恋人繋ぎは脈ありサイン?恋人繋ぎをする男女の心理とやり方を解説!

彼氏彼女で恋人繋ぎをしているカップルはよく見かけますが、付き合う前や友達同士で恋人繋ぎをする意味はどのようなものがあるのでしょうか。今回は恋人繋ぎの握り方から、恋人繋ぎをする男性心理や女性心理まで大公開!恋人繋ぎは脈ありサイン?という疑問に徹底的にお答えしていきます。

「恋人繋ぎ」をする男女の心理に迫ります

恋人繋ぎをする男女の心理とやり方

お互いの温もりや愛情を感じられる「恋人繋ぎ」。

男性女性問わず、どのような時に恋人繋ぎをしているのか気になりますよね。

そこで今回は、恋人繋ぎのやり方や男女別の恋人繋ぎをしたくなる心理から恋人繋ぎをしやすいシュチエーションまで詳しくご紹介します。

恋人繋ぎをしてみたい!恋人繋ぎをする時の心理が気になる!という場合には、ぜひ参考にしてみてくださいね。


そもそも「恋人繋ぎ」とは?

恋人繋ぎとは、二人の手のひらをピッタリと合わせてそれぞれの5本の指を絡める握り方です。

普通に手を繋ぐだけとは異なり密着度が高く、親密な関係である相手、親密な関係になりたい相手としか繋がない方法なので「恋人繋ぎ」と呼ばれるようになったとのこと。

他にも「カップル繋ぎ」「恋人握り」「ラブ握り」などと呼ばれる場合もあります。

腕を組むよりも手軽で、特別な相手にしかない手の繋ぎ方が「恋人繋ぎ」なのです。


恋人繋ぎの「握り方」や「正しいやり方」

恋人繋ぎの握り方は、お互いの手のひらを合わせて5本の指を交差させるように繋ぎます。

しっかりと絡み合っているので、少しの衝撃で離れてしまうことがありません。

また、真上から見たときに男性の親指が上にくることが多いところもポイント

これは、大切な女性をリードしたいという気持ちが表れていると言われています。

どちらが主導権を握っているのか確認したいときは、ぜひ親指の位置に注目してみてくださいね。


女子必見!「男性」が女性と恋人繋ぎをする心理とは

男性から恋人繋ぎをする時には、どのような心理が隠れているのでしょうか?

恋人同士の場合には、彼氏からの愛がたっぷり詰まっているはず。

まずは、男性から女性へ恋人繋ぎをする時の心理をまとめてみました。


「彼氏」が彼女へ恋人繋ぎをする3つの心理

まずはカップルの場合。彼氏が彼女に対して恋人繋ぎをする心理とは何でしょうか?

まずは、彼氏が彼女に恋人繋ぎをする心理や理由について3つに絞ってご紹介します。


心理1. 独占欲が強く彼女を離したくないから

恋人繋ぎは他の繋ぎ方よりも密着度が高く、離そうと思っても簡単に離すことができません。

そのため、彼氏から彼女に恋人繋ぎをする時は「独占欲」が隠れていることが多いです。

「彼女のことを離したくない」「彼女は自分だけのもの」という意識が働き、しっかりと繋がっていたいという気持ちがこもっています。

また、人通りが多い場所やアミューズメントパークなどで恋人繋ぎをする場合には、自分の彼女だとアピールする気持ちが含まれていることもあります。

【参考記事】はこちら▽


心理2. 無意識に握っているだけ

いつも恋人繋ぎをする彼氏の場合、それが癖になってしまい無意識に握っている可能性もあります。

恋人繋ぎが習慣化しているので、特に特別な意味はないけれどついつい握ってしまうというケースです。

しかし、裏を返せばそれほど彼女と手を繋ぐことが、日常的な行為となっているということ。

彼女の隣に自分がいることが当たり前となっている証です。これはこれで、とても嬉しいですよね。


心理3. 彼女と少しでも触れ合いたいから

なかなか会えずスキンシップを取る時間が限られている場合、恋人繋ぎをすることで彼女を近くに感じていたいと思う心理が働くことがあります。

大切な人の温もりは、手を握っているだけでも安らげるもの。少しでも近くにいられると感じられます。

どこへ行くときでも手を繋いでくれる彼氏の場合は「少しでも彼女の存在を感じていたい」という気持ちが密かに潜んでいるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


「男性」が付き合う前の女友達に恋人繋ぎをする3つの心理

男性が付き合う前の女性と恋人繋ぎをする時には、どのような心理が働いているのでしょうか?

