謝らない人の14の心理的特徴|仕事で関わる謝罪しない人の対処法とは

明らかに自分の責任なのにどうしても謝らない人っていますよね。謝罪しない理由が理解できず、悩んだりストレスを溜めたりすることも…。今回は、謝らない人の14個の心理を徹底解説!仕事で関わる人をはじめ、プライベートで関わる人の対処法をレクチャーします。

どうしても謝らない人っていますよね。

謝らない人の14の心理的特徴

あなたの身近に間違いを起こしても謝らない人はいませんか?

仕事で失敗して謝るべきタイミングなのに、自分からは頑なに謝罪しない頑固な人もいますよね。

謝罪したら丸く収まるのに、どうして素直に謝らないのか疑問で仕方ない、という人もいるのではないでしょうか。

今記事では、そんな謝らない人の心理的特徴や対処法を詳しくご紹介。職場で謝ってくれない人に困っている人のためになる情報満載でお届けします。


あの人って何で謝らないの?謝らない人の14の心理的特徴。

職場で明らかな失敗をしたのに自分の否を認めない人っていませんか?

周囲からどれだけ冷たい目で見られても、全く謝罪しない頑固な人を見ると「メンタルが強いな」と思いますよね。

なぜ、そこまでして謝らないのでしょうか。ここからは、謝らない人の14の心理的特徴を詳しく解説していきます。


自分の非を認めず、全く謝る気がない人の6つの心理的特徴

言い訳ばかりで開き直ったような態度をとって、謝罪しようともしない人もいますよね。

では、自分の非を認めず、謝らない人はどのような心理状態にあるのでしょうか。まずは、全く謝る気がない人の心理的特徴をご紹介します。


非を認めず謝らない人の心理1. そもそも自分が悪いという自覚がない

無自覚のうちに悪いことしてしまっていて、自分が気づく前に指摘されることもありますよね。この場合は、非を認める認めないの前に、悪いことをしていないから謝罪しないという心理状態にあります。

当然のように、謝る気はなく、濡れ衣を着せられたといわんばかりの態度で抵抗する人もいるでしょう。

このように、悪いという自覚がないと、謝らない人になってしまうでしょう。


非を認めず謝らない人の心理2. プライドが非常に高く、「謝る=負け」と思っている

仕事などで頭を下げることは、自分の責任を認めたという意味になります。プライドが高すぎる人は、自分が否定されることを嫌うあまり、仕事で自分の責任を認めようとしないという心理的特徴があります。

また「謝ることは負けを認めること」という極端な心理で、頑なに自分を守ろうとすることも。

【参考記事】はこちら▽


非を認めず謝らない人の心理3. 自己中心的で、他人のことより自分が大事

自己愛が強すぎると、周りのことを意識できなくなります。他人を思いやるより先に、自分を守ろうという自己防衛の意識が働いてしまう人もいるでしょう。

仕事で過剰に言い訳をしたり、嫌いな他人に責任を擦り付けようとする人もいます。

このように自己中心的な人は、自分が一番で他人のことはどうでもいいと考えてしまう心理的特徴があります。

【参考記事】はこちら▽


非を認めず謝らない人の心理4. 過去の経験より、自分の過ちを認めることがみっともないと思っている

責任を認めることで恥ずかしい思いをした、というトラウマがある人もいるでしょう。この場合、過ちを認めて同じ状況をくり返したくないから頑なに否定するという心理的特徴があります。

例えば、過去に失敗を認めた人がみっともない思いをしているのを見ていたり、実際に自分が体験している場合も。

二度と同じ目には遭いたくないという心理が強くなると謝らない人になってしまいがちです。


非を認めず謝らない人の心理5. 実は傷つきやすく、自分の責任と認めたくない

謝れば何らかの罰を受けなければならないと考えると、簡単に謝ること難しいですよね。傷つきやすい人にとって罰を受けることは耐え難いから責任を認めない、という心理的特徴があります。

