告白が失敗しても挽回して付き合う7つの方法。失敗した後の正解行動とは

大好きな人に告白したものの、告白が失敗に終わる時って意外と多いですよね。そこで今記事では、告白が失敗に終わってしまった後に取るべき行動や絶対にしてはいけないNG行動をお教えします。また、振られても挽回する方法も合わせて紹介していきます。

告白が失敗に終わって悩んでいる方へ。

告白が失敗しても挽回して付き合う7つの方法

勇気を出して告白したけれど振られてしまったらとても落ち込んでしまいますよね。しかし中にはどうしても諦めきれずにもう一度告白を考えている方も。

そこで今回の記事では告白が失敗しても挽回して付き合う方法を7つご紹介します。大事なのは告白が失敗したその後の行動です。どう行動したら良いのか、どんな考え方をすれば良いのかをぜひ参考にしてみてくださいね。


告白が失敗に終わった後、取るべき行動や立ち振る舞いとは?

告白が失敗に終わった後、取るべき行動や立ち振る舞いとは?

振られてしまった時はとても辛いですよね。しかし諦めずに挽回してもう一度アタックしようと思うなら、その後に取るべき行動や立ち振る舞いを考えなければいけません。

ここでは気になる人と付き合うために取るべき行動や立ち振る舞いなどをご紹介します。


告白が失敗した後の行動1. 気まずい空気をなくすべく、すぐ仲直りをして関係を修復する

告白が失敗した後は、二人の間にとても気まずい空気が流れていることでしょう。しかし時間が経てば経つほど気まずさは増していき、仲直りするのが難しくなってしまいます。

告白した後は早めに仲直りをしましょう。気まずいかもしれませんが、早めに今まで通りの関係を続けたいと伝えます。関係を修復して友人関係を続けていくことで、次のチャンスへつなげることができますよ。


もし相手がノリのいい人なら、笑い話にしてみるのもアリ

相手によってはただ仲直りするだけでなく、笑い話にしてみるのもアリです。ノリのいい人なら笑い話にすることで、告白したことを流してくれるでしょう。

しかし、これは相手を見極めることが肝心。もし真面目な人だったなら、「冗談で告白をする人だったんだ」と思われて、友人関係も解消されてしまうかもしれません。相手の性格をよく考えてから行いましょう。


告白が失敗した後の行動2. 真剣に答えてくれた相手に感謝し、これからも友人としてよろしくと伝える

自分のことを真剣に考えて答えてくれた相手とは、無理に関係を解消したいとは思わないはずです。告白する前に友人関係であったなら、これからも友人として仲良くしたいと伝えましょう。その時告白に真剣に答えてくれたことへの感謝を忘れずに。

ここではもう一度告白したいと思っていても焦らずに、告白前の友人同士のように振る舞いましょう。


告白が失敗した後の行動3. 周囲にも変に気を遣わせないよう、自分から振られたことを話しておく

告白して振られたことを知ったら、二人を知る周囲も気まずいもの。そこで周囲には変に気を遣わせないように、自分から振られたことを話しておきましょう。

そうすることで二人を含めたグループで行動することでも、前と同じように接してもらえます。前と同じ関係を続けることで、告白後の気まずい雰囲気も薄れていくでしょう。


反対に、フラれた後にとっては行けないNG行動とは?

反対に、フラれた後にとっては行けないNG行動とは?

ここまでは告白した後に取るべき行動をご紹介してきました。しかし振られたことで思わず感情的になって取ってしまいがちな行動もあります。

挽回しようとしても難しいことも。振られた後にとってはいけない行動はどんなものがあるのかをご紹介します。


フラれた後のNG行動1. 自分を振った相手の悪口や不満を口にする

振られた後はとにかく感情的になってしまいがち。つい自分を振った相手の悪口や不満を口にしてしまうこともあるでしょう。しかしこれは大きなNG行動。

相手を傷つけるのはもちろんのこと、もう一度あったかもしれない告白のチャンスをつぶしてしまいます。相手には伝わらないだろうと思っていても、口に出すのはやめましょう。


