【価格別】コスパ最強のおすすめプリンター12選。家庭用で人気の一台とは?

たまにしか使わない人にとって魅力的な「コスパ最強のプリンター」。安いけど高機能な使い勝手◎のプリンターが自宅にあると、便利ですよね。そこで今回は、プリンターの価格相場から選び方、1万円以下と2万円以下に分けたコスパ最強のおすすめプリンターを徹底紹介します!

低価格で便利な家庭用プリンターを大公開!

おすすめの家庭用プリンター

1家族に1台あると便利なプリンター。年賀状やチケット、ホームページなどを印刷するのにプリンターって意外と活躍しますよね。

ただ、いざプリンターを選ぶとなると、メーカーや機種によって機能や性能は様々。どのプリンターを選べばいいか悩んでしまう人は多いのでは?

そこで今回は、家庭用のおすすめプリンターについてお送りしていきます。機能や性能、コスパに注目してまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。


プリンターの価格相場ってどのくらい?

プリンターの価格相場

プリンターと一口に言っても、機能や性能は様々ですよね。一般的に機能が充実して、性能が高くほど価格相場も上がります

そこで、まずはプリンターの価格相場に対する機能、性能の違いについてざっくりとですがご紹介します。大体どのくらいのプリンターを選べば良いのか、目安にしてみてくださいね。


激安でコスパが良い1万円以下のプリンター

印刷にコピー、スキャンと最低限の機能と性能が揃っているプリンターです。最近ではこのクラスも増えてきており、たまにしか使わないのなら十分な性能でしょう。

しかし、本体は激安ですが、インクの消費量は上のクラスと比べて多めです。むしろインク代が高くつくこともあるので、頻繁に使用する方にはおすすめはできません。


性能が高くて、コスパ抜群の2万円以下のプリンター

印刷やコピー、スキャンなど1万円以下のプリンターと機能的には似ていますが、性能はこちらが上です。特に印刷速度は1万円以下の1.5倍〜2倍になるものもあります。

また、エコ性能の高い機種も増えてくるので、インク代の節約にもなり長期的なコスパもばっちり。頻繁に印刷する、または使うのはたまにだけどその都度大量印刷するのなら、このクラスが良いでしょう。


価格は高いけど、高機能な2万以上のプリンター

基本機能の他に、ファックスやメール転送など様々な機能の付属する高機能プリンター。印刷速度が毎分20枚以上のものもあり、小規模なオフィスであれば十分な性能です。

さらに、機種によってはセキュリティに特化したもの、製本機能など特殊機能の付いたものもあります。一般家庭で使用するのには高性能すぎるかもしれません。


コスパ最強プリンターの選び方は全部で2つ!

プリンターの選び方

プリンター選びで重要なのは、使用するシチュエーションや目的をはっきりさせておくこと。何となくで選ぶと、必要のない機能や性能にコストをかけてしまいます。早速、プリンター選びのポイントを見ていきましょう。


選び方1. 使用用途でプリンターの種類を選ぶ

今プリンターの購入を検討している方は、プリンターをこれから何に使う予定ですか?

例えば、写真と文章を印刷するのにも、選ぶべきプリンターの種類は変わります。

写真を印刷するのに、文章向けのプリンターでは満足する色が出せない可能性があります。まずは使用用途を明確に出してみることが大切ですよ。


① 写真を印刷する場合

写真に求められるのは豊かな色彩です。様々な色彩を表現するのなら6色は欲しいところ。できれば、色鮮やかに表現できる顔料インクのインクジェットがおすすめです。

ただし、インクの種類が増えればそれだけコストがかかります。また、インクジェットは高性能クラスに多く、本体価格も高くなりやすいので、写真を頻繁に印刷する方が選ぶようにしましょう。


② 文書を印刷する場合

文章、グラフを印刷するのであればインクは4色で十分です。あとは予算に合わせて印刷速度の速いもの、インクの消費量の少ないものなど、コスパを考えればいいでしょう。

ちなみに、印刷の綺麗さで選ぶなら顔料インクプリンター、印刷速度ならレーザープリンターがおすすめ。両面印刷機能が付いたものも用紙の節約になるので魅力的です。


選び方2. スキャナーやコピーを搭載した複合機能の有無で選ぶ

プリンターと一括りにしていますが、正確には印刷機能のみ付いたものがプリンター、スキャナーやコピー機能など様々な機能の付属するものは複合機と呼びます。

プリンター選びでは、こうした複合機能の有無もコスパに関わってくるので大切です。ただ、最近では1万円以下でも複合機はあるので、あえて印刷機能のみに絞る必要はありませんよ。

