【2021価格別】おすすめのコスパ最強Bluetoothワイヤレスイヤホン15選。安い&機能性に優れた一台とは

予算1,000円〜2,000円、3,000円、5,000円と予算別におすすめのBluetooth対応ワイヤレスイヤホンを厳選しました。ランニングなどスポーツに使える防水、高音質、完全ワイヤレスイヤホンと幅広くお届け。安い&コスパが高いイヤホンを探している方は必見です。

【価格別】安いけどコスパが高いワイヤレスイヤホンを大公開!

おすすめの安いイヤホンを大公開

ケーブルがなく、快適に使用できるアイテムとして人気のワイヤレスイヤホン。Bluetoothを使っているので、音楽だけではなく、iPhoneをはじめとするスマホで通話も可能なんですよ。そんなワイヤレスイヤホンですが「高いのでは?」という印象を持ちがち。

そこで今回は、安いけれど使いやすい、おすすめのワイヤレスイヤホンをご紹介します。通勤や通学はもちろん、ランニングやトレーニングに使えるような一本を大公開します。予算1,000円から予算5,000円まで幅広いBluetooth対応イヤホンをご覧ください。


ワイヤレスイヤホンのタイプは主に2種類ある。

ワイヤレスイヤホンを選ぶにあたって、まず抑えておきたいのが種類です。一口にワイヤレスイヤホンといっても「左右をケーブルで繋いだワイヤレスイヤホン」と「完全ワイヤレスイヤホン」の2種類があります。

自分が使うシーンによって、よりベストなワイヤレスイヤホンを選びたいですよね。音楽を聴くだけなのか、スポーツで使うのかなど、自分がどう使いたいかイメージしてみましょう。ここでは2種類のメリットやデメリットをお伝えします。


左右をケーブルで接続したワイヤレスイヤホンのメリット&デメリット

一般的にワイヤレスイヤホンと聞くとイメージするのが、「通常タイプ」の商品です。イヤホンにケーブルがついているのですが、ケーブルの長さは短く、邪魔にならないことが魅力的です。

種類も豊富なので、ワイヤレスイヤホンが初心者の方は、まず試してほしいと思います。しかし、スポーツで使用する際は、首回りにケーブルが当たるので、若干気になる方も多いでしょう。


完全ワイヤレスイヤホンのメリット&デメリット

2017年から一気に普及した「完全ワイヤレスイヤホン」。完全独立タイプのイヤホンは、ケーブルが全くなく、耳にイヤホンの部分を入れるという画期的なデザイン。最近はこのような完全独立タイプの商品が大手メーカー「ソニー(SONY)」や「Pioneer(パイオニア)」から多く出ているので、ポピュラーになってきました。

ケーブルがないので、スポーツをする時や普段の通勤にもとっても便利。しかし、小型なので紛失しやすい…というデメリットがあるので、保管方法には注意が必要です。


ワイヤレスイヤホン選びで大切なこと

ワイヤレスイヤホン選びで大切なこと

ワイヤレスイヤホンの種類を説明した後は、肝心な“選び方”になります。ワイヤレスイヤホン選びは

  1. 価格帯
  2. 防水機能
  3. 音質
  4. 重量
  5. 装着感

の5点を確認しておくことが大切です。ここからは5つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


ワイヤレスイヤホンの選び方1. 「価格帯」による特徴をチェックする

イヤホンの価格帯は1,000円〜数万円と幅広くあります。本記事で紹介する1,000〜5,000円はイヤホンの中でも安い価格帯になりますが、それぞれ特徴が異なりますので、チェックしていきましょう。

1,000円〜2,000円のワイヤレスイヤホン

イヤホンの中でも最も低い価格帯になります。性能が高いわけではありませんので、音質にこだわらない方取りあえずの一台におすすめです。


3,000円のワイヤレスイヤホン

低価格帯ながら防水性能や通話用ノイズキャンセリング機能など機能性を備えたイヤホンが展開されているのが特徴です。機能性を最重要とするのであれば、予算3,000円がおすすめです。


5,000円のワイヤレスイヤホン

防水やノイズキャンセリングだけでなく音楽性にも優れた価格帯になります。機能性・音楽性を重視したい方におすすめの価格帯です。


ワイヤレスイヤホンの選び方2. スポーツやシャワー中に使用するなら「防水機能」は必須!

