"ご厚情"の意味/使い方。類語&目上に使える例文付き|ビジネス敬語ガイド

思いやりなどの意味を持つ言葉、ご厚情。ご厚誼やご高配など類語が非常に多い敬語ですが、実際にどう使えば良いのか。今回は、ご厚情の意味から使い方、使う上での注意点、例文、言い換えできる類語まで徹底解説。ビジネスメールでも使える最高の敬語表現をこの機会にマスター!

「ご厚情」の意味とは?

ご厚志の類語⑤ご厚情の意味とは

「ご厚情」とは、「厚いなさけ」「深い思いやりの気持ち」という意味が込められた敬語表現です。「ご厚情」は、今日のビシネスシーンにおいてよく使用される言葉になります。

「ごこうじょう」と読む敬語で、「厚」は「人もしくはものに対する、心入れの程度が大きいこと」ことを意味しています。一方「情」は、「他人やものに対する思いやり」「ものやことに対して起こる心の動き」を指しています

そこに尊敬語「ご」をつけることで、「目上に対して思いやりやなさけを持っていること」を示す「ご厚情」という敬語に。相手から何か思いやりをいただいた際には、ぜひ「ご厚情」という尊敬語を使用してみてはいかがでしょう。


「ご厚情」の使い方とは?

ご厚情の使い方やタイミング

ビジネスでは比較的目にすることも多い言葉ですが、いつ使えばいいのかわからないという人も多いでしょう

「ご厚情」は、基本的に堅いかつフォーマルな言葉なので、日常生活において使用することはあまりありません

葬式や結婚式、もしくは祝賀会や歓送迎会さらには宴会など、フォーマルな式典やビジネスシーンで使用されることが多いです

それだけでなく、ビシネスにおける取引先相手への暑中お見舞い状や感謝状などにも使われますよ。ビジネスにおいて相手から親切にされたときなどには、ぜひ積極的に「ご厚情」を活用してみましょう。


ご厚情を使う上での注意点とは?

ビシネスでたびたび使用されることの多い「ご厚情」。ビシネスでは、いつどのようなときに使っても大丈夫だと思っている人もいるかもしれません。ですが、「ご厚情」を使用する場合、さまざまな注意点にも配慮する必要があります。

場合によっては、相手に対して失礼にあたることも。ここでは、「ご厚情」を使用するうえでの注意点をご紹介します。


注意点① 目上の人以外には使えない

ご厚情は目上の人へ使える

まず注意しておきたい点として挙げたいのが、「ご厚情」は目上の人以外には使用できないということ。

「ご」は尊敬を意味した接頭語なので、基本的には目上の人に使用します

かえって部下など、目下の人に対してタイミングを誤って使用した場合、改まりすぎて失礼にあたってしまうことも。日頃からお世話になってり上司や取引先に対するメールや手紙に使用することをおすすめします。


注意点② ご厚情してくださいはNG

「ご厚情してください」という言葉は、使用しないよう注意しておきましょう

基本的に、「ご厚情」は自分に対して使用できません。「ご厚情してください」と言った場合、「あなたからの思いやりをください」という意味になってしまい、おこがましい印象を与えてしまいます。

相手に対しても失礼にあたるので、「ご厚情してください」と言うのは控えましょう


注意点③「ご厚情」を使った文章は、意味が被らないよう注意する。

「ご厚情」を使用する文章の場合、意味が被らないよう注意することも必要不可欠です

「ご厚情」という言葉には、「親切心」「思いやり」といった意味がもともと含まれているため、同じような意味を持つ言葉を使用した場合、意味が重複してしまうことに。

「深いご厚情」「ご厚情心」といった言葉は、意味の重複になっているので使用しないよう注意してください。


「ご厚情」の使い方・例文とは

ご厚情の使い方・例文とは

自分には使えない「ご厚情」ですが、どういう使い方が日常的に使われているのか。

今回は、「ご厚情」の定番例文を6つピックアップ

  • ご厚情を賜る
  • ご厚情に【深謝/感謝/お礼】
  • 一方ならぬご厚情
  • ご厚情あふれるお言葉
  • ご厚情に痛み入る
  • ご厚情の賜物

各例文の使い方をこの機会にマスターしていきましょう


ご厚情の使い方① ご厚情を賜る、賜りますよう

ご厚情を賜るの意味

「ご厚情賜る」は「相手からの思いやりやなさけを受ける」という意味を持っており、ビジネスにおいてはよく使用される言葉

「賜る」は「もらう」の謙譲語を指しています。ちなみに謙譲語とは、自分を下げて相手を立てる敬語のこと。

日常会話で使用されることはあまりありませんが、手紙もしくはスピーチなど改まった場面では非常に使用頻度が高くなりますよ。使用する場合は、「日頃から格別のご厚情を賜り」などと活用されます。