選び方1で紹介したように、自分がどんなことにプリンターを使うのか、今後使う可能性があるのかをしっかり考えてみましょう。


安くて便利!コスパ最強のおすすめプリンター12選

コスパがいいプリンター

家庭で使うのには、最低限の機能と性能、コスパ重視のプリンターでも十分。ただ、最近ではコスパ重視のプリンターも種類が豊富で選ぶのは大変です。

そこでここからは、コスパ最強のおすすめプリンターを具体的に12個紹介します。それぞれの商品ステータスも解説するので比較してみてくださいね。


【予算1万円以下】激安!コスパ最強プリンターのおすすめ8選

本体だけで考えると、予算1万円以下で買えてしまうプリンターは意外とあります。機能や性能も家庭用であれば十分なレベルです。

そこでまずは、予算1万円以下、コスパ最強のおすすめプリンターを8機種ほど見ていきましょう。


1万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ1. エプソン カラリオ PX-049A

エプソン プリンター A4 インクジェット 複合機 カラリオ PX-049A

エプソンの家庭用多機能プリンターです。本体価格5千円前後と安い機種ながら、印刷にコピー、スキャンと最低限の機能がしっかり付いています。

また、無線LAN対応なのでパソコンやスマホ、タブレットと複数台の端末で共有可能に。スマホで撮影した写真を、そのままプリンターに送信するだけと操作も簡単です。

さらに、幅39cm×奥行き30cmとコンパクト設計なので、自宅のちょっとしたスペースにも問題なく設置できます。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:インクジェット
  • インクの種類:顔料インク(4色)
  • サイズ:39.0 × 30.0 × 14.5 cm
  • 対応用紙:L判〜A4
  • 複合機能:○(スキャナー機能・コピー機能)
  • 接続方式:無線LAN・USBケーブル
  • その他機能:スマホ連携可能・自動電源OFF
  • メーカー:エプソン

1万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ2. ブラザー インクジェット複合機 DCP-J577N

ブラザー プリンター A4 インクジェット複合機 DCP-J577N (無線LAN/手差しトレイ/両面印刷)

このクラスのプリンターには珍しく、前面2段階給紙になっていてサイズの異なる用紙を同時にセットできる一台。用紙の切り替えもワンタッチと簡単です。

また、富士フィルムのインクジェットペーパー「画彩 写真仕上げPro」に対応しており、4色インクながらも写真を色鮮やかに印刷できます。

1回のインク交換で写真入りの年賀状を約870枚も印刷でき、さらに1枚あたり3.7円とインク代のコスパも非常に高いので、年賀状を作る年末など、年に何度か大量印刷する方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:インクジェット
  • インクの種類:顔料インク(4色)
  • サイズ:47.5 × 44.5 × 23 cm
  • 対応用紙:L判~A4
  • 複合機能:○(スキャナー機能・コピー機能)
  • 接続方式:無線LAN・USBケーブル
  • その他機能:画彩写真仕上げProモード・自動両面プリント
  • メーカー:ブラザー

1万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ3. キャノン PIXUS TS3130S

Canon プリンター インクジェット PIXUS TS3130S ブラック (黒)

本体価格5千円台と低価格ながら、文章から写真までキヤノンの技術で綺麗に印刷できるプリンターです。特に4色ハイブリッドインクにより細かな文字まではっきり印刷できます。

また、AlexaやGoogleアシスタント端末など、最近話題のスマートスピーカーとの連携も可能。「キャノンプリンターで〜を印刷して」とスマートスピーカーに一声かけるだけで印刷できます。

48.6 × 40cmと比較的小型設計なので、設置場所に困ることもまずなく、低価格で高性能なプリンターを求める方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:インクジェット
  • インクの種類:顔料インク(4色)
  • サイズ:48.6 × 40 × 19.8 cm
  • 対応用紙:L判~A4・スクエア
  • 複合機能:○(スキャナー機能・コピー機能)
  • 接続方式:無線LAN・USBケーブル
  • その他機能:スマホプリント
  • メーカー:キヤノン

