抱きしめてほしい心理や上手な伝え方|寂しいけど言えない時の対処法も紹介!

付き合っている彼氏に対して、抱きしめてほしいと思う瞬間ってありますよね。今記事では、女性が男性に対して抱きしめてほしいと思う瞬間や心理を大公開!また、寂しいけど言えない時の対処法や、彼氏に可愛く甘える方法まで詳しく解説していきます。

彼氏や好きな人に抱きしめてもらいたい女性必見!

抱きしめてほしい心理や上手な伝え方

好きな男性に抱きしめてもらえると心が安らぎますよね。

ただ、抱きしめてほしい気持ちがなかなか口に出せなかったり、うまく抱きしめてほしい気持ちが伝わらなかったりという悩みがある方も多いと思いでしょう。

ここでは、女性がどういう時に抱きしめてもらいたいと思うのか、どうやって抱きしめてほしいという気持ちを伝えていくのかを解説していきます。

自分の気持ちがよく分からないという人、抱きしめてほしいという気持ちがうまく伝えられない人は参考にしてみてくださいね。


彼氏や好きな人に抱きしめてほしいと思う女性の心理

好きな人に抱きしめて欲しい女性心理

好きな男性に抱きしめてもらいたいと思うのは当たり前のことです。

ここからは、女性が好きな人の温もりに包まれたいと思うシチュエーションを5つ紹介します。分かるようでいて意外と分かっていないこともある自分の気持ちを理解する助けにしてくださいね。


女性心理1. 純粋に寂しい

好きな人に抱きしめてもらえると寂しい気持ちが満たされます。

遠距離恋愛中などでしばらく会えない時間があったりすればなおさらですが、そうでなくても一人きりの夜など、何かの拍子にふと寂しさを感じてしまう瞬間は誰でもあるでしょう。

寂しいという気持ちを紛らわせるために、女性は抱きしめて欲しいと思うのです。


女性心理2. ストレスが溜まっており、癒やしを求めている

ストレスに押し潰されそうになった時やへとへとに疲れた時でも、好きな人に抱きしめてもらえれば、すっと気分が晴れることがあります。

仕事でミスをしたり、それが原因で上司などから叱れられてストレスを感じている時や、あるいは辛い仕事を終えて疲れた時。

好きな人に抱きしめてもらって癒やされたい、という心理が働いているのです。


女性心理3. 彼氏や旦那、好きな人と密着したい

抱きしめて欲しい女性心理は好きな人と密着したい

好きな人とはいつも触れあっていたいと思う女性も多いでしょう。

ボディタッチやキスなど色々な接触がありますが、その中でも安心感が得られるのはハグでしょう。

それも、できれば自分から抱きつくのではなく、相手から包み込むように抱きしめてほしいというのが本音。

抱きしめて欲しいという気持ちが生まれるのは、もっと触れ合いたいと言う気持ちからです。抱きしめてもらえると、大好きな人ともっと触れ合いたい気持ちが満たされます。


女性心理4. 彼氏からの愛情を感じたい

彼氏からの愛情表現がほしくて抱きしめてほしい時もあります。

遠距離恋愛やお互いの仕事の都合などでしばらく会えていなかった時や、彼氏があまり愛情表現をするタイプの男性ではない場合などは、彼氏に愛されていると確認したくなるでしょう。

抱きしめて欲しいという心理は、彼氏からの愛情を感じたいという気持ちから生まれます。


女性心理5. 相手に対して甘えたい

好きな人に抱きしめてもらえると、甘えたい気持ちが一番満たされるという人も多いはず。

甘えていって、ちゃんと受け止めてもらえると確認できれば安心できますよね。愛情を確認できるとともに、すっぽりと包み込むように抱きしめてもらえれば安らいだ気持ちにもなれるでしょう。