フラれた後のNG行動2. 相手のことを露骨に避け始める

振られた後は気まずいもの。そこで相手を避けてしまうのは仕方のないことです。しかし露骨に避けるのはやめましょう。

露骨に避けてしまうと、相手はもう友人関係にも戻れないと思って疎遠になってしまい、関係を挽回できないことも。

また、周りにも「なにがあったのか」と心配させてしまうことに。気持ちの整理がつかないこともありますが、できるだけ早めに元の態度に戻すようにしましょう。


フラれた後のNG行動3. SNSで病んでるアピールやポエムを投稿する

何かあるとつい投稿したくなってしまうSNS。しかしここで振られたことや、振られて落ち込んでいる、病んでいることをアピールするのはやめましょう。

相手に伝わると不快な気持ちにさせてしまいますし、あとから見直した時自分もとても恥ずかしい思いをします。一度SNSに発信したものは消えないと思い、感情的にならず良く考えましょう。


フラれた後のNG行動4. 露骨に落ち込んで周囲に構ってアピールをする

告白が失敗した後はとにかく落ち込んでしまいます。素直な気持ちを伝えれば落ち込んだ友達を見て連絡して話し相手や、ご飯に連れて行ってくれる人もいます。

しかし、自分から何度も連絡して露骨に落ち込んで周囲にアピールするのはやめた方が良いでしょう。かまってちゃんだと思われ、「めんどくさい奴だな」と離れてしまう人も。

露骨に何度も告白が失敗したことを言いふらす人だと思われかねませんので、くれぐれも気をつけましょう。


フラれた後のNG行動5. 振った相手に対し、よそよそしい態度を取る

振った相手に会うのは気まずいですよね。しかしあまりよそよそしい態度を取るのは考え物です。もう友人としても付き合えないと言っているようなもの。

一度振られた相手ならきっぱり無かったことにして、今まで通りの関係を続けることが大切ですよ。

【参考記事】はこちら▽


振られたけどまだ好きな場合、挽回して付き合うための逆転法とは?

振られたけどまだ好きな場合、挽回して付き合うための逆転法とは?

振られたらきっぱり諦めないとと思っていても、どうして忘れられないという方も多いです。もしかしたら、考え方や行動次第ではまだリベンジするチャンスがあるかも。

忘れられない、どうにかして付き合いたいと思っている時の逆転法にはどんなものがあるのかご紹介します。


挽回の仕方1. まずは振られた時の原因をきちんと分析する

逆転するためには告白が失敗した原因はなんだったのかをまずしっかりと考えましょう。失敗したということは、何らかの原因があるはずです。

それが「もう恋人がいる」などの理由だったら難しいですが、それ以外の場合、その原因を取り除けば成功する可能性もあります。

まずは原因をきちんと分析し、直すべきところがあれば改善するようにしましょう。


挽回の仕方2. 初めての告白の時よりも仲良くなり、相手と親密な関係を築く

告白した時にまだそこまで親密な関係でなかったなら、もっと仲良くなれば逆転のチャンスが巡ってくることも。まずは告白に失敗した後も関係を修復し、続けていきましょう。

そして初めて告白した時よりも仲良くなった、親密な関係を築けた、脈ありかもと思ったら、もう一度告白を考えます。お互いがもっと分かり合えたところで告白することで、成功率も上がるでしょう。


挽回の仕方3. 仲良くなったら2人きりで食事や飲みに誘ってみる

告白前よりも仲良くなれたら、次のステップにすすみます。2人っきりで食事や飲みに誘ってみましょう。2人きりの食事は相手の考えをしっかり聞くことができ、より親密になれるチャンスでもあります。

また2人きりでの食事や飲みにOKしてくれるということは、少なくとも嫌われてはおらず、もしかしたら脈ありのサインかも。希望をもってチャレンジしてみましょう。


挽回の仕方4. 髪型や服装をイメチェンして、相手の気を引いてみる

思い切って見た目をがらりと変えてみましょう。髪型や服装をイメチェンすることで、相手の気を引くことができます。また相手との話題作りにも最適。どんなお店がおすすめなのか、どんな服が好みなのかなどの話をしてみましょう。

自分自身も気分が変わり、新しい気持ちで相手にアタックできるかも。気分展開にもなるのでおすすめです。


挽回の仕方5. 好意があることを極力バレないようにクールに立ち振る舞う

好意があることを極力バレないようにクールに立ち振る舞う

告白が失敗した後は気まずく、うまく立ち周れないことも。その後どうしていいか分からないことも多いですよね。友人関係に戻って仲良くするのも良いですが、まだ好意があることをバレないようにするのも一つの手。

