今すぐ集中する方法10選。日頃から集中力を持続させる方法を解説!

仕事や勉強前など、集中する方法を知りたい時ってありますよね。そこで今回は、今すぐ集中する方法から、集中力がない人の特徴、日頃から集中力を持続させる方法、集中力を高める食べ物と飲み物をレクチャーします!大事な仕事やテストが近づいている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

仕事を効率アップさせたい方へ。集中する方法を解説します

今すぐ集中する方法10選

明日までに仕上げなければいけない仕事や、高得点を狙っているテスト前など、集中力が必要になる場面がありますよね。

今回は集中するためにはどうしたら良いのか、集中力を高めるための方法や集中力を持続する方法などをご紹介。

さらに、集中力が続かない原因についても、詳しく解説していきます。集中力がなくて悩んでいる方も、ぜひ参考にしてくださいね。


どうすれば集中できる?今すぐに集中できる方法10選

仕事や勉強に集中する時、集中力がない人は気が散ってしまい、なかなか進まないことがあるのではないでしょうか。

ここでは、集中したいという人のために、今すぐに集中する方法を10選厳選して、ご紹介していきます。


集中する方法1. 目標を明確にする

集中力がない人はいくつもの事柄を一度にやろうとすると、ますます集中できなくなってきます。

それは、一つではなく、いくつもの目標を掲げていると、「この後はあれをやらなければ」と、他のことに気持ちが向いてしまい、余計に集中できなくなるため。

自分に集中力がないと思ったら、今やるべきことを一つに絞ることで集中力が復活するでしょう。集中力を高めたいなら、あれもこれもと目標を広げすぎないようにしてください。


集中する方法2. 「5分間だけ」と時間を決めて取り組む

勉強に集中する時など「ここぞ」という時には、集中する時間を細かく区切ってみるのもおすすめの方法です。

まずはタイマーで5分間と時間を設定し、その時間は他の事を考えないようにして、じっくりと向き合ってみましょう。タイマーが鳴ったら作業をやめて、5分間集中できたら休憩を挟んでもOK。

いきなり1時間などの長時間を集中しようとしても、気持ちが重くなってしまいますよね。5分という時間は、「なんとか自分にもできそうだな」と思えるような、短時間。

短時間だけ集中する事を積み重ねながら、集中する時としない時の、気持ちの切り替えを学習しましょう。


5分できたら次は10分と少しずつ時間を増やす

集中力がない人が、いきなり何時間も集中して物事に取り組むのは難しいため、5分間の集中ができたら、次は10分間の集中にチャレンジしてみます。

少しずつで良いので、休憩を挟みながら時間を伸ばしてみてください。

休憩している時間には、次の集中時間のためにきちんと脳や体を休ませておきましょう


集中する方法3. 耳栓をするなど外部から遮断する

経験のある人は多いと思いますが、せっかく勉強に集中する事ができても、家族の生活音やテレビの音、携帯の着信音など、小さな音であっても外部の音が邪魔をして集中が途切れてしまう事があります。

音が一度気になってしまうと、ますます集中できなくなることがありますので、耳栓をして音をシャットアウトしてしまうのも良い方法です。


集中する方法4. ガムを噛む

スポーツ選手がガムを噛みながら試合をしているのを見た事がありますよね。

ガムを噛むという行為を行なうことで、脳を活性化させ脳内からはリラックス物質が分泌されるといわれています。

そのため、ガムを噛んで咀嚼していると、次第に気持ちがリラックスしてきて集中しやすくなるといえるで1しょう。


集中する方法5. いつもとは違う環境で行う

集中を高めるためには、いつもとは違う環境で集中してみるのも効果があります。例えば、勉強に集中する時、家で勉強するよりも、図書館で勉強した方がはかどることがありますよね。

家にいると、ついテレビを見たくなってしまったり、漫画や雑誌が見たくなったりと誘惑が多いため、家ではない違う環境に身を置いてみると、誘惑がない分、集中しやすくなります。


