会社を“ずる休み”する最適な理由とは?当日欠勤する時の連絡方法を解説

会社に行きたくなくて「ずる休みしたい!」と思う事ってありますよね。本記事では、ずる休みしたいと考える人の理由や心理、ずる休みする時の言い訳として最適な理由、会社を休む時の方法を解説!さらに、ずる休みした時の過ごし方から、ズル休みをした時に気をつけるべきポイントまでお教えします。

会社をずる休みしようと考えている方へ。

会社をずる休みする最適な理由

会社に行きたくなくて「ずる休みしたい!」と思うことってありますよね。仕事に対するやる気が一時的に落ち込むことは誰にでもあるでしょう。

本記事ではずる休みしたいと考える人の理由や心理、ずる休みする時の言い訳として最適な理由をご紹介します。

ずる休みをしたい時に気をつけるポイントも解説しますので、休みたくてどうしようもない時の参考にしてください。


今日は会社を休みたい!ずる休みしたいと考える人の理由や心理

無性に何もやりたくなくなって、職場に行く気がなくなる時がある人も多いはず。

ここでは、「今日は会社をズル休みしたい」と考えてしまう理由や、その時の心理状況について、代表的なものを6つご紹介します。


理由や心理1. どうしてもやる気が起きない

社会人として、仕事に毎日行くのは当然、という感覚を持っている人は多いでしょう。

しかし、誰だって人間ですし気持ちの振れ幅というのはあるもの。

仕事以外の部分でも辛いことや悲しいことも起きますし、どれだけ自分を奮い立たせてもやる気がでないという状況で仕事に行きたくなくなることもあります。


理由や心理2. 出社日に寝坊してしまった

本来起きるべき時間に起きることができず、急いで準備しても間に合わないという状況ってありますよね。

そんな時、その「寝坊した」という事実を隠したいという理由で、会社をずる休みしたいと思うことが多いです。

慢性的なモチベーションの低下とは無関係に、こういった寝坊のような突発的な理由で会社を休むもうと思ってしまうこともあります。


理由や心理3. 職場の人間関係が上手くいっていない

職場にはいろんなタイプの人がいて、中にはどうも相性がよくないと感じる人もいるものです。

そんな職場の人間関係が良好でなく、会社の人と関わりたくないという心理で、会社をずる休みしたいと思う人も多いでしょう。

人間関係がよくないと、どれだけ仕事にやりがいがあっても、職場にいるのは辛いことだと感じてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


理由や心理4. 仕事で思うような成果が上げれていない

仕事が順調にいっておらず、周囲の人に負担をかけてしまっている時は、どうしてもその同僚や上司の視線が痛く感じられます。

そんな自分の成果によって劣等感や罪悪感が芽生え、仕事に行くのが苦痛になることもよく見れらる傾向です。

肉体的な負担はそれほどなくても、結果が出ないもどかしさから「ずる休みしたい」と思ってしまうこともあります。

【参考記事】はこちら▽


理由や心理5. 大きなミスを犯してしまった

大きな失敗などが理由で、自分が悪く言われてしまったり、冷たくされそうな時に、そこから逃げたいと思う心理が誰にでも働くでしょう。

そのため、仕事上でミスをしてしまった時は、ついつい次の日から会社に行きたくなくなるものです。

休んだところで解決されないですが、そんな現実から逃避しようとしている心理が働いています。

【参考記事】はこちら▽


理由や心理6. 体の疲れが取れない

業界や職種によっては、早朝から深夜まで長時間労働をしなければならないという職場もあるはず。

そういった状態があまりにも長く続いてしまうと、会社をずる休みしてゆっくり寝ていたいと思うことは人間として当然の感覚です。

最悪の場合は、過労によって、体だけでなく精神的にも病んでしまっているということもあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


罪悪感を持つ必要はない?ずる休みをすることは悪いことなの?