もちろん好意を持っている場合が多いですが、そうでない場合も。

どのようなパターンが考えられるのかチェックしてみましょう。


心理1. 好意があって意図的に恋人繋ぎをしている

ここぞというタイミングで普通に手を繋ぎそこから恋人繋ぎへと持っていく場合には、好意を持っている可能性が高いです。

普通の手の繋ぎ方だけでは物足りない、もっと密着したいという気持ちが潜んでいるケースも。

好意を抱いていることをアピールするために、わざと恋人繋ぎをしてくることもあります。

そのため、つなぎ方は好意を見極めるポイントにもなります。好意を持っている男性にしてもらえたら嬉しいですよね。

【参考記事】はこちら▽


心理2. 飲み会で酔ってノリや勢いで握ってしまう

お酒の勢いで恋人繋ぎをする心理には2つのパターンが考えられます。

1つ目は女友達に好意を持っているのに上手く表現できず、酔った勢いで好意を表現しようとするタイプ

お酒が入っているからこそ「今ならできる!」と気持ちになります。

もう1つは、好意はないけれど酔っていることもあり、何となく人恋しくて恋人繋ぎをしてしまうタイプです。

気持ちがあるかないかは大きく異なるもの。酔った勢いでオープンになる人も多いようです。

【参考記事】はこちら▽


心理3. 脈ありかを見極めるためにわざと握る

次のステップに進みたくても相手の気持ちが分からないと、なかなか踏み出すことはできませんよね。

そこで、恋人繋ぎをしてみて女性が受け入れてくれるかどうかを探りたいという心理が働く場合も。

恋人繋ぎをした時に、女性が嬉しそうにするのか「離して」と言うのか、見極めたいと思っています。

嬉しそうにしてくれたら、脈ありサイン!

