ダイエットに効果的な簡単ストレッチメニュー。朝/寝る前の柔軟体操とは

「細くなりたいけど筋トレや運動は苦手」という方のために、ダイエットに効果的な朝と寝る前に1分間でできるストレッチメニューを紹介します。ストレッチがもたらすダイエットの効果から、実施するタイミング、やってはいけない注意点までお届け。痩せ型体型を実現するためにも、ぜひチェックしてみて!

【朝と寝る前の1分間!】ダイエットに効果的な簡単ストレッチメニューとは?

ダイエットに効果的なストレッチメニュー

「お腹周りを少し絞りたいな…」「太ももを細くしたいけどジムには行きたくないな…」なんて考えた経験ありませんか?実は体も柔らかくできてかつ正しいタイミングと簡単にできるストレッチメニューを日頃から続けることで、ダイエットに繋げられます。自宅で簡単に出来たら嬉しいですよね。

そこで今回は「朝と寝る前の1分間で行えるダイエットに有効な簡単ストレッチメニュー」を詳しく解説していきます。たった毎日1分間続けるだけで二の腕や太ももなど痩せたい部位を絞れるお得なストレッチメニューとなっています。男性女性問わずシェイプアップしたいと考えている方は、ぜひ美容に役立ててみてください!


ストレッチにはダイエットの効果はない?

ストレッチによるダイエットの効果とは

ストレッチを始める方にとって「ストレッチは凝りをほぐすためであって、ダイエットに効果はないんじゃ…」といった疑問が特に多く挙がります。これは運動や筋トレに比べると、効果が出るのに時間がかかってしまうからです。しかし実際にはダイエット効果をもたらしているので、ご安心ください。

ストレッチでむくみなどを改善し、細い脚や二の腕を作ったりとスリムな体作りにはとても大きな役割を持ちます。しっかり正しい方法を理解して行えば、痩せやすい体質を作れるので、運動が苦手な人はぜひ取り組んでみるのがおすすめです。

では、ストレッチがダイエットに効果的と説明した後は、具体的にどのようにダイエットに関わっているのかを見ていきましょう。


ストレッチによるダイエットの効果① 基礎代謝のアップ

ストレッチは基礎代謝が上がる

痩せやすい体質作りには欠かせない「基礎代謝」。基礎代謝が高いと体を動かなくてもエネルギーを消費するため、ダイエットには必須とされます。

しかし「体の硬さは基礎代謝を低下させる要因」の一つ。筋肉が硬いと、血行が悪くなり、酸素や栄養素が筋肉に行き渡らずに滞ってしまって不要な老廃物が蓄積して基礎代謝を低下させてしまいます。

そのため普段からストレッチで体をほぐしておけば、血行を促進させ、筋肉への酸素と栄養素の供給がスムーズに行われます。それにより基礎代謝の向上させて痩せやすい体を形成するという仕組みです。


ストレッチによるダイエットの効果② 睡眠の質を高めて成長ホルモンの分泌を活性化させる

ストレッチは睡眠の質を向上させる

成長ホルモンは「脂肪を分解する最強のホルモン」。この成長ホルモンは特に睡眠中の夜10時から夜中2時頃が一番分泌されます。

寝る前に体をほぐすと、自律神経のうちの一つである副交感神経を優位にし、寝付きを良くして睡眠の質が向上します。脳がしっかり休めて、成長ホルモンの分泌を活発化し、脂肪が付きにくい脂肪が付きにくい体を作ることに繋がります。


ストレッチによるダイエットの効果③ 食欲制限

ストレッチは食欲制限につながる

過食症の原因の一つがストレスによるものと言われます。このストレスは、ストレッチによって副交感神経の働きを正常にすることで抑えることが可能です。これにより日頃の食事を制限することができます。

また「睡眠不足も食欲アップ」の原因の一つ。【②】で解説した通りストレッチには睡眠の質を高めてくれるため、睡眠不足による日中の食欲を抑えてくれるというわけです。


ストレッチによるダイエットの効果④ 凝り・むくみ・冷え性の改善による脂肪燃焼率アップ

ストレッチは、むく・凝り・冷え性を改善させる

体の凝りやむくみ、冷え性の原因は”血行不良”にあります。脂肪が付きやすい体の原因の一つが「血行不良」と言われるほど。

ストレッチを行うことで、筋肉をほぐして血流を促進する効果があります。これにより血行が改善し、脂肪が燃焼しやすい「太りにくい体質」になるという仕組みです。


寝る前が良いって聞くけど、結局ストレッチはいつ行うのがダイエットに効果的なの?

