女性が好きだと気づく瞬間21個|無意識な恋心を自覚するきっかけとは?

女性が「この人好きかもしれない」と男性のことを気づく瞬間ってありますよね。今記事では、女性が男性を好きだと気づく瞬間を解説します。

女性が男性を好きだと感じる“21の瞬間”|好意を自覚するきっかけとは?

女性が男性を好きだと感じる瞬間

「家にいても、相手のことを考えてしまう…これって恋愛感情?」
「普通の男友達とは違うフィーリングがあるような気がするけど、好きなのかな?」

自分でもよくわからない感情を抱いた時、そんな疑問を抱える女性も多いのではないでしょうか。

本記事では、女性が男性を好きだと感じる瞬間やきっかけを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


好きだと気付く瞬間1. LINEの返信を待っている時

女性は好意がある男性に対しては、相手の反応が気になってしまうもの。

例えば、

「LINEの返事がいつもより遅い…」
「既読は付いてるのに、どうして全然返事が来ないんだろう?」

など、LINEの返事が早くきてほしいと思う瞬間に、好きだと気づきますよ。


好きだと気付く瞬間2. ふとした瞬間に彼のことを考えてしまう時

いつも心の中に相手の存在があるのも、男性が好きだと自覚するきっかけになります。

一人でカフェでお茶をしている時でも、「このカフェに、あの人と一緒に来たいな」など、何でもない時に彼のことを考えてしまうと「好きかも」と気づくのです。


好きだと気付く瞬間3. 彼とのLINEを見返している時

彼とのLINEを見返している時

相手の男性に惚れると、二人のやりとりや思い出が特別に楽しいものに感じます。

意味もなく、LINEを見返して二人で盛り上がった時の状況を思い浮かべてニヤニヤしてしまい、「もしかして好きかも?」と気づくのです。

他にも、LINEで送られてきた写真や一緒に撮った写真を見て顔が緩んでしまうのなら、それはもうあの人のことが好きだということ。


好きだと気付く瞬間4. 彼から名前を呼ばれるのが嬉しいと思った時

全然興味がない男性から名前で呼ばれるのは何も思わなかったり、少しでも嫌悪感があれば気持ち悪いと思ってしまうもの。

でも、名前を呼ばれてドキッとしたり、なんか心地良いと思ったなら、それはもう恋をしている証拠。

「この人から名前呼ばれるの、なんかいいな」と思って、好きな気持ちに気づくでしょう。


好きだと気付く瞬間5. 無意識に目で追っている時

好意のない男性に対しては、特に存在が気にもなることはありません。

しかし、大勢で集まっている時や他の友達も写っている画像を見て、最初に彼の姿を探してしまう時は、相手を好きだと確信する瞬間と言えます。


好きだと気付く瞬間6. 目が合った時に恥ずかしくて逸らしてしまった時

目が合った時に恥ずかしくて逸らしてしまった時

相手の姿を目で追ってしまうものの、見つめ合う心の準備ができていないのも片思い中の女性にあるあるです。

目で追うだけで満足してしまい、実際に相手と目線が合うと顔が真っ赤になり、その瞬間に恋に落ちていることを自覚するなんてこともよくあります。


好きだと気付く瞬間7. 優しくされたのが他の人よりも嬉しいと感じた時

好きでも何でもない人に対しては、親切な行為に対しても「ありがとう」くらいにしか感じません。

しかし、好意を持っている男性から「手伝ってあげるよ」「いつも頑張ってるね」など優しい言葉をかけられると無性に嬉しくなるし、どこか期待してしまうでしょう。


好きだと気付く瞬間8. 彼が好きなものを自分も好きになりたいと思った時

恋愛感情を抱いている男性のことはもっと知りたいし、共感したいと思うもの。

例えば、彼が好きなアーティストの音楽を聴いて、興味を持って会話を広げようとしている時なども、相手を好きだと気づく瞬間ですよ。


好きだと気付く瞬間9. 彼が頑張っている姿を見て”キュン”とした時

彼が頑張っている姿を見て”キュン”とした時

仕事やスポーツなどに打ち込む男性を応援したくなる女性は多いですが、意識している相手に対しては特別な感情が生まれやすいです。

具体的には、仕事でいつも残業をして頑張っている姿を見ていて、男性が結果的に表彰された時などは、思わずキュンとして恋に落ちることもあります。


好きだと気付く瞬間10. 彼のことを「かっこいい」よりも「可愛い」と感じた時

女性は母性本能をくすぐられると、相手のことが気になってしまいます。

男性の笑顔や仕草を見て「かっこいい」ではなく「どうしてこんなに可愛いいんだろう」と思った瞬間に、好意を抱いていると自覚する女性も少なくありません。


好きだと気付く瞬間11. 酔って電話をかけたくなった時

アルコールが入ると自分の気持ちに正直になることはよくあること。