例えば、周りから冷たい目で見られたり、扱いが悪くなったり、などという罰を受けたくないから謝らないという人も。

その結果、謝るのが怖い、という心理に行きついて、謝らない人になってしまうケースも多いです。


非を認めず謝らない人の心理6. 自分の方が正しいと感じ、謝る必要がないと思っている

価値観や倫理観の違いから、悪いという基準が人によって異なる場合もあります。その結果、自分が正しいと思い込んでいて、謝る必要はないと言い張ってしまう人も多いです。

傍からは、ただ責任逃れをしている人に見えてしまいますが、本人は全く悪くない、という心理状態にあります。

このように、謝罪しない人には自分の考えが正しいと信じて疑わない人もいるのです。


自分の非は認めているが、謝る気がない人の4つの心理的特徴

謝らない人には自分が悪いとは思っていない人がいる、と分かりました。では、自分が悪いと知りながらも謝罪しないもいるのでしょうか。

ここからは、自分の非を認めつつ、謝る気がない人の心理的特徴を詳しく解説していきます。


非を認めても謝る気がない人の心理1. 仕事で自分の評価を下げないために、自分のミスと思いたくない

職場で一定の役職を持っている人は保身に走りやすいです。このタイプは、仕事でミスを認めることで地位や立場が悪くなるのを避けたがる、という心理的特徴があります。

本来であれば、責任をとるべき上司や幹部クラスの人物が部下に責任を擦り付けるという最悪のパターンも。

非があると分かっていても、自分の評価を下げたくないという心理から謝らない人になってしまうのです。


非を認めても謝る気がない人の心理2. 謝罪したところで何も改善しないと開き直っている

謝ること自体に意味がないと思い込んでいる困った人もいます。

価値観の違いともいえますが、謝罪しても何も変わらないと開き直ってしまう人も一定数いるのです。

このタイプは、自分のせいで人に迷惑をかけた、という気持ちがないので謝ることはないでしょう。

それでいて、自分には非があるのを知っているので、周囲は嫌な気持ちにしかなりませんね。


非を認めても謝る気がない人の心理3. 謝ってしまうと、他人から見下されていると感じる

プライドが高い人は、人より劣っていると感じたくない人が多く、見下されることをここの底から拒絶します。

そのため、自分が常に上になるよう、他人に対して常にマウントを取りたがる、という心理的特徴があります。

そのせいで、素直に謝ることを嫌い、自分が悪いと自覚があっても、謝れない人もいます。簡単に謝ってしまうと、他人より下になったように感じてしまう人は謝らない人になりがちですね。


非を認めても謝る気がない人の心理4. 反抗している自分がカッコいいと、子供のようなことを考えている

職場でやけに意地を張っていたり、大人げない態度になっている人もいますよね。このタイプは意外と子供の頃に虐げられてきたり、元は大人しい子だったりします。

なぜなら、子供の頃に我慢を強いられてきて、なりたくてもなれなかった自分に大人になってからなろうとしているからです。

反抗できなかった当時を思い出して、反抗できている今がカッコいいと勘違いしてしまうと、謝らない人になっていまいます。


謝る気はあるものの、謝らない人の3つの心理的特徴

悪いことをした自覚があっても謝らない人は、価値観が違ったりして、かなり厄介だと分かります。

でも、本当は謝りたいのに謝れない人もいるのでは?という疑問がある方もいるかもしれませんね。

そこでここからは、謝る気はあっても謝らない人の心理的特徴を詳しく解説していきます。


謝ろうとしない人の心理1. どのように説明して謝罪すれば良いか分かっていない

単純に普段から謝り慣れていない人もいます。謝らない人は、自分の気持ちを素直に説明できなくて、謝罪できないという心理的特徴があります。

本当は謝りたいという心理があっても、上手に言葉にできないというケースも多いです。


謝ろうとしない人の心理2. そもそも謝るタイミングが分からない

以前に謝ったらさらに怒られた、という経験がある人は謝らない人になりがちです。謝らない人は、謝るタイミングが分からなくなっていたり、すぐに謝っても怒られると思い込んでいる、という心理的特徴があります。

通常なら、悪いことをしたと気づいた時に謝るのですが、相手や状況によっては余計に怒られてしまう場合もあるのです。

また、謝るタイミングを逃してしまって、謝るに謝れなくなってしまったというケースも多くあります。


謝ろうとしない人の心理3. 怒られるのが怖く謝罪する勇気がない

子供の頃のしつけなどで、必要以上に恐怖を与えられていると謝ることを恐れてしまいがちです。

よって、自分の非を認めて怒られることを恐れている人は、謝りたくても謝らない人になってしまいます。また、以前にこっぴどく怒られた経験がある人も謝罪をしたがらない人が多いです。

謝らない人にとって、責任を認めることは非常に辛いという心理があります。


職場やプライベートなど身近にいる謝らない人の対処法とは?

