彼氏の誕生日に送る手紙とは?感動させる内容や渡すタイミングまで大公開!

彼氏の誕生日に手紙を送りたいけど、どんな内容が喜ばれる?など疑問はたくさん。今回は、彼氏の誕生日に送る手紙の内容や書き方、重いと思われるNGな内容や手紙の例文までレクチャーします!誕生日を特別な日にするためにも、ぜひ”愛のある手紙”を送ってみてくださいね。

彼氏の誕生日に手紙を送ってみませんか?

彼氏の誕生日に送る手紙

彼氏の誕生日に手紙を送ってみたい、けれどどんな手紙が喜ばれるのか分からないので書くのを迷っている、そんな女性は多いのではないでしょうか。

プレゼントに添える場合でも単独で送る場合でも、彼氏に喜んでもらうためにどういった手紙が効果的なのか知りたいですよね。

この記事では、彼氏の誕生日の手紙が重いかどうかを解説した上で、彼氏が受け取って嬉しいと感じる手紙の内容や書き方、実際の例文までご紹介します。


彼氏の誕生日に手紙ってぶっちゃけ重い?

彼氏の誕生日が近づいてくるとプレゼントを何にしようか迷うものですが、同時に手紙をつけようか迷うという人も多いでしょう。

普段面と向かっては言いにくい気持ちを手紙にしたいと考えるのは自然なこと。

手紙を書くと重い女と感じられるのではないかと心配かもしれませんが、実は男性は好きな彼女から手紙をもらうと重いと思うどころかとても嬉しいのです。

封筒と合わせてずっと大切にとっておいてくれる男性も多いので、思い切って手紙を書いてみましょう。


付き合いたての彼氏の誕生日に手紙を渡すのもOK!

まだ付き合い始めて間もない彼氏に対して、誕生日に手紙を書くのは重いかもしれないと考える人もいるでしょう。

しかし、付き合いたてだからこそ二人の仲を深めたいと思うもの。

照れくさくて言えない気持ちを、簡単にでも便せんやカードに書いて、封筒に入れて渡しましょう。

彼氏も重いと感じることはなく、「こんなに好きでいてくれているんだ」と喜んでくれるはずです。


【誕生日に手紙を送りたい!】誕生日に送る彼氏が貰って手紙の内容

誕生日に彼氏を喜ばせるような手紙を書いて渡したいというのは、好きな彼氏がいる女性なら誰でも思うものです。

ただし気になるのは、どんな内容だと彼氏が嬉しいと感じてくれるかということ。

誕生日に彼氏が貰って嬉しいと感じてくれる手紙の内容についてご紹介します。


手紙の内容1. 「いつもありがとう」と日頃の感謝伝える内容

いつも一緒にいてもなかなか伝える機会がないのが、感謝の気持ちです。

彼氏の愛情をいろんな場面で日々感じているなら、そのお礼として「いつも一緒にいてくれてありがとう」などと、感謝していることを手紙に書くのがおすすめ。

改めて感謝されると、彼氏は彼女の素直な気持ちを知ることができて嬉しいと感じるのです。


手紙の内容2. 「いつもお疲れさま」と彼氏を労った内容

彼氏が仕事や勉強などで忙しくしているなら、普段から口に出して言っていてもいなくても、その頑張りを労う言葉を手紙の中に入れたいもの。

「いつも頑張っているね、お疲れさま」などと、彼氏の努力を見守っていることを伝えて喜ばせるといいでしょう。

好きな彼女からこんな手紙をもらったら、彼氏は嬉しいと同時に「頑張るぞ!」とさらにやる気を高められるはずです。

【参考記事】はこちら▽


手紙の内容3. 「今が本当に幸せ!」と自分の気持ちを綴った内容

付き合いたてでも付き合って長くても、お互いに思いやりながら過ごしている時間は二人だけの宝物です。

「〇〇くんと一緒にいられる今がすごく幸せだよ!」など、彼氏といることで自分も楽しいと感じていることを一言伝えましょう。

受け取った彼氏は彼女の愛情をしっかり感じられて感動すると同時に、もっと幸せにしてあげたいと思うのです。


彼氏の誕生日に送る手紙は手作りのメッセージカードがおすすめ!