1万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ4. ヒューレット・パッカード インクジェットプリンタ OfficeJet 5220

HP インクジェットプリンタ OfficeJet 5220/Z4B27A#ABJ

印刷やコピー、スキャナーの他にFAX転送にまで対応したオールインワンモデル。モノクロ印刷であれば1枚およそ16秒と、本体価格1万円以下のモデルでは最速クラスです。

また、オールインワンモデルでありながら、高さ23cmの薄型設計なので本棚の隙間スペースにも配置できます。流線型のデザインがインテリアにも合うでしょう。

ちなみに、インクはプリントヘッド一体型なので、インク交換のたびに新しくなり、長期間印刷しなくてもヘッド部分が目詰まりすることはありません。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:インクジェット
  • インクの種類:顔料インク(4色)
  • サイズ:48.6 × 44.2 × 23 cm
  • 対応用紙:L判~A4
  • 複合機能:○(スキャナー機能・コピー機能・ADF ・ FAX)
  • 接続方式:無線LAN・USBケーブル
  • その他機能:片面ADF・代行送信(黒のみ)・FAX転送
  • メーカー:ヒューレット・パッカード

1万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ5. エレコム モノクロレーザープリンター EPR-LS01W

エレコム モノクロレーザープリンター WiFi接続 スマホ・タブレット対応 EPR-LS01W

国内でもっともコンパクトなモノクロレーザープリンター。にも関わらず、最大150枚まで給紙ができ、毎分22枚も印刷できるなどパワーのある機種です。

また、一般的なL判〜A4サイズはもちろん、封筒や葉書など多種多様な用紙にも対応可能。お正月前だけでなくあらゆるシーンで活躍してくれます。

給紙、排紙、トナーカートリッジ交換など基本的な操作は全て前面で行えるのも、メンテナンス性の高さから使いやすいです。設置場所が限られている方、プリンターに慣れていない方にいいでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:レーザー
  • インクの種類:トナー
  • サイズ:33.7 × 22.0 × 17.8cm
  • 対応用紙:L判~A4・往復葉書・Monarch封筒・DL封筒など
  • 複合機能:○(スキャナー機能・コピー機能・ADF ・ FAX)
  • 接続方式:無線LAN・USBケーブル
  • その他機能:スマホ対応
  • メーカー:エレコム

1万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ6. キヤノン インクジェットプリンター PIXUS TS203

キヤノン A4カラー対応 インクジェットプリンターCanon PIXUS(ピクサス) TS203 PIXUSTS203

印刷のみとシンプルな機能ですが、インクには4色ハイブリッドが採用されており文字の綺麗さはキヤノンの上位機種と変わらないレベルです。

また、キヤノン専用アプリ「Easy-PhotoPrint Editor」と組み合わせれば、スマホやパソコンから写真を簡単にアレンジして印刷できます。

インク容量は標準タイプの他に、大容量タイプにも対応しており、普段の印刷枚数が多い方でも頻繁に交換する必要がなく手間を減らせて便利です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:インクジェット
  • インクの種類:顔料インク(4色)
  • サイズ:48 × 39.4 × 19.2 cm
  • 対応用紙:L判~A4
  • 複合機能:×
  • 接続方式:無線LAN・USBケーブル
  • その他機能:スマホプリント
  • メーカー:キヤノン

1万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ7. ブラザー レーザープリンター HL-L2330D

ブラザー レーザープリンター A4モノクロ HL-L2330D (30PPM/両面印刷)

モノクロ印刷に特化したレーザープリンターのエントリーモデルです。1万円以内と低価格ながらも、機能をモノクロ印刷に絞ることで、印刷速度は毎分30枚と高機能モデル並み

さらに印刷コストは1枚あたり3円ほど、本体価格とインク代を合わせてもコスパ最高の経済的なプリンターです。

また、同機種にはハイエンドモデルも存在しており、オプション機器を合わせることで家庭から小規模オフィス、大企業まで幅広い環境に使用できます。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:レーザー
  • インクの種類:トナー
  • サイズ:35.6 × 36.0 × 18.3cm
  • 対応用紙:L判~A4
  • 複合機能:×
  • 接続方式:USBケーブル
  • その他機能:自動両面印刷
  • メーカー:ブラザー

