お姫様抱っこの限界体重は何kg?お姫様抱っこをする男性心理と女性からお願いするコツとは

お姫様抱っこは少し気恥ずかしさもありますが、女性なら一度は憧れたことがある人が多いのでは?今回は、女性が頼まなくてもお姫様抱っこをしてくる男性心理や、女性からお願いするコツをレクチャー。さらに、お姫様抱っこのやり方やお姫様抱っこできる限界の体重差について、詳しく解説していきます。

憧れの「お姫様抱っこ」をしてもらいたい女性必見です!

お姫様抱っこをする男性心理と女性からお願いするコツ

お姫様抱っこをしてもらうというのは、なかなか言い出しづらいもの。

女性から言い出すことも大事ですが、出来れば男性側からやってくれると嬉しいですよね。

そのため女性陣は男性が女性をお姫様抱っこをする時の、心構えを知ることが大切です。

そこで今回はお姫様抱っこをする男性が抱く7つの心理やお姫様抱っこされる上でのコツ、注意点を解説していきます。詳しく見ていきましょう。


お姫様抱っこをする7つの男性心理を解説

男性が女性をお姫様抱っこしようと思う時というのは、大きく分けて7つの心理が働いているといえます。

この心理を理解することで、好きな男性にお姫様抱っこをしてもらうように誘導することも。

もちろん無理やり意識させてしまうことは相手にとってもいいことではありませんが、ここで紹介する心理を理解し、さりげなく男性を誘ってみてはいかがでしょうか。


男性心理1. 彼女のことが大好きで、守ってあげたい

一つは好きな女性だから「お姫様抱っこをしたい」という男性側の心理があげられます。

お姫様抱っこをするということは単純に男性が力を誇示したり、女性に自分をアピールしたいからという心理からくるものではありません。

あなたのことが好きだからこそ、大好きなあなたを守りたいという気持ちだからこそ、お姫様抱っこをしたくなるもの。

そのため、好きな男性にお姫様抱っこをしてもらいたいなら、日ごろから男性と良好な関係性を築いておくことが大切です。

【参考記事】はこちら▽


男性心理2. 彼女を喜ばせるためのサプライズとしてやっている

実際のところ、女性をお姫様抱っこするという行為は確かに男女問わずロマンティックかもしれません。

ですが、男性から見ても場合によってはやりすぎ、少し恥ずかしいと感じてしまうことも。

そうした中でもわざわざなぜ男性が女性をお姫様抱っこをするのか。男性側の心理には思わぬことをして、彼女を喜ばせたい

サプライズをしてあげたいという思惑が見え隠れしているものです。


男性心理3. 独占欲が強く、周りに見せびらかしたい

繰り返しになりますが、お姫様抱っこをすることはなかなか男性にとってはしづらいもの。

そんなお姫様抱っこをわざわざするところには、他の男がしないお姫様抱っこという行為ををするくらい女性が好きだ。

そしてそれを受け入れていくれる女性との関係を周りに見てほしいという、心理が働いています。

独占欲が強いため、彼氏であると少し大変かもしれませんが、こういう男性であれば、気軽にお姫様だっこをしてほしいという欲求を満たしてくれるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