スポーツをする際に、汗や雨対策にもなる「防水機能」。IPXという指標で表され、後に続く数値が高いほど防水性能が高いといえます。

防水IPX3〜4であれば生活防水、IPX5〜6であれば完全防水、IPX7〜8であればシャワーやお風呂で使える完全防水とある程度分けることができます。スポーツ中で使用する方は、最低IPX4以上の防水機能がおすすめです。

【参考記事】スポーツやお風呂で使うなら防水対応のBluetoothイヤホンもチェックしてみて▽


ワイヤレスイヤホンの選び方3. ワイヤレスを最大限に楽しむために「音質」を重視する

イヤホンにとって音質は重要ですよね。高音質を求めている!という場合は、大手のオーディオメーカーが販売しているワイヤレスイヤホンがおすすめです。もしくは、再生音源がハイレゾへ対応していると、音質が優れているといわれています。

さらに「AAC」「aptX」という規格が対応されていると、より高音質を楽しむことができるでしょう。

【参考記事】無線(Bluetooth)と有線を含めたおすすめのハイレゾ対応イヤホンはこちら▽


ワイヤレスイヤホンの選び方4. なるべく「軽いタイプ」であれば完全ワイヤレスイヤホンをチョイス

せっかくワイヤレスイヤホンを使用するのであれば、軽さは大切ですよね。基本的にほとんどのワイヤレスイヤホンは軽くて持ち運びが便利です。

しかし、とにかく軽くて快適に使用したい!という場合は、完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。着けていることを忘れるほど耳にフィット感があるので、より快適に使用できるでしょう。


ワイヤレスイヤホンの選び方5. 快適に音楽を楽しむために「装着感」を重視する

ワイヤレスイヤホンを装着するにあたってのフィット感は重要です。自分の耳にしっかりとフィットするタイプを選びましょう。最近主流となっているのが、フィットしやすいカナル型です。

耳にフィットしないと、音がキレイに聞こえなくなったり、外れやすくなる可能性もありますよ。事前に試着をして軽く動いてみるなどをして、自分に合ったワイヤレスイヤホンを探してみてくださいね。

【参考記事】自分に最適なイヤーピースのおすすめについてはこちら▽


安いワイヤレスイヤホンのおすすめ15選

ワイヤレスイヤホンの選び方についてご紹介しました。ワイヤレスイヤホンといっても、通常タイプや完全独立タイプなど、種類があるんですよね。

自分がどんなシーンで使いたいかによって、選び方も変化していきます。ここからは実際に安いおすすめのワイヤレスイヤホンをご紹介していきましょう。予算別に合わせて紹介するので、自分に合った商品を探してみてください。


予算1,000円〜2,000円で購入できるおすすめのコスパ最強ワイヤレスイヤホン2選

まずはお手軽に買える1000~2000円で購入できるワイヤレスイヤホンをご紹介しましょう。「とにかく予算がない」、「ワイヤレスイヤホンがどんなものか試してみたい…」「予備で買いたい」という方におすすめです。


1,000円〜2,000円のコスパ最強ワイヤレスイヤホン1. フォステクスカンパニー KOTORI OFFICE 本田圭佑プロデュースモデル

フォステクスカンパニー KOTORI OFFICE 本田圭佑プロデュース ワイヤレス Bluetooth イヤホン ランニング 向け

プロサッカー選手の「本田圭佑さん」がプロデュースしたワイヤレスイヤホンです。プロのスポーツ選手が手掛けており、運動をする際に最適なイヤホンを目的に作られました。

動いても邪魔にならないネックバンドを使用し、独自に開発されたスポーツサポートイヤフックのおかげで、動いてもフィット感を保てる商品です。リモコン機能内蔵ケーブル”SIC” を採用しているので、ケーブルに内蔵されたスイッチをつまむだけで、電源のON・OFFや音量調節が可能となっています。ただし、音質に関しては少し不満がある方もいるそうですが、スポーツやランニングするには使いやすいワイヤレスイヤホンと言えるでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:約1,800円
  • サイズ:3.5 x 1.5 x 3.3 cm
  • 本体重量:約15g
  • 連続通話時間:約5時間
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:◯(IPX4)
  • 充電方法:microUSB端子で充電