「ご厚情を賜る、賜りますよう」の例文

  • 昨年は並々ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
  • 今後とも変わらぬご厚情を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
  • 平素より格別のご厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
  • 毎度、多大なご厚情を賜り、お礼申し上げます。
  • 在職中は、一方ならぬご厚情を賜り、ありがとうございました。

ご厚情の使い方② ご厚情に深謝、感謝、お礼

ご厚情に感謝の意味

「ご厚情に【深謝、感謝、お礼】」という例文もビジネスシーンでよく使用されます

相手に対して、何かしていただいたことへのお礼や感謝として述べたいときに使われることが多い敬語表現です。

ちなみに、「深謝」は「深く感謝すること」を意味しており、「感謝いたします」「お礼申し上げます」と比較してより丁寧な表現に。「深くお詫びする」という意味ではないので、使い方には注意してくださいね。

「ご厚情に深謝、感謝、お礼」の例文

  • 私ごとん結婚に、お祝いの品だけでなくお祝いの言葉まで頂戴いただき、ご厚情に感謝いたします。
  • みなさまのご厚情に感謝申し上げたく、ささやかながら下記の通り宴会を開催したく存じます。
  • お気遣いのお手紙をいただき、ご厚情に深謝いたします。
  • 毎度多大なご厚情にあずかり、心よりお礼申し上げます。
  • 一方ならぬご厚情いただき、心よりお礼申し上げます。

ご厚情の使い方③ 一方ならぬご厚情

一方ならぬご厚情の意味や使い方

「一方ならぬ」は、「ひとかたならぬ」という読み方で、「普通ではないこと」「並一通りではないこと」を意味します

「一方ならぬご厚情」で、「普通ではないご厚情」といった意味に。使う場面としては、年賀状もしくはお礼状などで使用することが多いです。それだけでなく、退職の挨拶のときにも使用可能ですよ。ぜひ下記例文を参考にしてみてくださいね。

「一方ならぬご厚情」の例文

  • 日頃より一方ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。
  • 在職中は一方ならぬご厚情をいただき、深く感謝申し上げます。
  • 昨年中は一方ならぬご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

ご厚情の使い方④ ご厚情あふれるお言葉

ご厚情あふれる言葉の意味や使い方

「ご厚情」の使い方として、「ご厚情あふれるお言葉」は、外せない定番フレーズ

「相手からの親切心に満ちた言葉」というニュアンスで、相手からの言葉が励みになったとき、もしくは元気付けてくれたときに使用可能です。

会社の祝賀会や結婚など、何かお祝いごとに対して感謝の気持ちも含めて表現したいときにおすすめの敬語です。例文を参考にして、ぜひ活用してみましょう。

「ご厚情あふれるお言葉」の例文

  • 弊社の創立祝賀会の折は、ご厚情あふれるお言葉を賜りまして、心よりお礼申し上げます。
  • この度は私どもの結婚に際して、お忙しいなかご厚情あふれるお言葉をいただき、深く感謝申し上げます。
  • この度はご厚情あふれるお言葉を数多くいただき、誠に深くお礼申し上げます。

ご厚情の使い方⑤ ご厚情に痛み入る

ご厚情に痛み入るの意味や使い方

「痛み入る」という言葉には、「相手からん親切心や好意に対して恐縮する」「相手の図々しい様子に呆れる」といった意味を持っています

「痛み入ります」には、「他人からの親切心に感謝しつつも、自分にはもったいないと感じ胸が痛くなる」などを表せますよ。謝罪ではなく、感謝の気持ちを表しているので、下記例文を参考にしながら注意して使用してみてください。

「ご厚情に痛み入る」の例文

  • 〇〇様のご厚情に、痛み入ります。この度は、誠にありがとうございます。
  • 寛大なるご理解ならびに温かい励ましのお言葉を頂戴し、ご厚情に痛み入ります。
  • このたびのご厚情に痛み入ります。厚くお礼を申し上げます。