クールに接することで、相手に「もう自分には興味がないのかな」と思わせることができます。これでまだ脈があるようなら、相手も気にして話しかけてくれ、逆転のチャンスがあるかもしれません。


挽回の仕方6. 共通の友達など、好きな人の周りにも事前に相談して協力してもらう

告白した後、どうしても諦められない時は周りの友人に連絡して協力してもらうのも一つの手段。共通の友達や、好きな人の周りに事前に相談して協力してもらうことが大切です。

一人で悩んでいるよりも多くのアイデアに触れることができます。リベンジに向けて多くのアイデアを実践してみましょう。協力してもらったらお礼を言うのを忘れずに。


挽回の仕方7. 距離をしっかり縮まったら、告白して交際を再び申し込む

その後友人関係を続けて「距離が縮まったかな」「脈ありかな」と感じたら、再び行動を起こしましょう。もう一度告白をして交際を申し込むのです。

一度目より2人の距離が縮まり、お互いのことを理解し合えているなら成功率も上がっているはずです。しっかりと自分の気持ちを伝えましょう。リベンジするなら焦らずにゆっくりと距離を縮めていくことが大切です。

【参考記事】はこちら▽


2回目の告白で失敗しない方法とは?

2回目の告白で失敗しない方法とは?

一度告白に失敗している以上、2回目は失敗できません。そこで2回目は1回目より慎重になる必要があります。自分のことも相手のこともよく考えて行動を起こしましょう。

2回目の告白で失敗しない方法をご紹介します。


告白で失敗しない方法1. 「やっぱり好きです」と言うと、誠実で一途な印象を与えられます

失敗しないためには告白の言葉はとても大事です。「やっぱり好きです」という言葉は、告白に失敗したその後もずっと想い続けてきたという印象を相手に与えます。

誠実で一途な印象を相手に与えることで、「この人なら大丈夫かもしれない」と思ってくれる可能性も高いです。

「やっぱりずっと好きでした」という言葉を強調するような告白で逆転を狙いましょう。


告白で失敗しない方法2. 景色のいい場所や雰囲気のいいお店など、告白のシチュエーションにもこだわる

告白にはシチュエーションも大事。景色のいい場所や雰囲気のいいお店などをチョイスしましょう。ロマンチックな場所はそれだけで、ムードを盛り上げてくれ、告白の成功率も高めに。

できるだけ相手の好みを調べておき、それに合った場所を選びましょう。「自分のために選んでくれた」と相手が感じることで、好感度も上がります。相手を喜ばすことが成功のカギです。


告白で失敗しない方法3. 前回の時より成長した自分の部分を相手にアピールしてみる

どうして告白が失敗したかの原因がはっきり分かっているなら、その後をどのように改善したか、どのように成長したかを相手にアピールしましょう。

相手も「自分のために努力してくれた」と感じ、好感度がアップすること間違いなし。

ただし必要以上にアピールすると「めんどくさい」「しつこい」と思われてしまうので、ほどほどが肝心です。


告白で失敗しない方法4. 告白のセリフは「付き合ってください」と端的に分かりやすくまとめる

凝ったセリフやロマンチックなシチュエーションは、付き合った後だとアリですが、相手に伝わらなくては意味がありません。まずは自分の気持ちをしっかり相手に伝えることが大切です。

告白のセリフは分かりやすく「付き合ってください」と伝えましょう。端的に分かりやすい言葉が、結局一番相手に胸に届きやすいのです。その後に「どこが好きか」などを付け足すのも良いでしょう。


告白が失敗したら、自分の気持ちをよく考えてみて。

告白が失敗したら、自分の気持ちをよく考えてみて。

告白が失敗した後の対処法や告白が失敗する原因、もう一度告白する方法などをご紹介しました。告白が失敗した後、どうしても諦めきれないなら2度目に向かって努力してみましょう。

考え方や行動次第では、2度目のチャンスが巡ってくる可能性も。また、もう一度アピールする姿が相手の心に届く場合があり、逆転のチャンスもめぐってきやすいので、諦めないことが大切です。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事