1,000円〜2,000円のコスパ最強ワイヤレスイヤホン2. EVIO スポーツワイヤレスイヤホン

【令和最新版 Bluetooth 5.0 IPX7完全防水】Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン 10時間連続再生 マグネット搭載 SBC&AAC対応 マイク内蔵 ランニング用 ハンズフリー通話 二台接続可能 CVC8.0ノイズキャンセリング搭載 自動ペアリング EVIO 運動 ブルートゥース イヤホン Siri対応

「ジム中に気分を上げたいから、音を綺麗に聴けるイヤホンが欲しい。」音楽を聴きながらスポーツをするのは心も落ち着き、向上心がアップします。でも質が悪かったりするとそっちに気が散っちゃって、集中できないといったことは避けたいところです。

このEVIOの『スポーツワイヤレスイヤホン』はCVC 8.0ノイズキャンセリングを搭載しているので、周囲の雑音を削減し、クリアな音質を再現。また、12m離れても声が聴こえるので携帯から離れての運動も行えます。更にペアリングを一度すると二度目以降はイアホンの操作だけで自動ペアリングをすることが可能。

少し辛いジムでもクリアに音楽を聴いてモチベーションをアップできるので、楽しく運動をやりたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:1,780円
  • サイズ:ー
  • 本体重量:21g
  • 連続再生時間:8~10時間
  • 連続通話時間:ー
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:◯(IPX7)
  • 充電方法:USB充電ケーブル

予算3,000円で購入できるおすすめのコスパ最強ワイヤレスイヤホン4選

2000円までのワイヤレス商品をご紹介しました。かなり低予算でも多くの商品がありますよね。続いては、予算3000円で購入できるワイヤレスイヤホンをご紹介します。3000円となると、低予算でさらに機能性のいい商品が見つかることでしょう。


3,000円以下のコスパ最強ワイヤレスイヤホン1. 【改善版】Anker SoundBuds Flow

【改善版】Anker SoundBuds Flow(ワイヤレスイヤホン カナル型)【Bluetooth 5.0 / IPX7防水規格 / 12時間連続再生 / マイク内蔵】

「Bluetoothワイヤレスイヤホンが欲しいんだけど、種類が多すぎてどれを購入したらいいかわからない。」今となってはたくさんの人に使われているBluetoothワイヤレスイヤホン、どうせ買うなら安くて高品質なアイテムを見つけたいですよね。

Ankerの『SoundBuds Flow』は色んな形の耳にもフィットする人間工学に基づいた使い心地の良いデザイン。ネックになりがちな連続再生時間に関しては、1度の満充電で最大12時間の長時間再生が可能です。さらにはIPX7の防水機能が備わっており、⾬などの水滴もしっかりと防ぐことができるので、天候やシーンを選ばず安心して⾳楽を楽しめます。非常に高品質なこちらのアイテムですが、なんと約3,000円で購入が出来るという価格も魅力的。

リーズナブルで高性能を備えたBluetoothワイヤレスイヤホンは、コスパの高い機種をお探しの方にぜひおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:約3,000円
  • サイズ:60 x 3.2 x 1.2 cm
  • 本体重量:13.6 g
  • 連続再生時間:約12時間
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:◯(IPX7)
  • 充電方法:microUSB端子で充電

3,000円以下のコスパ最強ワイヤレスイヤホン2. TaoTronics Bluetooth イヤホン TT-BH026

TaoTronics Bluetooth イヤホン ( 高音質 IPX5防水 8時間連続再生) 軽量 CVC 6.0 ノイズキャンセニング MEMSマイク搭載 内蔵マグネット TT-BH026 (ブラック)

まずは、TaoTronicsから販売しているワイヤレスイヤホンをご紹介します。こちらの商品は、「CVC 6.0ノイズキャンセル」と「MEMSマイク」を搭載しており、従来のマイクロフォンとは違って、より快適に音を楽しむことができます。

