"ご参考ください"の意味/使い方。類語&丁寧な例文集|ビジネス敬語ガイド

相手へ考えを決める手がかりを渡す際に使う敬語、ご参考ください。誤りの敬語としても言われる表現ですが、実際に使っても良い言葉なのか。今回は、ご参考くださいの意味から目上の人に使える丁寧な例文、言い換えできる類語を解説。ビジネス敬語の使い方をマスターしましょう。

「ご参考ください」の意味とは?

ご参考くださいの意味とは

「ご参考ください」とは、複数の選択肢がある状況において、相手の考えを決める手がかりや材料をこちら側が指し示すので、自分にとって有益になるかどうか考えて下さい、という意味を持つ敬語表現です

「参考」に、敬語である「ご~ください」をつけることで、相手を敬う表現になっています

こちらの提示する手がかりや材料が有益かどうかは、相手の求めているものや考え方によって異なります。そのため相手に対して手がかりや材料、情報を提示した上で、その後の判断は相手に委ねることになります。


「ご参考ください」は、正しい敬語なのか?

ご配慮と言い換えできる類語

「ご参考ください」は、考えを相手に委ねる会議や打ち合わせなどのビジネス上でも使用されます。しかし、「ご参考ください」そのものが、文法的には使い方として間違っています。

そもそも、「ご(お)~ください」は、「動詞」または「○○する」という動詞に対して使用する敬語です。つまり、「参考する」という動詞はないため、「ご参考ください」の敬語は使い方としては間違い

「参考」は名詞のため、敬語表現としては「名詞+に+する」の形にして、原型が「参考にしてください」、これを敬語表現に直して「ご参考にしてください」「参考になさってください」などの言い換えが正しい表現です。


「ご参考ください」は、日本語としては変だが日常使いとして定着している。

「ご参考ください」は、日本語の文法的な使い方としては間違いです。ところが、ビジネス上の敬語としての頻度も高くなったことを受けて、正しい日本語として定着しつつあります

「ご参考ください」のように、元々文法上では間違った使い方だったとしても、多く使われるうちに正しい敬語として定着するフレーズは少なくありません

そのため、現代では「ご参考ください」と使う人がいても、間違いでは必要はありません

「ご参考にしてください」「参考になさってください」など、自分が使用する時には目上の人には使わない、かつ正しい表現に言い換えできるとスマートな対応を見なされ、上司にも一目置かれるようになりますよ。


「ご参考ください」と目上に伝えられる敬語表現

ご返信と言い換えできる類語

「ご参考ください」は、文法上は間違っているため、自分が使う場合は気をつけなければならない敬語表現になります。

ここからは、相手に「ご参考ください」と伝える際に使って欲しい敬語表現を徹底解説。

  • ご参考になさってください
  • ご参考にどうぞ
  • ご参考になりましたら幸いです
  • ご参考にしていただけたら幸いです

正しい敬語表現をマスターして、上司や取引先、同僚や目下からも一目置かれる存在になりましょう。


ご参考くださいの敬語① ご参考になさってくださいの使い方

ご参考くださいの敬語①ご参考になさってくださいの使い方

「ご参考になさってください」とは、参考にする、の動詞に「ご~してください」の敬語表現をつけた尊敬語です

「ご参考になさってください」で、「私があなたの考えを決める材料や手がかりを提示しますので、あなたの考えを決める上で手がかりとして使ってください」という意味になります

「ご~なさってください」は、「~してください」の敬語にあたるため、自社のサンプルや資料を送付する時など、相手に対して自分が参考を提示するのが自然なシーンで使われます。

「ご参考になさってください」の例文

  • メールにて弊社資料を添付いたしましたので、ご参考になさってください。
  • ここで、顧客のメール回答のサンプルをお配りしますので、ご参考になさってください。
  • こちらで弊社資料をお配りいたしますので、ご参考になさってください。
  • 資料はメールに基づく統計結果を表しています。どうぞご参考になさってください。

ご参考くださいの敬語② ご参考にどうぞの使い方

ご参考くださいの敬語②ご参考にどうぞの使い方

「ご参考にどうぞ」とは、ビジネス上では「確認しておいてください」「目を通しておいてください」という意味が含まれる類語です

直接相手に参考にして欲しい資料や文書などを手渡す際にも、メールや文書に参考となる資料やデータを添付する際にも使用します

上司や目上の方に対して「ご参考にどうぞ」と言うと、やや失礼な印象を与えてしまいます。「ご参考にどうぞこちらをご覧ください」など、最後まで丁寧な表現をするのがマナーです。

「ご参考にどうぞ」の例文

  • お疲れ様です。メールに問い合わせの件に関する資料を添付しておきますので、ご参考にどうぞ。
  • 去年までのデータを資料として配布いたしますので、ご参考にどうぞ。
  • こちらが弊社の今年度ご提案したいプロジェクトの資料です。ご参考にどうぞご覧くださいませ。

ご参考くださいの敬語③ ご参考になりましたら幸いですの使い方

ご参考くださいの敬語③ご参考になりましたら幸いですの使い方

「ご参考になりましたら幸いです」は、相手の要求や依頼に対して参考になるものを提示し、「役に立てば嬉しいです」との意味を含んだ類語です

「ご参考にどうぞ」が「確認しておいてください」の意味を含んでいるのに対して、こちらはマナー上判断や選択を相手におおよそ委ねている形になります

上司や目上の方の要求や依頼に対して、参考になるものを提示する際にも使用できます。

「ご参考になりましたら幸いです」の例文

  • メールでご依頼いただいた資料を添付いたします。ご参考になりましたら幸いです。
  • お世話になっております。お問合せいただいたお見積りを送付いたします。ご参考になりましたら幸いです。
  • この度は弊社の資料をご請求いただきありがとうございました。貴社のご参考になりましたら幸いです。

