人付き合いが疲れる理由6選|苦手な人と円満に付き合う方法&対処法とは

仕事やプライベートで人付き合いが疲れたと感じている人は多いはず。そこで今回は、人付き合いが疲れる原因や理由、人付き合いが苦手な人の特徴を大公開!また、人付き合いに疲れたと感じた時に試してほしい対処法と円滑に人間関係を進める方法についてレクチャーしていきます。

人付き合いが苦手で「疲れた」と感じている方へ。

人付き合いが疲れる理由

人付き合いに疲れることは誰もが経験することです。無理して相手に合わせることもできますが、頑張りすぎてしまうと疲れ果ててしまう恐れも。

人付き合いに疲れてしまった場合、自分に合った上手に付き合い方法はあるのか模索することが大切。ここでは、人付き合いが苦手で疲れてしまう人の特徴と6つの理由を紹介していきます。


人付き合いが苦手な人の特徴とは

人付き合いが苦手な人の特徴

当然ながら、人付き合いが得意な人もいれば苦手な人もいます。人付き合いに疲れる人には5つの特徴があるのです。

では、疲れてしまう人によくある特徴は何があるのでしょうか。どのタイプに当てはまるのか確認していき、自分自身を理解しておきましょう。


特徴1. 緊張しいで人と話すと上がってしまう人

周りに人がいるという状況だけで緊張してしまい、相手と話すと上がって何を話したらいいか分からなくなってしまう人もいます。

女性よりも男性に比較的多く、パーソナルエリアに他人が入っているとストレスを感じて緊張状態になるのです。


特徴2. 見栄っ張りで素の自分を取り繕うとする人

いつものように振る舞わず素の自分を出さない人は、人付き合いに疲れる傾向があります。取り繕った態度を取り続けていることで精神的疲労がかかり、本当にやりたいことを我慢することになるのです。

素の自分でいる人は本音を隠さずに生きていくことができるので、人付き合いを面倒に感じたり、疲れたりすることがほとんどありません。


特徴3. 周囲に流されやすく、自分の意見を伝えられない人

人付き合いが苦手な人は自分の意見を言えない

本当に自分がやりたいことを我慢し、周りに合わせていると、知らず知らずのうちに精神的負担が蓄積されていきます。周囲に合わせることは良いことですが、合わせすぎてしまうと自分のペースが乱れて疲れるという人も。

物事には限度があり、自分の意見を伝えないまま周りに流されてしまうと、いずれ人付き合いに疲れてしまうことに繋がるのです。


特徴4. 視野が狭く、周囲に目を配る余裕がない人

視野が狭い人は相手のことを考える余裕がないので、周囲を配慮した行動が取りにくいです。この余裕のなさによって人間関係のバランスが崩壊することになり、人付き合いが疲れることに繋がってしまいます。

例えば、「言わなくてもいことを言ってしまう人」は相手の気持ちに立った発言ができていません。視野が狭い人は相手の気持ちに立った発言ができていないのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 純粋に人見知りで人と話すのが苦手な人

中には、ただ人と話すことが苦手な人もいます。性格にもよりますが、人見知りですぐに緊張してしまう人は人付き合いの量を少なくしましょう。

人付き合いが面倒に感じるようなら人付き合いする人数を減らすようにし、意識的に一人の時間を作るようにするといいですよ。人付き合いできる量には限界があるので、今の自分の環境が限界ではないか思い返してみてください。

【参考記事】はこちら▽


人付き合いに疲れる主な理由を解説!

