【痩せやすい?】夜ランニングがダイエットに効果的な理由|正しいやり方も解説!

夜ランニングがダイエットに効果な理由を知りたい方へ。本記事では、夜ランニングがダイエットに効果な理由から、夜ランニングで痩せるためのポイントまで大公開!夜ランニングのメリットやランニングにおすすめの時間帯なども紹介していますので、気になった方はぜひ参考にしてみてください!

夜ランニングがダイエットに効果的な理由|どんなメリットがあるの?

夜ランニングがダイエットに効果的な理由|どんなメリットがあるの?

30代男性

30代男性

仕事が忙しいから夜に走ろうと思うんだけど、ダイエットに良いかな?

20代女性

20代女性

夜のランニングをすれば、ちゃんと痩せられますか?

減量に非常に効果的とされるのが夜に行うランニング。

時間が確保しやすい夜間の運動として、ダイエットのために行いたい方もいると思います。

ただ、どうして夜ランニングがダイエットに効果的と言われるのか?

そこでまずは、夜のランニングで得られるメリットを紹介していきます。

これを読めばダイエットをする上で、多くの人が夜ランを強く推奨する訳がわかりますよ。ぜひチェックしてみて!


夜ランニングのメリット1. 体が動きやすい時間帯なので、運動量が増えてカロリー消費しやすい

すぐに足が速くなるトレーニングのコサックランニング

ランニングによる消費カロリーを増やすには、運動能力が向上した時間帯に高いパフォーマンスのランニングをする必要があります。

夕方から夜の時間帯は深部体温が上昇しやすく、内臓や筋肉へ酸素や養分を運ぶ血流量も増加するため、体全体の調子が良い状態です。

そして、コンディションが良ければ、大きくかつ速く体全体を動かす質の高い運動ができ、消費カロリーも大幅に上げられます

加えて、コンディションの良いタイミングでの運動は体への負担が少なく、継続しやすいのもポイント。

夕方以降の高強度のジョギングやランニングをして、効率的にダイエット効果を体感してみるのがおすすめです。


夜ランニングのメリット2. 筋肉が増えやすい時間帯なので、基礎代謝が上がる

ジョギングやランニングといった運動は脚は勿論のこと、上半身やお尻回りといった様々な体の部位を使うので、全身の筋力がつき基礎代謝の向上が狙いやすいとも言えるでしょう。

そして、夕方から夜にかけては約1日かけて変動する体内周期に基づいて、交感神経が優位となって活動レベルが上昇します。

加えて、夕方以降のトレーニング後の成長ホルモンは多く分泌されるため、大幅な筋肉の増強が見こめるでしょう。

つまり、夜にランニングをすれば、バランス良く全身の筋肉がついた体を手軽に手に入れられるということです。

筋肉量が増えればそれだけ基礎代謝もアップ。脂肪を燃焼しやすい体になり、痩せやすくなります。

ぜひ夜ランニングを通して、基礎代謝が高まった痩せ体質を獲得し、日常生活からカロリーをどんどん消費してみてください。


夜ランニングのメリット3. 睡眠の質が上がり、脂肪燃焼が進む

夜ランニングのメリット3. 睡眠の質が上がり、脂肪燃焼が進む

精神的に疲れただけでは、交感神経は活発で浅い眠りにしかつけません。

そんな時、夜に適度な強度のランニングをすれば、身体を程度良く疲れさせることができ、質の高い睡眠を得られます。

そして、深い眠りについている時には体内で成長ホルモンが多量に分泌されるとされ、就寝時の脂肪燃焼に大きく役立つとされているのです。

ぜひ夜間のランニングで体に適度な刺激を与え、心地良い眠りとダイエット効果を一挙に実感してみてください。


夜ランニングのメリット4. ストレス発散になるので、ストレスによる食べすぎを防ぐ

過剰なストレスが体にかかると、食欲を増進させるホルモンであるグレリンが優位に分泌されます。

つまり、ストレスを感じた状態で食事をしてしまうと、想定している以上に食べ過ぎてしまう可能性があるということですね。

ただ、ランニングをすることで、精神や自律神経安定に役立つセロトニンが脳内に分泌されることも判明しています。不安感や焦りに紐づくストレスを和らげるには、運動は最も効果的な手段の一つといえるでしょう。

程良い強度の夜ランニングでストレスによる過食を予防し、ダイエットを最短で成功させてしまいましょう。


夜ランニングのメリット5. 食欲を抑える働きがあるので、間食が減る

夜ランニングのメリット5. 食欲を抑える働きがあるので、間食が減る

夕時は昼食からも時間が空き、ちょっとした間食をしてしまうこともあるでしょう。

しかし、ダイエットに余計な食欲を抑えるのにも、ランニングは有効です。

ランニングをすると食欲抑制ホルモンと呼ばれるレプチンが多量に放出されます。そして、交感神経の中枢や満腹中枢にレプチンが作用すると気分が高揚して、少量の食事で満足できるようになるのです。

ぜひ夜にランニングを行って、夜遅くの夜食などを回避しましょう!


夜ランニングダイエットの効果を高めるコツ|正しいやり方をレクチャー!

夜ランニングダイエットの効果を高めるコツ|正しいやり方をレクチャー!

