2017年8月2日

職場の男性上司が喜ぶプレゼントランキング。センスが良い贈り物とは

職場の上司(男性)へのおすすめプレゼントをランキング形式で公開。退職祝いや昇進祝い、異動祝い、誕生日プレゼントにまで使えるアイテムを揃えました。40代・50代の男性はもちろん、30代・60代と幅広い男性への贈り物を網羅。マナーや予算と合わせて今までのお礼を伝えましょう。

上司におすすめのプレゼントとは

上司へのおすすめのプレゼントとは

自分より年上の上司へのプレゼントって悩みますよね。特に男性の上司となるとNGプレゼントやマナーなど、贈り物以外でも悩む部分が多くあります。

そこで今回は男性上司へのおすすめのプレゼントを大公開。普段お世話になっているボスが笑顔になるようなアイテムをお届けします。マナーや予算相場と一緒にご覧ください。


上司へのプレゼントを贈る時のマナーとは

上司へのプレゼントのマナーとは

仲の良い男友達や女友達へのプレゼントなら気軽に選べますが、職場の上司となると一筋縄ではいきません。ただでさえ選ぶのが難しいにも関わらず、プレゼントによっては昔からの慣習で“失礼”と受け取られることも。

事前に上司へのNGプレゼントを把握し、気持ちよく受け取って貰える贈り物をチョイスしましょう。


靴や靴下・下着はNG

男性友達への誕生日プレゼントでも定番でもある“靴下や下着”ですが、下に着る物は“上司を見下している”という意味で捉えられることもあります。

現代では少なくなったかもしれませんが、昔からの風習で“下”が付くアイテムは失礼にあたるため注意が必要です。


“別れ”の意味があるハンカチ

卒業式などに贈られるハンカチは“手切れ”という意味があります。そのため、お世話になった上司や先輩へのプレゼントは失礼に当たります。

退職祝いなどで贈るならまだしも、誕生日プレゼントや昇進祝いなどには選ばないようにしましょう。


上司には失礼な文房具

こちらも人によっては大変喜んで貰えるプレゼントの文房具。会社の中では目上の人が後輩に対して“精進しろよ”という意味で渡されていたもの。

自分よりも立場の上の人に贈ると「お前は舐めてるのか!」と怒られてしまうことも。


少し控えたい商品券

好きなものを選べるという意味では重宝される“商品券”のプレゼント。しかし、上司によっては「自分で選べ」という意味で勘違いされることも…。

趣味とは合わないものでも、部下が一生懸命選んだことが伝われば喜ばれるプレゼントになります。


上司へのプレゼントの予算

上司へのプレゼントの予算

上司へのプレゼントの予算は「人数やプレゼントするシーン」などによって変化してきます。毎年誕生日する場合や一度きりの退職などによって予算は変わります。


一般的な平均予算:5,000〜50,000円

全体的な平均予算としては5,000〜50,000円と幅広い設定になります。歓迎会や食事会などイベントごとに、多めの会費を払っている上司もいるため、5,000円が最低でも払いたいところです。


誕生日プレゼントの予算:10,000〜20,000円

上司が課内(部内)でプレゼントを贈る風習を作っている or 自分が貰っている場合は、お返しをしないとけません。

部内や課内で複数人のプレゼントを贈る時は10,000〜20,000円の値段で決めるのが一般的です。


退職祝いの予算:10,000〜30,000円

上司が定年or転職ということで今いる会社を離れる場合は、10,000〜30,000円が相場になります。

退職日を最後に今後も合うこともないため、思い出に残っているアイテムをプレゼントしましょう。


【参考記事】職場の上司を含めたおすすめの退職祝いのプレゼントをご紹介▽


お世話になった上司への予算:20,000〜50,000円

いつもおごってもらったりと個人的にお世話になった上司へのプレゼントは本当に喜んでもらえるような逸品をチョイスしましょう。

平均予算も出ていますが、上司の好みをしっかりと把握して、心から喜ばれるアイテムを選びましょう。


上司が喜ぶプレゼントランキングTOP5

ここからは職場の上司へのプレゼントをランキング形式でご紹介。普段お世話になっている方が喜ぶようなアイテムをレクチャーします。


【第5位】名刺入れ

上司のプレゼントに名刺入れ

まず第5位にランクインしたのは“名刺入れ”です。営業マンでバリバリ名刺交換をする方はもちろん、回数は少ないものの役職が付いた人と取引がある上司にはおすすめ。

ブランドにこだわりが無くても、取引先からのどの名刺入れを使用しているか判断材料になるため、センスが光る一つを選んでみましょう。

※定年退職される方は名刺交換をしない仕事に付く方のプレゼントに不向きです。


おすすめの名刺入れ① ダンヒル

イギリスを代表する高級ファッションブランド『ダンヒル』。30代・40代・50代、どの世代が持っても、様になる紳士ブランドです。

上質なカーフレザーにワンポイントロゴマークを入れたシンプルなデザインは、誰でも問わず使用できる贈り物に。今後もバリバリ働く上司の背中を押すプレゼントになります。価格は約15,000円。