また、高弾性シリコンカバーを使っており、耳へのフィット感も抜群。わずか15gと軽量なので、着けていることを忘れてしまいそうな爽快感があります。防水性もあるので、雨や汗を気にすることもなくスポーツが楽しめますよ。片手でマイクのON・OFFや音量調整もできるので、イヤホンをしながら通話を楽しみたい方はチョイスしてみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:約3,600円
  • サイズ:25.5 x 33.29 x 1.29 cm
  • 本体重量:15g
  • 連続再生時間:約8時間
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:◯(IPX5)
  • 充電方法:microUSB端子で充電

3,000円以下のコスパ最強ワイヤレスイヤホン4. Anker Soundcore Spirit X

【改善版】Anker Soundcore Spirit X(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IP68完全防水防塵規格 / SweatGuardテクノロジー / 18時間連続再生】スポーツ フィットネス ランニング

スマートフォンやモバイルバッテリーなどの商品が大人気「アンカー」から販売されているワイヤレスイヤホンです。内蔵マイクと3つのコントロールボタンがついており、操作はとっても簡単。ストレスフリーな使い心地を体験できますよ。独自の機能を採用することで、低音を増幅させて、ロックなどよりダイナミックなサウンドを奏でるイヤホンに。

さらに、耳へのフィット感もあり、防水加工もされているので、ランニングやアウトドアでも使用可能です。機能性がたっぷりつまった商品で、かなり安く手に入るので、コスパ満点なワイヤレスイヤホンとなります。ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:約2,500円
  • サイズ:69 x 4.3 x 2.8 cm
  • 本体重量:約23g
  • 連続再生時間:最大約18時間
  • 連続通話時間:ー
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:◯ (IPX8)
  • 充電方法:USBケーブルを使用

予算5,000円で購入できるおすすめのコスパ最強ワイヤレスイヤホン4選

予算3000円までのワイヤレスイヤホンをご紹介しました。ここからは、さらに予算を上げて、5000円で購入できる商品をご紹介します。5000円となると、かなり機能性が上がるアイテムの多いのではないでしょうか。また、ワイヤレスイヤホンを買い替えたいという方にもおすすめです。


5,000円以下のコスパ最強ワイヤレスイヤホン1. ソニー ワイヤレスイヤホン WI-C200

ソニー ワイヤレスイヤホン WI-C200 : Bluetooth対応/最大15時間連続再生/マイク付き 2019年モデル ブラック WI-C200 BC

「出かけた先でもずっと聴いていられるように、長時間長持ちするイヤホンが欲しい。」どんな時でもその時の気分に合わせて音楽を楽しみたい。でも、急にイヤホンのバッテリーが切れたら気分も落ちちゃうし、いちいち気にするのも面倒くさいですよね。

このsonyの『ワイヤレスイヤホン WI-C200』は最大15時間再生が可能なロングライフバッテリーを搭載。また、安定性に配慮した設計と耳に沿うハウジング形状で快適な装着性を実現しました。

バッテリーも気にせず、のびのびと音楽を楽しみたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:3,164円
  • サイズ:ー
  • 本体重量:19g
  • 連続再生時間:15時間
  • 連続通話時間:ー
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:ー
  • 充電方法:USB

5,000円以下のコスパ最強ワイヤレスイヤホン2. ソニー ワイヤレスイヤホン WI-C310

ソニー ワイヤレスイヤホン WI-C310 : Bluetooth対応/最大15時間連続再生/マイク付き フラットケーブル採用 2019年モデル ブラック WI-C310 BC

「音漏れのしにくいイヤホンが欲しい。」今では移動時間や空いてる時間などに音楽を聴く人は多いです。でも、静かな場所によっては音が漏れているか不安だし、周りに迷惑かけるのは避けたいところ。

このsonyの『ワイヤレスイヤホン WI-C310』は、空気の通気量を調整する孔を小さくした筐体構造で音漏れに配慮。これによって、周りへの音漏れを制御してくれます。また、15時間再生が可能なロングライフバッテリーを搭載し、長時間音楽を楽しめますよ。

電車の中や、静かな場所で音楽を楽しみたい方におすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:4,790円
  • サイズ:ー
  • 本体重量:19g
  • 連続再生時間:15時間
  • 連続通話時間:ー
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:ー
  • 充電方法:USBケーブル