ダイエットの助けとなるメリットが目白押しの夜ランニング。そんな夜ランニングを通して、効率的に体を絞っていきたい方も多いのではないでしょうか。

しかし、闇雲に運動したとしてもダイエット効果を実感することは難しいでしょう。

そこで、ここからは夜に行うランニング効果を最大限に引き出すポイントを紹介していきます。


ポイント1. 走るタイミングは、食後よりも食前がおすすめ

ポイント1. 走るタイミングは、食後よりも食前がおすすめ

ランニングは上下運動を伴うので、胃腸といった消化器も激しく揺さぶられます。

加えてランニングは全身の筋肉を使うため、内臓の血流量も低下し、消化不良を引き起こすことも。

食後だと消化不良からくる腹痛や吐き気を催してしまう可能性が高いため、夕食前にランニングすることを心掛けましょう。

また、空腹状態では体内で枯渇した糖質の代わりに、脂肪をエネルギー源として消費するアドレナリンが多く分泌されます

そのため、夕食前にランニングを行えば効率よく脂肪燃焼できます

ダイエット効果のより簡単に高めるコツは、食前にランニングをすることを意識してみてください。


ポイント2. 睡眠の3時間前までにランニングを終わらせる

運動をした約2時間後までは交感神経が優位に働くことが判明しています。

深夜のランニングで興奮し深い眠りにつけない状態では、ダイエットの恩恵も十分に得られず、疲労も蓄積してしまうでしょう。

不眠のリスクを避けるためにも、就寝する3時間前にはランニングを終えておくのが理想的です。就寝時までの時間を設けづらい場合は、ランニングの時間を短くしたり、強度を落とすなどの工夫をしてみると良いでしょう。

良質な睡眠あってこそのダイエットということを念頭に置いて、日々のランニングに励むのがおすすめです。


ポイント3. 走る前にストレッチなどウォーミングアップを入念に行う

ポイント3. ウォーミングアップを入念に行う

ランニングによるデメリットとして、トレーニング中の怪我が挙げられるでしょう。一度怪我をしまうと、一定期間トレーニングを強制的に休む羽目になり、モチベーションの低下に直結します。

そこで特に意識して欲しいのが、ランニング前のウォーミングアップです。

屈伸や回旋といった動的な準備運動は、疲労や注意力散漫からくる怪我及び事故の効果的な対策となります。そして、入念なウォーミングアップは体全体の動きを良くし、ランニングのパフォーマンスの向上にも役立つでしょう。

「夜にちょっとだけ走るくらいだから…。」という方でもウォーミングアップは必須!

しっかりとストレッチなどを行って、体が動きやすい状態に整えましょう。

【参考記事】走る前にも走った後にもおすすめのストレッチはこちら!▽


ポイント4. ランニング後はお風呂に入り、疲れを残さない

ランニングは全身運動かつ高強度となるので、どうしても肉体的疲労が蓄積してしまいます。

トレーニング後から深夜にかけて、疲れた体を十分に癒すことが夜ランニングを継続して行うコツ

そこで提案したい方法が、心地良い程度のぬるめのお湯に長めに浸かることです。

入浴をすることで血液循環が良くなり、体の隅々まで酸素や栄養を届けることができて、ランニングによる疲労が早く回復します

夜に走った後のお風呂を徹底すれば、次の日も気分爽快に走れて、日々のランニングが楽しくなること間違いなしです。


ポイント5. 高タンパク・低カロリーな食事を意識する

ポイント5. 高タンパク低脂質な食事を意識する

ランニング自体のパフォーマンスを上げるためにも、ランニング後の疲れた体に栄養を巡らせるためにも、トレーニング後の食事はとても重要です。加えて食後の消化効率を考えて、摂取する食べ物の内容についても考える必要があります。

ランニング時に消費するカロリーの増大を狙って、日頃の食事からトレーニング時に使われる筋肉を育てるのに不可欠なタンパク質を意識して摂取しましょう。

1グラム当たりの摂取カロリーの高い食事は控えること。例えば脂っこい料理はNGですね。

低カロリー・高タンパク質の食事を心がければ、夜のランニング効果がグッと引き上げられます。普段の食事内容をぜひ意識してみましょう!

高タンパク・低カロリーな食材例
  • 鶏の胸肉
  • 鶏のささみ肉
  • 白身魚
  • マグロの赤身
  • イカ
  • 豆類

【参考記事】高タンパク低カロリーな食品&レシピを紹介!▽


ポイント6. 筋トレも取り入れる

夜にランニングするだけでもダイエット効果はあるのですが、痩せやすい体作りをするという観点では十分ではありません。

ランニングで消費するカロリーがより多くなるように全身の筋肉量を増やし、代謝を高めることがダイエットの近道と言えます。

そんな代謝を上げるのにおすすめなのが筋トレ。

筋トレは筋肉量を増やし基礎代謝を上げ、より脂肪が燃焼しやすい体へと導いてくれます。一度のランニングで消費できるカロリーをもっとアップできますよ。

また、筋肉がつけば長い距離を速く走れるようになるのもポイント。

より効率的に痩せていきたいなら、トレーニングの一環として筋トレもしてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】ランニング×筋トレはダイエットに効果的!


夜にランニングをして、引き締まった体を作り上げよう!

夜にランニングをするだけでも、高いダイエット効果が得られ、余分な脂肪をガンガン減らせます

そして効果をもっと引き出すには、生活習慣も大切になってきます。

仕事など日中は忙しい方は、ぜひ夜ランニングに挑戦してみましょう!

効率の良いランニングができれば、引き締まった体を最速で手に入れられますよ。


【参考記事】ランニングダイエットのやり方を詳しく解説!▽

【参考記事】ランニングしてもなかなか痩せない時はどうしたら良い?▽

【参考記事】アメなどでランニングが厳しい時は、家でできる有酸素運動も取り組んでみよう!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事