"ご査収の程"の意味/使い方。目上への丁寧な例文付き|ビジネス敬語ガイド

「確認して受け取ってくださいますよう〜」を意味する敬語、ご査収の程。履歴書や見積書の確認などビジネスシーンで多く使われる言葉になります。今回は、ご査収のほどの使い方から目上にも使える丁寧な例文、言い換え表現、類語まで徹底解説。正しい使い方をマスターしましょう!

「ご査収の程」の意味とは?

ご査収くださいを丁寧に表したご容赦くださいませ

「ご査収のほど」とは、「よく調べて受け取っていただけますよう、〜」という意味を持つ敬語表現です

元々は「察」を使っていましたが、「査」の字を代用するようになりました。そのため、確認する、調べる、見る、考えるなどの意味を持ち、考査、調査、検査などに使われます。「査収」は調べて受け取るという意味です。

「ご査収の程(ほど)」に使われている「程」には、「ある広がりをもった空間。あいだ。」という意味を持ちます。

「査収」だけですときつめな表現になるので、「程」をつけて「ご査収の程」という婉曲な言い回しにしています

査収に丁寧さをプラスする接頭語「ご」と「程」をつけることで、「ご査収の程」はビジネスでも使える丁寧な敬語になります。


「ご査収の程」の使い方・タイミングとは?

ご査収の程の使い方やタイミング

「ご査収の程」はどのようなときに使うのでしょうか

「査収」の類語として「確認」という言葉もあります。確認するという場合、受け取るものがなくても使えますが、査収は受け取るという意味が含まれます

そのため、メールなどで資料や見積書など文書を添付した場合や郵便物やファックスで見積書や履歴書などを送るときに一緒に送る送付状などで使われます。送付状というのは、送るものの枚数など漏れがないようにという目的もあり、ビジネスでは最低限の礼儀になっています。

「ご査収の程」は何かを送るときに使われるのが一般的です。受け取るものがない場合は「査収」を使えませんから注意しましょう。もちろん、「ご査収の程」は敬語として目上の人や上司にも使えます


「ご査収の程」の後に続く定番の言葉とは?

ご確認くださいの言い換えできる類語

  • ご査収の程、お願いいたします
  • ご査収の程、よろしくお願いいたします
  • ご査収の程、何卒よろしくお願い申し上げます

「ご査収の程」という言葉は日常的な会話では使いません。履歴書や見積書などを送付したときに送付書等ビジネスに関するシーンで使われる言葉です。

送付した書類を確認することを促すために、「ご査収の程」の後には基本的にお願いする言葉が続くことが一般的です。

例文にあるように、「お願いいたします」やさらに丁寧な敬語で「お願い申し上げます」などが使われます

もっと丁寧にしたい場合は、例文同様、「よろしく」や「何卒よろしく」をつけましょう。ただし、社内で上司にメールを送付する場合は、ここまで丁寧にする必要はありません

【参考記事】「よろしくお願いいたします」の使い方を例文付きで解説します


「宜しくお願い致します。」は使わない。

平成22年に内閣訓令「公用文における漢字使用等について」という文書が発行されました

内閣訓令によると公用文における漢字使用は「常用漢字表」によるものとなています。「宜」は,「常用漢字表」に記載されていますが,「ギ」という読み方だけで「よろしく」という訓読みも意味も持っていません

そのため、公用文では「宜しく」は使えません。また、「致します」は補助動詞で、補助動詞はひらがな表記を勧めています。たとえメールであれ、ビジネスで使われる文書は公用文の規定に従った方がよいでしょう。


「ご査収の程」を使った目上に使える例文一覧

ご確認くださいと言い換えできる類語

  • ご査収の程、よろしくお願いします。
  • ご査収の程、よろしくお願いいたします。
  • ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。
  • ご査収の程、何卒よろしくお願いいたします。
  • ご査収の程、どうぞよろしくお願いいたします。
  • お忙しいところ恐縮ですが、ご査収の程よろしくお願いいたします。
  • お忙しいところ恐れ入りますが、ご査収の程何卒よろしくお願いいたします。

意味としてはどの例文も同じく、確認することを促します。上から下にかけて、丁寧さが強くなった言い方なため、下の例文であればあるほど、目上の人に使っても波風立ちにくい敬語になります

目上というだけではなく、社外で取引相手などの場合、相手の忙しさなどに気遣いを見せる「お忙しいところ恐れ入りますが」などをプラスすると大変丁寧です

「恐縮ですが」と「恐れ入りますが」は、同じ意味で申し訳なく思う気持ちを表すときに使います。ビジネスでメールをするときに覚えておきたい言葉です。


「ご査収の程」と言い換えできる!"ご査収"を使った敬語とは?