5,000円以下のコスパ最強ワイヤレスイヤホン3. SoundPEATS Q30 HD Bluetooth イヤホン

【aptX HD & AAC 対応】SOUNDPEATS Q30 HD Bluetooth イヤホン 14時間連続再生 高音質 ワイヤレスイヤホン IPX7 防水 スポーツイヤホン QCC3034チップセット採用 CVC8.0ノイズキャンセリング搭載 ブルートゥース イヤホン サウンドピーツ Bluetooth ヘッドホン [IPX7防水証書取得済、メーカー1年保証] ブラック

様々なオーディオ器具を販売している「SoundPEATS(サウンドピーツ)」から販売しているこちらのイヤホンは、通常タイプのワイヤレスイヤホンの中でも大人気な商品です。軽量でコンパクトなので、耳に着けていても快適な着け心地を体験でき、ランニングなどのスポーツも行いやすいです。

また、低音重視、apt-Xコーデック対応と高音質なサウンドにこだわった機能がたっぷりとつまっているので、いい音を聴くことができます。音漏れの心配もなく、防水加工もされているので、耐久性もばっちりです。安いけどより音質にこだわりたいという方におすすめな商品になります。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:約3,700円
  • サイズ:63.5 × 2.5 × 3.2 cm
  • 本体重量:15 g
  • 連続再生時間:約14時間
  • 連続通話時間:約14時間
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:◯ (IPX7)
  • 充電方法:USB充電用ケーブル

5,000円以下のコスパ最強ワイヤレスイヤホン4. JVC HA-FX23BT

JVC HA-FX23BT ワイヤレスイヤホン グミホン/Bluetooth対応/リモコン・マイク付き/小型・軽量設計 ブラック HA-FX23BT-B

日本を牽引してきたい有名オーディオメーカー『JVCケンウッド』が開発したワイヤレスイヤホン。低音域から高音域までクリアに出力するため、低価格でも高音質を楽しめる一台となります。イヤーピースにソフトな素材を用いているため、耳へフィットする装着感も◎。

またリモコンを付属しているため、再生/ストップ・音量調整などのスマホで行うような操作が可能。マイクを内蔵していることもあり、ハンズフリー通話に対応しているのも良いですね。人気メーカーの最新コスパ良好モデルを試したい方におすすめ。ぜひ使いやすいイヤホンで音楽ライフを楽しんでください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 価格:約3,100円
  • サイズ:ー
  • 本体重量:12 g
  • 連続再生時間:約4.5時間
  • 連続通話時間:ー
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:☓
  • 充電方法:USB充電用ケーブル

コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン5選

予算に合わせておすすめのワイヤレスイヤホンをご紹介しました。ここからは、コスパ最強な完全独立タイプのワイヤレスイヤホンをご紹介します。独立タイプのワイヤレスイヤホンで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン1. Anker Soundcore Life P2

Anker Soundcore Life P2(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大40時間音楽再生 / cVc8.0ノイズキャンセリング / グラフェン採用ドライバー/Qualcomm aptX™ / PSE認証済】ブラック

一人でキャンプに行く時は、目的地で音楽を聴いて、より自然を満喫したいところ。ですがイヤホンのバッテリーが切れてしまったら、せっかくの楽しいキャンプも水の泡。充電器を持って行くのは少しかさばるし、なるべくそういったことは避けたいですよね。

この『Anker Soundcore Life P2』は、最大7時間、付属の充電ケースと合わせて40時間の連続再生が可能。また、IPX7の防水規格に対応し、突然の雨でも支障なく音楽が楽しめます。

どんなシーンや天候でも対応できる、まさにアウトドア向けのおすすめイヤホンです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:4,999円
  • サイズ:8x5.2x3cm
  • 本体重量:約62g(充電ケース含む)
  • 連続再生時間:7時間
  • 連続通話時間:ー
  • マイク:◯
  • リモコン:ー
  • 防水:◯(IPX7)
  • 充電方法:USBケーブル

コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン2. SOUNDPEATS Truefree 2

SOUNDPEATS Truefree 2 完全ワイヤレスイヤホン 良きフィット感 長時間再生 複合振動板ドライバー採用 IPX7防水 特製イヤーフック付き Type-C充電対応 サウンドピーツ 高音質 低遅延 フルワイヤレス イヤホン Bluetooth イヤホン 自動ペアリング 低音重視 クリア通話 無線 スポーツイヤホン Bluetooth5.0 Zoom ミーティング テレワーク ブルートゥース ヘッドホン [技適認証取得、正規メーカー1年保証] ブラック