男性心理4. ”お姫様抱っこをする自分 = カッコいい” と思っている

自分のことをかっこいいと思っている、ナルシストな男性もお姫様抱っこをしがち。

お姫様抱っこをしてしまうくらい彼女を好きな自分。ちょっと体重が重くても、お姫様抱っこをしてしまう力持ちの自分。

そんな自分がかっこよくて、大好き。そういったナルシスト的な特徴を持つ、男性はお姫様抱っこをついついしてしまう傾向にあります。

独占欲が強い男性がお姫様抱っこをする心理と似た部分もありますが、あくまでもそういう行為をしている「自分がかっこいい」と思っているところに違いがあります。


男性心理5. 男性のパワーを見せつけてアピールしたい

男性の中には、自分のパワーに並々ならぬ自信を持っている方もすくなくありません。

中には体力づくりのために生活を犠牲にしている人もいるほど。

お姫様抱っこは女性の体重にもよりますが、簡単にできることではありません。

自分のパワーを見せつけるためにお姫様抱っこをする、そういった目的を持っている男性もいるのです。

顕示欲や相手によく思われたいという心理もここには働いている傾向にあるので、そんな男性側の気持ちをくすぐってしまいましょう。


男性心理6. 彼女の体重を確認するためや「太らないでね」のサイン

実は付き合い始めより、太っていないか確認するためにお姫様抱っこをするなんて、心理で行う人も。

お付き合いが長くなり、スキンシップが増えてきた。でも彼氏は普段はシャイな男。

なんて場合はもしかすると彼女の体型の変化を気にして、ロマンティックな行為にかこつけて確認しようとしているのかもしれません。


男性心理7. お姫様抱っこをやってみたいという、単純な好奇心

男性の中には映画やドラマからの影響を受けて、単純な好奇心でお姫様抱っこをやってみたいという気持ちになる方も実は少なからずいます。

中にはドラマ上の好意に憧れを持っている方も。

彼氏がちょっとロマンティック、あるいはドラマや映画が好きで好奇心旺盛、という方はお姫様抱っこのシーンがあるような映画を見た時はチャンスです。

私にもお姫様抱っこして、とちょっとお願いしてみると、案外すんなり応じてくれるかもしれませんよ。試してみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


お姫様抱っこを上手にお願いする4つのコツ

さて、ここまでは男性が女性をお姫様抱っこする際に感じている心理について解説してきました。

ただ、こうした男性の気持ちを理解して、それを逆手にとってお姫様抱っこをしてもらうのは至難の業といえるでしょう。

多くの人にとっては、実際に男性にお願いしてみるというやり方のほうが、気軽にお姫様抱っこをしてもらう手段としては適しているでしょう。

以下では細かくお願いする際のコツをご紹介していきます。


1. 「お姫様抱っこして〜!」とストレートにお願いしてみる

お姫様抱っこ実はストレートにお願いするのが効果的です。遠まわしに伝えるよりも確実でしょう。

確かに女性にとっては恥ずかしいことかもしれません。

でも男性であればなかなか女性からのお願いは断りづらいというもの。

それが意中や彼女であればなおさらでしょう。

むしろお願いされた方が男性にとっては嬉しいこともあるのです。

変にするのではなくあくまでも率直にお願いしてみましょう。


2. 記念写真を撮る際にお願いする

記念写真というと、男性に限らず、ちょっと気持ちが盛り上がり、変顔をしてみたり、ちょっと馬鹿なことをしてみたりと普段とは違うことをしてみたくなるものです。

そんな時にちょっと、お姫様だっこをお願いすれば、女性としても、違和感なく、場の雰囲気を乱すことなく頼みやすいもの。

男性側に彼女に特別なお願いをされることは、照れくさい以上に嬉しい気持ちを呼び起こすでしょう。

記念撮影など特別な写真を撮る場所では、それとなくお姫様抱っこをお願いしてみるのがおすすめです。


3. 「力なさそうだし、どうせできないよね?」と煽ってみる

これも結構効果的なやり方。簡単に言えば男性をあおるというものです。

どんなにひ弱な男性でもやはりある程度力はあると思われたいもの。

そんな気持ちを、力がなさそうだから、できないよね、と刺激してあげるのです。

筋トレをしているような筋肉に自信のある男性なら、なおさらお願いに答えてくれる確率は高くなるでしょう。

ただ、少し恋愛慣れしてしまう感じも出てしまうと特別感が薄れます。

独占欲が強い相手やナルシストなタイプの男性に使うと断られる可能性もあるので、相手を選んだ方が良いでしょう。


4. 「酔っ払った」「疲れた」などお姫様抱っこしてもらう言い訳を作る

最後にご紹介するコツ、こちらも非常に効果的なやり方です。

疲れてしまった、酔っぱらったといって男性に身を預けるのです。

弱った女性というのは快方したくなってしまうもの。

男性の胸に体を預けるとより男性の心をくすぐっちゃいましょう。

そしてお姫様抱っこをしてほしいとお願いをすればいちころです。

うまく成功させるためには男性が断りづらい状況、そしてお姫様抱っこをしてもおかしくないシチュエーションを演出するのがコツになります。


お姫様抱っこをできる女性の体重や体重差は?一般的に何kgから男性は重いと感じるの?