ストレッチはいく行うのがダイエットに効果的なのか?

食事前の30分以内に筋トレするといったように、ストレッチにも正しいタイミングがあります。よくストレッチした方が効果的と言われるのが「朝と夜の寝る前」です。では、なぜ朝と寝る前が望ましいのでしょうか?


ストレッチを寝る前に行うのが効果的な理由とは?

運動前にウォーミングアップで筋肉を温めているように、ストレッチも基本的に体が温まっている時に行うのが効果的。日常的に体が温まっている主なタイミングが「お風呂の後=夜の寝る前」なので、夜の寝る前にストレッチをすると良いと言われているのです。

また【ストレッチによるダイエットの効果】で解説した通り、睡眠中に分泌される成長ホルモンの働きを促進する効果や、食事制限といった効果を得られるため、体が温まっている寝る前に行うのが良いとされます。


ストレッチを朝に行うのが効果的な理由とは?

朝ストレッチは、朝から血流を促進することで、代謝を上げて日中の運動効果をアップさせる効果があります。これは筋トレだけではなく、通勤通学や仕事中、買い物など日常生活における動きに対して影響を与えます。

「痩せるために車通勤ではなく徒歩で通勤するようになった」という方は、ぜひ朝ストレッチも加えてみてくださいね。


【朝と寝る前の1分間】ダイエットに効果的な簡単ストレッチメニュー

1分間で行えるダイエットに効果的なストレッチメニュー

ストレッチによるダイエットの効果と、行うと良い適切なタイミングを解説したところで、ここからは朝と寝る前の1分でできるダイエットに効果的な簡単ストレッチメニューを紹介します。誰でも簡単に行えるので、正しい方法をマスターして気軽に取り組んでみましょう。


ダイエットに効果的に簡単ストレッチメニュー1. ゴキブリ体操(腕・お腹・太もも)

仰向けで両手と両足を上げて震えさせるゴキブリ体操

寝ながらダイエットの王道ストレッチメニュー「ゴキブリ体操」。名前の通り仰向けになって脚と腕を上げて、ぷるぷる震えさせるだけで”むくみ”や”お腹のインナーマッスルの強化”、冷え性や肩こりの改善効果が得られるストレッチです。寝起きの朝と寝る前にベッドや布団の上で行ってみましょう。


ストレッチの正しいやり方

  1. ベットや布団の上に仰向けで寝る
  2. 両手と両足を真っ直ぐにして上げる
  3. (2)の時、90度に伸ばす
  4. 両足と両手をぷるぷると小刻みに震えさせる
  5. (4)を1分間行う
  6. 終了

寝ながらゴキブリ体操は1分間が目安です。やりすぎると逆に疲れを溜めてしまうので、ゆるく行うを意識しましょう。


ストレッチのコツ

  • 両手両足を90度にするのがキツい場合は、軽く曲げる
  • 毎日行う
  • 全身の力を抜いて行う
  • お腹の力で体を支えるイメージをすると効果的

寝ながらゴキブリ体操は、両手両足をしっかり小刻みに動かすことが重要です。この動作を行わないと効果が出てこないため、必ず意識しましょう。ゴキブリ体操は簡単に行えますが、美脚効果のあるストレッチです。毎日行ってスタイルアップを図りましょう。


ダイエットに効果的に簡単ストレッチメニュー2. 寝ながらストレッチ①(お尻・お腹)