ご厚情の使い方⑥ ご厚情の賜物

ご厚情の賜物の意味

最後にご紹介したい使い方として挙げたいのが「ご厚情の賜物」

「賜物」は「祝福もしくは恩恵として与えられたもの」「あることへの結果として現れた、よいもの」を意味しています

「努力の賜物」に代表されるように、基本的にはよいものやよい結果を指すことが多いです。何かプロジェクトが成功したときや創立記念日を迎えたときなど、「みなさまの努力の賜物で」などと使いましょう

「ご厚情の賜物」の例文

  • この度のプロジェクトが成功しましたのは、みなさまのご厚情の賜物でございます。誠に感謝いいたします。
  • 弊社は今年で創立10周年を迎えることができました。これもみなさまのご支援ならびにご厚情の賜物でございます。
  • 今回このような成功を収めましたのは、何よりみなさまのご厚情の賜物でございます。

「ご厚情」と言い換えできる類語一覧

ご厚情と言い換えできる類語一覧

「ご厚情」には、様々な類語が存在し、タイミングや場所に応じて使う敬語を変えるのが一般的です。

今回は、「ご厚情」と言い換えられる類語を7つご紹介します。

  • ご愛顧
  • ご厚誼
  • ご高配
  • ご配慮
  • ご厚意
  • ご交誼
  • ご恩情

各類語の意味から使い方、例文までこの機会に勉強していってください


ご厚情の類語① ご愛顧

ご厚情の類語①ご愛顧

「ご厚情」の類語として最もメジャーな敬語が、「ご愛顧」

「愛顧」は「あいこ」という読み方で、「相手の目をかけて引き立てる」ことを意味しています。「ご愛顧」は、「相手からひいきにされて引き立てられること」を指します

もともと芸人もしくは役者がお客様に対して使用していましたが、「ご愛顧いただき」といった謙譲語を使用した使い方や「ご愛顧のほど」など、今ではビジネスシーンで使用されることも多くなりました。ビジネスにおいては、顧客もしくはビジネス相手に対して使用することが多いです。

「ご愛顧」の例文

  • 平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
  • 日頃のご愛顧に感謝して、本日よりセールを実施いたします。
  • 先日はどうもありがとうございました。今後とも、ご愛顧を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

ご厚情の類語② ご厚誼

ご厚情の類語②ご厚誼

こちらも、ご厚情の類語として挙げられる「ご厚誼」。「ごこうぎ」という読み方で、「手厚い親切」「深い親しみの気持ち」を意味しています

あまり聞きなれないという人も多いかもしれませんが、ビジネスにおいてはスピーチの挨拶や結びの言葉として使用されることも多く、葬儀でも使用できる汎用性の高い言葉です

もちろん、「ご厚誼」は目上の人への使用も可能。日頃の感謝を示したいときは、ぜひよいタイミングで「ご厚誼」を使用してみてはいかがでしょう。

「ご厚誼」の例文

  • 皆さまへの日頃のご厚誼を感謝しつつ、忘年会を下記日程にて開催いたします。
  • 今後とも、どうぞ変わらぬご指導ご厚誼を賜りますよう、どうぞお願い申し上げます。
  • 日頃のご厚誼へのお礼そしてご勤労を兼ねて、忘年会を開催したいと考えております。

ご厚情の類語③ ご高配

ご高配の意味とは

こちらも類語として、度々ビジネスにおいて使用されている尊敬語「ご高配」

「高配」は「他人への配慮もしくは心配り」という意味を持っており、そこに「ご」をつけることで、他人への配慮を表した尊敬語になっています。

基本的には自分のことに対しては使用できず、相手への心配りを表現したいときは「最善を尽くす」などと言いましょう。ビジネスにおいては、文書や手紙などの挨拶文として用いられることが多いですよ

「ご高配」の例文

  • 平素より格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。メールの方に資料を添付いたしますので、ぜひご確認いただければ幸いです。
  • これまでのみなさまのご支援ならびにご高配に、心より感謝申し上げます。
  • このたびはご高配に預かり、厚くお礼を申し上げます。

ご厚情の類語④ ご配慮

ご配慮の意味とは

こちらも「ご厚情」の類語として挙げられる敬語「ご配慮」。

「配慮」とは「他人に対して心をくばること」を表しており、「ご配慮」にすることで「相手の心遣いに対して感謝する気持ち」を指した尊敬語です

また、感謝だけでなく、自分が気を配るようなときにも使用可能。「配慮します」などと使えば、相手に対して軽い印象も与えずに済みますよ。

目上の人はもちろんのこと、同等の人にも使用できる便利さもポイント。「ご配慮願います」「ご配慮いただけますようお願いいたします」など、下記の例文を参考にして活用してみましょう。

