2017年10月12日

【2017秋版】おすすめのBluetooth対応ワイヤレスイヤホン特集

iPhoneやパソコンで音楽再生できるBluetooth対応のワイヤレスイヤホンの選び方&使い方とは?片耳のハンズフリー通話から、ランニング・水泳などのスポーツまで、高音質・バッテリー長時間再生などのおすすめセットをご紹介します。コードレスで贅沢な音楽ライフを楽しんで!

今季トレンドのワイヤレスイヤホンを完全解説

ワイヤレスイヤホン

テクノロジーのお陰で高品質な製品が低価格で買えてしまう現代。ワイヤレスイヤホンも例外ではなく、一昔前に比べると圧倒的に価格帯の幅が広がり選択肢が無限に存在します。そこで最新のワイヤレスイヤホンを見つける方法をお教えします。iPhone7でイヤホンジャックがなくなり、もはや必須アイテムとなりつつあるワイヤレスの世界を見ていきましょう!


ワイヤレスの仕組みとBluetoothについて

ワイヤレスイヤホンの仕組みとBluetoothについて

まずは、ワイヤレスで音楽が聞けたり通話ができる仕組みをサクッと解説します。ワイヤレスという言葉には様々な通信方法が含まれますが、イヤホンに限って言えば、基本“Bluetooth”を指します。


Bluetoothはバージョンによって能力が変わる

Bluetoothにはバージョンが1.1〜5.0まであります。最新のスマホや音楽プレーヤー、ワイヤレスイヤホンは大体が「4.0/4.1/4.2」の4.0世代です。世代が違っても互換性はあるので機能を制限した状態での使用はOK。
例えば、3.0のスマホに4.2のワイヤレスイヤホンを接続しても使えますが、機能は3.0の機能を使うことになります。バージョンごとの機能詳細が気になる方はコチラを参考に。


Bluetoothの有効範囲

ワイヤレスイヤホンのBluetooth有効範囲

Bluetoothには“Class”と呼ばれる通信可能範囲を示すものがありあります。

  • Class1・・・有効範囲はおよそ100m程度
  • Class2・・・有効範囲はおよそ10m程度
  • Class3・・・有効範囲はおよそ1m程度

一般的なワイヤレスイヤホンとスマホはほぼClass2のため、日常使いで支障が出ることはありません。ただし双方が同じClassでなければ、有効範囲は小さい方に統一されるため一応の注意が必要です。


ワイヤレスイヤホンの充電方法

イヤホンの充電方法

ワイヤレスイヤホンはスマホと同じく定期的な充電が必要です。スマホと変わりませんが、改めてポイントをご紹介します。


充電器と充電ケーブル

ワイヤレスイヤホンを購入するとほとんどの場合、USBの充電ケーブルが付属していますので付属品を使用すれば問題ありません。充電器は、写真のようなUSB差込口の付いた充電器を。スマホを充電する充電器を流用して構いませんよ。
※ただしiPhoneのLightningケーブルは使用不可。


電池切れはワイヤレスイヤホンによって通知方法が異なる

イヤホンメーカーや種類によって充電のサインは異なるため、ひとまとめにご紹介することができません。付属の説明書を確認するようにしましょう。


充電しながらの使用は?

原則充電しながらの使用は不可能です。ただし、ワイヤレスイヤホンの充電は2〜3時間もあれば終わるので、そこまで待たされることもありませんよ。


充電できないときは?

充電できない原因はいくつか有りますが、主に調べるべきは以下の3つ。

  • 充電に使っているUSBケーブル
  • 充電器
  • ワイヤレスイヤホン本体

この内、USBケーブルと充電器は他ので試すことができますので、差し替えて充電をしてみてください。それで充電できれば新しいUSBケーブルか充電器の購入を。
それでも充電が開始されない場合は、イヤホン自体の故障の可能性が疑われます。メーカーのサポート期間なら問い合わせをしてみるか、毎月新製品が出ているので、ニューモデルに買い換えるのもアリです。



いざ実践。数あるワイヤレスイヤホンの中からおすすめをご紹介

2017年秋版として、シーン別・タイプ別にワイヤレスイヤホンをご紹介します。最新のBluetoothイヤホンで有線機種にはないノンストレスなライフスタイルを手に入れましょう。


スポーツシーンに最適。防水・防滴を備えたワイヤレスイヤホン

まずは、運動のときにも音楽を楽しみたい方向けに、汗や雨に強いワイヤレスイヤホンをご紹介します。もちろん普段の通勤通学にも使えるので、一台二役で様々なシーンで利用できますよ。
トレーニングマシーンを使用するときにもコードが引っかかる心配がないので事故が減り、よりトレーニングに集中できる環境が作れます。


Anker SoundBuds Tag Bluetoothイヤホン

Anker SoundBuds Tag Bluetoothイヤホン

3,000円なのに、運動の時の汗にも耐える防滴を備えて、より音質劣化の少ないaptXを備えたコスパ最強のBluetoothイヤホンです。モバイルバッテリーBluetoothスピーカーも販売する『Anker』製品のため、お値段以上の体験ができますよ。ちょっとしたランニングや通勤、通学の時にしか使わないというのなら十分音楽を楽しめる一品です。