寝ながら出来るお尻のストレッチ方法

お尻を中心に綺麗なヒップラインを作ることに役立つストレッチメニュー。柔軟体操として取り入られており、お尻への効果は抜群。脚を反対側に置くため、お腹のくびれを作る手助けもしてくれます。体のシルエットを美しくするにはぜひ取り入れてほしいストレッチメニューです。


ストレッチの正しいやり方

  1. ベッドや布団の上に仰向けになる
  2. 右足で左足をまたいで、反対方向に置く
  3. 左足を浮かせないようにする
  4. 右足の膝を、地面に付ける
  5. 右足の付け根が伸びていることを意識する
  6. この状態を15秒間キープする
  7. ゆっくり戻して、左足も同じ動作を行う
  8. (1)~(7)をあと1回行う
  9. 終了

寝ながらストレッチ①は左右15秒×2回を目安に行うと効果的です。お尻だけでなく腹筋が伸びていることを意識するとより一層◎。


ストレッチのコツ

  • 呼吸を整える
  • 20秒間はしっかり筋肉を伸ばす
  • 伸ばしていない脚は固定する
  • 膝が地面に付かない場合は、できる範囲で近づける
  • 上半身は真上を向く

寝ながらストレッチ①は、上半身を真上に向けておくことが最大のコツです。体を曲げてしまうとお尻やお腹への筋肉の刺激が少なくなってしまいます。お尻とお腹のひねりを心掛けて、シュッとしたヒップとくびれウエストを手に入れましょう。

【参考動画】1分で分かるストレッチのやり方

お尻ストレッチ動画2のスクリーンショット


ダイエットに効果的に簡単ストレッチメニュー3. 寝ながらストレッチ②(太もも前部)

太もも前部(大腿四頭筋)の効果的なストレッチメニュー

太ももの前部の筋肉を伸ばせる寝ながらストレッチです。脚を曲げるだけのストレッチなので、体が硬いという男性女性にも取り組みやすいメニューです。お風呂で体を温めた後のポカポカの状態で行うと効果的です。とても気持ち良いので気軽に行ってみてください。


ストレッチの正しいやり方

  1. 布団やベッドにうつ伏せになる
  2. 右手で右足の甲を持ち、膝を曲げてかかとがお尻に近づける
  3. ゆっくりお尻に近づけていき、限界の状態で20秒間キープ
  4. ゆっくり元に戻し、左足も同じように行う
  5. 終了

寝ながらストレッチ②は左右20秒間が目安です。太ももの筋肉がしっかり伸びていることを意識るとよりストレッチが効果的です。

ストレッチのコツ

  • 呼吸を安定させる
  • 脚をしっかり曲げる
  • 力を入れずにリラックスした状態で行う

脚をしっかり曲げて、お尻に近づけることが重要です。筋肉への刺激がじわじわと効いてくるので、ぜひこのストレッチで太ももをしっかりストレッチしてみましょう。

【参考記事】太ももを中心としてストレッチを徹底解説!▽


ダイエットに効果的に簡単ストレッチメニュー4. 寝ながらストレッチ③(背中・太もも後部)

背中・太もも後部のストレッチ

太もも後部のハムストリングと呼ばれる筋肉と背筋を伸ばせる寝ながらストレッチです。太ももは全身の中でもかなり大きい部位になりますので、ぜひストレッチを行って引き締めていきましょう。


ストレッチの正しいやり方

  1. ベッドや布団の上に仰向けになる
  2. 膝を軽く曲げて立てる
  3. ゆっくり膝を胸に近づけていき、両足のつま先を両手で掴む
  4. お尻を軽く浮かせて20秒間維持する
  5. ゆっくり元の状態に戻していき、再度取り組む
  6. 終了

寝ながらストレッチ③は20秒×2回を目安に取り組みます。太もも裏と背中の筋肉をしっかり伸ばし、少し痛気持ち良いくらいがおすすめです。

ストレッチのコツ

  • 呼吸を落ち着かせる
  • 太もも裏と背中の筋肉がストレッチされていることを意識する
  • 腰を浮かせない

寝ながらストレッチ③は決して腰を浮かせないようにすること。腰を浮かせてしまうと、背中に大きな負荷がかかって腰痛の原因になる可能性があります。お尻を軽く浮かせることを意識するのがコツです。

