ムカつく人への上手な対処法│イライラを抑えて心を落ち着かせる方法とは

職場の上司や先輩、部下など、ついイライラしてしまうようなムカつく人っていますよね。今回は、ムカつく人への上手な対処法を10個お教えします。さらに、どんなにムカついても絶対にしてはいけない5つの対応もレクチャー。ムカつく心を落ち着かせる方法を学んで、イライラする心を鎮めてくださいね。

ムカつく人っていますよね。

ムカつく人の特徴

身近にムカつく人がいるとイライラして気分が悪くなりませんか?

会社関係や恋人同士、親戚関係など、ムカついても逃げられない人間関係があるから余計悩みますよね。

そこで今回は、ムカついても感情的にならずに済む上手な対処法や、絶対にしてはいけない対応、さらに、ムカつく相手をコントロールする方法まで伝授します。

ムカついた心を平常心に取り戻す方法も紹介しているので、ムカつく人に悩んでいるならぜひチェックしてみて!


ついイライラしてしまう。ムカつく時って具体的にどんな瞬間?

いらいらの女性

ついイラッとしてムカつきやすくなってしまう瞬間がどんなものかを事前に知っていれば、いざそんなシーンに遭遇してもハッとしてすぐに冷静さを取り戻せるかもしれません。

習慣的についムカっときてしまう人や、ふとした瞬間にイライラしてしまう人は、今後に備えるためにも一応チェックしてみましょう。


1. 職場の上司や先輩から理不尽に怒られた時

こちらに何の落ち度や思い当たるふしも全くないのに、会社で職場の上司や先輩から理不尽に怒られたら、それは誰だってムカつきます。しかも相手の言っていることがまったく意味が通らなかったらなおさらです。

勘違いであればお互い話し合って誤解の解消もできますが、相手が理由もなくただ怒っているだけだと、無駄に時間とエネルギーを消費するだけ。非常に非生産的で二重に疲れることに…。


2. 彼氏や彼女、友人などに上から目線で物を言われた時

付き合っている彼氏や彼女が時折見せる上から目線での言動や、友人でもマウンティングする発言が多いと、非常にムカついて距離を置きたくなります。

特に理由もなく偉そうにしていて、自分が何をするにもとにかく否定的。自分はともかくとして、遊びに行った先の店員さんにも強く当たられたりするのを見るとウンザリします。

他人だから多少価値観の違いはあるけれど、けなされたり見下されるのはムカつきますよね。


ただし、相手があなたを思っての指摘なら素直に受け入れる

ただし、上から目線での発言が多いのではなく、ふとある時に彼氏や彼女、友人から言葉を投げかけられた場合はまた違ってくるでしょう。

上から目線といえど、自分が気づかない何かに気づいて改善して欲しかったり、もっといい方法があるとアドバイスしてくれているのかもしれません。

自分のことを思ってくれて、至らない点やいい方法があることを指摘してくれているであれば、素直に受け入れたほうがいいでしょう。


3. 自分より優れた人を見て、悔しいと感じる時

悔しい女性

負けず嫌いの人は自分が人に負けたと思うと非常に悔しくて、我慢できずムカついてしまうという人が多いでしょう。同じ仕事なのにこちらが必死に努力しても業績に差がついたり、優秀な人は人気で引くてあまたでいつも華やか。

それに引き換え、自分は努力して結果を多少残せても注目してもらえずさみしくなったり、優秀な人が周りにチヤホヤされているのを見るとムカついてしまう。諦めてしまってそんな感情や向上心すら失うよりマシですが辛いですよね。


4. 職場の部下や後輩がきちんと話を聞いてくれない時

会社で業務上大事なことや、仕事を進める上で必要な生活態度など、管理上職場の部下や後輩に注意しなくてはならない場面、場合によっては損な憎まれ役になってしまうことがあるかもしれません。