販売サイトで購入


おすすめの名刺入れ② ホワイトハウスコックス

上司へのプレゼントにホワイトハウスコックスの名刺入れ.jpg

出典:zozo.jp

1860年にイギリスで創業された老舗ブランド『ホワイトハウスコックス』。シンプルなデザインで高品質な革を使っているのが魅力の一つ。

持った瞬間に良い物だとわかる名刺入れは一流の上司へのプレゼントに選んでみて。価格は約18,000円。

販売サイトで購入


おすすめの名刺入れ③ ボッテガヴェネタ

イタリア屈指のファションブランド『ボッテガヴェネタ』。代表的な編み込みレザーは一目でボッテガのアイテムだとわかる逸品。

一流のビジネスマンに相応しい名刺入れは、40代・50代の前線で活躍している上司へプレゼントしたい贈り物です。

販売サイトで購入


【参考記事】ビジネスマンにおすすめのブランド名刺入れをご紹介▽


【第4位】ネクタイピン

上司へのプレゼントにネクタイピン

スーツが義務付けられている職場なら男性の必須アイテムでもある“ネクタイピン”。基本的に一人一本しか持っていないため、二本目があっても嬉しいアイテムです。

自分で買うにはなかなか良い物を購入できないため、昇進祝いや転職祝いなどの機会にクールな一本を贈ってみてはいかがでしょうか。


おすすめのネクタイピン① ブルックリンブラザーズ

上司へのプレゼントにブルックリンブラザーズのネクタイピン.jpg

出典:zozo.jp

1818年アメリカで創業されたフォーマルブランド『ブルックリンブラザーズ』。アメリカンテイストのカッコイイけど、遊び心がある一本を揃えています。

シンプルなタイピンにストライブを施したシンプルな一本は30代・40代の上司に持ってもらいたいアイテムに。価格は約2万円。

販売サイトで購入


おすすめのネクタイピン② BLACK LABEL CRESTBRIDGE

上司へのプレゼントにブラックレーベルのネクタイピン.jpg

出典:zozo.jp

「バーバリー・ブラックレーベル」を手がけていた三陽商会が2015年よりスタートしたブランド。紳士的なファッションアイテムが多く揃っており、ファンには根強い人気があります。

シンプルなネクタイピンは英国紳士のような上司への贈り物にしてみてはいかがでしょうか。価格は8,000円程。

販売サイトで購入


おすすめのネクタイピン③ ポールスミス

世界中に人気があるファッションブランド『ポールスミス』。ビジネスでもおしゃれを楽しめるファッションアイテムを多く取り揃えてます。

一見シンプルに見えるネクタイピンですが、よく見ると“千鳥格子”のデザインが刻まれている一本です。スーツやネクタイなどをおしゃれに着こなす上司へのプレゼントに選んでみて。

販売サイトで購入


【参考記事】メンズが持ちたいおしゃれなネクタイピンをご紹介▽


【第3位】スポーツグッズ (ゴルフグッズ)

上司へのプレゼントにゴルフグッズ

ここからはTOP3。まずランクインしたのがスポーツグッズ“です。ビジネスアイテムは揃っていることも多いため、趣味などに関連するアイテムは喜ばれます。

上司が何のスポーツをやっているかによりますが、男性なら大半は“ゴルフ”をやっていることが多いです。家族からは中々応援されないスポーツだからこそ、部下として上司の背中を押すようなプレゼントも良いかもしれません。


おすすめのゴルフグッズ① adabat ポロシャツ

上質を知る大人の為のゴルフブランドをコンセプトにしている『アダバット』。おしゃれでスタイリッシュなデザインのポロシャツを多く揃えているため、ゴルフが生活の一部になっている男性へのプレゼントに最適です。

サイズもあるため、事前にヒアリングを忘れずにプレゼントしてみて。価格は8,000〜15,000円まであります。

販売サイトで購入


おすすめのゴルフグッズ② 世界で一つだけのゴルフマーカー

ゴルフアイテムで必須の『ゴルフマーカー』に刻印した逸品。オリジナルの文字などが刻めるため、思い出に残るアイテムに。

職場を離れる上司へ、退職日を刻んだゴルフマーカーのプレゼントも“アリですね”。今までの感謝の気持ちと一緒に贈ってあげて。

販売サイトで購入



Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。