わざわざ恋人繋ぎを試してまで、気持ちを確かめたいと感じています。

【参考記事】はこちら▽


男子必見!「女性」が男性と恋人繋ぎをする心理とは

女性から男性に恋人繋ぎをするのは、甘えたいというサインや安心感を得たいという気分のときが多いです。

ここからは、女性から男性に恋人繋ぎをする時の心理をご紹介します。

どのような気持ちで恋人繋ぎをしているのか、ぜひチェックしてみてくださいね。


「彼女」が彼氏へ恋人繋ぎをする3つの心理

彼女から彼氏に恋人繋ぎをする時は、彼氏の愛情や温もりを感じたいときが多いようです。

まずは、彼女から彼氏へ恋人繋ぎをする時の心理をまとめてみました。

ぜひ、彼女の気持ちを探りたいときの参考にしてみてくださいね。


心理1. 彼氏に甘えたい気持ちを表現している

女性は好きな人には思いっ切り甘えたいもの。だからと言って、なかなかそれを口に出せない人も多いはず。

そこでさり気なく女性から恋人繋ぎをして、彼氏に甘えたい気持ちをアピールすることも多いようです。

恥ずかしそうに恋人繋ぎをしてきたら、彼氏に甘えたいのかもしれません。

特に、付き合い始めたばかりのころは甘え方やスキンシップの方法が分からないので、恋人繋ぎをして気持ちをアピールしてみる場合もあります。

【参考記事】はこちら▽


心理2. デート中も彼氏とスキンシップを取りたいから

彼氏のことが大好きな彼女なら、デート中もずっと彼氏の傍にいてスキンシップを取っていたいという気持ちが芽生えます。

そのため、積極的に手を繋いで大好きな彼氏とのスキンシップを図ることも。

普段なかなか一緒にいられない場合や彼氏に会えて嬉しい気持ちを彼女なりに表現しているサインです。

このタイプは、デパートやアミューズメントパークなど外出先でもずっと恋人繋ぎをしていたいと感じることが多いです。


心理3. 手を握ってもらい安心感を得たいから

男性女性問わず、大切な人に傍にいてもらうと安心感を得られます。

特に、密着して触れ合っていると「そばにいる」という安らぎを感じられますよね。

そのような安心感を得たいため、自分から恋人繋ぎをしてしまうという女性も。

他の手の繋ぎ方とは違い密着度の高い恋人繋ぎは、お互いの温もりが感じられます。

女性ならではのかわいらしい理由で、思わず彼氏も嬉しくなってしまうのではないでしょうか。

【参考記事】はこちら▽


「女性」が付き合う前の男友達に恋人繋ぎをする3つの心理

女性の場合、付き合う前の男友達と恋人繋ぎをするというのはそこまでハードルの高いことではないようです。

もちろん、好意を抱いているからというパターンもありますが、酔った勢いや何となくなど、理由も様々。

ここからが女性が男友達と手を繋ぐ心理を大公開します。


心理1. 飲み会で酔った勢いで

お酒が入り酔った勢いで女性から男友達と恋人繋ぎをしてしまう女性の心理には、2つのパターンがあります。

1つ目は人恋しくなり、お酒の勢いで何となく手の繋いでしまったパターン

もう1つは、日頃から好意を持っており酔った勢いに任せてやっと恋人繋ぎができたというパターンです。

お酒が入ることで普段よりもオープンになる人は男女問わず多いはず。

どのような心理で恋人繋ぎをしたか気になる場合は、後日改めて聞いてみると良いかもしれませんね。

【参考記事】はこちら▽


心理2. 別になんとも思っておらず、コミュニケーションの一環

女性の中には男友達とも女友達と同じように、フランクな付き合い方ができる人もいます。

そのため、特に好意や好きという感情はなくても、女友達と同じような感覚で恋人繋ぎをしているというケースも。

コミュニケーションの一環なので特別な感情もなければ、あざとい計算もありません。

このパターンは、普段からどのように接しているかがポイント。女友達と同じような態度で接している場合は脈ありとは言えないかもしれません。


心理3. 相手の事が好きで付き合いたいから

男友達のことが好きで付き合うことができたら!という好意を持って、女性から恋人繋ぎをするというケースももちろんあります。

思い切って恋人繋ぎをすることで二人の距離を縮めて恋人になれるように、と勇気を持って行動に出るという女性も。

いつもとは違う態度で恋人繋ぎをしてきたら、好意を持っている合図かもしれません。

気になっている女友達からされたら、あなたも応えてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】はこちら▽


女性の場合、親友や友達と恋人繋ぎをする人もいる

女性の場合は、恋人繋ぎをするのは異性とだけ!というわけではありません。

まれに仲の良い女友達同士で恋人繋ぎをする場合も。

親近感が持てて、仲の良いということをお互いが認識することができます。

また、SNS映えをする写真を撮影する時に友達同士で恋人繋ぎをする場合もあり、男性よりも恋人繋ぎを身近に感じているようです。


手の繋ぐのに最適なタイミングとは?

気になる異性や恋人と恋人繋ぎをしたい!と思った時は、手を繋ぐタイミングがポイントです。

もしかしたら、ここぞというタイミングを見逃してしまっているかもしれませんよ。

そこで、ここからは恋人繋ぎをする最適なタイミングを選りすぐってご紹介します。


タイミング1. 人混みなど、はぐれそうなシチュエーションの時

ナチュラルに相手の手を握るには、人混みやイベントなどではぐれてしまいそうな時を狙いましょう。

やり方としてはアミューズメントパークやショッピングなど人は多い場所で、このままでははぐれてしまう!というタイミングで相手の手を掴みます。

一度手を掴んでし前ば、そこから恋人繋ぎをすればOK!

「どのタイミングで女性の手に触れたら良いの分からない」という場合には、あえて人混みを選んでデートを計画してみるのも一つの手段ですよ。


タイミング2. 男性は車を降りるタイミングで手を差し伸べると紳士的

日頃から運転をしておりデートのときには車を出すことが多い場合には、車を降りるタイミングも狙い目です。

先に自分が車から降りて助手席のドアを開けます。そのときに、手を差し伸べてそのまま恋人繋ぎに持っていきます。

これが難しい場合には「荷物持とうか?」などと言って、相手の荷物を持つときに手を握ることができればベスト!