謝らない人の心理的特徴を確認すると、謝らないのもある程度の理由があると分かりました。

では、謝らない人が身近にいて困っている人はどう対処すれば良いのでしょうか。

ここからは、職場やプライベートで関わる謝らない人への対処法をご紹介していきます。


「あなたが悪い!」と決めつけず、まずは何で謝らないのか理由を聞いてみる

謝らない人なりの理由があるので、頭ごなしに叱ると、さらに意固地になってしまうケースも多いです。よって、まずは謝らない理由を優しく聞いてあげる、という対処法をおすすめします。

心理的特徴である程度の分類は出来ますが、態度を見るだけでは分からない場合がほとんどです。

最初から「あなたが悪い!」と決めつけずに、様子を見て、話しを聞いてあげるのが良いでしょう。


自分の非を認めて、謝る意志がある人の場合

親身になって話を聞いてあげると、意外と心を開いてくれることがあります。

実は「謝らない人」を「きちんと謝れる人」に変えるのは、比較的難しいことではありません。

ここからは、自分の非を認めていて、謝る意思がある人の対処法を詳しく解説していきます。もし、あなたの身近に謝りたいけれど謝ることができない人がいたら、参考にしてみてくださいね。


謝る気がある人への対処法1. 謝罪の方法を一緒に考える

怒られた経験が少なく、謝り方が分からない、という人は意外にも多いです。謝らない人の対処法としては、謝罪方法を一緒に考えてあげるのが良いでしょう。

特に、職場の新人は、まだ頼れる人が少ない場合が多く、謝罪したくても方法が分からないケースがあります。

寄り添ってあげて、一緒に謝る方法を考えてあげれば、意外と簡単に謝罪しない人から変われることが多いです。


謝る気がある人への対処法2. 迷惑をかけた人に、一緒に謝りに行く

謝罪に慣れていない場合、一人では心細くて足が動かない、という人もいます。言い訳にも聞こえますが、このタイプの人は、迷惑をかけた相手に一緒に謝りに行ってあげるのがおすすめです。

「どうして自分が」なんて思わずに、ほんの少し背中を押してあげる気持ちで付き添ってあげましょう。

自分が親の場合は、子供を謝罪しない人から謝罪できる人に変えてあげられるチャンスですよ。


謝る気がある人への対処法3. 次回から一人で謝るようにしようと指摘する

ただし、毎回のように付き添っていては本人のためになりません。一度だけ一緒に謝りに行ったら、「次回からは1人で謝るようにしような」と声をかけてあげましょう。

あくまでも、謝ることになれていない人が謝れる人になれるように、きっかけを与えてあげるのが大切です。

言い訳を言って甘えてくるのなら、バッサリと切り捨て、強めに言い聞かせて1人で行かせるようにしましょう。


悪気はあると感じているが、謝る気がない人の場合

謝らない人は謝罪の大切さを知らない人が多いです。

そのため、悪気はあると感じているなら、自分から謝るのが一番円満な解決法だと、教えてあげるのが重要といえます。

ここからは、自分の否を認めてはいるものの、謝る気がない人の対処法をご紹介していきます。このタイプの人に困っているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。


謝る気がない人への対処法1. 仕事において謝ることは、自分の評価を上げることに繋がると教える

職場で自分の責任を認めたがらない人も多いですよね。

謝らない人は何よりも自分の評価を重視しているので、素直に謝ることで評価が上がることを伝えると、あっさりと謝る場合があります。

また、責任が誰にあるのかが明白な場合は、当事者が早期に謝れば評価はたいして下がらないと教えてあげましょう。


謝る気がない人への対処法2. 謝罪をしに行くよう促す、もしくは一緒に謝罪しに行く

謝らない人を謝らせるには、意外とあと一押しが足りていないだけの場合があります。なぜなら、悪気があると感じているので、謝るきっかけがあれば謝ってスッキリしたい、という気持ちもどこかにあるからです。

