"お気遣いありがとうございます"の類語&メール例文集|ビジネス敬語ガイド

相手の配慮に対して感謝を述べられる敬語、お気遣いありがとうございます。お心遣いありがとうございますとの違いについて分からない人も多いはず。今回は、敬語"お気遣いありがとうございます"の使い方、言い換えできる類語、ビジネスメールの例文まで詳しく解説します。

「お気遣いありがとうございます」の意味とは?

お心遣いありがとうございますとお気遣いありがとうございますの違いとは

「気遣い」とは、「あれこれと気をつかうこと・心づかい・配慮」という意味があります

それに尊敬(丁寧)語の「お」つけたものが、「お気遣い」。つまり、「お気遣いありがとうございます」とは、相手が自分のために気をつかってくれることや配慮してくれることに感謝の気持ちを伝える言葉になります

「お気遣いありがとうございます」を使うタイミングとしては、自分が体調を崩したときに「お大事に」と言われた場合や、順調ではない仕事の進捗状況を気にかけてもらった場合などが挙げられます。

相手からの配慮や心づかいに対して、丁寧にお礼・感謝の気持ちを伝えられる敬語表現が「お気遣いありがとうございます」になります


「お気遣いありがとうございます」は目上の人に使えるのか?

お気遣いありがとうございますの使える相手とは

「お気遣い」の言葉に含まれる「お」は尊敬を表す接頭語です。そのため、「お気遣いありがとうございます」は敬語表現であり、目上の人や上司に対しても使えます

目上の人や上司から業務について心配してもらったときや、労いの言葉をかけてもらったときなど、様々なビジネスシチュエーションで使えるフレーズです

単に「ありがとうございます」と言ってもお礼の気持ちは伝わりますが、「お気遣いありがとうございます」の方がより敬意を感じられるため、感謝の意が伝わりやすくなります。


「お気遣いありがとうございます」を使ったメール例文集

お気遣いありがとうございますを使った丁寧な例文

  • 〇〇部長には仕事でもプライベートでもお気遣いいただき、心よりお礼を申し上げます。
  • 先日メールでお伝えした納期の件につきまして、お気遣いいただき誠にありがとうございます。
  • この度は、商品の納入日につきまして、お気遣いいただきありがとうございます。
  • 体調不良が続いて入院した際には、お気遣いありがとうございました。
  • 今回のプロジェクトでも様々なシーンでアドバイスやフォローをしてくださりお気遣いありがとうございます。
  • 私だけでなく家族の分まで旅先でのお土産をご準備してくださり、お気遣いありがとうございます。

目上の人や上司から業務の進捗状況を気にかけてもらったり、体調や家族のことを心配してもらったりした時は、「お気遣いありがとうございます」と、丁寧な敬語表現で感謝の意を伝えましょう

ビジネスシーンにおいて、相手から配慮や心づかいを感じた時、きちんとお礼を述べるのはとても大切なことです

「お気遣いありがとうございます」でも十分な敬語ですが、さらに相手への敬意を払う使い方をしたい場合は、「お気遣いいただき」というフレーズに変えると、よりかしこまった印象になります。


「お気遣いありがとうございます」と「お心遣いありがとうございます」との違い

お心遣いありがとうございますの意味とは

「お気遣いありがとうございます」と似た敬語に、「お心遣いありがとうございます」というものがあります。

「お心遣い」の意味は、「あれこれと気を配ること・心付け」。言葉の意味だけに着目すると「お気遣い」も「お心遣い」もよく似ていますが、二つの言葉はニュアンスが異なります

「気遣い」は、相手が自分に対して配慮や心配をしてくれたときに使う言葉。「心遣い」は、相手が自分に対して思いやりのある言動をしてくれた時に使う言葉です。

祝儀・香典・寸志・餞別などの金品をもらった場合は「お心遣いありがとうございます」が適切。「お心遣い」は、普通のお礼だけではなく、金品など物をもらったシーンでの感謝するフレーズとしてもよく使われます。


「お気遣いありがとうございます」と言い換えできる類語

お気遣いありがとうございますと言い換えできる類語

「お気遣いありがとうございます」など、相手の気遣いに対して感謝する言葉は多数存在します。

今回は、「お気遣いありがとうございます」と言い換えできる類語表現をピックアップ。

  • ご配慮ありがとうございます
  • ご高配ありがとうございます
  • ご厚情ありがとうございます
  • ご心配ありがとうございます

各類語の使い方、例文まで詳しく解説していきますので、この機会にチェックしておきましょう


類語① ご配慮ありがとうございます

ご配慮の使い方①ご配慮ありがとうございます

「心遣い」の類語の「配慮」には、「手落ちのないように良い結果になるように、あれこれと心を配ること」という意味があります

その「配慮」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご配慮」。よって、敬語表現である「ご配慮」は、目上の人や上司に使える言葉です