大切な彼氏の誕生日に送る手紙は、どんな形で送ろうか迷う人も多いでしょう。

おすすめしたいのは、自分で手作りしたメッセージカードです。

手紙を書いてくれるということだけでなく、時間と労力をかけて手作りのオリジナルのメッセージカードを作ってくれたという点に彼氏は感動して、彼女の愛情をしっかりと感じてくれるはず。


彼氏が貰って喜ぶ誕生日に送る手紙の書き方

誕生日に手紙を送る事は決めたけれど、いざ書こうとすると、どんな内容をどう書いたら効果的なのかが分からないもの。

きちんと気持ちが伝わるよう、ポイントを押さえておきたいですね。

彼氏が喜ぶ手紙の書き方について、ポイントをご紹介します。


書き方1. 手紙を書いた理由を記載する

普段手紙を渡すことはほとんどないだけに、なぜ手紙を書いたのかという理由をきちんと伝えたいものです。

とはいえ難しく考える必要はなく、誕生日に手紙を書きたいと思った理由を素直に伝えるように意識すればOK。

手紙を書くことで二人の思い出がまたひとつ増えますから、「1年に1度しかない誕生日をきっかけにきちんと気持ちを伝えたかった」などと一言書けば、彼氏に真意が十分伝わるでしょう。


書き方2. 彼氏の名前を必ず入れる

誕生日に渡す手紙は、記念日を迎えた彼氏をお祝いする気持ちと同時に、愛情を改めて伝える目的で書きます。

彼氏を喜ばせるという意味も含めて、ぜひ彼氏の名前は入れておきたいものです。

冒頭で「〇〇くんへ」と呼びかけるだけでなく、文中でも「〇〇くんと一緒に過ごした1年は最高だよ」などと彼氏の名前を入れておきましょう。

彼氏はまるで話しかけられているような気がしてドキッとするはずです。


書き方3. 時々「♡」など絵文字を入れて、可愛さアピールをする

せっかく誕生日をお祝いする手紙ですから、固い雰囲気ではなく可愛らしさを感じさせる文面がおすすめです。

「~だね。」「~だよ。」などと語尾が全て「。」で終わっていると、味気なさが強くなってしまいます。

しつこくない程度に♡などの記号や笑顔の絵文字を入れるなどして、可愛さをアピールするのです。

彼氏もその可愛さに嬉しさがより高まるでしょう。


書き方4. 出会った時やデートなど思い出のエピソードを盛り込む

付き合って何年か経ってくると、仲はよくても何となくマンネリとしてくる時期があります。

もしそういう雰囲気があるなら、手紙に出会った時のエピソードやこれまでに印象に残っているデートのことに触れるのも効果的です。

あまり長文にならない程度に、彼氏がすぐ思い出せるようなエピソードを具体的に書くと、彼氏も新鮮な気持ちを思い出してくれるかもしれません。


書き方5. 「大好きです!」と愛情の言葉を入れる

普段から思っていても、面と向かってはなかなか言えない事を書けるのが手紙の良さです。

淡々と誕生日のお祝いを書いた後、最後に「大好きだよ!」「これからもずっと愛してる!」など愛情を伝える言葉を一言入れておきましょう。

彼氏は読んでいて最後にドキッとして、彼女の可愛らしい愛情の伝え方に感動するはずです。


書き方6. 「これからもよろしくね」と今後も付き合っていたいことを綴る

付き合いたての場合でも付き合って長い場合でも、好きな彼氏とずっと一緒に過ごしたいという気持ちを彼氏に伝えたいもの。

手紙にもその気持ちをしっかり書いておきましょう。

「いつも喧嘩ばかりだけど〇〇くんのこと好きだから、これからもよろしくね!」など、ずっと一緒にいたいと思っていることを書くのがおすすめです。

彼氏も彼女と幸せな時間をずっと過ごしていこうと考えるでしょう。


こんな手紙は重い!彼氏が貰って引いてしまう誕生日の手紙とは?

