階段ダイエットの効果とは?|痩せやすい体質を作る正しいやり方も解説!

階段ダイエットの効果を知りたい方へ。本記事では、階段昇降をすることで消費できるカロリーから、階段ダイエットの効果やメリットまで大公開!痩せる体を作るコツも紹介していますので、気になった方はぜひ取り入れてみてください!

階段ダイエットって効果あるの?

階段ダイエットって効果あるの

ぽっこりお腹やぷよぷよな太ももを引き締めるなら、階段ダイエットがおすすめとされています。でも「本当に痩せるの?」と思いませんか。

実は、エスカレーターなどの使用時と比べて、階段は消費カロリーは多くなります。つまり、「階段昇降には痩せる効果がある」と言えるでしょう。

とは言え、体重50kgの人が階段100段登った時の消費カロリーは10cal程度なので、そこまでダイエット効果が高いわけではないのも事実。

コツコツと小さな積み重ねこそがダイエット成功の秘訣になりますよ。


階段ダイエットが効果的な理由|どうして階段を使った方が良いの?

階段ダイエットが効果的な理由|どうして階段を使った方が良いの

「階段を使うだけで本当に痩せるの?」といった疑問が浮かぶ方は多いかもしれません。ただし階段ダイエットが効果的といわれるには理由があります。

階段がダイエットに効果的な理由。を解説していきます。


階段がダイエットに効果的な理由1. 基礎代謝が向上し、痩せやすい体になる

基礎代謝が向上し、痩せやすい体になる

筋肉量の低下は基礎代謝が落ちる原因の一つ。その解決方法の一つが、日常生活で簡単に実践できる階段ダイエットになります。

階段の上り下りは脂肪を燃焼する効果があるとともに、筋肉を鍛える効果もあります。

階段昇降による負荷を掛けることで脂肪が消費・燃焼が促進され、そして筋肉が鍛えられて基礎代謝もアップして、痩せやすい体質ができあがるのです。


階段がダイエットに効果的な理由2. 冷え性の改善が期待できる

お腹や下半身の冷え性に悩まされがちな女性にも効果的。冷え性は筋肉が少なく血流が滞るために起きる現象のこと。

日常的な階段での上り下りは筋肉量の増加につながるため、足先などから心臓への血液の流れがスムーズになるのです。

また、運動で代謝が活発になると体温が上昇して血管が広がります。

そうなると体の隅々まで温かい血液が流れて酸素や栄養が行きわたるようになるため、その結果、血液の流れがよくなって冷え性改善が期待できるのです。


階段がダイエットに効果的な理由3. 下半身のシェイプアップになる

下半身のシェイプアップになる

階段の上り下りで使うのは主に下半身の筋肉です。平坦な道を歩くよりも負荷は大きくなるため、ふくらはぎ・太もも・お尻などにはより高い引き締め効果を期待できます

その結果、代謝が上がってエネルギー消費が活発になり、余分な脂肪を溜め込まない痩せやすい体になっていきます。


階段ダイエットの効果的なやり方|痩せる体を作るコツとは?

階段ダイエットの効果的なやり方|痩せる体を作るコツとは

階段ダイエットは比較的簡単ですが、「痩せない可能性もあるの?」「何段くらい上り下りするの?」といった疑問も出てくるはず。

思い通りの結果を出すなら正しいやり方での実践は必須なのです。

そこでここからは、痩せる体作りをするための階段ダイエットのやり方を紹介します。


ポイント1. エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使って生活をする

エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使って生活をする

階段ダイエットは日常生活の中で実践できます。

階段を見つけたら普通に上り下りするだけで運動時間の確保は不要。駅・オフィス・デパートではエレベーターやエスカレーターの代わりに階段を使います。もちろん持ち家や自宅マンションの階段も効果的です。

数十階以上で行き来が多くなるなら、例えば10階までは階段でその前後はエレベーターを使うなどで頻度調整するのが継続のコツ。

一ヶ月の期間で3kg痩せた報告も見掛けます。


ポイント2. 正しい姿勢で行う|背筋を伸ばし膝を高めに上げる

前かがみの姿勢や猫背だと太ももの筋肉が鍛えられず、基礎代謝が上がらず思うように痩せない結果になりがち。

背筋はピンと伸ばして目線を前に。太ももや膝は高めに上げると筋肉への負荷が大きくなり、お腹や下半身を引き締める効果が高まります。着地は足の裏全体を使うと良いでしょう。

階段を一段一段踏み込むよう意識して足全体の筋肉を使うのがポイントです。


ポイント3. 低脂質・高タンパクな食事を意識して、ダイエット効果を高める

低脂質・高タンパクな食事を意識して、ダイエット効果を高める

ダイエットは運動に加えて低脂質・高タンパクな食事メニューが必要です。

特にタンパク質は筋肉の元となる栄養素で、積極的な摂取は筋肉量の増加と代謝の活発化に繋がり、ダイエット効果が高まります。

低脂質・高タンパクな食材としては、

  • 赤身肉
  • 鶏ささみ
  • イワシ
  • 鶏卵
  • 豆類

など。

料理が難しい時はコンビニもおすすめで、サラダチキン・サラダフィッシュ・ゆで卵などは気軽に買えてカロリー制限もできる便利な食べ物です。

【参考記事】高タンパク質・低カロリーな食品を紹介!▽


階段昇降以外でおすすめの有酸素運動は?

階段昇降以外でおすすめの有酸素運動は

階段ダイエットしたいけど、自宅など階段がないご家庭もあるでしょう。外出する予定があれば良いですが、予定がない時にわざわざ階段ダイエットのために外に出るのもちょっと面倒くさいですよね。

そんな時には以下のような階段昇降以外の有酸素運動がおすすめです。

  • 踏み台昇降
    踏み台を使って上り下りを繰り返す運動。足腰への負担も少なく簡単なので初心者にもおすすめです。

  • ハーフスクワット
    腰を完全に降ろさず中程度で止めるのが特徴。ゆっくり呼吸しながら時間を掛けて行いましょう。

  • もも上げ運動
    太ももを交互に高く上げる運動でスクワットよりも足腰への負担は少なめ。回数を増やせば引き締める効果も上がります。


日常生活から階段を使うよう意識して、効率よく痩せよう!

日常生活から階段を使うよう意識して、効率よく痩せよう

階段ダイエットは日常生活の中で実践できるダイエット方法です。冷え性改善などのメリットの他、運動時間も不要なので簡単に始められる点も特徴になっています。

でも人によっては「思ったより痩せない!」などの悩みも出てくるはず。そんな時は正しい方法とコツを知ることが成功への秘訣となります。

ぜひ日頃から階段を使うことを意識して、ダイエットを頑張ってみてくださいね。


【参考記事】痩せるための筋トレメニューを解説!▽

【参考記事】短期間でダイエットを成功させる方法とは?▽

【参考記事】ダイエットには食事制限が大切です!

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事