人付き合いが疲れる理由

人付き合いに疲れてしまう人には必ず理由があります。なぜ疲れるのかを分析し、解決策を見つけることで面倒な人付き合いを解消できます。

あなたに当てはまる理由は何かをここでしっかり確認し、人付き合いの疲れから解放されてくださいね。


理由1. 相手にどう思われているかを気にしすぎてるから

人間というのは周囲の人の評価が気になってしまう生き物です。それ自体に悪いことはありませんが気にしすぎるとストレスを抱え、知らず知らずのうちに疲れるようになってしまいます。

他にも、気にしすぎると集中力が散漫になり、パフォーマンスの低下を招く事態に繋がるのです。悪く思われたくないとばかり考えていると人付き合いが面倒になってきます。


理由2. 相手に合わせて振り回されてしまうから

日本人の多くは他人に合わせて行動することを経験しているでしょう。人に合わせすぎていると振り回されてしまい、我慢する状態が続いて疲れてしまいがちです。

周囲に合わせて行動することは良い場合もありますが、合わせすぎていると疲れてしまいます。自分の感情を抑えてしまう人ほど、自分と相手の人間関係を改善させづらいのです。


理由3. 見栄や虚勢をはったり、偽りの自分を演じているから

人付き合いに疲れるのは偽りの自分を演じているから

普段とは違う振る舞いを続けているとストレスが溜まっていき、結果として人付き合いに疲れるようになったり、さらには面倒に感じてしまったりします。

「周りからいい人に思われたい」と偽りの自分を演じているといつか疲れてしまいます。仕事柄、特にサービス業や営業職の人は、普段と異なる態度が多いので疲れやすい傾向にあります。


理由4. 自分ではどうしようもない問題に巻き込まれたりするから

人付き合いが増えるにつれて周囲の争いや問題に巻き込まれやすくなります。ただ相談されただけであっても、気が付いたら自分も巻き込まれていたということも珍しくありません。

他にも自分に落ち度がない場合でも勝手に悪い噂が立てられたり、覚えのない疑いをかけられたりするリスクも高まります。どうしようもない事態に巻き込まれると人付き合いに疲れてしまうでしょう。


理由5. 上司や取引先の場合、機嫌をうかがう必要があるから

仕事をする上で円滑に、そして気持ちよく仕事をするために気を使わなければならない人間関係。上司や取引先と話す場合、機嫌を損なわないように言葉を選んで発言することになるでしょう。

常に相手の顔色を窺って話しているといつしかストレスになってしまいます。仕事の関係上、気を遣う場面が多いと人付き合いに疲れてしまいがちです。


理由6. 相手に必要以上に気を遣いすぎて消耗しているから

人付き合い疲れる理由は必要以上に気を使っているから

空気を読めない人に出会った経験はあると思いますが、反対に空気を読みすぎてしまう人もいます。自分がとった行動は自分に返ってくると言いますが、良い場合もあれば悪い場合もあります。

周囲の目を常に気にしたり、神経を研ぎ澄ませたりと気を遣いすぎていると休む暇がありません。きちんと気を休める環境を築けていない人は人付き合いに疲れてしまうのです。


人付き合い疲れると感じた時の対処法

人付き合い疲れた時の対処法

「あの人と話すの面倒だな…」と人付き合いに疲れるあなたに、とっておきの対処法を紹介していきます。

これからお伝えする対処法を実践することで、これまで感じていたストレスを軽減させることができますよ。どれもが効果はありますが、あなたに最適な対処法を見つけていきましょう。


対処法1. 自分の意見はしっかりと述べるようにする

周囲に合わせすぎていたと思い当たる人は、自分の考えをはっきりと伝えていきましょう。本当は嫌なことなのに合わせてしまっていると辛くなってしまいますよね。

意見を述べることで「わがままだ」「自分勝手だ」と卑屈に考える必要はありませんし、誰もそのように思いません。やりたいこと、やりたくないことがあればしっかり伝えてみてください。


対処法2. 周囲からの評価は気にしないようにする

人間関係で疲れてしまう人は周りからの評価を気にしすぎてしまい、人から好かれようとするからです。特に職場では、上司や同僚から良く思われたいという心理が働いてしまうでしょう。

自分が上司や先輩だった場合、部下や後輩にいいところを見せておきたくなりますよね。だからと言って、評価ばかりを気にするとは人付き合いが面倒になってしまいますよ。


対処法3. 友達と遊んだり、こまめにストレス発散をする

人付き合い疲れた時はこまめにストレス発散をする

一人になる時間を作ることで人間関係の疲れが解消されますが、親しい友人と遊んだり趣味に打ち込んだりすることでストレスの発散が可能です。

気を使わない親しい友人と遊ぶことで、楽しい時間を過ごすことができると嫌なことも忘れてしまうものです。一人になると寂しいと思う人は、反対に何かに没頭して寂しい気持ちを紛らわしてみましょう。


