好きになってはいけない人を好きになった人へ。対処法と忘れ方を紹介

好きになっていけない人を好きになってしまう時ってありますよね。そこで今回は、禁断の恋をした時の対処法と好きになってはいけない人を忘れる方法を解説します。駄目とわかっていても好きな気持ちはなかなか消えないと悩みますよね。本記事を参考に、上手に対処していきましょう。

好きになってはいけない人を好きになった女性へ。

好きになってはいけない人を好きになった時の対処法

この人は好きになってはいけない人なのに、に気づいたら好きになってしまった、そんな恋に悩んでいる女性は少なくありません。

頭では理解できていても、気持ちは自由にコントロールできないだけに苦しい思いを抱えてしまいます。

今回は、好きになってはいけない人の特徴を解説した上で、取るべき対処法や好きになってはいけない人を忘れる方法、諦める方法をご紹介します。


禁断の恋?好きになってはいけない人とはどんな人?

好きになってはいけない人に恋をする、いわゆる禁断の恋は、意外と身近にいる相手との間に生まれやすいもの。

気が付いたら好きになっていたという場合も多いでしょう。

好きになってはいけない人とは具体的にどんな人なのか、禁断の恋の相手として多い3種類の相手をご紹介します。


禁断の恋1. 妻子持ちの既婚者

妻や子供がいる既婚者と、禁断の恋に落ちる女性は多いです。職場の上司や仕事の取引先など、年の差があるので落ち着いて見えるため、無意識に惹かれます。

家庭を背負っているが故の責任感の強さや、妻子への愛情深さを垣間見た時、既婚者であることを忘れて無意識に惹かれ、気づいたら好きになっていたというパターンは多いでしょう。


禁断の恋2. 仲のいい友達の彼氏

長い付き合いの親友や、いつも一緒にいる同性の友達に恋人がいた場合、年の差があってもなくても何かのきっかけで異性として意識することはあり得ます。

友達から彼の言動を聞いたり、実際に会って話したりして、両思いである友達がうらやましく感じるのです。

現実には友達の彼氏ですが、好きになってはいけないと思うほどかえって気になると言えます。


禁断の恋3. 学校の先生や生徒

女性が高校生や大学生の場合、もしくは教師として教壇に立っている場合、同じ学校の先生や生徒に恋をすることがあります。

毎日長い時間を共に過ごしていると、いい面も悪い面も見えて身近な存在に感じやすく、年の差は関係なく好きになることも。

教える側と教えられる側という関係ですから恋愛はご法度、そういう思いがかえって心に火をつけてしまうのかもしれません。


好きになってはいけない人に恋した時の対処法は主に3パターン

好きになってはいけない人を好きになった時、基本的に両想いにはなりにくい関係だと考えると辛いもの。

それでもどうにかしたいという気持ちは消えないことも多いでしょう。好きになってはいけない人に恋した時の対処法を3つご紹介します。


パターン1. どうしても諦めきれない場合、アプローチして諦める

男性が既婚者や友達の彼氏など好きになってはいけない人だとしても、好きになる気持ちを止めることができない時はあります。

辛いけれど諦めたくないという思いが強いなら、一度はアプローチしてみるのも一つの方法です。

ただし、男性には妻や恋人がいるのですから、両想いになれる見込みはほぼありません

倫理的にも世間に受け入れられることは難しいため、できれば大人の女性として冷静に行動した方が良いでしょう。


パターン2. 気持ちを心に留めて、純粋に片思いを楽しむ

どんなに好きになったとしても、相手の男性には妻や恋人がいます。

告白したとしても関係が発展するわけではなく、むしろ疎遠になってしまう可能性の方が強いです。

好きという気持ちは内に秘めておいて、友人や知り合いとして付き合うのが賢明だと言えるでしょう。

適度に距離を置く形なら、誰も傷つかず、自分も片思いを秘かに楽しむことができます。


パターン3. すっぱり諦めて新しい恋をスタートする

既婚者や友達の彼氏と禁断の恋をするというのは、刺激的な反面常に破局する可能性と隣り合わせです。

もし別れた時、相手の男性はて妻や恋人との関係を続けるだけですが、女性は傷心のまま独りになってしまいます。

そんなことになるのは嫌だと思うなら、たとえ相手の男性がどんなに魅力的な男性で両思いになりたくてもすっぱり諦めるといいでしょう。

自分をもっと大切にしてくれる男性と、新しい恋を始めるのがおすすめです。


では、好きになってはいけない人を忘れる方法や諦める方法とは?

