顔がでかい女子の悩みとは?大きくなる原因&小顔になる方法を解説

自分は顔がでかい女性だと思っている方へ。今記事では、顔が大きい女性ならではの悩みや原因から、小顔に近づくための対処法まで詳しくご紹介します。顔のたるみや歪み、脂肪などをしっかり排除して、今よりも小顔で魅力的な女性を目指しましょう!

「顔がでかい」とコンプレックスを抱えている女性へ。

顔がでかい女ならではの悩み

顔の小さい人と並んで写真を撮ったり、鏡に映った自分を見たときに「私って顔がでかいかも」と感じていませんか?

多くの女性は小顔への憧れが強く、顔が大きいことをコンプレックスに感じることがあるかと思います。でも、コンプレックスを抱いて、自分に自信がなくなってしまうのはとてももったいないこと。

この記事では、顔が大きい女性ならではの悩みやその原因、小顔に近づく方法を詳しくご紹介します。顔のたるみやむくみを改善し、小顔美人な女性を目指しましょう!


そもそも日本人女性の平均的な顔の大きさは?

モデルや女優の顔の大きさと比べて「自分の顔はでかいのでは」と判断する前に、自分の顔の大きさを正確に判断しましょう。そのためには、日本人女性の平均的なサイズを知ることが大切です。

日本人女性の平均的な顔の大きさは、顔の長さが19.7cm、横幅が13.77cmと言われています。顔の長さは、額からアゴ先までを指します。一方、横幅は頬の端〜端までの長さ。(参考文献:https://8heads.net/

欧米の人と比べると、日本人は横幅が長いと言われています。


反対に、小顔と言われる顔のサイズの基準は?

実は、明確に小顔の基準を示す数値はありません。平均サイズと比べて判断するのが一般的です。顔の長さ、横幅が平均的な大きさよりも下回っている場合は、小顔と判断できるでしょう。

簡単に小顔かどうかを判断するには、ティッシュ箱やA4ノートを使用します。これらの縦の長さは平均21cm。

自分の顔に当ててみて、自分の顔の方が小さければ小顔と言えるでしょう。一方、サイズオーバーしていると顔が大きいと判断してみて。


やっぱり気になる。顔が大きい女性ならではの悩みとは?

顔が大きいことで、日々の暮らしに困ることはありません。でも、誰かと比べてでかいことが悩みだったり、モテない原因なのではと落ち込むこともありますよね

やっぱり気になってしまう顔の大きさ。顔がでかいと悩む女性ならではの悩みを紹介していきます。


悩み1. タイトな服装を来たくても、顔のサイズが目立つから着れない

タートルネックやトップス、ドレスを着ても「全身鏡に映る姿を見るとなんだかバランスが悪い」との悩みを持つ女性が多くいます。

流行の服装をしてみても、顔がでかいことで顔のサイズが悪目立ちしてしまいます。

タートルネックやスキニージーンズなど、細身のコーディネートにチャレンジできない、コーディネートが決まらないという悩みがありますよね。


悩み2. 友達と写真を撮る際、一人だけ浮かないか不安になる

女性同士で集まる機会があると、集合写真や自撮りをすることがよくあるかと思います。

小顔で美人と並んでしまったり、前列に出てしまったりすると「顔やエラがでかいのがバレてしまうのでは」「SNSにアップされるのでは」と不安になってしまうことはありませんか。

写真を撮る役に回ったり、遠近法を使って、できるだけ大きさを隠そうとする努力をしなければならないのは辛いですよね。


悩み3. 可愛い帽子を見つけてもサイズが合わない

「この帽子可愛い!」と思ってさっそく試着しても、そもそも頭の方が大きくて入らないことが多いのが、顔の大きい女性の悩み。被れたものの、帽子と顔のサイズのバランスが悪くて似合わない、ということはありませんか。

男女兼用のフリーサイズの帽子もありますが、バラエティが少ないため「可愛いデザインの帽子とはなかなか出会えない」という悩みも出てきてしまいますよね。


悩み4. 女性用のメガネやサングラスだと、若干小さく感じてしまう

メガネやサングラスの型は、日本人の平均サイズを元に作られているものがほとんどです。

「自分の顔がでかい」と感じている女性にとっては、かけても窮屈に感じてしまったり、顔に比べてメガネやサングラスが小さく見えてしまうこともありますよね。

かけている本人にとってもきついと感じるだけでなく、他人にも「メガネが小さいのでは?」と思われてしまうかもしれません。


悩み5. ガッチリした体型に見られたり、高身長に思われたりする

顔の大きさは、人に強いインパクトを与えるもの。エラが張っていたり顔がでかいほど、ガッチリした体型に見られたり、高身長の印象を与えます。

「もっと背が高いと思っていた」など、外見のイメージが違ったと言われたことがある人も。

顔がでかいことだけでなく、スタイルや身長のことにの悩みも増えてしまい、コンプレックスが増えてしまいますよね。


悩み6. 髪型で顔の大きさをごまかしているため、好きなヘアスタイルができない

顔がでかい、という悩みの女性が気にするのが髪型。おくれ毛や髪の長さを活用して、大きさをカバーしていることがよくあります。

ポニーテールやショートカットなど、小顔を活かした髪型にチャレンジすることは難しいですよね。

髪型は、顔の大きさをカバーするためのものであり、好きなヘアスタイルを自由に楽しめないと選択肢が限られます。


悩み7. 顔が大きいため、男性からモテない

モテる女性、というと小顔で美人な女性を思い浮かべる人も多いですよね。それは可憐で華奢な印象を与え、男性の「守りたい」という本能をくすぐるためです。

しかし、顔がでかい女性は、がっちりして迫力のある印象を与えてしまうため、華奢な印象を持たれることはあまりありません。

合コンなどでも、男性からモテないと感じていることはありませんか。顔の大きさのせいではと不安になってしまいますよね。


顔が大きいのはなぜ?顔が大きい主な原因とは?

