独り言が多い人って気持ち悪い?ネガティブな印象を持たれやすい理由を解説

独り言が多い人って周囲に気持ち悪いと思われるのか詳しく知りたい方へ。今記事では、独り言が多い人が気持ち悪い、怖いと思われやすい理由について詳しくご紹介します。独り言が多い人が周りにネガティブな印象を持たれやすいきっかけを解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

独り言が多い人が「気持ち悪い」と思われやすい理由とは?

)独り言が多い人って気持ち悪い?

独り言が多い人は「ちょっと怖いし、気持ち悪い」など、周囲からネガティブな印象を持たれやすいことが特徴です。

ここでは、なぜ日常的に独り言を言う人が敬遠されやすいのか、主な理由について詳しくご紹介していきます。


独り言が多い人の印象が悪くなりやすい理由1. 純粋に不気味だから

人がいないのにぶつぶつと呟いている姿は、他人に何を考えているのか分からないという不信感を与えやすいです。

「もしかして、怒っているのだろうか?何かしただろうか?」と職場の同僚や学校の友人などに気を遣わせてしまうケースも。

話しかけにくく、純粋に怖いと思われるため、好感度も下がりやすいと言えるでしょう。


独り言が多い人の印象が悪くなりやすい理由2. 声が大きくて迷惑だから

会社では多くの人が働いているため、他のスタッフの仕事を邪魔するようなことがあってはなりません。

小さな声ならまだしも、大きな声で独り言を多発している場合は、「何を言うのも自由だけど、声が大きすぎて全く仕事に集中できない…」そんなふうに思われていることもよくあります。

独り言が迷惑行為になっているため、社内での不満や愚痴の対象となり「あの人は、ちょっとね…」と言われてしまうのです。


独り言が多い人の印象が悪くなりやすい理由3. かまってほしいのかなと思うから

周囲の人は、言動の裏にある真意を読み取っていることも少なくありません。

ぶつぶつ言って周りから構ってもらうのを待っている人に対しては、「構ってちゃん、また何か言ってるよ…普通に話かければいいのに」程度にしか、周囲も気に留めていないことが多いです。

注意の引き方が子供っぽく、面倒くさい人と思われていて、印象が悪くなってしまうケースもあります。


独り言が多い人の印象が悪くなりやすい理由4. ネガティブな印象を持つから

いったん脳に焼き付いた人の印象は、払拭するのに長い時間がかかることも多いです。

ボソボソと独り言を言う人は、決して社交的な人とは見られにくく、近寄りがたい、暗い、重いなど、ネガティブな印象を持たれてしまいます。

悪い印象が定着するのは早いため、「あの人はいつも独り言ばかり言っている」と周囲からも煙たがられてしまうのです。


独り言が多い人の印象が悪くなりやすい理由5. 感情的になりやすいと思うから

人は感情的になると、周囲を巻き込んで大騒ぎすることもあります。

独り言が多い人は、思ったことを深く考えずに口に出してしまったり大声を出したりして、気持ちのコントロールが上手くできないことも少なくありません。

近くにいて怖い思いをしたことがある人からは、「また被害に合いたくない…」ともちろん避けられてしまうため、印象も悪くなってしまいます。


もし無意識に独り言を言ってしまうなら、早めに改善方法を見つけてみて。

独り言が多い人が気持ち悪いと思われやすい理由について、ご紹介してきました。

友達に「いつも何をぶつぶつ言っているの?」と聞かれたり、職場の同僚から「独り言が多いけど、大丈夫?」など言われたりした経験がある人も、参考になったのではないでしょうか。

無意識的に独り言が出てしまう人は、なるべく周囲に迷惑をかけないよう心がけると、印象も変わるはずですよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事