「ご配慮」の例文

  • 大変勝手で恐縮なのですが、ご配慮願えませんでしょうか。
  • いつもながらの温かいご配慮に、心よりお礼申し上げます。
  • 〇〇様にご配慮いただいたおかげで、本日無事検査を通過することができました。ありがとうございます。

ご厚情の類語⑤ ご厚意

ご厚志の類語②ご厚意の意味とは

「ご厚意」も、「ご厚情」の類語として挙げられる敬語。

「厚意」は、「思いやりのある心」もしくは「厚情」を意味しており、「ご厚情」で「相手の優しいかつ思いやりのある気持ち」、つまり他人が自分に対して示した気持ちのことを指しています

使用する場合は、「ご厚意を賜り〜」といった謙譲語を交えた言い方から、「ご厚意に甘えて」「ご厚意によって」などさまざまな使い方が可能。もし断るようなときには、「せっかくのご厚意を」などと使用してみてくださいね。

「ご厚意」の例文

  • 社員の皆さまのご厚意によって、新しいプロジェクトを始動させることができました。
  • せっかくのご厚意をいただいて申し訳ありませんが、お断りさせていただければと思います。
  • このたびはご厚意を賜り、深く感謝申し上げます。

ご厚情の類語⑥ ご交誼

ご厚情の類語のご交誼

「ご交誼」の読み方は「ごこうぎ」で、「交際のよしみ」「深い交わり」「友人としても付き合い」など、「対応な関係を結ぶこと」を指しています

基本的には、年賀状や喪中ハガキの文中に使われることが多いです。これまで親しくしてもらったことに対する感謝と、これからも親しい関係性の継続へのお願いに対して使われますよ。

ちなみに、「ご交誼」は親しい相手に使用するのが一般的。目上の人に使用すると失礼にあたることもあるので、使い方や使うタイミングには注意してくださいね。

「ご交誼」の例文

  • 何卒末永きご厚誼を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
  • 昨年中は、一方ならぬご厚誼にあずかり、厚くお礼を申し上げます。
  • 来年も、今までと変わらぬご交誼のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ご厚情の類語⑦ ご恩情

ご厚情の類語のご恩情

意味としては「ご厚意」とほとんど同じで、「思いやりのある心」や「厚情」を表しています。この敬語の特徴は、「恩」という漢字が使われているところ

父母の恩や師弟関係、さらには主従関係の御恩をイメージさせる言葉でもあるため、基本的には目上の人に使用することが多いです

使い方としては、「ご恩情を賜りますよう」といった謙譲語を交えた言葉をはじめ、「ご恩情を頂戴し」「ご恩情に甘えて」など、例文のようにまざまな形で使用されますよ。

「ご恩情」の例文

  • 今後とも変わらぬご恩情を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  • 皆さまのご恩情に甘えて、今現在は治療に専念させていただければ幸いです。
  • 言葉では言い表せないようなご恩情を頂戴し、心よりお礼申し上げます。

「ご厚情」の英語表現

賜るの英語表現

  • would like to express my gratitude for〜(ご厚情に深くお礼を申し上げます)
  • kindness(親切さ)
  • compassion(哀れみ)
  • courteous considerration(丁重な配慮)
  • I appreciate(感謝いたします)
  • Thank you for〜(〜していただきありがとうございます)

もっとも丁寧に「ご厚情」を示したいのであれば、"would like to express my gratitude for"がおすすめ。

そのほかにも、"kindness"や"courteous considerration"を使用して「ご厚情」を示すのもいいでしょう。ぜひ上記の英語表現を参考にして、さまざまな場面で「ご厚情」を表現してみてくださいね。


「ご厚情」の例文を参考に、ビジネスメールを充実させよう!

ここまで、「ご厚情」に関する意味から「ご厚情を賜る」「ご厚情の賜物」といった使い方、さらには「ご厚情」の類語から英語表現についてご紹介しました。

おかしなタイミングで使用してしまうと、相手に対して失礼になる可能性もゼロではありません。ぜひこの記事を参考にして、正しいタイミングで「ご厚情」を活用してみませんか。

【参考記事】謙譲語「差し上げる」の使い方を例文付きで解説します

【参考記事】「おかげさまで」の意味と使い方を分かりやすく解説

【参考記事】「ご健勝」の正しい使い方から類語まで徹底解説

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事