頑張る気持ちさえ持てれば仕事に行けるのに、休んでしまうことに罪悪感を感じてしまう人は多いです。

欠勤することによって、同僚や上司、取引先などに迷惑をかけることも、確かにありますので、その点への注意は必須。

しかし、それでも仕事に行きたくない時は誰にでもありますし、ずる休みしたくなること自体は自然なことと言えるでしょう。


ずる休みする時の言い訳としてよく使われる理由

ずる休みする時は、やはりそれなりの妥当性や信憑性が感じられる理由や言い訳は当然必要です。

ここでは、多くの人が会社をずる休みするためについつい使ってしまいがちな、よく見られる理由を4つご紹介します。


当日や前日に欠勤を申請する場合の理由

少し前までは普通に仕事に取り組めていたのに、急にやる気がなくなって、仕事に行きたくなくなることもよくありますよね。

ここでは、そんな突発的な欠勤をする場合の理由としてよくあるものを2つご紹介します。


理由1. 自身の体調不良

インフルエンザや発熱といった理由であれば、ゆっくり休んでもいいという理解を示してくれる会社は多いです。

インフルエンザなど感染力が強いものは、周りに移ってしまう可能性が高いことも危険視しているからでしょう。

しかし、インフルエンザであることを言い訳にしてしまうと、病院の診断書が必要になることがあるため、あまり使用しない方が賢明です。


理由2. 家族の体調不良やトラブル

特に小さい子供や、高齢の両親といった家族の体調不良は、休暇を取りやすいという傾向にあります。

自力で病院にいけない人であれば、当人のサポートや車で病院に連れて行くという作業がどうしても必要になるからです。

しかし、両親の介護を言い訳にする場合は「事前に分からなかったのか?」と突っ込まれることもあり、理由としては避けておいた方が無難でしょう。


1週間以上前に欠勤を申請する場合の理由

現在進行中の業務の都合などで、少し先に休みを作りたいと思っている場合は、比較的理由を作りやすい傾向にあるでしょう。

ここでは、そんな1週間以上前に欠勤を申請する場合の、よくある理由を2つご紹介します。


理由1. 友人や親族の結婚式

友人や親族など、お世話になった人の結婚式の参加は上司や先輩も含め、多くの人が経験してきています。ましてや、海外挙式の場合は1週間以上出かけることは必須です。

そのため、こちらも事前申告であれば、比較的理解が得られやすいという傾向があるでしょう。

ずる休みの言い訳として使う場合は、「どうだったか?」と感想を求められることもあるので、忘れずに準備しておくことをおすすめします。


理由2. 親族の法事

親族の法事は、休暇を取る理由として一般的なので、不信感を持たれにくいという特徴があります。

しかし、同じ法事が一年間に何度もあることは考えにくいので、言い訳として使う場合はタイミングの整合性を合わせることが必要になるでしょう。

お葬式やお通夜でない限り、突発的に起こるものではないので、あらかじめ欠勤することを伝えておくことも大事です。


当日欠勤する時の連絡はどうするべき?会社を休む時の2つの方法

寝坊や気持ちの低下などで、当日急に休みたい時にどうやって会社に伝えるのが良いのか、迷ってしまうこともありますよね。

ここでは、そんな当日欠勤する時に取るべき、おすすめの連絡方法とマナーを2つご紹介します。


電話で連絡する場合のマナー

まずは迷惑がかからないように、できる限り早く、遅くても始業の前には連絡することを心がけましょう。

そして仲が良くて話しやすい同僚などに伝えるのではなく、自分の上司に電話するのがマナーです。

会社を休む理由とお詫び、さらに予定していた仕事のカバーやフォローが必要なのであれば、その内容を必ず伝えておいてください。


メールで連絡する場合のマナー

本来はきちんと電話で伝えるのが好ましいですが、最近ではメールやLINEなどで連絡を済ませる企業も多いです。

ただ休むという連絡だけではなく、こちらも理由やお詫びは必須の内容になります。

また、仕事の引き継ぎがある場合は、わかりやすく端的な文章で伝えると、スムーズに対応してくれる可能性が高いでしょう。


ずる休みしてしまった時の有意義な時間の使い方や過ごし方とは

欠勤する以上、職場の人や取引先など、程度の差はあれど迷惑がかかってしまうので、基本的にはいいことではありません。

しかし、それでもしてしまったのであれば、有意義な時間を過ごすべきです。ここでは、そんな時の過ごし方を5つご紹介します。


過ごし方1. ドライブをして小旅行をする

仕事が精神的に辛く、気分をさっぱりさせたいのであれば、ドライブなどで普段とは違う景色を見に出かけましょう。

毎日の繰り返しから抜け出して新鮮な感覚を手に入れることで、気分がリフレッシュされ、やる気が湧いてきやすくなります。

山や川などの自然がある場所、空気が良いところに行くと、より一層気分が上がりやすいため、効果的でしょう。


