人生が楽しい人の性格&行動の特徴とは│楽しくない人との違いも解説!

あなたは人生を楽しんでいると胸を張って言えますか?今回は、人生を謳歌して楽しんでいる人と楽しくないと感じている人の違いを大公開!人生を楽しいと思って過ごしている人は、どんな性格の持ち主なのか、特徴も詳しく解説していきます。一度きりの人生を楽しんで過ごす方法も要チェックですよ!

「人生を楽しみたい」と思っている方へ。

人生が楽しい人の特徴&楽しく生きる方法

毎日楽しく生きている、そんな人生を歩んでいる人を羨ましいと一度は思ったことがありませんか?

行きたくもない仕事に嫌々行き、帰ったらご飯を食べて寝るだけの生活を楽しいとは呼べないでしょう。

楽しい人生を送るには自分がやるべきことや、どういう生き方をするか考える必要があります。

ここでは、楽しく生きている人の特徴や具体的な方法を紹介し、楽しい人生を送るために必要な情報を解説していきます。


人生が楽しいと感じている人の12つの特徴

誰でも辛いことや苦しいことはありますが、それでも人生を楽しんでいる人にはそれぞれ特徴があります。

では、どのような特徴があるのか「性格」「行動」の観点から人生を楽しんでいる人に共通する特徴を確認していきましょう。


人生が楽しいと感じている人の「性格」の特徴

まずは性格面で当てはまる特徴が何かを紹介していきます。人生を楽しく生きる人にはその人なりの生き方があるのです。

人生に成功した人の多くは楽しいと思いながら生きていますが、そんな人たちが持っている性格の特徴は何なのか、確認していきましょう。


性格1. どんな出会いも大切にする

周囲の人に恵まれている人は、出会いを大切にしている証拠。人生は一人で生きていくものではなく、様々な人と関わって生きていくものです。

人生が楽しい人というのは、普段の生活の中で一緒に楽しんでくれる人が必ずいます。「趣味が合わない」「話が合わない」という場合は仕方ありませんが、そもそもの人との繋がりを大切にしていることが重要なのです。


性格2. マイナスな方向に物事を深く考えない

物事をポジティブに捉えることができる人は、楽しい人生を送りやすいと言えます。前向きに考えることで、不幸が降りかかってもプラスに受け取ることができるようになります。

同じ出来事でも、人によって受け取り方は異なります。人生楽しいことばかりではありませんが、楽しくなるよう前向きに物事を見ることで楽しい生き方になるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


性格3. 基本的に笑顔が多く楽観的

笑顔でいることは自分自身の気持ちを明るくしてくれるだけでなく、周囲の人にも好印象を与えてくれます。笑顔は人の心を明るくし、好意的にさせてくれる力があるのです。

また、新しいことに挑戦する場合、多くの人は不安に思ってしまうでしょう。しかし、楽しい人生を送っている人は心配しすぎず楽観的に考えています。

失敗あっての成功だと考えている人は、楽しい人生になるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


性格4. 他人からの評価は気にしない

周囲からの評価や小さな出来事を気にしていない人は、楽しく生きることができるでしょう。評価を気にする人は自由度がなくなり、息苦しく感じるようになります。

そのため、失敗を恐れて新しいことに挑戦する意欲を欠いてしまうのです。自分らしさを失わず、自分のやりたいことを存分に実行している人は楽しい人生を送れるでしょう。


人生が楽しいと感じている人の「行動」の8つの特徴

性格はその人の根本に当たるものなので真似しようと思ってもすぐにはできません。しかし、楽しい人生を送るには「行動」の8つの特徴があるのです。

早速、楽しく生きている人が実践している行動が何か確認していきましょう。


行動1. 早寝早起きを習慣にしている

生活のリズムを整える早寝早起きは楽しく生きるために必要な行動です。朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、気持ちの良い1日を始められます

