寝ながらできるお尻痩せメニュー|美しい小尻を作る効果的なダイエット方法とは?

今回は、楽にお尻痩せしたいという女性へ、寝ながらできる簡単で効果的な小尻トレーニングメニューを詳しく解説します。お尻を小さくするためにはお尻の脂肪をとり、筋肉を上手に付けていかなければ鳴りません。正しいトレーニング方法をマスターして、美しい小尻を手に入れましょう!

寝ながらでもおしり痩せはできる|改善すべき原因とは?

寝ながらできるおしり痩せトレーニング

寝ながら簡単におしり痩せができる方法ないかな、と思ったことはありませんか? おしりを痩せるには、まずなぜ太っているかを知ることが大事です。

おしりが太る主な原因は以下。

  • 骨盤が歪んでいる
  • 運動不足で脂肪が蓄積している
  • 血流が悪く、むくんでいる

これらの点を改善することで、おしり痩せは可能ですので、ぜひ取り組んでいきましょう。


寝ながらできるおしり痩せメニュー|短期間で小尻を作る方法とは?

ここでは、寝ながらできるおしり痩せメニューを紹介していきます。

おしりのどの部分に効果があるか知っていると、より効果的におしりに効かせられることができるので、トレーニングの際は効いている部分を意識しながら行うようにしましょう。


寝ながらできるおしり痩せメニュー1. 寝ながらできるおしりのストレッチ

寝ながらできるおしり痩せストレッチ

こちらのストレッチでは、おしりの中臀筋や骨盤の外側から股関節にある大腿筋膜張筋を伸ばすことができます

中臀筋と大腿筋膜張筋は骨盤を安定させ、股関節の運動に関係する筋肉なので、ストレッチすることでおしりから太ももにかけての外側のハリの解消が可能。

日頃デスクワークなどで下半身に負荷がかかっている状態にある方はしっかりと取り組みましょう。


寝ながらできるおしり痩せメニュー2. 寝ながらハミ肉を撃退できるトレーニング

寝ながらできるおしり痩せトレーニング

こちらのトレーニングでは、おしりの中臀筋と太ももの前の大腿四頭筋を伸ばせます。

太ももを引き締めることで、太ももにつながっているおしりにも効果的なので、おしり痩せと太もも痩せが同時に可能です。太ももが地面ついていないと効果が薄れてしまうので、意識して取り組みましょう。


寝ながらできるおしり痩せメニュー3. 寝ながらできる筋トレ"アブダクション"

寝ながらできる筋トレ|アダクション

こちらのトレーニングでは、おしりの中臀筋と小臀筋を鍛えられます。おしりが引き締まり、横から見たときの骨盤からヒップラインまでを綺麗に見せることが可能。

トレーニングに慣れてきたらチューブを使って取り組むとより負荷をかけられますよ。


寝ながらできるおしり痩せメニュー4. テニスボールで簡単おしりほぐし

中臀筋の効果的なストレッチメニュー|テニスボールを使ったストレッチ

運動が苦手な方でも簡単に取り組めるのがテニスボールでのこりほぐしです。こっている部分に集中的に当てることができるので、ストレッチや筋トレでおしりへの効かせ方があまりわからない人にもおすすめ。

こりをほぐすだけで、老廃物が排出されむくみが解消されるだけではなく、血流が良くなり柔軟性も高まるのでトレーニングのパフォーマンスも向上しますよ。


おしり痩せする際の注意点|短期間でヒップアップする方法とは?

ここでは、おしり痩せをするときの注意点を紹介していきます。

せっかくトレーニングでおしり痩せを頑張っていても、やってはいけないことにも気を遣わないとおしり痩せの効果があまり見られません。

おしり痩せをしたい人が気をつけるべき注意点をまとめましたので、しっかりと読んでいきましょう。


1. 骨盤の歪みを防ぐために姿勢正しく生活する

おしり痩せする際の注意点1

姿勢が悪く骨盤が歪んでしまうと、おしりが大きくなる原因に。トレーニング以外でも姿勢を正しくすることを意識しましょう。

歩き方・座り方・立ち方に共通して言えることは常に背筋と腹筋に力を入れて背筋をピンと張った状態でいること

歩いているとき、立っているときは片方の脚だけに体重を乗せないように、座っているときは脚をくまないように気をつけていきましょう。


2. 脂肪蓄積しないよう食事にも気を遣う

おしり痩せする際の注意点2

食事はトレーニングと同じくらい大事な要素。いくらトレーニングを頑張っていても食事に気を遣えないとおしり痩せの効果はありません。

食事では以下の2点を意識すること。

  • 炭水化物・たんぱく質・脂質をバランス良く摂ること
  • 低脂質高たんぱくの食事をする

痩せるために炭水化物を一切摂らない方がいいのではないかと思っている方もいますが、炭水化物は身体を動かすエネルギーとして大事な栄養素です

炭水化物(糖質)が不足していると、筋肉を分解してエネルギーにしてしまうため、それに比例して自然とカロリーを消費してくれる基礎代謝量も減ってしまいます。

筋肉をつくるためにも、バランスの良い食事をして、筋肉の元となるたんぱく質もしっかり摂るようにしていきましょう。


3. 痩せやすい体にするために、体を冷やさないようにする

おしり痩せする際の注意点3

体が冷えると血液やリンパの流れが悪くなり、自然とカロリーを消費してくれる基礎代謝が悪くなるので脂肪がつきやすくなります

体を温めるには、湯船に使ったり、生姜などの体を温める食べ物を摂ったりするのがおすすめです。

体温が1度上がると基礎代謝が12%も上がると言われているので、普段から体を冷やさないで温めるようにしていきましょう。


楽におしり痩せしたいなら、寝ながらトレーニングに取り組もう!

今回は、おしり痩せを寝ながらするトレーニングと、おしり痩せをする際の注意点を紹介しました。

寝ながらでも毎日続けることで、効果を実感することができるので、継続して引き締まった綺麗なおしりを手に入れましょう。

【参考記事】おしり痩せに効果的なダイエットメニューとは?

【参考記事】即効でおしり痩せできるトレーニング方法とは?

【参考記事】筋トレで健康的に痩せる期間とは?

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