販売サイトで購入


ジェイバード X3 ワイヤレスイヤホン

どんなに動いても外れないイヤーチップを備えた『ジェイバード』のワイヤレスイヤホン。一日中運動をしても大丈夫な連続約8時間の心強いバッテリーもワイヤレスイヤホンの懸念点をカバー。手元のコントロールボタンで音楽の操作と通話にも対応できるので、スマホが手元になくても問題ないのは嬉しいポイント。

販売サイトで購入


Bose SoundSport wireless headphones

低音に強みを持つメーカー『ボーズ』。テンションの上がるEDMやクラブミュージックをトレーニング時にも楽しみたいならおすすめのモデルです。耳の形に沿った形状のイヤーチップが抜群のフィット感をもたらします。不快感なくトレーニングに集中できるスポーツ用ワイヤレスイヤホンです。

販売サイトで購入


PHILIPS SHQ6500BL

2017年9月発売の最新モデル『フィリップス』のワイヤレスイヤホンです。コード部分にケブラー素材を使用しているので、万が一引っ掛けてしまっても断線の心配が減ります。また、10,000円以内で買えるコスパの良さもおすすめのポイント。スポーツ時のイヤホンをお探しならフィリップスをお試しあれ。

販売サイトで購入


SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Bluetooth対応

数あるスポーツイヤホンの中でも、音楽プレーヤーを必要としない一体型のワイヤレスイヤホンならプールや海でもBluetoothの通信距離を気にせずにお使いいただけます。
耳元に16GB分(約3800曲)のストレージがあるので、水中では取り込んだ音楽を聴き、ランニングやジムでのトレーニングではスマホとBluetooth通信でワイヤレスイヤホンとしても活用するなど、シーンによって切り替えが可能です。 海水対応、防塵・耐寒熱性能を備えた野外活用に最適なワイヤレスイヤホンを探しならぜひお試しあれ。

販売サイトで購入


【参考記事】おすすめのワイヤレスイヤホンの中でもスポーツで使えるイヤホンを厳選▽



通話もハンズフリーで。片耳用ワイヤレスイヤホン

パソコン操作や読書、料理など、“ながら”通話をするにもワイヤレスイヤホンは便利なアイテムです。音楽を聴くには心許ないものの、片方の耳が塞がらずに外の音も聞けるので安全なのも嬉しいポイント。お手持ちのBluetooth対応のスマホと接続しておけば、わざわざ取り出すこと無く通話/終話ができますよ。


JABRA MINI Black ワイヤレスBluetooth ヘッドセット片耳

オーディオメーカーの作る片耳の通話用イヤホンなら、クリアな通話もちょっとした音楽を聞くときもこれ一台でまかなえます。意外なメリットとして、両耳を塞ぐのは外の音が聞こえなくて不安という方にもおすすめ。後方から接近する車や自転車などとの危険な状況を避けることができますよ。

販売サイトで購入


YEMENREN S2 超小型 片耳イヤホン

アマゾンでベストセラーを獲得している、『YEMENREN』の超小型ワイヤレス片耳用イヤホン。すっぽりと耳に隠れるため、ハンズフリーにありがちなぶら下がってる感を気にせず装着できます。周りからも見て分かりづらいため目立ちたくない場面でも使用できますね。

販売サイトで購入


Bluetooth ヘッドセット Benazcap

スッと伸びた集音マイクがよりクリアに声を拾ってくれるため、通話に特化して使用したい方におすすめです。
また、耳の外にかけて固定するタイプなので、耳の中にはめ込む方式が苦手な方にもぜひ試して頂きたい一台。なお各iPhoneシリーズ、GalaxyやXperiaなどのAndroidに対応しているので、使用機器を選ばないのも魅力。

販売サイトで購入


【参考記事】通話用の片耳イヤホンのおすすめをご紹介します▽



高音質を追求。音質を求める人のためのワイヤレスイヤホン

たとえワイヤレスでも音質にはこだわりたいですよね。有名なメーカーならこれまで培ってきた音響技術が生かされているので、こだわりを持って選びたい方も納得の一台が見つかりますよ。


h.ear in Wireless MDR-EX750BTワイヤレスイヤホン

ソニーのワイヤレスイヤホンは、ネックバンド方式が採用されています。そのため、首にコードがまとわりつく事なく使用可能。
ハイレゾ音源に対応しているので、ハイレゾ用音楽プレーヤーやソニーのXperiaをお持ちなら、合わせてソニーのワイヤレスイヤホンを使ってみて。その音質の差に驚きますよ。

販売サイトで購入


【参考記事】安心の日本ブランドソニーのイヤホンをご紹介!▽



Sudio Vasa Bla ワイヤレスイヤホン

スウェーデンのオーディオメーカー『スーディオ』は、北欧スタイルのデザインを踏襲したセンスあるワイヤレスイヤホンに仕上がっています。絡みにくいフラットケーブル(平らなケーブル)をつかっているので、取り出したときのめんどくささもなく随所で洗練されたデザインが見えるイヤホンと言えます。かっこよくおしゃれなワイヤレスイヤホンを探しなら「Sudio Vasa Bla」一択