そのため、素直に謝罪に行くようにいったり、一緒に謝罪に行くと伝えると、簡単に謝りに行ってくれる場合があります。

悪気がある人は意固地になっているだけ、というケースも少なくないので、おすすめの方法といえるでしょう。


自分に責任はないと、非を認めず謝罪する気もない人の場合

悪いという自覚がない人は謝らせるのが一番難しいです。悪いことをしても、責任があるとも思っていないので謝らせるのは至難の業といえるでしょう。

ここからは、自分に責任はないと、非を認めず謝罪する気がない人の対処法をご紹介いたします。

謝らせるのは難しくても、関係上どうしても謝ってもらわないと困る、という時は参考になりますよ。


非を認めず謝る気がない人への対処法1. カッとなって怒っている時は、冷静に落ち着くまで時間を置く

正常な思考ができる状態ではない場合は、謝らせる以前の問題です。まず、謝らない人が怒っている時は時間を空けて、冷静さを取り戻すのを待ちましょう。

おそらく、自分が知らないうちに悪者扱いされて、パニックになっている可能性があります。

この場合は、謝らない人が冷静になってから、徐々に状況を説明していって、納得してもらってから本題に入るのがおすすめです。


非を認めず謝る気がない人への対処法2. 「迷惑がかかるから気をつけよう!」と優しく注意する

責任があることを認めたがらない人は、自分がどうして悪いのか分かっていない場合がほとんどです。

謝らない人には、迷惑がかかるから次から気をつけるように、優しくいってあげるのをおすすめします。

遠回しですが「自分のせいで迷惑をかけてしまったんだな」と少しでも思ってもらえれば、迷惑をかけたことを謝ってくれる場合もあるでしょう。


非を認めず謝る気がない人への対処法3. 下手に関わろうとすると飛び火が来るので、思い切って避ける

謝らない人が手に負えないような態度をとっているなら、見捨てるのも手段の1つでしょう。

下手に刺激してトラブルが増えるよりは、触れないようにする方が良い場合もあります。残念ながら人の性格は簡単には変えられないものです。

無理に謝らせようとして暴力を振るわれたり、他者が別の被害を受けるようなことが起きないように、ひとまず放置するのも正当な対処法と言えます。


謝らない人の上司であれば、部下の責任を取って自分から謝罪しに行く

それでも、誰かが謝らなければいけない場合も、もちろんありますよね。あなたが謝らない人の上司の場合、辛いかもしれませんが、部下の責任を取って謝罪に行きましょう。

誠意をもって謝罪することで、きっと先方にはわかってもらえます。さらに、部下のために謝れる上司の姿を見て、部下達の心を掴むことができるでしょう。

場合によっては、あなたの行動を見た謝らない部下が、改心してくれることもあり得ます。


謝る対象が自分の場合

身近に謝らない人がいる時は、寄り添ってあげるのが一番の対処法だと分かりました。

では、自分が謝って欲しい立場になった場合、どう対応したらいいのでしょうか?

ここからは、謝る対象が自分の場合の対象を詳しく解説していきます。謝って欲しいけれどアプローチ方法が分からない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


恋人や友人などの場合は、正直に辛いと伝える

親しい関係であるほど、無礼なことを自然にしてしまったり、面と向かって素直に謝りづらい場合がありますよね。

もし、謝って欲しい人が恋人や友人といった見知った関係の場合、正直な気持ちを伝えるのがおすすめです。

気づいていない場合があるので、許すことができないほど辛いのであれば、素直に辛いといってあげましょう。加えて、どうして辛いのか理由も伝えると分かってもらえることが多いですよ。


ストレスを抱え込む可能性があるので、思い切って関係を切るのもアリ

辛いことを伝えても改善しなかったり、耐えられない場合もありますよね。この場合は、ストレスが溜まりすぎないうちに、すっぱりと関係を断つのがおすすめです。

特に、何度いっても謝ってもらえなかったり、改善する気がなさそうで許すことができないのであれば、その相手とは相性が悪いと言えるでしょう。

一緒にいて居心地が悪いのなら、無理な対応をしてまで関係を続けることはありませんよ。


信頼関係がない人の場合は、気にせず無視する

あまり知らない人に謝ってもらえるかどうかは相手次第であり、アプローチするのはかなり難しいと言えます。

たいして信頼関係がないのなら、諦めて無視をするのも1つの手です。無理に謝らせようとすると、さらなるトラブルになる場合もあります。

嫌いな人でどうしても許せない場合を除いて、できるだけ気にしないようにしましょう。


謝らない人を無理やり謝らせるのは逆効果!

自分から謝らない人はプライドが高い人が多いです。許せないからといって、こちらが感情的になってしまうと、自己防衛心から、さらに心を閉ざしてしまう可能性があります。

また、無理やり謝らせようとすると、反抗して自分のミスを認めようとしなくなってしまう場合もあるのです。

謝らない人は心が弱い人が多いというのを理解して、寛大な心を持って対応し、待ってあげるくらいの余裕をみせましょう。


謝らない人の心理を理解して、上手に対処しましょう。

謝らない人は基本的にプライドが高く、弱みを見せたくないという心理的特徴があります。

許せない場合もありますが、謝らない人を無理に謝らせるのは逆効果です。それでも、どうしても許すことができなくて、謝らせたい時もありますよね。その場合は、対処法を参考にして、状況に合った対策を講じてみてください。

もし、自分が謝れない立場になったら「謝ることが自分の評価を上げることにつながる」と理解して、素直に謝れる人を目指しましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事