対処法4. 本当に苦痛な人間関係が断ち切る

あなたがどんなに頑張っても相性が合わない相手はいます。そんな時、無理をして付き合いを続ける必要はありません。仕事の都合上、同僚や部下、先輩、取引先、上司等は縁が切れない関係です。

仕事の範疇である最低限の付き合いをすることで、面倒な人付き合いを少しずつ軽減できますよ。友人であっても苦痛に感じるようなら、距離を取って人間関係を考え直してみてください。


対処法5. 人と接するのが苦手なら、一人の時間をきちんと設ける

社会に出ると嫌でも人付き合いが増えてしまいます。一人の時間を設けることで気を紛らわせることができるため、ストレスの軽減に繋がります。

相手をコントロールすることはできませんが、自分をコントロールすることは可能です。一人でいることが寂しいと感じないように、何か没頭できることがないか探してみましょう。

【参考記事】はこちら▽


人付き合いに疲れた人へ!人間関係が円滑になる方法

人間関係が円滑になる方法

対処法が分かったら、あとは人間関係を円滑にすべく最善な行動を取っていくことが大切です。

ここでは、人間関係を円滑にするために取るべき行動を具体的に紹介していきます。


1. 聞き役に徹して、相手から好かれるように振る舞う

人間関係において会話は必要不可欠なコミュニケーションツールです。人間は会話であらゆる情報をを伝えることが可能ですが、意外なことに会話が苦手という人は多いのです。

会話は話を聞くことに徹し、意見を求められている場合に答えると相手に好印象を与えます。話すことは少しでいいと分かっていれば、気持ちに余裕が生まれるはずですよ。


2. 挨拶など、自分からコミュニケーションを図ってみる

自分が男性の場合、女性に声をかけづらいかもしれませんが、自発的に行動することで関係がうまくいきやすくなります。声をかけてもらえると「私に興味があるのかな」と期待感を抱かせます。

逆の立場だったら、全く声を変えてもらえなかったり挨拶してくれなかったりすると寂しいですよね。そんな寂しい気持ちにさせないためにも、自発的に行動することも大切なのです。


3. 相手をできる限り具体的に褒めて、自尊心を満たしてあげる

人間関係が円滑になるには相手を褒め自尊心をみたせる

相手の自尊心を高めることで良好な関係を保ちやすくなります。相手が気難しい性格であれば、傷ついた自尊心を癒す手伝いをすることで他人のニーズ意識がいくようになります。

心のこもった誉め言葉を投げかけてあげると効果的なので、良い関係でいたい相手には自尊心を高めるような発言を心がけてみるといいでしょう。


4. 話す時は目を見て、笑顔でいることを意識する

どんな状況であっても笑顔で話されると悪い気はしませんよね。人間関係に苦手意識がある人は、笑顔で話すことを意識してみてください。

さらに言うと、自分が話す時になったら相手の目をまっすぐ見て話してみましょう。相手が男性でも女性でも不快に思うことは絶対にないので、良好な関係を築ける簡単で最善の方法ですよ。


5. どうしても辛いなら「仕事」と割り切って接する

どうしようもないなら、職場内だけの付き合いだと割り切ると気が楽になります。「職場にいる時だけの我慢」と考えることで我慢する時間が短く感じるのです。

同僚だと距離を置きづらいかもしれませんが、部下や先輩であればプライベートで話さなくても不自然ではありません。どうしても無理という人は割り切った関係にすることも一つの手段です。


人付き合いに疲れたら、上手にストレスを解消していきましょう。

人付き合い疲れたら上手にストレス発散しよう

人付き合いに疲れることは誰にでも起こりうることで、あなただけが抱えている問題ではありません。

これからは人付き合いに疲れ果ててしまう前に、工夫を取り入れて快適な人付き合いをしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事