販売サイトで購入


JBL UA Sport Bluetoothイヤホン

アスリート御用達のブランド『アンダーアーマー』とコラボした、『JBL』のワイヤレスイヤホン。激しく動いても外れたり落ちたりすることがないため、あらゆるシーンで快適なフィット感を感じられます。運動や通勤通学、仕事中でも貴方のパフォーマンスを最大限引き出してくれる一品をぜひお試しあれ。

販売サイトで購入


【参考記事】音質を求める方へ今年人気の高級イヤホンをどうぞ▽



時代は真のワイヤレスへ。完全独立型のワイヤレスイヤホン

ここ数年、各メーカーから発売が相次いでいるタイプのコードレスイヤホン。左右のイヤホンをつなぐケーブルすらなくした完全独立型(左右分離型)となっています。
メリットはとにかく小型で、リュックやショルダーバッグの肩紐すら引っかからずイヤホンを着けていることを忘れてしまうほどの軽量感。
デメリットはバッテリーの持ちが短いこと。イヤホン自体が小型のため仕方のないことですが、どうしてもフル充電での稼働時間は長くても4時間程度と心許ないです。
しかし、イヤホンケース自体を充電器にしてポータビリティと使いやすさを両立するような工夫を凝らしているので、今後注目のジャンルです。


ONKYO W800BT Bluetoothイヤホン

各種オーディオ機器を製造している『ONKYO』から、左右のイヤーユニットを繋ぐケーブルすらなくなった完全ワイヤレスのイヤホンが登場。ケーブルレスとも言える完全無欠のワイヤレスイヤホンなら完全にストレスフリーで音楽を楽しめます。
なお充電器を兼ねた専用ケースのお陰で、バッテリーの不足もカバーしており、トータル約15時間の再生が可能です。

販売サイトで購入


EARIN ワイヤレスイヤホン

耳栓並の小ささで周囲にイヤホンをしていると気づかれない、超小型のワイヤレスイヤホンです。スタイリッシュな見た目と3.5gの軽量感は不快になること無く音楽を聞くことができ、メガネやマスクをしながらでも干渉することもありません。
連続再生は約2.5時間〜3.0時間。充電機能付きケースを使うことでさらに約2.5時間〜3.0時間使えるので、最大約6時間と一日音楽を聴くには十分ですね。

販売サイトで購入


Apple AirPods フルワイヤレスイヤホン

イヤホンジャックを無くしたiPhone7からワイヤレスイヤホンの需要が高まったと言っても過言ではありませんが、その先駆け的なモデルが、アップル純正のワイヤレスイヤホンです。再生時間も一回の充電で約5時間と通勤通学で使うには十分すぎます。洗練された無駄のないデザインを好むiPhoneユーザーなら1つは持っておきたいアイテムですね。

販売サイトで購入


SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

SONYからも満を持して2017年10月7日に完全ワイヤレスイヤホンが発売されました。この秋に発売された新作のワイヤレスイヤホンは、なんとノイズキャンセリング機能付き。ケーブルからも雑音からも解き放たれる完全無欠のワイヤレスイヤホンとなっています。本体約3時間+充電ケースに2回分の充電があるので、合計9時間の再生が可能です。

販売サイトで購入


Jaybird RUN 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth/防汗/スポーツ対応

これまでスポーツシーンでの活用を想定したイヤホンを作ってきた『Jaybird(ジェイバード)』からも、完全独立型のワイヤレスイヤホンが発売されています。しかもワークアウトしながら使えるように汗や水しぶきに対応した防汗と耐水仕様。激しい運動でも落ちないような設計のイヤーチップと合わせて完全無欠のストレスフリーなワイヤレスイヤホンと言えます。
更に嬉しいことに、イヤホン本体に4時間+充電ケースに8時間の合計最大12時間の再生が可能な容量があるのもポイント。
トレーニングやスポーツを含めたライフスタイルの充実に欠かせない、かつてないハイスペックな『Jaybird』のワイヤレスイヤホンを一度お試しあれ!

販売サイトで購入


おすすめワイヤレスイヤホンで充実した音楽ライフを楽しんで

おすすめワイヤレスイヤホンで音楽を楽しむ

見た目からカッコいいデザイン美はもちろんですが、音質や機能面が日々グレードアップしているワイヤレスイヤホン。コードレスのストレスフリーな生活は、一度はじめたら“やみつき”になります

音質・値段・フィット感・デザイン性などの基準から総合的にワイヤレスイヤホンを選りすぐり、通勤通学・パソコン作業・ランニング・スポーツジム・水泳など様々な使用シーンを充実した音楽ライフに。“最高の音”に囲まれた上質な日々を楽しんでくださいね。

【参考記事】安く手に入るコスパ最強のイヤホンを厳選してご紹介します!▽

【参考記事】より無音空間を作り出すノイズキャンセリングイヤホンの魅力とは▽

【参考記事】2016年、メンズのトレンドファッションとの粋なコラボコーデを▽

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。