諭される側の部下や後輩は内容の重要性をわかろうとせず、話を聞き流したり聞いているフリをするから非常にムカつきます。結果的に凡ミスしたり肝心な点で抜け落ちていたりと、こちらがフォローしなくてはならない羽目になり二重に疲れてしまいます。


5. 仕事やプライベートに限らず、約束や予定を破られた時

相手の都合があるからと、自分の時間を空けて予定を入れたのに、すっぽかされたりドタキャンされたりしたらムッとしてしまうでしょう。また、あらかじめ約束していたことをさしたる理由もなく反故にされたり、破られたら、さすがにムカつきを超えて怒りがわいてきます。

約束や予定を破られると、『自分がわざわざ時間と手間をかけたのに』という悔しさや残念な気持ちに一瞬とらわれて、次にムカついたり怒りの感情におちいることになります。


6. 仕事でミスをしてしまい、自分の不甲斐なさに腹が立つ時

仕事でミスした女性

会社の仕事でミスをしてしまい、自分の部署や上司、お客様に迷惑をかけてしまったとき、その場はリカバリーに忙しくても、ふと気づいたら自己嫌悪してムカついてしまった。自分の不甲斐なさと、今起こっている状態に困りつつも、イライラしていることがあります。

本当は感情的もしくは感傷的にそんな状態に浸っている場合ではないのに、図らずも起こした状況や迷惑にとらわれて抜け出せなくなってしまうことがあります。


身近にいるムカつく人への上手な対処法や接し方

むかつく人への対処法

身近なムカつく人への上手な対処法や接し方を紹介します。自分のなかで気持ちをおさめる方法と、ムカつく人にどう対応するべきかの両面にわたり解説します。ムカつく感情にとらわれない方法をここで見つけて、穏やかに過ごせるようにしていきましょう。


1. 価値観や性格が合わない場合は、仕事で支障が出ない程度の距離を保つ

世の中にはどうしても歩み寄れない価値観を持っている人や、自分と相性が合わない人がいることがあります。やむを得ず会社で価値観や性格の合わない人といなくてはならない場合は、仕事を進める上で支障が出ない程度に距離を置いて過ごすとよいでしょう。

ムカつく人がいるにせよ、仕事はしなくてはなりませんから、業務進行のプロセスにその人がいるなら、プロセス進行に影響がないような関係性は維持します。適切な距離を保つことで、相手の良いところを上手に使ったりすることもできるでしょう。


2. 「この人心に余裕が無いんだな」と、相手が小さい子供だと思って接してみる

完全にプライベートだけの関係にある人であれば、関係を見直したり、冷却期間を設けたり、関係を絶ってしまうこともできるでしょう。仕事や学校、ご近所さんや親戚など、人間関係を自由に決められない場合は相手に対して何らかの対応をしなくてはなりません。

『大人なのに心に余裕がないからこんなムカつく態度を取る人なんだ』と受け止めて、小さな子供に対するように忍耐強く相手に接するのも1つの方法です。


ただし、見下した態度が伝わると逆上する恐れもあるので注意する

こちらが忍耐強く心に余裕を持ちつつ接しようとしても、やはりムカつく気持ちが先行して、見下したくなる気持ちが生まれることもあるかもしれません。そんな気持ちが言動の端々に表れて伝わってしまうと、相手の逆鱗に触れて逆上される恐れもあるので注意しましょう。

バカにされていると相手に受け取られたら、関係を悪化させまいとしている努力が水の泡。こちらもさらにムカつく羽目におちいります。


3. 人は人、自分は自分と相手と自分の違いをしっかりと受け入れる

受け入れる女性

世間にはいろいろな人がいます。常識とされることでも、知識がなかったり苦手だったりして、その人の価値観で受け入れがたいとしてできない人もいます。体質でどうしてもできなかったり、家族などがいて環境が整わなかったり…。

ただただ今の状況を見てムカついているのではなく、どういう事情でそうなっているのかを知り、自他の違いを受け入れてみると、ムカつく気持ちをいくらか整理できるのではないでしょうか。