今では完全ワイヤレスイヤホンは主流ですが、その中でも耳からとれてしまうといった事例は数知れず。特に運動をしている際は汗もかくし、取れてしまう不安さえありますよね。

この『SOUNDPEATS Truefree 2』は、人間工学に基づいてデザインされた特製イヤーフック付き。耳にしっかりフィットし、歩くのはもちろん、トレーニング中でもとれる心配はありません。また、IPX7の防水・防汗性能で悪天候時や、ランニングでの汗にもしっかり保護。

ガッツリスポーツをやる人、運動時に汗を良くかく人などにおすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:3,980円
  • サイズ:8x3.8x3.2cm
  • 本体重量:4.7g
  • 連続再生時間:4時間
  • 連続通話時間:ー
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:◯(IPX7)
  • 充電方法:USB

コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン3. TaoTronics SoundLiberty 92

ワイヤレスイヤホン TaoTronics 完全ワイアレス Bluetooth 5.2 インナーイヤーイヤホン 最新MCSync技術対応 30時間連続再生 13mmドライバー 瞬間ペアリング AAC対応 片耳/両耳 IPX7完全防水 SoundLiberty 92 (ブラック)

最近ではリモートワークが急増し、家で仕事をする人が増加しました。そんな中少しでも気分を上げる為に、仕事をしながら音楽を聴くのは気分転換にもなりますよね。でも突然の連絡や、インターホンがなった時、聞こえなくて出れなかったといった状況は避けたいところ。

このTaoTronicsの『ワイヤレスイヤホン』は、ルーズフィットのため、閉塞感がなく、両耳で着用していても、外側から声が入りやすい仕様となっています。また、片耳対応で、ケースと併用すれば最大30時間連続再生が可能。仕事をやりながらも音楽を楽しめます。

家での作業が増え、少しでも音楽で気分転換をしながら仕事がしたい方におすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:4,999円
  • サイズ:約4.3×1.6×1.9cm
  • 本体重量:約4.7g
  • 連続再生時間:5時間
  • 連続通話時間:ー
  • マイク:◯
  • リモコン:ー
  • 防水:◯(IPX7)
  • 充電方法:USB

コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン4. Anker Soundcore Liberty Neo

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応/グラフェン採用ドライバー/マイク内蔵/PSE認証済】(ブラック)

「音編集の際、細かく音を聴き分けたいから、音質に拘ったイヤホンが欲しい。」曲や映像を編集する人にとって音を正確に聴き分けることは、すごく重要な部分です。そんな一つ一つの音をしっかりと聴きとる為にも、音に拘った高機能なイヤホンが欲しいところ。

この『Anker Soundcore Liberty Neo』は、グラフェン採⽤ドライバーを搭載。中高域が高解像度で、大きめの音量でも耳に刺さる感じがない、正確でクリアなサウンドを実現しました。また、低音域を最大43%増幅。低い音までもしっかりと聴きとることが可能です。

バンド活動や、音楽を用いての仕事を行う人にとっては、おすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:4,999円
  • サイズ:7.5x3.5x3cm
  • 本体重量:約51g(充電ケース含む)
  • 連続再生時間:5時間
  • 連続通話時間:ー
  • マイク:◯
  • リモコン:ー
  • 防水:◯(IPX7)
  • 充電方法:Micro USB

コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン5. JPRiDE TWS-520

【第二世代】完全ワイヤレスイヤホン (JPRiDE) TWS-520 Bluetooth イヤホン Red Dot Award 受賞デザイン ( iPhone Android 対応) Bluetooth 5.0 ( WEB会議 テレワーク マイク 搭載 ハンズフリー通話 各種音声アシスタント対応 )【イヤホンのみで 6.5 hrs ~ 連続再生 (旧モデル比 2倍 ~ 1.5倍)】AAC オーディオ

「web会議に使える音質がいいイヤホンが欲しい。」近頃テレワークでの仕事が増えてきて、家の中でパソコンをつないで会議をする人が多くなってきています。でも、いざやって見ると音質が悪く、自分の声がうまく伝わってないといったことは避けたいですよね。