時間に余裕をもって行動できるので、イライラする場面が少なくなることも特徴。気持ちに余裕が生まれると自然と視野が広くなり、毎日楽しく過ごせるようになるのです。


行動2. 健康を維持するために運動を習慣にしている

運動をするだけで人生の幸福度に大きな影響を与えてくれます。運動をしていしないと肉体的に楽ではありますが、それは決して楽しいことにはならないのです。

健康の維持には日々の運動が大切ですが、実はストレスを発散してくれる効果があります。運動をしている間は他の嫌な事を忘れさせ、良い気分にさせてくれるのです。


行動3. 自分のやりたいことにとことん集中している

何か一つでも好きなことを見つけ、没頭できるものに出会っているかが人生を楽しくする上で大切です。やりたいことが見つけられていない人は生きがいや楽しみを見出せていません。

好きなこと、やりたいことを続けることは身近に起きた嫌な事を忘れさせてくれます。苦しいことや辛いことがあっても、やりたいことがあればそれを目標に頑張れるのです。


行動4. 信頼できる友人や恋人、家族がいる

人生を楽しいものにするには周囲にいる人が関係しています。特に、気の置けない関係である友人や恋人がいる人は、余計な気を遣うこともなくストレスがかかりません。

独身で細々と生きている人と、結婚相手がいて会話を交えて生活している人では大きな違いがあります。独身の人では、今日あった出来事を話したり悩みを相談することができず1人で抱え込むことになるのです。


行動5. 忙しくても自分の時間を確保している

仕事が忙しく、自由な時間が少ないであろう人でもきっちりと自分の時間を作っている人は楽しい人生を送っているでしょう。

自分の時間を作り、趣味など好きなことをすることで嫌なことや辛いことを忘れられます。人生楽しいことばかりではないと分かっているからこそ、自分自身で楽しむ時間を作ることが大切なのです。


行動6. 仕事に楽しみを見出している

人生の大半は仕事が関わっていますが、そんな仕事が嫌で仕方がないという人は人生を楽しむことが難しくなってしまいます。

苦しくて嫌な仕事の中でも楽しいことを見出している人は少ないでしょう。しかし、楽しい人生を送る人はプライベートだけでなく、仕事にも楽しいことがあることを見つけ、苦しいだけの仕事にしていません。


行動7. 「当たり前」なことに感謝している

何気ないことでも、常に感謝の気持ちを持っている人の表情はにこやかという特徴があります。例えば、人生を楽しんでいる人は、当たり前のように作ってくれるご飯に対して感謝の気持ちを強く持っています。

何事にも感謝する気持ちがあれば、あなたがしてもらっていることは当たり前ではないと自覚を持つことができ、自分のために行動してくれる人がいるということを再認識できるのです。

【参考記事】はこちら▽


行動8. 他人の成功を自分の成功のように喜んでいる

まるで相手のことを自分のことのように考えている人は、自然と周りから親しみやすい印象を与えます。楽しく生きている人は相手の気持ちに強く共感できている人です。

他人の成功を心から喜べていない人は、相手の気持を真剣に考えていない人。成功をともに喜んでくれない人と一緒では楽しくないので、一緒に喜んでくれる人には自然と人が集まってきます。

【参考記事】はこちら▽


「人生が楽しいと感じている人」と「人生が楽しくないと感じている人」の違いとは?

楽しい人生を送るには自分自身の思考によって変わります。楽しいことがないと嘆いている人は、まずは思考を改善する必要があります。

思考さえ変えれば楽しくない人生が一瞬で変わります。では、楽しい人生を送っている人と楽しくない人の違いを見ていきましょう。


相違点1. 他人と自分を比較しがちかどうか

人生が楽しいと感じている人は自分の基準で判断しているので、周りの評価や見られる目を気にせずに生きています。つまり、やりたいことに自信を持ってやっているのでストレスがかかりません。

対して、人生が楽しくないと感じている人は周囲の人と勝手に比較し判断しています。自分の考えではなく、周りにどう思われるかを常に考えてしまい、行動に制限がかかっているのです。


