなくなってしまった場合は、女性は不倫で性欲を満たそうとするかもしれません。


不倫する原因3. 旦那が浮気していて仕返しするため

自分が痛い目にあったら、相手にも同じ痛みを与えてやろうという感情は誰にでも芽生えます。男性が不倫や浮気をしていたら、女性も復讐心で不倫をする可能性もあるでしょう。

ましてや、男性が隠れて浮気しているのがバレている場合は、明るみにせずにこっそり復讐を企んでいるという事も考えられますよ。


不倫する原因4. 旦那よりも魅力的な男性に出会ってしまったから

結婚していたとしても、男性に魅力を感じることは不思議ではありません。好きな人がいれば、恋愛感情を持ってしまうのが普通ですので、不倫が始まるきっかけには十分でしょう。妻、嫁の男性接触を完全に禁じることは不可能ですので、こればかりはどうしようもありません。

様々な場所で出会いはありますので、恋愛感情を止められずに、不倫はいけないと分かっていながらもしてしまうかもしれません。


不倫する原因5. まだまだ“女性”として扱われたいから

不倫相手であれば、背徳感も相まってドキドキ感を楽しめます。当然相手の男性も燃え上がっていることが多いので、女性として扱って優しくしてくれるでしょう。

夫婦関係が長く続くと、付き合い始めたころのように、イチャイチャしたりというような恋愛感情は少なくなってしまうものです。満たされない欲望を満たそうとして、不倫に走るのです。

【参考記事】はこちら▽


妻の不倫が発覚した場合、男性がとるべき態度は基本的に4パターン

信じていた人に裏切られる悲しさは尋常ではないでしょう。しかし妻や嫁が不倫をしていたら、そのままにしておくわけにはいきません。

何かアクションを起こさなければ、不倫を容認しているようなものです。ここでは実際に妻や嫁の不倫が発覚した時に男性が取るべき行動や態度をまとめました。しっかり確認して対処しましょう。


パターン1. 夫婦で今後について議論する

まずは今後の動きについて夫婦で話し合うのが先決。何をするのにも一方的に決めたりせずに、冷静に話し合いましょう。

子供の有無や、生活環境など全てを考慮した上で決断をする必要があります。発覚したその日に話し合っては、お互いまともな精神状態ではないことが多いので、一日置いてから話すと良いでしょう。


パターン2. 妻に反省の様子が見受けられた場合、許して夫婦生活を続ける

話し合いの末、不倫関係を終わらせて許すという決断です。中途半端な話し合いで、気持ちがスッキリしないまま許してしまうと、その後の夫婦生活は間違いなくうまくいきません。

妻が心の底から反省していて、本気で許せて、まだ妻を愛していることを確信できるのであれば、夫婦生活を続けましょう。また子供がいる場合は、「子供の為に」という理由づけもあります。


パターン3. 妻との関係修復が難しそうな場合、離婚を申し出る

不倫は裏切り行為です。裏切られた夫側の傷は相当なモノでしょう。どうしても妻を許せない場合は離婚を申し出ましょう。

また、女性側が全く反省していない場合もあります。不倫を行ったのは女性で、悪いのは当然なのですが、不倫をさせてしまった夫婦生活に問題があったのも事実です。

女性も被害者意識を持っている事があるため、そうなると関係修復は難しくなるでしょう。


パターン4. 離婚する前に慰謝料を請求することも検討する

いくら夫婦間に問題があり、夫にも問題があるのは事実ですが、不倫という法を犯した相手が悪いのも事実。

ストレスがたまっていた、欲求が満たされないからと言って不倫をしていい理由にはなりません。いくら悪口を言われても、殺害してしまえば裁かれるのは殺害した人物であるのと同じです。

慰謝料を請求することが出来ますので、離婚を選択するのであれば考えておきましょう。


妻の不倫を未然に防ぐため、夫ができる対策とは

不倫は許せない行為ですよね。自分としては家族のために頑張ってきたつもりなのに、一方的な裏切り行為に、怒りが簡単に収まるはずはありません。

しかし、人間同士生活している上で、どちらか一方が悪いことなどほとんどないでしょう。結果だけ見れば不倫は悪いですが、原因がお互いにあるも事実です。

ここでは、妻の不倫を防ぐための対策を紹介します。日ごろの生活で意識して行動していきましょう。


予防策1. 奥さんのことをきちんと女性扱いする

女性扱いしてほしいという欲求を満たすために不倫をする女性がいます。日ごろから女性扱いしてあげていれば、欲求不満になって相手を求める可能性を減らすことが出来ます。

言葉では「綺麗だね」や「可愛いね」だと直接的で効果的でしょう。言い慣れていなくて恥ずかしい場合は、「洋服似合っているね」などの言葉でも、「私の事を見てくれているんだ」と感じもらえる為、さりげなく行える対策です。


予防策2. 奥さんとのスキンシップを大事にする

夜の営みや、ドキドキ感を感じたいがために不倫をしてしまう女性はいます。不倫を防ぐために、奥さんのとのスキンシップや夜の営みを大切にすることが大切になります。

拒否されてしまう状態になっていると少し難しいかもしれませんが、スキンシップをとれる人は、大切に、大事にして触れ合ってみましょう。

不倫の多くは今の生活への不満からくるものですので、気持ちが満たされれば、不倫に走る可能性を減らすことが出来ますよ。


予防策3. 結婚記念日やお互いの誕生日はきちんとお祝いする

恋愛感情が薄くなってしまっても「大切にされている」という満たされ方をしていれば、不倫の可能性は減らせるでしょう。

記念日や誕生日を覚えていて、お祝いしてくれることは、精神的に満たされるはずです。

例え燃えるような恋愛がしたくても、大切にしてくれる夫の顔が浮かんで不倫を踏みとどまれるかもしれません。


予防策4. 自慢の旦那でいれるよう、常に自分磨きをする

旦那が魅力的であれば、浮気も不倫もしません。その先の離婚という話も全く見えてこないでしょう。日ごろから身なりを清潔にしたり、身体を鍛えて男らしくなったりすることは効果的。

単純な話で、他の男性よりも夫が魅力的であれば不倫はしないでしょう。自慢の夫になり、妻も夫の自慢をするようになったら、言い寄ってくる男性もいなくなります。

【参考記事】はこちら▽


不倫をする妻の動向を見て、早めに対処していきましょう。

幸せなはずの結婚生活ですが、不倫、離婚という結果になってしまうこともあります。幸せを維持するためにも出来ることはやっておきたいですよね。

今の家族で幸せに暮らしていけることより、良いことはありません。不倫や離婚が起きないように対処するよりは、今の奥さんをもっと幸せにしてあげようとすれば、おのずと不倫とは無縁の生活になるでしょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事