【参考動画】ストレッチのやり方を解説▽

太もも後部ストレッチ動画1のスクリーンショット


ダイエットに効果的に簡単ストレッチメニュー5. 寝ながらストレッチ④(太ももの内側)

内太ももの効果的なストレッチメニュー

太ももの内側の筋肉を寝ながらストレッチするメニューです。寝ながらストレッチ②・③と一緒に行い、太もも全体を美しく細くシェイプアップしていきましょう。


ストレッチの正しいやり方

  1. 仰向けで寝る
  2. 右足の膝を曲げていき、左足の膝と足に裏をくっつける
  3. (2)の時、膝は体を90度になるようにする
  4. 右膝を浮かないように地面に近づける
  5. 20秒間キープ
  6. ゆっくり戻していき、左足も行う
  7. 終了

寝ながらストレッチ④の目安は両足20秒間です。余裕があれば、2回行ってみましょう。


ストレッチのコツ

  • 呼吸を落ち着かせる
  • 腰が浮かないようにする
  • 上半身の力を抜く
  • 両手に力が入らないようにする

寝ながらストレッチ④は腰を浮かさないことが大きなポイント。腰を浮かせてしまうと太もものダイエット効果が薄れてしまいます。どうしても浮いてしまう方も、なるべく腰は下げることを意識して取り組みましょう。

【参考記事】「寝ながら出来るストレッチ」を解説します


ダイエットに効果的に簡単ストレッチメニュー6. 寝ながらストレッチ⑤(腰・お尻)

寝ながらできる腰のストレッチメニュー

腰やお尻周りの筋肉をシェイプアップさせる寝ながらストレッチです。両足を抱え込む姿勢でしっかり伸ばしていきます。体がほぐれているお風呂後の寝る前に行っていきましょう。


ストレッチの正しいやり方

  1. ベッドや布団に仰向けで寝る
  2. 両足の膝を抱え込むようにする
  3. 両手で両足の膝が外れないように抱え込む
  4. 膝をゆっくりと胸に引きつけていく
  5. 引きつけた状態で20秒間維持する
  6. ゆっくり戻す
  7. 残り2回行う
  8. 終了

寝ながらストレッチ⑤の目安は20秒間×3回。痛くならない程度に膝を胸に近づけましょう。

ストレッチのコツ

  • 呼吸を安定させて行う
  • 膝を引きつける時は痛みが出ないくらいにする
  • 両手でしっかりと膝を抱え込む
  • 両足を真っ直ぐ引いていく
  • 腰が浮きそうなくらい足を上げる

寝ながらストレッチ⑤は膝をしっかり胸に引きつけるのがストレッチの大きなコツ。膝を引きつけるとその分腰が浮いてくるため、腰が浮くか浮かないかくらいのギリギリをキープすると効果的です。腰とお尻の正しいストレッチ方法を身に付けて、綺麗な曲線美を作ってみてください。

【参考記事】他にもまだまだある腰に効果的なストレッチはこちら▽

【参考動画】ストレッチのやり方を解説▽

太ももストレッチ動画3のスクリーンショット


ダイエットに効果的に簡単ストレッチメニュー7. 座って行うストレッチ①(背中・お腹)

広背筋のお手軽簡単ストレッチ

お腹や背中の筋肉を伸ばす座って行うストレッチです。ベッドや椅子、床の上など地面が柔らかい場所で行うとお尻が痛くならずに行えます。一日の疲れを取るように、寝る前に気持ち良いストレッチをしてみましょう。


ストレッチの正しいやり方

  1. 柔らかい地面の上にあぐらをかく
  2. お尻から頭まで真っ直ぐ伸ばす
  3. 左手で右手の手首を掴んで上げる
  4. (3)の時、左手の甲を内側に向ける
  5. ゆっくりと左前に倒していく
  6. 20秒間キープ
  7. 元に戻して、反対の手も行う
  8. 終了