4. 頭ごなしに否定してくる人は、適当に相槌を打ちながら話半分で聞き流す

こちらの指摘や意見を受け入れたりせず、頭ごなしに否定してくる人、こちらから歩み寄ろうとしても話し合いをする余地がない人は、相手にするだけ時間の無駄になることが多いです。

相手が話してくることに深入りせず、適当に相槌を打ちながら聞くふりをするのがコツです。話をさせるだけさせて、相手に満足してもらって会話を終わらせるのです。聞き流しておけば反論や軋轢を生まず、その分時間を多く浪費せずに済みます。


5. 上司から指摘や注意をされた時は、自分の伸びしろだと思って素直に聞き入れる

会社の上司から指摘や注意をされたときは、いっときは「偉そうに、こちらの事情も知らないで」と思ってムカついたり反発する気持ちが生まれることがあります。

上司はたとえ現場に詳しくなくても一緒に仕事をする仲間です。そもそも他人から何らかのアドバイスを受けられるのは貴重な機会でもあります。

仕事の進め方に相手が不安を感じていたり不満足だったら、それを解消するのも仕事。ある意味自分の幅を広げてくれると思って素直に話を聞き、成長の糧としてみましょう。


感情的に意見をぶつけられた時は、真に受けずに聞き流すのがベター

上司からの話ぶりが事実に即していなかったり、感情的な指摘で平行線をたどりそうだと察知したら、こじらせても意味がないのでムカつく気持ちをいったん切り替えましょう。

相手にどんな事情があるかはわかりませんが、業務に影響を出さないようにするのが第一。今後の関係性を考えるならば、相手が論理的でなく感情的に話を進めてくるなら、真に受けずに聞き流しておいたほうがベターです。


6. 「自分はこうならないようにしよう」と反面教師にする

学ぶ女性

ムカつく人に会ったら、相手を観察して自分の糧にするというやり過ごし方もあるでしょう。

相手にムカつく態度を取られることで、他人に同じを思いをさせないように気をつけたり、自分を洗練するための反面教師とすればいくらか冷静にいられるかもしれません。

今対峙している人と似たような人に今後会っても、同じ轍を踏まぬようにしたり、今よりもうまく対処できるようになるはずです。


7. 何でも言い合える仲の相手なら、素直に意見を述べてみる

何でも言い合える仲の良い友人や同僚から、ちょっとムッとなるようなことをされたら、事が事だけに気を使いつつ素直に指摘してみてはどうでしょうか。

「こんなことを言うと、仲良くしているのに嫌われて疎遠にされるのではないか」と遠慮するより、お互いの仲を発展的にするための小さなハードルととらえて解決に向けたほうがよいはず。

決定的な決裂になるような違和感や相違点だったら、躊躇などしなくてもすぐに縁が切れるはずですから。


8. ムカつく態度は表に出さず、常に冷静でいることを心がける

ムカつくからと態度をすぐ顔や態度に出したりすると、それがトリガーになってさらにムカつく事象を招くこともあります。そもそも男性でも女性でも大の大人がイライラしている様子はみっともないです。

相手にも自分が感情的になっていることが悟られると、場合によっては感情を煽る言動に移ったり、ムカつく行為を長引かせかねません。内面の感情は表に出さず、常に冷静でいられるよう心がけましょう。


顔に出やすい人は、なるべく相手の顔を見ないようにする

どうしても内面の感情や体調の快・不快が顔に出やすい人は、相手にも当然バレてしまいます。相手の態度や言動でムカついているのに、自分がムカついて不快だと感じていることを相手が察知して反応を見るのも相当ストレスです。

感情が顔に出るのがどうしようもなければ、なるべく相手の顔や反応を見ないようにして、ムカつくという感情にとらわれる時間を長引かせないようにしましょう。


9. 同じ職場でも深く関わる必要がないなら、思い切って無視してみる

無視をする女性

同じ会社の人でも、違う部署にいる人など業務上深く関わる必要のない人なら、あえて思い切って無視してみるのはどうでしょうか。

あまり関係ない部署の人であれば、相手を無視することで自分のほうに寄ってこなくなるのでは?