相違点2. 他人の悪口を言っているかどうか

楽しい人生を送っている人は相手の良いところに目が行きます。そのため、相手が傷つくような言葉や悪口を言わず、相手を褒めたり讃えたりたりするのです。

反対に、相手の悪いところばかりに目が行く人は人生が楽しくないと感じているでしょう。前者の人生を楽しく感じている人は悪口を言っていいことは全くないと知っているのです。


相違点3. ネガティブな考え方が根付いているかどうか

人生が楽しいと感じている人は常に前向きで、「失敗したらどうしよう」と考えてはいますがそれで身動き取れないなんてことはありません。

人生が楽しくないと感じている人は失敗を恐れるがあまり何もしない選択を取ってしまいがちです。新しいことに挑戦する気持ちがないので、現状維持のまま進んでしまうことになります。


相違点4. 自分の苦手な人と付き合っているかどうか

誰にでも相性の良い人と悪い人はいますよね。楽しい人生を送る人は自分が一緒にいたい思った人や好きな人と付き合っているので充実した日々を送っています。

一方、人生が楽しくないと感じている人は「一緒にいて楽しくない人」や「話が合わない人」と嫌々付き合っているのです。嫌な人と無理に付き合っていても楽しい事はなく、ストレスがかかります。

【参考記事】はこちら▽


相違点5. すぐに疑いの目で人や物事を見ているかどうか

相手が言ったことに対して素直に受け止められる人は人生が楽しいと感じている人です。裏があるか無駄な勘繰りをせずに人生を送っています。

最悪な事態を想像し、疑い深く物事を見ている人は楽しい人生ではないでしょう。人間は本能的に最悪の事態を想定するようになっていますが、これが行き過ぎると苦しく感じてしまうのです。


相違点6. 定期的にストレス解消をしているかどうか

趣味ややりたいことで定期的にリフレッシュしている人は、楽しい人生を歩んでいると言えます。ストレスを解消することで嫌なことを上手に忘れています。

人生が楽しくないと感じている人はストレス解消せずに抱え込んでしまっているでしょう。嫌なことを忘れるくらい、没頭できる何かを見つけることでストレスが発散できますよ。


相違点7. 楽しくない人は失敗した時に反省が長い

人生が楽しいと感じている人は失敗後の切り替えが早く、すぐ次の行動に移ることができます。反省はほどほどに、次に失敗しないように結論が出せればそれでいいのです。

反省することは自分を成長させるために必要な行動ですが、過度な反省は自信喪失に繋がります。楽しくないと感じている人は長く引きずってしまい、行動することが恐怖に感じるのです。


相違点8. 自分のやりたくないことをやっているかどうか

やりたくない事はやらず、やりたいことや好きな事をやっている人は人生が楽しいでしょう。自分の欲求に従って行動することは楽しく生きる上で大切です。

やりたくもない事をやっている人は生きづらい世の中に感じ、楽しい人生にはなりません。無理してやりたいことをやっていては楽しい人生を送ることは難しいでしょう。


人生が楽しいと思える9つの方法をレクチャー

「人生楽しいですか」と聞かれて「楽しい」と答えられない人が、人生を楽しくする方法は9つあります。

ここでは、これから紹介する今すぐできる考え方を実践して、あなたのつまらない人生を楽しいものに変えていきましょう。


1. 一日一個楽しみを見つける努力をする

朝起きて、今日は何が一番楽しみかを想像したことがありますか。仕事があって、たとえ自分の時間が少なくても1日の中で1つも楽しいことがないなんて日はありません。

テレビ番組、趣味、夕ご飯など些細なことでも1つは楽しいことがきっとあるはずです。楽しみを1つでも見つけると楽しい人生が送れるようになりますよ。


2. 嫌なことでも意識的に楽しみを探す

人生楽しいことばかりではなく、どんなに人生が楽しそうな人でも嫌なことは必ずあります。そんな嫌なことでも楽しみを見出せるかが人生を楽しむ秘訣です。

人生を楽しめていないと感じている人は、嫌なことをそのまま我慢して過ごしているでしょう。楽しいことがあるとないとでは人生の見え方に大きな影響がありますよ。


3. 「人のため」と思う行動をし続ける

自分のために行動し続けている人は、周囲から快く思われません。自分のことばかり考えて行動するのではなく、人のためになることを行動してみましょう。

一方で、人のためになることを行動し続けている人は周囲から必要な人となり、自分の存在意義を見出せます。人に喜びを与え、喜んだ人の顔を見ることで楽しい人生になりますよ。