座って行うストレッチ①は左右20秒間行うのがベスト。お腹と背中の筋肉が伸ばされているのを意識して取り組みましょう。

ストレッチのコツ

  • 呼吸は止めない
  • 20秒間は背中をしっかりと伸ばす
  • 斜め前に倒すと効果的
  • お尻は上げない

体を倒している間は背中とお腹の筋肉が刺激されていますが、倒している姿勢を崩さず固定させましょう。くびれを意識しようとお腹をひねったりすると背中への刺激が和らいだりしてしまい、効果がきちんと発揮できなくなります。背中とお腹の両方の筋肉が伸びていることを心掛けて行っていきましょう。

【参考動画】1分で分かるストレッチのやり方

広背筋ストレッチの動画のスクリーンショット

【参考記事】背中の下部を伸ばせるストレッチを解説


ダイエットに効果的に簡単ストレッチメニュー8. 座って行うストレッチ②(肩)

痩せるために必要なストレッチメニュー

ダイエットともに肩こりが気になる方に取り組んでほしいのが、肩周りの筋肉をほぐせる座って行うストレッチ②です。特にデスクワークが多い方は、ぽっちゃり体型で凝りが酷いという方が比較的多いとされます。まずはストレッチでしっかり凝りをほぐして代謝を上げて痩せやすい体質作りを行ってみてくださいね。


ストレッチの正しいやり方

痩せる筋トレに取り組む前のストレッチ

  1. ベッドや布団など柔らかい地面の上にあぐらをかく
  2. 両手を両肩の高さまで上げる
  3. 両手を真っ直ぐ前に出しながら、背中を軽く丸める
  4. (3)の時、肩から腕を伸ばすことを意識する
  5. 痛みがない程度まで伸ばしたら10秒間キープする
  6. ゆっくりと上体を起こしいき、両手を後ろで組んで肩甲骨を寄せる
  7. 10秒間キープする
  8. ゆっくり戻してもう一度取り組む
  9. 終了

座って行うストレッチ②は前後10秒間×2回を目安にすると効果的です。正しく行うと肩周りの筋肉がじわじわと温まってくるので、寝る前や朝のリラックスタイムに行ってみてください。

ストレッチのコツ

  • ゆっくりと呼吸する
  • 手を伸ばすときは痛みが出ない程度にする
  • 背中は丸めすぎない
  • 上体を起こす時はゆっくり
  • 肩甲骨を寄せる場合、顔は斜め上を向くと効果的

座って行うストレッチ②は、肩甲骨周りの筋肉が刺激されていることをイメージしましょう。両手を伸ばすだけではなく、肩甲骨の筋肉をしっかり使うことで、シュッとした肩周りを作ることが可能です。着たい服をスマートに着こなすには肩も意識!

【参考動画】ストレッチのやり方を動画で解説▽

肩甲骨ストレッチの動画のスクリーンショット

【参考記事】その他の肩甲骨ストレッチはこちらを参考にしてみて▽


ダイエットに効果的に簡単ストレッチメニュー9. 背伸びストレッチ(お腹・腰・肩)

腹筋と腰の筋肉を伸ばせるストレッチメニュー

腹筋を重点的にストレッチできる背伸びストレッチメニューです。座ってもできますが、立った方が腹筋へ強い刺激を与えることができ、より一層スリムなお腹周りに仕上がります。筋トレでお腹を鍛えている人にとっては、シックスパックに欠かせないストレッチです。細く美しい腹筋を手に入れるためにも、ぜひ取り入れてくださいね。


ストレッチの正しいやり方

  1. 足を肩幅くらい開いて真っ直ぐに立つ
  2. 指と指を絡ませて両手を繋ぐ
  3. 両手を真っ直ぐ上げていき、手のひらを返す
  4. 強く押し上げる
  5. (4)の時、腕を耳に近づけて7秒間キープ
  6. ゆっくり戻す
  7. (1)~(6)を5回繰り返す
  8. 終了