少し子供っぽいかもしれませんが、相手がこちらの反応を面白がるタイプの場合はこちらが反応をしないことで自分に対する興味関心が薄れていくかもしれません。


10. 聞き役に徹して、相手が気が済むまで話させる

相手が自分にムカつく言動をするのは、人と関わりたいという意思表示の1つの場合もあります。された相手はいい気持ちはしませんが、自分のことを誇示したかったり、人に当たって気分を鎮めたかったりなどです。

そんな場合は相手に論理的に指摘したり言い返すのではなく、聞き役にひたすら徹して気が済むまで話をさせて相手になってあげるという方法で、ムカつくことを回避したり時間の浪費を最小限にすることも可能です。


腹立つのは分かるけど避けたい。ムカつく人へのNGな対処法

むかついている女性

ムカついて腹立つからと感情的に反応しては、状況が沈静化するどころか悪化することが簡単に予想できます。ムカつく人への対応でNGとなるのはどんな方法でしょうか。

相手に対する反応のほか、自分に対する扱いに関しても回避したい行動を解説していきます。


1. 不機嫌な態度を全面にだして無視したり、威圧的な対応をしない

相手が何かしてきても、それに対してすぐ不機嫌な態度を出して無視を決め込んだり、自分を守るためかもしれませんが、高圧的な態度を取って相手をハナから拒否するような態度はいただけません。

関係をすぐに切れる状態ならすぐに切ってしまえばいいことです。仕事や血縁地縁などで関係性をある程度維持しなくてはならない関係や場、地位にあるなら、全面的な対立や関係の遮断は避けておくのが得策です。


2. 腹いせに仕返しや復讐をしようとする

ムカつくからと相手にやり返したり、されたことを根にもって復讐をしようとするのはもってのほか。トラブルになり、自分の身に大きな災厄となって降りかかりかねません。

相手が嫌がることをすることで、相手がこちらを何とも思っていなかったかもしれないのに余計な火種をつくることになったり、意図してムカつく言動していたのであれば、向こうの土俵に乗ってしまうことになります。

仕返しは仕返しを生んだり、将来に禍根を残しかねません。そのようなことにエネルギーや時間をかけるのは人生の浪費です。


3. 自分がダメなんだと自暴自棄にならない

自暴自棄の女性

どんなに自分がムカつく相手への対処法や接し方を工夫したり、起き上がる感情をグッと我慢しても、執拗にムカつくことが続くと悪い考えが頭をもたげてくることがあります。

相手に対する悪感情がわき上がってくることもそうですが、内省タイプの人はこの状態を変えられない自分がダメだと感じ自暴自棄になったり捨て鉢な気分になることも。

無理に自分を責めてストレスを増幅させてもためになりません。ほどほどにして普段の生活に戻りましょう。


4. どんなにムカつく相手でも手を出すのは絶対NG!

男性であろうと女性であろうと、ムカつくといっても手を出してはNGです。相手がしてきたことがどんなにひどいことであっても、暴力のほうが相手に勝る悪い行いになるからです。

仮に手を出すより悪いことを相手にされそう、もしくはされた場合は、かなりひどい状況なので何があっても速攻縁を切るべきです。

暴力で支配しようとしたりされたりしていても、いずれは明るみになります。それを容認していては未来はありません。


5. 相手にキレたり、感情的になりすぎない

相手の言動や態度にムカつくを通り越して怒り心頭になり、キレたり感情的になって相手に突っかかったりするのも、気持ちはわかりますがその後のことを考えると非常にマズイ状況になります。

ムカつく相手に対しては必要最小限のエネルギーと時間の消費で済むように、業務に無関係なことは知らないふりをしたり、話を合わせたりせず聞き流し、できるだけ相手のことを気にしないようにするのが一番です。