ご参考くださいの敬語④ ご参考にしていただけたら幸いですの使い方

ご参考くださいの敬語④ご参考にしていただけたら幸いですの使い方

「ご参考になりましたら幸いです」の類語である「ご参考にしていただけたら幸いです」は、「参考にしてもらう」を「参考にしていただく」の謙譲語表現です。

へりくだった表現に言い換え、相手に敬意を表しています。「私が提示するもので恐縮ですが、参考になれば嬉しいです」という意味が込められています

上司はもちろん、マナー上でも大切なお客様などより目上の立場にある方にも使用できます。

「ご参考にしていただけたら幸いです」の例文

  • 僭越ながら、ご希望されているものに近い資料が見つかりましたので、添付いたします。ご参考にしていただけたら幸いです。
  • 先日ご依頼いただいた件の第一案が完成いたしました。ご参考にしていただけたら幸いです。
  • 差し出がましいとは存じますが、こちらをお探しではないでしょうか?ご参考にしていただけたら幸いです。

「ご参考ください」と言い換えできる類語

ご参考くださいと言い換えできる類語一覧

「ご参考ください」と伝えられる敬語は他にも多数存在しており、ビジネスシーンでも多く使われています。

ここからは、「ご参考ください」と言い換えできる類語を徹底解説。

  • ご覧ください
  • ご参照ください
  • ご高覧ください

各類語の使い方、丁寧な例文まで確認していきましょう。


ご参考くださいの類語① ご覧ください

ご参考くださいの類語①ご覧ください

「見る」の尊敬語である「ご覧になる」に「~ください」を付けた敬語が「ご覧ください」です。目上の人に対して、見て欲しい何かを渡す時や、指す時に使用します。

「ご参考ください」に対して、類語の「ご覧ください」は相手の判断や選択を委ねるよりは、単純に何かを見て欲しい時に使用されるのが一般的です

また、「ご覧ください」のより丁寧な表現として「ご覧いただければ幸いです」などがあります。なお「ご覧になられてください」は既に尊敬語になっている「ご覧になる」をさらに「~になられる」と敬語にするため、二重敬語です。マナー上も文法的にも間違いです。

「ご覧ください」の例文

  • ただいまより弊社による発表を行います。お時間がある方はぜひご覧くださいませ。
  • 今期契約書を送付させていただきました。内容を必ずご覧くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。
  • 皆さま右手をご覧ください、東京スカイツリーが見えてまいりました。

ご参考くださいの類語② ご参照ください

ご参考くださいの類語②ご参照ください

「参考」の類語である「参照」とは、今ある知識や資料をほかのものと照らし合わせて見ることで、より理解を深めることを指します

参照ください、の敬語表現である「ご参照ください」は、「照らし合わせてみてください」の意味があります

目上の方に対してもマナー上問題なく使用できます。「参照なさってください」に言い換えも可能ですが、「ご参照になさってください」は既に敬語の「ご参照する」を「なさる」の表現に変える二重敬語ですので、間違いです。

「ご参照ください」の例文

  • 去年のプロジェクトの進行状況と結果データをお渡しいたします。ご参照くださいますよう、お願い申し上げます。
  • 弊社のお見積りと他社との比較をこちらに提示いたしましたので、ご参照くださいませ。
  • 別のマニュアルを添付しておきます。ご参照ください。

ご参考くださいの類語③ ご高覧ください

ご参考くださいの類語③ご高覧ください

「ご高覧(こうらん)ください」とは、「ご覧ください」をさらに丁寧にした「見る」の最上級尊敬語表現です。ビジネス上でも、役職の高い上司やお客様などへ問題なく使用できます。

主に商品や資料などを目上の方へ見て欲しい時のほか、企業の発表会や自分の作品展示会などを、多くのお客様にお知らせする時の表現としても使用されています

また、あらかじめ相手に見て欲しいものを見てもらえた後に、「ご高覧いただき、ありがとうございます」とお礼表現としても使用できますよ。

「ご高覧ください」の例文

  • 今年度説明会のパンフレットが出来上がりましたので、ご高覧ください。
  • 弊社製品へのお問合せいただきありがとうございました。回答をまとめた文書を送付させていただきますので、宜しくご高覧くださいますようお願いいたします。
  • この度弊社のショールームが完成いたしましたので、ぜひご高覧くださいませ。

「ご参考ください」の英語表現

賜るの英語表現

  • for your information(ご参考までに)
  • FYI(for your informationの略、ご参考までに)
  • for your reference(ご参照ください)
  • for future reference(今後のご参照までに)
  • as reference(参考として)
  • Please refer to ~(~を参考にしてください)

”for your information”は、ビジネス上でも多く使用される英語表現です。なお、FYIと略語として言い換えも可能です。さらに、口語において文頭に付けると、「ちなみに~」というニュアンスを含められます。

”for your information”の類語である”for your reference”は、「ご参照ください」の意味を持っています。


「ご参考ください」は間違い。正しい敬語で丁寧に伝えよう!

目上の方に対しても参考となるものを提示する機会も多いビジネスシーンでは、ぜひ押さえておきたい敬語表現の1つです。

自分が相手に参考になるものを提示する時はもちろん、相手が何かを見てくれた時に使える「ご高覧いただき、ありがとうございます」などの表現も合わせて押さえておけば、ビジネスマンとしてもよりスマートな対応ができるようになります。

【参考記事】「お気遣いありがとうございます」の使い方を例文付きで解説

【参考記事】丁寧に感謝を伝えられる「お心遣いありがとうございます」の使い方

【参考記事】「いらっしゃる」の使い方。丁寧な例文まで解説します

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事