恐れ入りますがを使った例文一覧

「ご査収のほど」は、ご査収をお願いする際に使われる1つの表現でしかありません。

より丁寧な言い回し、カジュアルなお願いする場合は、「ご査収」を使った例文を上手に使うと良いでしょう。

  • ご査収くださいますよう
  • ご査収いただきますよう
  • ご査収くださいませ
  • ご査収願います

ここから、各例文の使い方・例文について詳しく確認していきましょう


ご査収の程の言い換え表現① ご査収くださいますよう、

ご査収の使い方④ご査収くださいますよう

「ご査収くださいますよう」は、主にお願いする時に使われる敬語表現になります

「ください」は「くれる」の尊敬語ですが、「ご査収ください。」だけでは意味は通じても、敬語として丁寧さに欠けます。これは、「ください」は、確認することを命令しているニュアンスがあるから

そのため、「ご査収の程」と同様に、「ご査収くださいますよう」にお願いする動詞を続けることで目上の方や上司にも使える表現になります

「ご査収くださいますよう、」の使い方

  • 履歴書を送付いたしましたので、ご査収くださいますよう、お願いいたします。
  • 詳しくは添付書類に記載しておりますので、ご査収くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。
  • お忙しいとは思いますが、ご査収くださいますよう、どうぞよろしくお願いします。

ご査収の程の言い換え表現② ご査収いただけますよう、

ご査収くださいを丁寧に表したご査収いただけますよう

「ご査収いただけますよう」の「いただく」は「もらう」の謙譲語で、確認してもらうことを表す敬語です

「ご査収の程」と「ご査収いただきますよう」は類語ですが、「いただく」ということでよりへりくだった感じが出ています。

「ご査収の程」も「ご査収いただきますよう」、どちらもビジネスで使える丁寧な言い方です。メールや送付状にどちらを使っても敬語として問題はありません。例文を読んで、どのように使われるかをチェックしましょう。

「ご査収いただけますよう」の使い方

  • 履歴書を同封いたしましたので、ご査収いただけますよう、お願い申し上げます。
  • 見積書を添付しておりますので、ご査収いただけますよう、よろしくお願いいたします。
  • お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご査収いただけますよう、よろしくお願いいたします。

ご査収の程の言い換え表現③ ご査収くださいませ

ご査収の使い方②ご査収くださいませ

「確認する」ことをお願いするときに「ご査収くださいませ。」と書くと「ご査収の程、よろしくお願いいたします。」に比べると短く、少しくだけた感じになります。

しかし、「ご査収くださいませ。」は、社内での上司へのメール等に使えます。「ご査収ください。」との違いは前述したように、正式な言い方は「くださいませ」なので、「ください」と切ってしまうより丁寧な言い方になるということです。

ただし、ビジネスのメールでは、「ご査収の程」を使ったほうが無難でしょう

「ご査収くださいませ」の使い方

  • 見積書が送られてきました。転送いたしますので、ご査収くださいませ。
  • 提案がいくつがあります。添付書類にまとめておりますので、ご査収くださいませ。
  • 展示会の様子を撮影し、送付します。ご査収くださいませ。

ご査収の程の言い換え表現④ ご査収願います

ご査収の使い方⑥ご査収願います

「ご査収願います。」は「ご査収の程、よろしくおねがいいたします。」に比べるといささかラフな感じを受けます。

敬語ではあるため、社内で上司に確認することを伝えるメールに使用しても問題はありません。ただし、年上の言葉等にうるさい上司には使わないほうがいいでしょう

ビジネスメールや履歴書を送ったときの送付状などには使わないようにし、「ご査収の程、よろしくお願いいたします。」と丁寧に書くように心がけた方が、心象を良くします。

「ご査収願います」の使い方

  • 先日お申し込みになった条件でお見積書を作りました。添付いたしますのでご査収願います。
  • お申し込みありがとうございました。領主書を同封いたしますのでご査収願います。
  • 資料を添付いたしましたのでえご査収願います。

「ご査収の程」の類語とは?