ここまではコツ、男性側の心理をご紹介してきました。

ただ、これはあくまでも条件がそろっているという場合でのこと。

条件というのは単純、あなたが男性にとって気軽にお姫様抱っこしやすい体型であるかどうか。

身長と体重が同じくらいの男性にお願いしてもしょうがありませんからね。

ここでは男性が実際お姫様抱っこをする女性が、どのくらいの体重だとつらさを感じるのか、どれくらいの体重であれば、気軽にお姫様抱っこに応じてくれるのか見ていきましょう。


個人差はありますが、55kg前後から重いと感じる男性が多いようです。

体重55㎏前後になると男性との体重差もなくなってきます。場合によっては男性よりも大きいこともあるでしょう。

確かにこのくらいだと慎重によっては、ちょっとぽっちゃりしている女性が出てくる体重

身長的にも男性と比較して見劣りしない女性も出てきます。

お姫様抱っこ、ほぼ両腕だけで女性を支えます。体重が重かったり、身長が大きかったりすると支えづらいですからね。

お姫様抱っこをお願いする前に今一度ご自身の体重を調べてみたり、お願いしたい男性との体重さを把握しておくのもいいかもしれません。

気軽に応じてくれても「重っ!」なんて言われてしまうと悲しいですよ。


男性に重さを感じさせない「お姫様抱っこのやり方」のコツを紹介

お姫抱っこされる際に男性が重さを感じる体重や、男性との体重差について解説してきました。

もちろん女性側のテクニックで、男性に重さを感じさせない方法もあります。

以下では、男性に重さを感じさせないお姫様抱っこのやり方とコツをご紹介

もちろんこれは体重が軽い方でも十分効果的なものですので、使ってみてくださいね。


コツ1. 女性の手の位置は、首に回しておくと男性が持ち上げやすい

まず、抱っこされる女性は手を男性の首に回しておくようにしましょう。

あまり力を入れるとよくありませんが、落ちないようにしっかりと首に手をまわしておくことが肝心です。

無駄に体が動いて事故が起こる危険性も少なくなります。また支点ができて、女性の体が少し固定されるため、男性側も力を入れずにお姫様抱っこがしやすくなるのです。

男性にとっては体がぶれて無駄に力が入ることがありませんし、女性の側も少し体制をキープするために力を入れなくてはならないので、疲れにくいというメリットもありますよ。


コツ2. 男性の体に上半身を密着させる

お姫様抱っこはかなり力のいる方法です。無駄に力がはいるようなことがあれば、失敗してしまう原因にもなります。

負担も大きいので腰を痛めたり、けがをしたりする危険性もあるのです。

体を密着することで無駄な隙間ができません。隙間がなければ男性側が女性をより抱えやすくなります

総じて力をぬいてお姫様抱っこもしやすくなるので、男性側が女性の重さを感じずに気持ちよくお姫様抱っこができるようになるでしょう。

あまり露骨に体を近づけると、違和感があります。併せて、急に動くとそれはそれでケガのリスクが。ですのでさりげなく上半身を密着できるようにするのがおすすめです。


コツ3. 背筋を伸ばして男性側に体重をかける

体の位置が定まらないと、支えるために無駄に力が入ってしまうのです。

まず背筋を伸ばすことで体を固定しましょう。加えて男性側に体重をかけることで、ぶれずに体の位置を維持します。

そうすることで男性は無駄に力を入れて女性を持ち上げる必要がなくなるため、より軽く、気軽にお姫様抱っこができるようになるのです。


コツ4. 体の力を抜き、リラックスした状態を作る

お姫様だっこをされると女性の方は緊張して体に力が入ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、それだと男性側が余計に重さを感じることにも繋がります。