背伸びストレッチは7秒×5回を目安に行うのがおすすめ。腕を上げると同時にお腹を凹ませると、より腹筋のダイエット効果が得られます。


ストレッチのコツ

  • 顎を下げずに、ストレッチ中は前を向く
  • 呼吸を整える
  • 両腕を同等の力で伸ばしていく
  • 腕を上げる時にお腹を凹ませる

このストレッチのコツは、腕を力強く空に上げること。押し上げるようにすることで、肩こり解消に大きく貢献してくれます。血行を良くして、脂肪が付きにくい痩せ型ボディーを作りましょう。


ダイエットに効果的に簡単ストレッチメニュー10. 立って行う全身ストレッチ(肩・胸・腰・太もも・ふくらはぎ)

胸の筋肉を伸ばせる効果的なストレッチメニュー

胸や腰、ふくらはぎなど上半身と下半身を一気にストレッチできる「全身ストレッチ」です。寝る前であれば全身の筋肉をほぐして熟睡に、朝であれば眠気を覚まして気持ちの良い朝を迎えられるでしょう。


ストレッチの正しいやり方

  1. 肩幅よりも気持ち広めに脚を開く
  2. 足先を真っ直ぐに揃える
  3. 両手を後ろで組む
  4. 背中は丸めずに、腰からゆっくり体を倒していく
  5. 上半身が地面と90度くらいになったら、その状態を20秒間キープする
  6. ゆっくり戻していき、あと1回取り組む
  7. 終了

全身ストレッチは20秒×2回。全身の筋肉を伸ばしていくことで、全体的にバランスの良い体作りが行えます。


ストレッチのコツ

  • ゆっくり呼吸する
  • 体は痛みが出ない程度に倒す
  • 背中は曲げずに腰を折るようにして倒していく
  • 倒した状態で、両手を左右に振ると効果的
  • ゆっくりと上体を起こしていく

このストレッチは背中を丸めないことが重要です。背中を丸めるようにしてしまうと、胸筋をストレッチできなくなってしまいます。全身ストレッチを効果的にするためにも、ぜひ正しい方法とコツを押さえて丁寧に取り組みましょう。


ストレッチで行ってはいけない注意点とは?

ストレッチで行ってはいけない注意点

ダイエットに良いストレッチと言えど、覚えておくべき注意点があります。それをしっかり押さえて、効率的にストレッチを取り組んでいきましょう。


ストレッチで行ってはいけない注意点① 反動を付けない

ストレッチ初心者が最もやってしまいがちなのが「反動を付ける」ことです。反動を付けてしまうと、筋肉に伸びが伝わらないどころか、最悪の場合腰痛などのリスクに繋がります

ストレッチはじわじわと筋肉を刺激することが大前提です。決して反動を付けないで、ゆっくりと行ってください。


ストレッチで行ってはいけない注意点② やりすぎは痛みの原因になる

ダイエットに効くからと言って、やりすぎるのはNGです。ハードにストレッチしてしまうと、体を痛めてしまう危険性があります。そうなると血流を逆に悪くし、ストレスや睡眠不足に繋がってしまう恐れも…。

各ストレッチメニューの回数と秒数をしっかり守って、ストレッチに励んでくださいね。万が一痛みが出てしまった場合は、その間はストレッチをやめて安静にしておきましょう


毎日のストレッチでダイエットへの一歩を踏み出そう

毎日のストレッチでダイエットにつながる

ダイエットに効果的なストレッチを徹底解説してきました。痩せたいけど運動や筋トレは苦手という方は、まずはストレッチから。その行動が、スマートでかっこいい&美しい体を作る第一歩になります。

本記事で紹介したストレッチマニュアルを日頃から取り組んで、健康的できれいな体を作っていきましょう。


【参考記事】太ももが痩せるメニューを行って美脚をサイズダウンを目指そう!▽

【参考記事】短期間で痩せるなら筋トレが最適!

【参考記事】ダイエットに行き詰まったら話題の”チートデイ”を行ってみて▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事