被害を最小限に抑える!ムカつく人を上手にコントロールする方法

むかつくひとをコントロールする女性

ムカつく人を努力で自分の思う通りにコントロールする方法もなくはないです。しかし、正攻法だと相当努力をして自分を成長させる必要があったりかなり難度が高くなります。

変化球的に相手に会わせていく方法や現実的な自己防衛法までいくつかの方法を紹介しましょう。


1. 自分と合わない人に突っかかる人は、同調して自分のことを好いてもらう

比較的若い人やそれほど複雑でない性格の人で、自分と価値観が合わないと反感を持っていたり突っかかってくる人の場合に使える方法です。

こちらが相手のレベルにいくらか歩み寄ったり、共通点を見出して相手と仲良くなり、ムカつく言動を相手に抑えてもらうようにします。

同じ価値観や共通の趣味などを共有していることを相手に示すことで、相手の態度を軟化させて友好的な関係性に持っていけると最高です。


2. 職場の上司や先輩がムカつくなら、圧倒的な結果を出してみる

会社の職場の上司や先輩、同僚が偉そうな態度を取ってムカつくなら、相手を見返す圧倒的な結果を出して周囲の信頼を勝ち取る方法もあります。

誰もが口を差し挟めないような圧倒的な実績を残すことで、ムカつく上司や先輩より社内で重みのある人物になって偉そうな態度を取らせないようにするのです。

ただし、会社組織は総務などの後方部門の存在を考えれば、全てが実績第一で進むわけでもありません。社風によって成功しない場合もありますので見極めが必要です。


3. 最低限の関わりしか持たないよう徹底する

関わりを断つ女性

相手に必要最小限しか付き合う気がないことを見せることで、相手に接するとっかかりを与えないようにすれば、相手もムカつく言動を次第にしなくなってくることがあります。

会社であれば、関係する業務以外の話題を話し出そうとしたら理由をつけてその場を去ったり、近所や縁戚等であれば社会通念上必要なことに絞って付き合い、それ以外のことはできるだけ断るようにといった方法です。


4. 部下や後輩に腹立つなら、自分を高めて尊敬されるような人間を目指す

自分より年下の部下や後輩の言動や態度にイラついて腹立つなら、自分を磨いて尊敬されるような人間になって、相手の自分に対する態度を変えさせることもできるでしょう。

かなりの努力を必要としますが、人格形成や価値観もそれほど定まりきってない若い人であれば、人生経験のアドバンテージもあるから通用するかもしれません。

忙しい社会人が会社以外の場で、ムカつく人たちを変えられるような人格的な飛躍を遂げる機会がそう得られるかというと難しい面はあります。


イライラとムカつく時に実践したい心を落ち着かせる方法

リラックスしている女性

職場だけではなく、彼氏や彼女との関係でイラッとしたときに、心を落ち着かせる方法を最後に紹介します。

ここでは男性でも女性でもできる今すぐ心を落ち着かす方法や、ちょっとした気晴らし、長期的な視点でムカつく気分を遠ざける方法などを解説していきますよ。


1. とにかく深呼吸して気持ちを落ち着かせる

ムカついてちょっと気分がイライラしてきたら、気分を落ち着かせるために、しばらく深呼吸をしてみましょう。深呼吸には高くなった心拍数を下げたり、緊張で活発になる交感神経の過剰な動きを落ち着かせ穏やかな気分にしてくれる効果があります。

深呼吸して酸素を体のすみずみまで行き渡らせることで、身体がリラックスし、ストレスによる心と体への影響を抑えて健やかな状態に導きます。


2. 水やコーヒーを飲んでホッと一息つく

他人の言動でイライラしたり、ムカついたら、必ず水やコーヒーを飲んで一息ついて気分を変えてみましょう。女子なら甘めのハーブティー、男性ならミルクたっぷりのコーヒーがおすすめ。

ちょっとイラッとしたらドリンクを飲むことをルーティンとして習慣づければ、自分のペースを常に保ち相手に振り回されないようになれるでしょう。ただし、周囲には悟られないようにしないと,自分の気分が筒抜けになるから逆効果です。