「ご配慮ありがとうございます」のフレーズには、注意を向けてもらったり、相手が思いを巡らせて気を配ってくれたことに対してのお礼の意味が含まれています

一般的なお礼には「お気遣いありがとうございます」が使われますが、相手から非常に気にかけてもらったときや、先回りして気をきかせてもらったときなどは、「ご配慮ありがとうございます」が使われます。

「ご配慮ありがとうございます」の例文

  • 弊社◯◯の不手際にもかかわらず、ご配慮いただき誠にありがとうございます。
  • 本来であれば私が出向かなければならないところを、ご配慮いただき誠にありがとうございます。
  • 平素より様々な場面でのご配慮ありがとうございます。

類語② ご高配ありがとうございます

お心遣いありがとうございますの類語③ご高配ありがとうございます

「心遣い」の類語である「高配」は、「他人を敬ってその心配り」を意味する言葉です。「高配」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご高配」。目上の人や上司に使える敬語表現です。

「ご高配ありがとうございます」のフレーズを分かりやすく言うと、「特別に配慮していただいて感謝しています」「親切な気遣いをありがとうございます」という意味合いになります

相手から自分に対しての特別な配慮や思いやりを感じたときは、「お心遣いありがとうございます」ではなく「ご高配ありがとうございます」を使うと、感謝の意がより深く伝わります。ビジネスシーンではメールの文頭によく用いられるポピュラーな決まり文句でもあります。

「ご高配ありがとうございます」の例文

  • 平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。
  • このたびは私の就任に際し、ご高配をいただきありがとうございます。
  • 貴社には、日頃からひとかたならぬご高配を賜り、誠にありがとうございます。

類語③ ご厚情ありがとうございます

お気遣いありがとうございますの類語③ご厚情ありがとうございます

「心遣い」の類語である「厚情」の言葉の意味は「手厚いなさけ・思いやりのある心・親切な気持ち」です

そんな「厚情」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご厚情」になります。尊敬語である「ご厚情」は、目上の人や上司に対して使える言葉です。

「ご厚情」はフォーマルで堅い言葉なので、日常生活で使うことはほぼありません。ビジネスシーンでの使い方は、取引先に対する年賀状・暑中見舞い・改まったメールや、就任セレモニー・祝賀会などです。

このようなフォーマルな場面では、「お心遣い(お気遣い)ありがとうございます」よりも、「ご厚情ありがとうございます」というフレーズの方が相応しいと言えるでしょう。

「ご厚情ありがとうございます」の例文

  • 平素は格別なご厚情をいただき誠にありがとうございます。
  • 在職中は一方ならぬご厚情をいただき、この場をお借りいたしまして深くお礼を申し上げます。
  • 常々多大なご厚情をいただき、誠にありがとうございます。

類語④ ご心配ありがとうございます

お気遣いありがとうございますの類語④ご心配ありがとうございます

「心遣い」の類語である「心配」には、「物事の先行きなどを気にして心を悩ますこと・気がかり」という意味があります

「心配」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご心配」。「ご心配ありがとうございます」は、相手から心配をしてもらったときにお礼や感謝の気持ちを伝えるフレーズです。

目上の人や上司に使って問題ない敬語表現ですが、より丁寧に気持ちを伝えたいときは「ご心配いただき」「ご心配くださり」と装飾語を付け加えた使い方が一般的

相手から何か心配をしてもらった場合、「お心遣い(お気遣い)ありがとうございます」でも間違いではありませんが、「ご心配ありがとうございます」というフレーズの方が適切です。

「ご心配ありがとうございます」の例文

  • 〇〇課長にはいつもご心配いただきありがとうございます。
  • 先日は取引先とのメールの件で、ご心配いただき誠にありがとうございました。
  • お忙しいにもかかわらず、私のことをご心配くださりありがとうございました。

「お気遣いありがとうございます」の英語表現

賜るの英語表現

  • consideration(考慮、気遣い、配慮)
  • concern (心配、懸念)
  • kindness(親切であること、思いやりのあること、親切な行為)
  • care(注意する、心配する、気を配る)
  • thoughtfulness(思慮深さ、心遣い)
  • attentive(思いやりのある、心のこもった、気配りの行き届いた)

「consideration」「concern」はビジネスでよく使われる英単語

例文を挙げると「Thank you for your consideration.(お気遣いいただきありがとうございます)」や「 I really appreciate your concern.(お心遣いに感謝いたします)」があります。この二つの例文はフォーマルで丁寧な印象を与えるのでビジネスで役立ちます。


「お気遣いありがとうございます」の使い方を覚えておきましょう!

相手からの配慮や思いやりに対して、対面だけでなく、電話やメールなどでもきちんとお礼を伝えるのはビジネスの基本です。

様々なシチュエーションに応じて適切な敬語表現ができるようになれば周囲とのコミュニケーションもさらに円滑に進むことでしょう。

【参考記事】感謝以外の「お気遣い」の使い方を例文付きで解説

【参考記事】「お気遣いなく」の正しい使い方を分かりやすく解説します

【参考記事】「ご査収」の意味とは?使い方/例文を詳しく解説

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事