お酒を飲んで酔った時に「声が聞きたい」と思ったら、それは紛れもなく本心。

「普段から彼のことばっかり考えているんだな」と恋心を自覚するのです。


好きだと気付く瞬間12. 辛い時や寂しい時に会いたくなる時

辛い時や寂しい時に会いたくなる時

自分が落ち込んだり弱ったりしている時は、好きな人に支えてほしいと思うもの。

例えば、仕事でミスをして周囲に迷惑をかけてしまった時に、好きな人に会って話を聞いてもらいたくなるのも「やっぱり特別な人なんだ」と自覚する瞬間です。


好きだと気付く瞬間13. 予想外の場所で会えて嬉しかった時

好意を抱いている男性のことは、いつも頭の中から離れません。

そのため、出先や帰り道などで思いがけずに遭遇することがあれば、想像以上に嬉しさがこみ上げてきて「運命かも⁉」と思い恋に落ちることもあります。


好きだと気付く瞬間14. 彼と出かける時は、普段より身だしなみに気合いを入れていた時

そこまで気持ちが入っていない男性なら、たとえデートに行くときでも気合いを入れておしゃれをしようとは思わないはず。

しかし、好きな男性に対しては「綺麗に見られたい」「印象をよくしたい」という心理が働くため、メイクを念入りにしたり新たな服をわざわざ購入したりすることも。

そんな時に、「あれ、何でおしゃれしてるんだろ。好きなのかな?」と気づくのですよ。


好きだと気付く瞬間15. 一緒にいて「落ち着くなぁ」と感じた時

一緒にいて「落ち着くなぁ」と感じた時

ドキドキする恋もいいけど、何となく運命を感じる相手って結婚を前提として考えられるような一緒にいて落ち着く相手ですよね。

一緒にいても緊張せずにありのままの自分を出せてリラックスできると感じた時、「この人のこと好きなんだ」と分かる瞬間ですよ。


好きだと気付く瞬間16. 彼の匂いを「この匂い好きかも…」と思った時

女性は遺伝子レベルで男性との相性のよさを感じてしまうことがあります。

彼と一緒にいて「なんとなくいい匂いがする」「彼の匂いがすると安心する」など、匂いに惹かれていると気づいた時も恋に落ちたサインです。


好きだと気付く瞬間17. さっき会ったばかりなのに、もう会いたい時

好意がある相手とは、できることならずっと同じ空間にいたいと思ってしまうもの。

ついさっきまで一緒にいたのに、家に帰った途端に「また会いたい」「寂しい」そんなこみ上げるような感情を抱いた時に、相手のことを好きだと気づくのです。


好きだと気付く瞬間18. バイバイするのが嫌だと感じた時

バイバイするのが嫌だと感じた時

一緒にいると幸せな時間で満たされる分、離れがたいと思うことも、好きな人に限定で沸き起こる感情です。

いざ、帰るとなった時に「こんなに楽しくて落ち着いた時間がもう終わってしまう…もっと一緒にいたい」と別れるのが嫌だと感じ、相手に対する好意を認識するのです。


好きだと気付く瞬間19. 彼のSNSが更新されるとすぐに見てしまう時

興味のない人のSNSに関しては、更新されてもそこまで気にならないはず。

しかし、彼のSNSに関してはちょっとしたことでも気になり、

「一緒にいる人誰だろう?」

「ドライブが好きなんだ!一緒だ…!」

など、すぐに反応して一喜一憂してしまう時も、恋に落ちていることに気づく瞬間ですよ。


好きだと気付く瞬間20. 他の女性と楽しそうにしているのを見て嫉妬した時

「彼を自分だけのものにしたい」という独占欲がわいてしまうのも、恋する女性によくあること。

他の女性と笑いながら話していたり、親しそうなやりとりをしていたりするのを見ると、「もしかしてあの子のことが好きなの?」と考えて嫉妬してしまい、初めて自分の恋心に気づくのです。


好きだと気付く瞬間21. 彼からのスキンシップが嫌じゃなかった時

彼からのスキンシップが嫌じゃなかった時

心を許している相手に対しては、距離を縮められても嫌だと思うどころか嬉しくなります。反対に、なんとも思ってない男性から触れられたら嫌悪感を抱くことも…。

例えば、肩に優しく手をかけられたり手をつながれたり、彼からのスキンシップを自然に受け入れられた時に、好きだと自覚することも多いです。


男性のことを好きだと気づいて、素敵な恋を楽しもう!

男性のことを好きだと気づいて、素敵な恋を楽しもう!

男性を好きだと気づく瞬間について、具体例を挙げながらご紹介してきました。

「これが恋なのか友情なのか分からない…」と悩んでいた女性も、恋愛感情の判断基準が分かってきたのではないでしょうか。

自分の心の動きに注意して、もし相手の男性を好きだと気づいた時には、より距離を縮めて恋の成就を目指しましょう!


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事