3. 感動系のドラマや映画を観て、思いっきり泣いてスッキリする

泣いている女性

感動系のドラマやスカッとする映画を観て、思いっきり泣いたり笑ったりすることで、普段感じているムカつきをなくす方法もあります。

感情の開放により、モヤモヤした気持ちをスッキリさせて、新しい気持ちで次の日を迎えましょう。これは精神的に溜まった疲れを一時的に開放することで、対処療法にすぎず根本原因は解決していません。

でも、精神的な疲れが溜まると何事もおっくうになりがち。フィクションでもドラマや映画で感情を開放させて、日常に向かう気力と意欲を回復させるのも大事です。


4. 友人とカラオケや飲みに行ってストレス発散をする

ストレスが溜まると心だけでなく、いずれ身体にも影響が出てきます。心身に影響が出て、常にそれが気になるのは健やかな状態とは言えません。そうなる前にストレス発散をして、心や身体への影響が出ないようにしましょう。

気の置けない友人と会ってカラオケで大きな声を出して気持ちをスッキリさせたり、飲みにいってバカ話をして笑ったり。普段の鬱屈した気持ちを解消して明日に向かいましょう。


5. 自分の好きなことや趣味に没頭してムカつく事を考えないようにする

ムカつく人と毎日顔を合わせて一緒になって過ごさなくてはならない場合、一緒にいる時間が終わってもその日の出来事が心に浮かんでイライラしてしまうことがあります。

常に悪い気分にとらわれてしまうのはよくありません。そんな気分が差しはさむ余地のないように何かに没頭する時間を設けましょう。たとえば、自分の好きなことや趣味に集中すると、日々の嫌なことや雑事を忘れられます。


6. イライラした事を紙に書きなぐってみる

いらいらしたことを書く女性

イライラした出来事に遭遇したことや、その時の自分の気持ちを紙に書きなぐることで気分をスッキリさせて気持ちを切り替えましょう。あとで読み返す必要なんてないので、ひたすら書くだけでかまいません。

書くことで特に何かを起こす必要もなく、自分の気持ちの整理をつけたり、その時は表現できなかった何かを発散させることができます。必ず書いた紙の始末はきちんとしておきましょう。


7. スポーツジムなどで体を動かして汗を流す

心と身体には密接な関わりがあると言われています。心に何らかのストレスが溜まると身体にも影響が出てくるのです。例えば、興奮で交感神経が活発になると、生理学的な作用が医学的に実証されています。

身体を動かすことで、普段ストレスで凝り固まった身体がほぐれ、普段の心の状態にも好影響を及ぼすことが考えられます。ジムなどで体を動かして汗を流せば、ストレスだらけの心もスッキリします。

男性は筋トレに走る人もいますが、水泳やランニングといったゆっくりでも身体に負荷をかけられるエクササイズがおすすめ。女子力を高めたい女性はヨガがおすすめです。


オフィスや職場の場合、ストレッチをするだけでもOK

身体を動かすことで気持ちを好転させていくには、エクササイズギアや広いスペース、まとまった時間がなくてもできます。

もちろん環境がよければ効果も大きくなりますが、オフィスや職場の限られたスペースでちょっとした時間に体を動かすだけでも気持ちをスッキリさせられます。

オフィスの椅子に座ってストレッチしたり、周囲の視線が気になるなら、外のちょっとしたスペースで固まった身体をほぐすだけと気分も変わりますよ。


ムカつく時は上手に対処して、心身共に健康に過ごしましょう。

心身ともに健康な女性

女性なら職場の同僚や彼氏、男性でも女子の言動や上司の態度にムカつくこともあるでしょう。そんなムカつく人にとらわれて、イライラして時間を過ごすなんて人生の浪費です。

ムカつく人がいる環境を脱するのがベストですが、社会人だと難しいですよね。ムカつく人に悩んでいるならこの記事内の対処法や接し方をぜひ試してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事