集中する方法6. 声を出しながら仕事や勉強をする

勉強に集中する時や仕事に集中する時などに、自分で声を出しながら作業をすると、集中力が高まると言われています。

自分で声を出す事で、自然と意識は自分の声に集中しますよね。これからやるべき事を自分で声にしてみると、次第に集中できるようになってきます。

誰かに聞かれたら恥ずかしいかもしれませんが、自分で自問自答しながら仕事や勉強をしてみると良いですよ。


集中する方法7. 仕事や勉強などやるべきことを細分化する

集中できないのは、やる事が多すぎてしまい、先を考えて嫌になってしまう事が影響していることもあります。

勉強に集中できても「あと100ページも残っている」と思ったら、やる気がなくなってしまいますよね。

やるべき事が多い場合は、細分化してみると良いでしょう。

100あるなら、10ずつ分けてみる、20ずつ分けてみる、など細分化してみると、少し気持ちの負担が軽くなり、集中できるようになってきますよ。


集中する方法9. 優先順位をつける

テスト前の受験生などは、集中できないと焦りが出てしまいますよね。焦ってしまうと、さらに集中が途切れてしまう事も。

どうしても集中力がないと感じる時は、やるべき事に優先順位をつけてしまい、思い切って好きな事からやってみると良いでしょう。

苦手な事をやっていると、どうしても集中力は持続しないもの。好きな事、得意分野からやってみると、集中できるようになってきますよ。


集中する方法10. 必ず休憩を入れる

集中力がないな、と思う人は、休憩も入れずに続けてやってしまう人が多いのでは。休憩なしというのは、集中力を低下させる原因に

どんなに集中力が高い人でも、人の集中力は15分程度しか持続しないとも言われています。

タイマーを活用するなどして程度に休憩を入れつつ、気持ちを切り替えながら勉強などの作業を行う方が、効率よく集中できるのです。


集中力が途切れる原因はこれ!集中力がない人によくある特徴

受験生やスポーツをしている人などは、いざという時に集中力が欲しいですよね。ここからはなぜ集中が途切れてしまうのか、集中力がない人の特徴をご紹介していきます。

自分と比較しながら、集中力が途切れる原因を探って行きましょう。


集中力がない原因1. ストレスを溜めている

ストレスと集中力は、一見すると何も関係がないように感じますが、大きく影響します。

まず、ストレスが溜まっている人は、心も体も疲れていることが多いですよね。疲れている時、人はつい他のことに気を取られてしまい、集中が途切れやすくなります。

また、集中力を高めるためには、モチベーションが大切。ストレスが溜まっている状態の人は、モチベーションを持ち続けることも難しいので、集中できないのです。


集中力がない原因2. 整理整頓されてない空間で作業している

勉強や作業をしている机の上が散らかっていたり、部屋が乱雑になっていたりすると、気が散ってしまうため集中する事ができないでしょう。

目の前に作業とは関係ないものが転がっていたりすると、目がそちらに行ってしまい、気が散ることになります。

また、机の中が整理整頓されていないと、例えば消しゴムを使いたいのに消しゴムがなくて、探すだけで時間がかかってしまうなど、せっかくの集中している時間を台無しにしてしまうことも。


集中力がない原因3. メリハリをつけずにぶっ通しで作業を行っている

集中力を高めながら作業をするためには、適度な休憩が必要なことはご紹介しました。集中力が途切れてしまうと思っている人は、休憩を入れずにやり続けていることが多いです。

やらなければいけないことが多いと、ついやり続ける方が効率が良いと考えてしまいますよね。

しかし、休憩で頭をリセットしながらの作業の方が、集中しながら効率よく作業できるのです。


集中力がない原因4. 不規則な生活を送っている

疲れは集中力の大敵。不規則な生活を送っていて疲れが溜まっている人も、集中力が途切れがちになってしまうでしょう。

仕事や勉強などやる事が溜まってしまうと、徹夜をして作業を続けてしまう事がありますよね。

しかし、先ほどご紹介したように、しっかりと休憩を挟みながら作業する方が、集中力は発揮できるのです。


集中力がない原因5. マルチタスクを行っている

マルチタスクで作業をする方が、仕事が早く終わり、効率が良いと考えている人は多いかもしれません。

一度にいくつもの案件を処理できるような高い集中力がある人は別ですが、実はマルチタスクは非効率だという人もいます。

特に集中して作業する事が苦手な人なら、なおさらマルチタスクは向いていないでしょう。

一つ一つにじっくりと向き合いながら作業をした方が、ずっと集中して作業できますよ。


集中力がない原因6. 受け身で仕方なく行っている

集中してやらなければいけないスポーツや勉強、仕事などが、自ら進んでやりたいと思うことではない、受け身で行なっている場合も、集中は長続きしません。

どうしても、好きなことややりたいと思うことの方が、人は集中して作業ができるのです。

集中力のためには、やらなければいけない事に対して、自分なりの意義を見つけながら作業をするようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


日頃から集中力を持続させる方法とは?

今すぐ集中する方法や、集中できない人の原因について見てきました。

集中するためにやるべきこと、集中できない理由について、理解できてきたのではないでしょうか。

ここからは、日頃から集中力を持続させる方法についてご紹介していきます。


持続のさせ方1. 毎日小さな目標を掲げて行動する

日頃から集中力を高めるためには、少しずつトレーニングをすることが大切。まず提案したい方法が、1日に一つで良いので、その日の目標を掲げてみる事です。

どんなに小さな事でも構いませんので、その日に必ず達成できる事を決めてみると、実行するために自然と集中するようになります

また、達成できた事が喜びに繋がり、成し遂げる事が楽しくなってくるでしょう。

毎日目標を達成するために集中することを繰り返して行くと、集中力も次第に高まってきますよ。


持続のさせ方2. 目標が達成したら、自分にご褒美を与える

毎日の小さな目標が達成できたら、自分で小さなご褒美を用意しておくと、さらに効果的です。

例えば「大好きなお菓子を食べる」や「好きなテレビ番組を見る」といったことでも、満足度は高いです。目標が達成できればご褒美が待っていると考えると、早く終わらせようと集中力も高まってくるはず。