誕生日に手紙を渡すというのは、受け取る彼氏からすればサプライズな出来事です。

しかしサプライズにしては重すぎる内容だと、かえって彼氏が冷めてしまう可能性があります。

誕生日に渡すには重い手紙の特徴をご紹介します。


NGな手紙1. 読むのが大変な長文の手紙

誕生日をお祝いするのは年に一度しかない機会ですから、あふれる気持ちを伝えたいのは分かります。

しかしびっしりと、便せん何枚にもわたって書き連ねた長文の手紙は、重すぎて彼氏の気持ちが冷めてしまいかねません。

手紙はあくまでもプラスαのプレゼントですから、長文は避けて便せん1~2枚程度のボリュームにまとめましょう。


NGな手紙2. 「他の人に取られないか心配です」とマイナスな内容

好きな彼氏の誕生日は、明るく楽しくお祝いしたいもの。

手紙についても同じで、基本的に「おめでとう、これからもよろしくね」といったポジティブな内容でまとめます。

彼氏が好きすぎたり、遠距離でなかなか会えないことで「〇〇くんが他の女性にとられないか心配だよ」などと不安な気持ちをだらだらと長文で書いてしまうと、彼氏は誕生日にマイナスな内容の手紙をもらうわけですからいい気はしません。

誕生日の手紙にはマイナスなことを長文で書かないようにしましょう。


NGな手紙3. 付き合いたてで結婚など将来に触れた内容

付き合いたてで初めての誕生日をお祝いする場合、ラブラブな時期の誕生日ですから気持ちは自然と盛り上がります。

ただ、互いの人生や将来に関する内容を延々と長文にするのは、場違いな内容と彼氏に思われてしまう危険性が高いです。

「いつか〇〇くんと結婚したいな」「一緒に暮らせたらいいね」など、まだお互いをよく知らない段階で書かれても彼氏もとまどいます。

誕生日に渡す手紙では、真剣な話し合いが必要な話題は入れないようにしましょう。


彼氏の誕生日の手紙を渡すタイミングっていつが良い?

初めて彼氏の誕生日に手紙を渡す場合、渡すタイミングを迷うものです。

特に遠距離だと直接渡せないだけに、渡す手段も限られてきます。

ベストなのは誕生日プレゼントと一緒に封筒に入れて渡す方法です。

「おめでとう!」とスムーズに渡せますし、遠距離でも宅配便で一緒に送ればプレゼントと合わせて届けられるので、渡すタイミングとしてはおすすめと言えます。


彼氏に送る誕生日の手紙の例文

彼氏の誕生日に手紙を書くと決めたものの、どういう書き方をしたらいいか分からないという人は少なくありません。

手紙を書きやすいように、おすすめの例文を3つピックアップしてみましたので、参考にしてみてください。


彼氏に送る誕生日の手紙の例文1

「〇〇くんへ

お誕生日おめでとう。

〇〇くんの誕生日を今年初めて一緒にお祝いできることがとても嬉しいです。

出会って3ヶ月、まだまだお付き合いを始めて少ししか経っていないけど、〇〇くんに出会えて私はとても幸せだよ♡

これからもずっと一緒にいようね」


彼氏に送る誕生日の手紙の例文2

「〇〇くんへ

〇〇歳のお誕生日おめでとう。

一緒にお祝いするのは今年で5回目だね。

出会ったばかりの頃は、〇〇くんのことをこんなに好きになるなんて思ってもみなかった。

いつも冗談ばかり言い合っているから信じてもらえないかもしれないけど、実は〇〇くんの頼りがいがあるところが大好きなんだ♡

隣にいてくれるだけで心から安心できるよ。いつもありがとね。

いつもいろいろ頼りにしてばかりだけど、これからもよろしくお願いします!」


彼氏に送る誕生日の手紙の例文3

「〇〇くん

ハッピーバースデー♡

またひとつおじさんになっちゃったね。笑

でも〇〇くんがどんなにおじさんになっても、私はずっと〇〇くんのこと好きだよ。

いつも私を大事にしてくれるし、優しいし、好きなことが似ているから一緒にいてとても楽しい

〇〇くんみたいな人、世界中どこを探しても見つけられないと思う。

これからもずっとそばにいてね」


大好きな彼氏の誕生日には手紙のプレゼントをしてあげて。

大切な彼氏の誕生日に手紙を送るのは勇気がいるけれど、どう書こうかなと悩んでいる時間もまた楽しいものです。

彼氏への愛情が強いからこそ、文章にするという手間をあえてかけることに意味があると言えるでしょう。

この記事を参考に、普段なかなか言えない気持ちを素直に綴って、プレゼントと一緒に渡してはいかがでしょうか。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事