4. 自分の好きな趣味を見つけて没頭する

趣味がないという人が「人生楽しいですか」と聞かれた場合、多くの人は「楽しくない」と答えるでしょう。趣味がある人は、嫌なことを忘れて没頭できている人です。

そのため、どんなことでも趣味があると楽しくないと思っていた人生が楽しいと思えるようになります。あなたがやってみたいことを恐れずに挑戦し、趣味を見つけてみましょう。


5. ネガティブな言葉を発しそうになったら、意識的にポジティブな言葉に変える

ネガティブな発言をしてしまった場合、あなた自身の心も知らないうちにネガティブになっています。苦しいことや辛いことがあってもマイナスな言葉を口にしてはいけません。

ネガティブな発言を言いそうな時は、ポジティブな言葉に変えて口に出してみましょう。「疲れたな」と言いたい時は「頑張ったな」と自分を褒め、前向きな発言をしていくと、本当にそう思えてくるようになりますよ。


6. どんな小さいことに対しても感謝する

当たり前になっているようなことでも感謝している人は、ありがたみを分かっている人です。感謝ができていないという人は、心が満たされていないという人です。

感謝された人は、あなたのことを「私のことを見てくれている人」と思います。あなたがしてくれた行動が感謝されるようになると、心が満たされて人生が楽しいものになるのです。


7. なるべく嫌いな人と関わらないようにする

人間には好きな人と嫌いな人、相性の合う人と合わない人がいます。楽しい人生にしたいと考えている人は嫌いな人と距離を取ってみてください

距離を取ってみて、今までより「生きやすい」「楽しい」と感じられるようになったらその人と付き合うべきではありません。本当に付き合いたい人を見極めることができると楽しい人生になりますよ。


8. 少しでも興味を持ったらチャレンジしてみる

周囲の目を気にしてばかりだと、やりたいことがあってもなかなか行動を起こせません。まずは行動し、やってみることが人生を楽しむために必要です。

興味があることならとりあえずチャレンジをし、合わないかったり失敗に終わっても挑戦した意味はあります。いつも通りの日常から変化があると、気分もウキウキして毎日が楽しくなりますよ。


9. 恋活、婚活をしてパートナーを見つける

独身でずっと生活すると自分のためだけに生きることになり、生きがいを見失ってしまいます。結婚相手や恋人がいる人は相手のために行動を起こすようになり、目標も立てやすいのです。

パートナーが居ないのであれば、恋活や婚活をして探してみましょう。何もせずじっとしていても理想の人は現れません。受け身ではなく、自分から行動することも人生を楽しむために必要ですよ。

【参考記事】はこちら▽


人生楽しんだもん勝ち!意識的に人生楽しいと思える努力をすること

人生を楽しいと思える方法を継続することで、楽しい人生に変えていきましょう。人生を楽しめるかは、あなた自身の考え方に左右されてしまいます。

人生を楽しみたいなら、まずは意識をもって日々の生活を送っていくことは大切ですよ。


楽しい人生を送るために、自分の生活習慣や考え方を変えてみましょう。

考え方によって「楽しい人生」か「つまらない人生」になるかが変わってきます。人生が楽しくないという思考の原因は、あなたの人生を相手に任せてしまっていることです。

楽しい人生を送れるかは、あなたのやりたいことができているかが重要。一度きりの人生を楽しいものにするため、楽しい人生になる考え方をもって過ごしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事