やるべき事に意味を持たせるためにも、ご褒美は効果が期待できる方法ですよ。


持続のさせ方3. 「もしできなかったら?」と最悪の状況を想定し、危機感を持つ

気持ちがダラけていると、誰もが集中が途切れてしまいがちになります。

例えば、受験生でしたら「今度のテストの点数が悪かったらどうなるだろう」などと、自分にとって最悪な状況を思い描いてみてください。

人は危機が迫ってくると思わぬ集中力を発揮する事ができます。

最悪の状況は考えたくないかもしれませんが、集中力を高めるためには大いに役に立ってくれますよ。


持続のさせ方4. 運動などトレーニングを行う

運動などのトレーニングをして体を鍛えることは、健康な体から集中力が高まる事が期待できます。

さらに、運動をしたり、筋肉トレーニングをしたりしている間は、誰もが運動に集中します。それが日々の集中力にも好影響なのです。

また、適度な運動は記憶力にも良い影響があると言われていますので、脳にも良い作用が期待できます。


持続のさせ方5. イメージトレーニング

成功をおさめるために、イメージトレーニングが有効だと言いますよね。頭の中で、勉強や仕事、スポーツなどに集中している自分をイメージしてみましょう。

イメージを思い描くためには、集中する事が必要になってきます。イメージトレーニングを日課にすれば、集中する時間を毎日持てることになるのです

イメージトレーニングは、より具体的にリアルにイメージする事が大切ですよ。


持続のさせ方6. 集中した結果どうなるか想像する

さきほどのイメージトレーニングをより発展させ、集中して作業を行なった自分はどうなるのかまでイメージしてみてください。

例えば、集中して勉強をして、テストで最高得点を出した自分を具体的にイメージしてみるのです。

成功イメージを思い描く事で、脳の活性化に繋がり、やる気もグッとあがってくることを感じるでしょう。


持続のさせ方7. 主体的に楽しさを見出して取り組む

どんな事でも、誰かに無理やりやらされたり、やりたくない事をしたりするのは楽しくありませんよね。

楽しくない事をしている時は、やはり集中できませんし、気分にもムラが出てくるものです。

それでも取り組まなければいけない事なのでしたら、少しでも楽しさを見つけ出し、自分の将来に役立つ事だと考えて、取り組むようにしてください。

自らやりたいと思える事を見つけられれば、集中できるようになってきますよ。


持続のさせ方8. 作業や勉強のルーティンを作る

作業や勉強を毎日のルーティンにしてしまえば、やる事が当たり前になるため、集中できるようになってきますよ。

例えば、歯磨きをしたら10分間単語を覚える、というように、ルーティンにやるべき作業を組み込んでみるのです。

いつも決まった時間に作業を行うようにすれば、その時間だけは集中できるようになります。


ぜひ知っておきたい!集中力を高める食べ物&飲み物4選

集中力について、方法から原因など、様々な観点でご紹介してきました。

ここからは、集中力を高める手助けをしてくれる、集中力を高める食べ物、飲み物をご紹介していきます

仕事や勉強のお供にして、ぜひ役立ててくださいね。


食べ物&飲み物1. チョコレート

集中力をアップさせるためには、脳のエネルギーとなるブドウ糖が必要です。チョコレートはブドウ糖が多く含まれている食べ物なので、効率よく摂取すれば集中力を安定させてくれるでしょう

もちろん、チョコレートは食べるぎると虫歯の心配もありますし、カロリーを摂取しすぎてしまう心配がありますので、集中力が切れた時に少量食べるようにしてくださいね。


食べ物&飲み物2. バナナ

バナナは栄養を補給する食べ物として、とても優れた食品であることで知られていますよね。

チョコレートと同じように、バナナには脳のエネルギーになるブドウ糖が含まれていますので、体だけでなく、脳へのエネルギー補給もできる食べ物なのです。

また、疲労回復効果も期待でき、カロリーも低めなので、おやとつして気にせず摂取できるのが嬉しいですね。


食べ物&飲み物3. ハーブティー

アロマテラピーでハーブを活用している人は多いですよね。自然由来の香りで様々な効果が知られているハーブは、ハーブティーにしても効果が期待できます。

ハーブティーを飲むことで脳がリラックスでき、集中力を高めるのです。

豊かな香りを楽しみながらハーブティーを口にすることで、気分もリフレッシュできるでしょう。


集中力が続かない原因を解明して克服方法を試してみて。

勉強が必須の学生さんはもちろんですが、社会人になっても、集中しなければいけない場面はたくさんありますよね

集中力に自信がないという人は、なぜ集中できないのかを振り返ってみながら原因を知り、集中力を高めていってください。

また、ここぞという時には、ご紹介した集中力を高める食べ物や飲み物も活用してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事