過ごし方2. 溜まっていたドラマやアニメを観る

とにかく仕事のトラブルや人間関係などに疲れ、現実逃避したい場合は、何か娯楽作品に熱中するのもおすすめ。

体を動かすことがないので、しっかりと体も休められ、何かポジティブなストーリーに触れることで、頑張るモチベーションが上がることが期待できます。

家の中で過ごすことで、周りに変な形でバレてしまうことがないのもメリットです。


過ごし方3. スポーツジムで筋トレをする

ストレスやネガティブな気持ちは、体を思いっきり動かすことでスッキリする場合があります。

そのため、はっきりとした理由はわからないけれど、なんとなくモヤモヤを抱えていて辛い場合は、スポーツジムで筋トレしてみてもいいでしょう。

肉体的に強くなることで自信がつき、仕事にも好影響を与えることがあります。

【参考記事】はこちら▽


過ごし方4. 手の込んだ料理に挑戦してみる

食生活が乱れると、健康を損ないやすくなるだけでなく、イライラしやすくなったり、心が落ち着かなくなるものです。

そのため、時間がたっぷりあることを活かして、手の込んだバランスのとれた食事を作ってみるのもおすすめ。

料理は程よく集中力を要するため、時間を忘れてのめり込むという心地よさも味わえるでしょう。


過ごし方5. スパやマッサージに行ってリフレッシュする

長い労働時間や連勤が続き、体の疲れが残っている場合は、それを癒すことを最優先しましょう。

スパで大きなお風呂につかったり、マッサージで体のコリをほぐしてもらったりすると、血行がよくなり、寝つきもよくなります。

ただ家でだらだらと寝てるだけでは得られないほどのリフレッシュ効果がありますので、おすすめです。


ズル休みをした時に気をつけるべき5つのポイント

ズル休みをしたことが周りに伝わると、単純に上司や同僚から叱られるだけでなく、人としての信頼性が大きく低下してしまうことも。

ここでは、ズル休みをした時に気をつけるべき5つのポイントをご紹介します。


ポイント1. ズル休み中はSNSの更新をしない

ズル休み中は、どれだけ開放的で楽しい時間を過ごしていても、それを周りに伝えることは厳禁です。

同じ職場の人にメールや電話をすることはもちろん、プライベートのSNSの更新も控えましょう。

「職場の人に見られていないから大丈夫」と思っていても、案外こっそりチェックされているというケースも少なくありません。


ポイント2. 会社の近くには行かないようにする

体調不良や病院に行くなどの理由で休んでいる時は、元気な姿を会社の人に見られてしまうことは当然避けるべきポイント。

例え、同じ職場の人に見つかる可能性が低く思えても、全くのゼロではないため、リスクが大きいです。

少しの油断が自分の信頼性を揺るがしてしまうことがあるため、細心の注意を払っておきましょう。


ポイント3. ズル休みしたことは誰にも言わない

どれだけ仲が良く、付き合いのある上司や同僚でも、ズル休みをしているという状態は見ていて気持ちのいいものではないです。

そのため、取引先の人たちはもちろん、上司や同僚など、信頼している人にもズル休みしたことは伝えてはいけません。

疲労ややる気の低下など、どんな理由であっても、ズル休みは周りに迷惑をかけてしまう行為だということを忘れないようにしましょう。


ポイント4. 体調不良で休む場合は、前後で体調が悪い演出をする

多くの人は、人の体調は一日二日でコロコロと大きく変わらないというイメージを持っているでしょう。

そのため、休む前後で、出社した時にのど飴を舐めたり、マスクをしておいたりなどの「体調が悪い」という演出が必要となります。

ただし、診断書が必要となるような重病であることを装ってしまうと、のちのち辻褄が合わなくなるため、やめておきましょう。


ポイント5. ズル休みが癖にならないように注意する

一度楽な環境を味わってしまうと、なかなか以前のように頑張り続けることができなくなる可能性もあります。

そのため、ズル休みが癖になってしまうと、ついつい色んな理由を見つけては、休もうとする状態になってしまうことも。

直接指摘されないまでも、信用や評価がどんどん落ちてしまうので、ズル休みは最低限に留めておきましょう。


ずる休みする時は、本当に行きたくない時だけにしましょう。

ズル休みしたくなる理由や、代表的な言い訳、押さえておくポイントについて紹介しました。

どうしても休みたい時は誰にでもありますが、やはり突然の欠勤は会社にとって大きな負担になります。

診断書がなかったり、元気な姿を誰かに見られてしまって、信用を失うリスクも。ズル休みは完全にダメなことではないですが、リスクと影響を考えて、なるべく控えるようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事