ご留意と言い換えできる類語一覧

「ご査収のほど」には、2つの言い換えできる類語が存在します。

どちらもビジネスシーンで使える敬語表現なため、覚えておきましょう。

  • ご確認の程
  • ご検収の程

ご査収の程の類語① ご確認の程

ご確認の程の類語のご確認の程

ご確認ください。」をご査収と同様、「程」を使って丁寧な言い方にしています。「ご査収の程」の代わりに「ご確認の程」に置き換えてもほとんど意味は同じです

しかし、反対に「ご確認の程」を「ご査収の程」に置き換えられない場合があります。それは、確認する添付書類などがない場合や相手が1度目を通したことのある書類を送る場合です。

そのような場合は「ご確認の程」は使えますが「ご査収の程」は使えないため、注意してください。

「ご確認の程」の例文

  • 念のために予定表をもう一度お送りいたします。ご確認の程、よろしくお願いいたします。
  • 3通りのお見積書をお送りいたします。ご確認の程、よろしくお願い申し上げます。
  • 振り込みを完了いたしました。お手数おかけしますが、お時間のあるときにご確認の程、よろしくお願いいたします。

ご査収の程の類語② ご検収の程

ご確認の程の類語のご検収の程

「ご査収の程」の類語に「ご検収の程」という言葉があります。とても似ていますが、「ご査収の程」と「ご検収の程」は、タイミング次第では置き換えできません

「検」という漢字は「調べる」という意味です。「ご検収の程」という場合、受け取ったものの品質や個数などが間違いないかどうかチェックをして受け取るということになります

他の言葉で言い換えるなら、「お送りしたものの種類や数量に間違いがないかどうかご確認の程」です。チェックする項目がないのに「ご検収の程」と言われるとどこか違和感を感じるでしょう。

「ご検収の程」の例文

  • 納品いたしましたので、ご検収の程、よろしくお願いいたします。
  • お忙しいとは思いますが、ご検収の程、何卒お願いいたします。
  • システムを納品いたしました。お忙しいところ恐縮ですが、ご検収の程、お願いします。

「ご査収の程」の英語表現

賜るの英語表現

  • Please check the attachment.(添付書類をチェックしてください。)
  • Please take a look the attached invoice.(添付した請求書をご覧ください。)
  • I`d like you to have a look,please.(見ていただきたいと思います。)
  • I am sending you a proposal. Please see the attached.(提案書をお送りします。添付書類を見てください。)
  • Please kindly refer to the attached file.(添付した書類を参照してください。)

「refer to」は、辞書を見ると「参照する」という意味が出ていますが、基本的に「確認する」ということです

少し使い方がわかりにくい動詞ですね。しかし、ネイティブが添付書類を確認することを促すときによく使っている単語です。

また、「kindly」をプラスすることでより丁寧な言い方で敬語に近いニュアンスになります。そのため、「ご査収の程」という言葉に近く、ビジネスのメールにぴったりの言い方です。特に目上にあたる人に送る場合はおすすめ。


「ご査収の程」を上手に使えるビジネスパーソンになろう!

「ご査収の程」の使い方を見てきました。なんとなく意味がわかっていても、うまく使えない人も多い言葉です。ビジネスで必要な言葉ですからぜひ使い方をマスターしてほしい言葉です。目上の方や上司、取引先の方に失礼にならないために、敬語の使い方をチェックしていきましょう。例文を参考にして、これからメールや送付状を書いてくださいね。

【参考記事】「ご査収」の使い方を例文付きで分かりやすく解説します

【参考記事】「ご厚情」の意味とは?相手に感謝を伝える時に使える敬語を徹底解説

【参考記事】「おかげさまで」を上手に使って、ビジネス関係を円滑に

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事