甘えたい気持ちを満たすために抱きしめてもらいたくなるのです。


女性が抱きしめてほしいと感じる時や瞬間とは

女性が抱きしめて欲しいときは落ち込んでる時

女性はどういう時に抱きしめてほしいと思うのでしょうか。仕事に疲れた時や何かがあった時、ふとした瞬間などに抱きしめてほしいと思うことがあります。

女性が抱きしめられたくなる色々なシチュエーションや心理をご紹介します。


タイミング1. 落ち込んでいる時や悩んでいる時

仕事でミスをした時や、友達とケンカした時など、気分が落ち込んだ時や悩んでいる時は辛い気持ちを慰めてもらいたくなるものです。

そんな時に好きな男性に抱きしめてもらえれば、いくらか気分が晴れて仕事のミスを挽回したり、ケンカした友達と仲直りする気力がわいてくるでしょう。

女性は、落ち込んでしまった時こそ、誰かに支えてもらいたい、抱きしめて欲しいと思うものです。


タイミング2. 夜一人で寂しい時

普段は一人でいても平気な人だったとしても、ふとした瞬間に無性に寂しくなることもあるでしょう。

特に夜は特別な時間で、一人でいると寂しいという感情がわいてくることが多く、無性に人の温もりがほしくなる瞬間があります。

寂しさを感じなくて済むように、好きな男性に抱きしめてもらいたい、そんなふうに思う瞬間があるのです。


タイミング3. 街中で幸せそうなカップルを目にした時

女性が抱きしめて欲しいと思うのは街中の幸せそうなカップルを見たとき

街を歩いていて幸せそうなカップルを見かけたら、羨ましくなるのは当然です。

あんな感じに自分も幸せな時間がほしいと思うことでしょう。幸せを実感するために彼氏と触れあいたいと考えて、抱きしめてほしいと思うのです。

他のカップルが幸せそうにしていれば、「自分も…!」と思って好きな人に抱きしめてもらいたくなるのは自然な流れです。


タイミング4. お酒を飲んで酔った時

お酒が入ると感情がストレートに外に出てきやすくなります。

普段は恥ずかしくて愛情表現やボディタッチが苦手という人でも、お酒を飲むと自分の感情に素直になれる、少し大胆な行動もできるようになるということもよくあります。

アルコールの助けを借りて、その勢いで抱きしめてほしいという感情が表に出てくる瞬間がありますよ。


タイミング5. 恋人や好きな人に甘えたい時

心が弱くなった時でも、あるいは特に何もない時でも、好きな人に甘えたいと思う瞬間は誰にでもあるものです。

彼氏に甘えてみて抱きしめてもらえると、受け入れてもらえている、愛されているという実感がもてて幸せな気持ちになれます。

優しくハグしてもらえると、甘えたい気持ちが一番満たされますので、抱きしめてもらいたいと思うようになります。


抱きしめてほしい時の上手な伝え方って?

抱きしめて欲しいときの上手な伝え方

どういう風に気持ちを伝えれば、男性の心に響いて、抱きしめたいと思って喜んで抱きしめてもらえるのでしょうか。

抱きしめてほしい気持ちを上手に伝えるアプローチや仕草を、いくつかご紹介しますので参考にしてください。


伝え方1. 彼氏に抱きしめてほしいと甘えてみる

抱きしめてほしいと素直にお願いしてみるのは、単純ですが最も効果的な方法です。

彼女にハグしてほしいとお願いされて嫌な気持ちになる男性はまずいないでしょう。彼女がそうやって甘えてきたなら、男性側も彼女からの愛情表現を嬉しく思うはずです。

甘えてみるのに抵抗がないなら、ストレートに抱きしめてほしいとお願いしてみましょう。


伝え方2. ボディタッチを増やして相手にさり気なくアピールしてみる

抱きしめてほしいという気持ちを直接伝えるのは、恥ずかしかったり抵抗があったりする場合もあるでしょう。

そんな時は、さりげないボディタッチでも、彼氏は愛情表現だと気がついてくれるはずです。

指を絡めて手をつなぐなどちょっとした接触でも、彼氏は抱きしめてほしいというあなたの気持ちをくみ取って抱きしめてくれるでしょう。


伝え方3. 人目に付かない場所で女性からバックハグをする

抱きしめて欲しいときは女性からバックハグをする

恥ずかしくて「抱きしめて」と言えない場合、女性からバックハグするという行動で、抱きしめてほしい気持ちを伝えることもできます。

ただし、人目があるところでは男性が嫌がってしまう恐れがありますので、人目につかない場所を選ぶのがポイントです。

後ろから抱きつけば男性も可愛いと思ってくれますので、気持ちを伝えるために人目につかないところでのバックハグはおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


寂しいけど言えない時の対処法とは

さびしいと言えないときは上目遣いで見る

寂しくて抱きしめてほしい時があっても、気持ちを言い出せない時ってありますよね。どんな仕草やアピールをすれば、彼氏は気持ちを察してくれるのでしょうか。

彼氏に気持ちを伝えられて、抱きしめてもらえるような、いくつかの仕草を紹介します。


対処法1. 上目遣いで見つめてみる

男性は基本的に単純なので、彼氏に「可愛い!」と思ってもらえれば抱きしめてもらえます。

甘えるように上目遣いで見つめるというのは、男性から見ると女性がとても可愛らしく見える仕草です。彼氏は保護欲をかきたてられて、思わずぎゅっとあなたを抱きしめてくれることもあります。

抱きしめてほしい時は、上目遣いでじっと彼氏を見つめてみるといいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法2. 彼の服の裾を軽く引っ張ってみる

「抱きしめてほしい」という気持ちは行動で示すこともできます。

口に出して言うのは恥ずかしい、とてもそんなことは言えない、という人でも、可愛く服の裾を引っ張るという控えめなおねだりなら、できるのではないでしょうか。

あなたが何をしてほしいのか察してくれれば、彼氏はきっとあなたを抱きしめてくれるでしょう。


対処法3. デートの別れ際に寂しそうな表情を浮かべてみる

さびしいのを言えない時は別れぎわさびしそうな顔をする

彼女が寂しそうな表情をしていれば、彼氏は慰めてあげたいと思うはずです。

離れたくない、辛いという気持ちをはっきりと口に出してももちろんいいのですが、言葉よりも表情で伝える方がより効果的である場合もあります。

何かをしてあげなくてはいけないと思った彼氏は、あなたの気持ちを慰めるために抱きしめてくれるでしょう。


いくら寂しくても、誰でもいいから抱きしめてほしいと思うのは避けよう!

さびしいから誰でもいいから抱きしめて欲しいと思うのはやめよう

一人きりで寂しい夜など、人の温もりがほしい時、つい手近な人に抱きしめてほしいと思うこともあるでしょうが、その相手はよく考えて選んだ方が無難です。

相手が男性なら誤解させてしまう可能性がありますし、軽い女性だと思われてしまうこともあります。

人の温もりが恋しいと思った時でも、恋人や女友達など、相手をよく選んでお願いするようにしましょう。


抱きしめてもらいたいと思ったら、効果的な方法でアピールしていきましょう。

抱きしめて欲しいときは効果的な方法を試そう

好きな男性に抱きしめてもらいたいと思うのは当然のことです。特に辛いことがあった時や、寂しい時などは抱きしめてもらえると心が安らぐでしょう。

抱きしめてほしいと思った時はストレートに口にするのもいいですが、口にできないこともあるでしょうし、また言葉よりも表情や仕草でお願いした方が良いこともあります。

いいスキンシップをとって素敵な関係を築けるようにしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事