顔が大きいと言われてしまうのはどうしてでしょうか。小顔を目指す前に、顔が大きくなってしまう原因を正しく知っておきましょう。自分に当てはまることがあれば、それらを改善するだけで小顔になれるかもしれませんよ!


原因1. 頬周りなど、顔に脂肪がついているから

顔が大きく見える原因としては、頬周りや顎にボリュームがあること、が多く挙げられます。

話したり、笑ったりすると、もちろん頬は動きますよね。顔の中でも最も動きが多いパーツのため、脂肪がついていると大きな塊が動いているように見えます。

また、顎に脂肪がついていると重心が下がり、たるみが出てきます。結果、顔が長く大きく見えてしまうのです。

小顔美人と言われる人には、顔に脂肪がついている人はほとんどいません。脂肪がついていると、輪郭自体が大きく見えてしまいますよ。


原因2. 生まれつき骨格がガッチリしているため

家系の遺伝で、生まれつき骨格がガッチリしている女性もいます。エラが張っていたり、頬骨が出ていたりすると、マッサージやエステではカバーするのが難しいですよね。

骨格がガッチリしていると、顔の脂肪を落としても余計輪郭が目立ってしまうため、どうしても顔が大きく見えてしまいます。シェーディングなどメイクの力で小顔に見せる努力が必要です。


原因3. 頬杖などが原因で顔歪んでいるから

日常生活でも、顔が大きくなってしまう原因を作ることがあります。それは頬杖をつくこと。頬杖をつくと、顔の片方を手でぐっと押し上げることになり、顔が歪む原因になってしまいます。

よく美人の象徴と言われる「卵型の輪郭」は左右対称ですよね。しかし、頬杖が原因で左右非対称になってしまうと、どちらかが出っ張るため大きな印象を与えてしまいます。


原因4. 表情筋の衰えなどで顔がたるんでいるから

顔のたるみも、顔の大きさを際立たせる要因です。筋肉には、重力に逆らうリフトアップの力があります。

表情筋が発達していると、顔のお肉がぐっと上に引き上げられるため、小顔で若々しい印象を与えることができます。

しかし、表情筋が衰えて顔がたるむと、重力に引っ張られてしまうため、暗く大きな顔に見えてしまうんです。


顔がでかいと思われたくない!小顔女性になる方法を徹底ガイド

誰だって、顔がでかいと思われたくないですよね。日々の生活やメイクを工夫したり、マッサージを取り入れることで、小顔女性になることは夢ではありません

自分に自信がモテる、小顔女性になる方法を徹底ガイドしていきます。


方法1. 健康的な食事を日頃から心がける

美人になるには、まずは健康的な食事から。「あなたはあなたの食べるもので出来ている」という言葉もある通り、日頃から健康的でヘルシーな食事を心がけることから始めましょう。

健康的な食事とは、炭水化物・たんぱく質・ビタミン・脂質がバランスよく取れる食事のこと。

美人の食事は、これらのバランスに注意を払った和食などが多いです。無駄な脂肪を落とし、すっきりとした女性を目指しましょう。


方法2. 毎日お風呂などで小顔マッサージをする

小顔になるには、と言われてマッサージを思い浮かべる人も多いかもしれません。マッサージには、血行を良くしてリフトアップさせる効果があるため、非常に効果的な方法です。

しかし、数日に1度するだけでは、すぐに元に戻ってしまいます。

そこで、毎日お風呂で小顔マッサージすることを習慣にしましょう。日々マッサージをすることで、その効果を継続させることができるようになります。


方法3. スポーツや運動など、定期的に体を動かして汗を流す習慣をつくる

余分なむくみや塩分を体外に出すためには、汗を流すのが最も良い方法です。スポーツや運動など、週に数回体を動かして、汗を流す習慣を作りましょう。

運動習慣がつくと、少し塩分や味の濃い食事を楽しんでも、すぐにリカバリーすることができるかも。

また、気分もスッキリして明るい表情になることもできますよ。無理せず、自分の好きなスポーツから始めましょう。


方法4. 骨格や輪郭に合った髪型へイメチェンしてみる

顔の大きさや印象を大きく左右させるのは、実は髪型です。美容師さんに相談し、小顔に見える髪型へイメチェンしてもらいましょう。

ふわっとしたパーマをかけてふんわりした印象を持たせたり、襟足を軽くすることでスッキリした印象にしてもらえたり、と美容師さんならではの提案をしてもらえるはずです。

髪型と一緒に、メイクを提案してもらえることもあります。雑誌の輪郭別に似合う髪型特集などで、研究してみましょう。


方法5. 本気で改善したい場合、小顔矯正サロンに足を運んでみる

「小手先のテクニックではなく、根本解決をしたい!」という気持ちが強ければ、小顔矯正サロンに足を運んでみましょう。

小顔矯正サロンでは、顔の歪みや大きさの原因を特定してくれます。また、改善するための施術や、日頃気をつけるべきことを教えてくれる場所です。

整体や医療に基づいた施術をしてくれるので、根本的な解決に近づけるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


顔がでかい女子は、小顔を目指して努力してみて。

「顔がでかいのでは」という悩みと改善方法について解説しました。共感できる悩みもあったのではないでしょうか。

コンプレックスを気にして生活するのは、とても辛いものですよね。自分に自信を持つためにも、日頃の習慣を少し変えてみてください。

顔の大きさももちろん、生活を整えることで自分に自信がついてきますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事