この『JPRiDE TWS-520』は、CVC技術を搭載。通話時の自分の声を明瞭化し、クリアな声を相手側に伝達することができます。また、洗練されたデザインと軽量感で、フィット感抜群。長時間の会議でも耳が痛くなることはありません。

言葉を発することが多い会議でも、滞りなくスムーズに会話ができるので、家でのテレワークにはぴったりの商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス
  • 価格:4,980円
  • サイズ:4x2.5x2.5cm
  • 本体重量:4.8g
  • 連続再生時間:6.5時間
  • 連続通話時間:ー
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:◯(IPX5)
  • 充電方法:Micro USB

安いワイヤレスイヤホンのおすすめメーカーを3社ご紹介します!

ここまでおすすめのワイヤレスイヤホンをご紹介してきました。こうやって考えてみると、値段や機能性に優れたたくさんの商品があることが分かりますよね。続いては、ワイヤレスイヤホンでおすすめのメーカーを3社ご紹介します。商品に悩んでしまう…という方は、メーカーから選んでみてもいいかもしれません。早速ご紹介しましょう。


おすすめメーカー1. Anker (アンカー)

Anker SoundBuds Slim Bluetoothワイヤレスイヤホン(カナル型)【マグネット機能 / 防水規格IPX5 /内蔵マイク搭載】 iPhone、Android各種対応 (ブラック)

モバイルバッテリーをはじめとする、スマートフォンやタブレットなどの周辺機器を販売しているメーカー『アンカー』です。アンカーから販売されている商品は、すべて高性能にかかわらず、手に取りやすい安価なお値段が魅力的です。通常タイプのワイヤレスイヤホンだけではなく、完全独立タイプも取り揃えているので、初心者さんにおすすめです。

Ankerのワイヤレスイヤホンを見る


おすすめメーカー2. SoundPEATS(サウンドピーツ)

【防水進化版 IPX6対応】SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン 10MMドライバー搭載 高音質 [メーカー1年保証] 低音重視 8時間連続再生 apt-Xコーデック採用 人間工学設計 マグネット搭載 CVC6.0ノイズキャンセリング マイク付き ハンズフリー通話 ブルートゥース イヤホン IP6X防塵 ワイヤレス イヤホン Bluetooth ヘッドホン (ブラック)

『SoundPEATS(サウンドピーツ)』は、Bluetoothのイヤホンやオーディオ機器などの製造・販売を行っているメーカーです。安価でワイヤレスイヤホンを購入できることから、人気を集めています。製品テストなどをしっかりと行っているため安心・安全です。まずは試しに安いイヤホンを購入したいという方におすすめですよ。

SoundPEATSのワイヤレスイヤホンを見る


おすすめメーカー3. TaoTronics

TaoTronics Bluetooth イヤホン apt-X HD・IPX7・cVc8.0 ノイキャン 18時間連続再生 SoundElite 71-JP

TaoTronics(タオ トロニクス)はアメリカに本社があるメーカーです。ワイヤレスイヤホンをはじめとする、スマートフォンの周辺機器の製造や販売を行っています。こちらの商品は、口コミや評価がよく、かなり人気のアイテムが多いです。3000円以下で十分な高性能をもつ商品があるので、まさにコスパ最強のメーカーだと思います。

TaoTronicsのワイヤレスイヤホンを見る


格安で使いやすいコスパ最強のワイヤレスイヤホンを選んでみて

おすすめの安いワイヤレスイヤホンをご紹介しました。どの商品も、機能性を重視したり、耳へのフィット感を感じられたりと、思わず使ってみたい!と思うものばかり。スポーツや普段の家事をしている時にも使えるので、毎日がより楽しくなるかもしれません。

また、案外コスパのいいワイヤレスイヤホンを販売しているメーカーはたくさんあるので、初心者さんはぜひチェックしてみてください。イヤホンにこだわり、ぜひ快適な音楽や通話を楽しんでみてくださいね。

【参考記事】最新のBluetoothイヤホンのおすすめを徹底レクチャーします▽

【参考記事】スポーツをするならランニング向けイヤホンをチェックしてみて▽

【参考記事】極上の高音質を奏でるおすすめのハイレゾ対応イヤホン特集はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事