車の乗り降りのシーンはさり気なく手を差し伸べることができるため、恋人繋ぎに持っていきやすいですよ。


タイミング3. 歩いていて手が自然と触れてしまった時

二人で並んで歩いている時に自然と距離が縮まり、手と手が触れ合った時には恋人繋ぎをするチャンスです。

手と手が触れ合う距離感で歩いているならさり気なく手を握り、そのまま恋人繋ぎに持っていくことができます。

この流れはムードが大切なので、夕暮れ時や夜、夜景が見える場所など、女性がドキッとしてしまうようなシュチエーションを選ぶと良いでしょう。

上手くいけば二人の思い出に残るワンシーンとなるはずです。


タイミング4.【冬限定】相手が寒そうに手をさすっている時

寒い季節のみ使えるテクニックと言えば、彼女が寒そうに手をこすっている時。

「寒いの?」と言って彼女の手の上に自分の手を乗せたり、そのまま手を握って恋人繋ぎをしたりと様々なテクニックが使えます。

わざとらしくなく彼女の手に触れることができますよ。

寒い季節は人肌が恋しくなるもの。イルミネーションや野外イベントなど、あえて手元を温めたくなるイベントに誘ってみるのもおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


恋人繋ぎをする際の悩みとは

お互いの温もりを感じられる恋人繋ぎ。しかし、恋人繋ぎをする時ならではの悩みがあります。

最後に、恋人繋ぎをする時に気になってしまう悩みをまとめてご紹介します。

共感できるポイントがきっと見つかるはずですよ。


1. 男女問わず気になるのが「手汗」

密着度の高い恋人繋ぎはずっと繋いでいると、どうしても汗ばんできます。

気になる相手や好きな相手なら尚更、どうしようと焦ってしまいますよね。

このような場合は、事前にハンドクリームや制汗クリームなどで対策をしておくことがおすすめ。

ハンドクリームなどを塗っておけば、べたついても良い香りに。

または、トイレに行くなどと言って一度手を離して汗を拭き取って手を繋ぎ直すことも良いでしょう。


2. 男性に多く見受けられる女性のネイルが痛い問題

恋人繋ぎする時に男性が気になってしまうのが、女性のネイルが当たって痛いという問題です。

特に、爪が伸びている場合やネイルをしている場合には手の甲に当たり、長時間握っていると痛くなることも。

それを指摘し合える関係性になるまでは時間もかかるので、最初は我慢をしている男性が多いようです。

それでも、あまりにも痛い場合は遠慮しないで素直に伝えることも大切ですよ。


3. 人前でするのは恥ずかして気が引ける

男性の中には、人前で恋人繋ぎや腕を組むなどイチャイチャすることが苦手という人も多いです。

誰が見ているか分からない場所で手を繋ぐことに抵抗があるという気持ちがあり、できるなら恋人繋ぎをすることを避けたいという場合も。

このような時は、無理に彼女に合わせる必要はありません。

「人前で手を繋ぐのは恥ずかしいんだよね」などと説明をすれば分かってくれるはずですよ。


4. あまり強く握りすぎると手が痛い

大好きな相手だからと言ってあまりにもギュッと握ると、どんどん手が痛くなってきます。

特に、恋人繋ぎは指と指がしっかりと絡み合うため、どちらが力を入れすぎてしまうと指の付け根が痛くなることも

そのまま無理に恋人繋ぎを続けると苦痛になってしまうので、タイミングを見計らって一度離すことをおすすめします。

握り直すことで力加減を調整し直すこともできますよ。どうしても痛い!と思った時には、試してみてくださいね。


5. 一度握ると手を離すタイミングを見失いがち

意外にも多い悩みが「一度恋人繋ぎをしてしまうと、いつ離せば良いのか分からない」です。

繋ぐタイミングも難しいですが、離すタイミングも同じくらい難しいですよね。

手に汗をかいてきたりこれ以上握っているのは辛いと感じたりしたら、トイレや電話を言い訳に一度手を離さなくてはいけないシュチエーションを作ることも一つの手段です。

戻って来たら改めて握り直せば、違和感なく一度中断ができます。


恋人繋ぎは二人の距離を近づけるチャンス!

今回は、恋人繋ぎのやり方や恋人繋ぎをする男性と女性の心理、そして恋人繋ぎをしやすいシュチエーションなどをまとめてご紹介しました。

恋人繋ぎは腕を組むよりもやりやすく。二人の密着度を高められる手の繋ぎ方です。

好きな人とならいつでも温もりや安心感を感じていたいもの。恋人繋ぎができるシュチエーションを生かしながら、ぜひ恋人繋ぎにチャレンジしてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事