好きになってはいけない人を好きになることは、誰にも止められません。

ただし、倫理的にその思いを応援してくれる人はほとんどいませんから、諦めるのは結果的に自分のためでもあります

好きになってはいけない人を忘れる、諦める方法についてご紹介します。


諦め方1. まずは連絡を取らないようにする

片思いの恋だからやめようと思っても、会って顔を見たり電話で声を聞いたりするとその決意が揺らぐものです。

本気で相手の男性のことを忘れようと思うなら、連絡は取らないようにすることが大切。

連絡をシャットアウトして自分の生活から相手の男性を追い出すことで、徐々にでも忘れることができれば、新しい恋に向かう前向きさも生まれるはずです。

連絡しないという厳しい姿勢を崩さないことが、相手の男性を諦める上では重要と言えます。


諦め方2. 趣味や仕事に打ち込んで、恋愛のことを頭から忘れる

時間があると、つい「彼はどうしているだろう」と相手の男性のことを考えて苦しい気持ちになるもの。

こういう状態だと、一度は諦める決心がついていたとしてもまた揺らぐ可能性があります。

きっぱりと忘れるためには、相手の男性のことを考える時間が取れないくらい趣味や仕事に打ち込むことです。

恋愛以外のことに意識を向けることで、禁断の恋への思いを頭から追い出しましょう。


諦め方3. SNSもチェックしないようにする

最近はFacebookやTwitterなどのSNSで、相手の男性の近況を簡単にチェックできます。

フリーの男性と女性という関係であれば、相手のSNSをチェックするのは何ら問題はありませんが、既婚者や友達の彼氏、先生や生徒といった関係だと自分が辛いだけ

特に相手の男性が家族や恋人と一緒の写真をアップしていたりすると、両想いになる可能性が限りなくゼロに近いことを痛感します。

辛くなるだけですから、SNSはチェックしないようにしましょう。


諦め方4. 出会いの場へ足を運んで、次の恋を見つけてみる

相手の男性のことを考えないようにしようとしても、一度好きになったらなかなかそうはいきません。

夜一人で部屋にいる時や、外で幸せそうなカップルを見ると、苦しい思いをすることも多いでしょう。

忘れるよう努めるには、落ち込んでしまいがちな一人の時間を作らず、合コンや婚活パーティーなど出会いの場に行ってみるのがおすすめ。

気が紛れますし。次の恋を見つけられるかもしれません。


諦め方5. これ以上踏み込むと、“誰かに迷惑をかける”と自制する

フリーの男性と女性の恋とは違って、禁断の恋は自分たちだけの問題では済まなくなる可能性が高いです。

例えば既婚者なら、自分がアプローチしてもし付き合ったとしても、不倫ですからばれたら男性の妻や子供を傷つけることになります。自分の取った行動が誰かに迷惑をかけるわけです。

そんなことはできないと思うなら、アプローチしたくても自制して、距離を置くことを考えましょう。

【参考記事】はこちら▽


好きになってはいけない人との恋は、なるべく諦めるようにしましょう。

好きになってはいけない人を好きになる気持ち自体は、誰にも止められません。

しかし同じ恋をするなら、禁断の恋よりも、堂々と付き合える相手との落ち着いた恋愛をしたいもの。

好きになってはいけない人を好きになってどうしたらいいか分からないと迷っているなら、この記事を参考に、相手と距離を置くようにして上手な対処法を実践してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事