だらーんと完全に脱力してしまうのはだめですが、変に力を入れるのではなく、リラックスした自然な状態だと、男性側に重さをあまり感じさせないようにお姫様抱っこしてもらうことができます。

全てに共通することですが、いかに男性の普段を減らすかということを少しでも意識しておくだけでも十分に効果がありますよ。


お姫様抱っこをされる時の注意点

最後にお姫様抱っこをされる時に必ず抑えておくべき注意点を解説していきます。

もちろん頼み方だけではありません。

お姫様抱っこは非常に負担の大きいもの、やり方を間違えると怪我につながる危険性も。

併せて、怪我を防ぐための注意点もご紹介していきます。


注意点1. 恥ずかしがりやの男性の場合は、人目のつかない場所でお願いする

男性によっては恥ずかしがりやの方もいるでしょう。

そんな方に観光地やデートスポットなど、人目のつく場所でお願いするというハードルの高い行為を強いるのは酷です。

彼氏や意中の男性が恥ずかしがりや、でもお姫様だっこをしてほしいという時はできるだけ、家や公園など人目をさけた場所でやってもらうようにお願いしましょう。

男性にとっても負担にならず、また気軽にお願いに応じてもらうコツとしても使えます。

お部屋の中でお願いするというもおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


注意点2. 失敗したことも想定して、障害物がない場所を選ぶ

気分が高まってついつい、普段なれないことをした時に起こりがちなのが事故。

特にお姫様抱っこはよほど力に自信のある人でもない限り、日常的に行う行為ではありません。

予想だにしない負荷がかかったことで転倒してしまったり、女性を落としてしまうなんてこともあるかも

お姫様抱っこをされる前に障害物がない場所など、周囲の状況に気を配り、くれぐれも怪我のないようにしましょう。


注意点3. もし持ち上げれなかった場合は、男性にもフォローを入れてあげる

男性としてもお姫様抱っこを快く応じた手前見えがありますし、思ったより自分の力がなかったりするとがっかりするもの

失敗しても責めたりせず、しっかりとフォローを入れてあげましょう。

間違っても、怒ったりしないようにしてください。

場合によっては単に落ち込むだけでなく、関係性に亀裂が入る可能性もあるので十分に注意しましょう。


男性も「彼女を持ち上げられなくて、傷つけてしまった」と焦っています

確かに女性の方も「私が重かったのかなぁ」とか「なんでしっかり持ってくれなかったんだろう」と傷ついてしまうこともあるかもしれません。

しかし、それは男性も同じこと、あなたを落としてしまったことについて深く傷ついているかもしれませんし、焦っているかもしれません。

ここでしっかりフォローを入れておくことで、その後の関係性を円満に保つ上でも大きな利点があるでしょう。


注意点4. 筋トレや運動をしていない男性には、無理にお願いしない

最後に、無理なお願いをしないということも大切です。

やはりどんなに体重の軽い女性でも、30㎏、40㎏くらいは重さがあるわけです。普段から運動をしていたり、体を使ったりしていないと男性はなかなかお姫様抱っこがしづらいもの。

ケガをしてしまうことや、先ほどご説明したような悲しい事態を防ぐためにも、お願いしたい男性が少し華奢だな、なんて思った時には無理にお願いしないことが大切です。


大事なのは「お姫様抱っこ」を頼めるような関係性

さて、この記事では女性が男性にお姫様抱っこをしてもらいたいときに知っておくべき知識をご紹介してきました。

ここでご紹介したのはあくまでも一例です。

大切なのは男性としっかりコミュニケーションをとって、把握し日ごろからお姫様だっこに限らず、要望を聞いてもらいやすい環境を整えておくことではないでしょうか。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事