1万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ8. エプソン ビジネスプリンター PX-K150

エプソン プリンター A4 モノクロ インクジェット ビジネス向け PX-K150

ビジネスプリンターと名前にありますが、家庭用としても十分なモノクロプリンター。モノクロに限定しているのでカートリッジの容量は大きく、インク代も安いので経済的です。

また、高速MACHヘッドを採用することで毎分15枚の印刷が可能に、かつ普通紙であればおよそ5万枚の印刷にも耐えられる高い耐久性もあります。

ただ本体価格が1万円以内と低価格なだけでなく、ハードに使用しても壊れにくいため、長期的なコスパが抜群。コスパも大切だけど、安心して長く使いたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:インクジェット
  • インクの種類:顔料インク(4色)
  • サイズ:39.2 × 53.0 × 29.6 cm
  • 対応用紙:L判〜A4
  • 複合機能:×
  • 接続方式:無線LAN・USBケーブル
  • その他機能:ー
  • メーカー:エプソン

【予算2万円以下】性能が良くてコスパ最強なプリンターおすすめ4選

1万円以下の低価格なプリンターでも複合機能はあります。しかし、機能が充実するほどに速度が遅くなったり、反対に速度が速いと機能が足りなかったりなどの不満点も。

その点、2万円以内になれば比較的安いだけでなく、機能や性能のバランスの取れた使いやすい機種が増えます。続いては、2万円以内のおすすめ機種を見ていきましょう。


2万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ1. キャノン インクジェットプリンター PIXUS iP7230

Canon インクジェットプリンター PIXUS iP7230

家庭用プリンターながら5色ハイブリッドに対応しており、9,600dpiの高画質で写真やイラストを美しく印刷できます。当然、文章の文字もはっきりとしていて綺麗です。

また、大容量インクかつ独立カートリッジ採用なので、インク交換の回数を減らせるだけでなく、なくなったインクだけを交換できコスパもいいと言えます。

さらにクイックスタートにも対応していて、電源を入れてからわずか数秒で立ち上がるため、急いでいる時や少しだけ印刷したい時にストレスが溜まらず使いやすいです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:インクジェット
  • インクの種類:顔料インク5色)
  • サイズ:45.1 × 36.8 × 12.8 cm
  • 対応用紙:L判~A4・六切・長形封筒
  • 複合機能:○(スキャナー機能・コピー機能)
  • 接続方式:無線LAN・USBケーブル
  • その他機能:両面自動印刷・CDレーベルプリント
  • メーカー:キャノン

2万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ2. エプソン インクジェット カラリオ EP-811

エプソン プリンター A4 インクジェット 複合機 カラリオ EP-811AW ホワイト(白)

エプソン製の中でも人気の高い家庭用プリンターです。エプソン独自の印刷技術により写真用紙だけでなく、それこそ普通紙でも写真をより鮮やかに印刷できます。

また、写真自動補正「オートフォトファイン!EX」で逆光や夜景、色被りの写真を適切な色味に自動補正することが。さらに、色あせてしまった写真を復元することも可能です。

自動両面印刷やディスクレーベルプリントなど印刷機能も充実しているので、これ1台あれば、大抵の印刷物には対応でき2万円以内でも値段以上の働きをしてくれますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:インクジェット
  • インクの種類:顔料インク(6色)
  • サイズ:48.4 × 42.2 × 24.4 cm
  • 対応用紙:L判~A4
  • 複合機能:○(スキャナー機能・コピー機能)
  • 接続方式:無線LAN・USBケーブル
  • その他機能:自動両面印刷・ディスクレーベルプリント
  • メーカー:エプソン

2万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ3. ブラザー インクジェットプリンター DCP-J978N-B/W

ブラザー プリンター A4 インクジェット複合機 DCP-J978N-W (白モデル/ADF/有線・無線LAN/手差しトレイ/両面印刷/レーベル印刷)

2万円以内とまだ低価格の部類にも関わらず、ADF(自動原稿送り装置)が標準装備。最大20枚の原稿であればセットするだけで自動で読み取って処理してくれます。

また、小型設計の割には細かな部分に機能が隠されていて、例えば前面の給紙トレイは2段構造で2種類の用紙を同時にセット可能。インクも前面から交換できるストレスフリー設計です。

A4カラー文書であれば1回のインク交換で約500枚まで印刷でき、1枚あたり約8.4円とコスパも十分。これ1台でおよその作業に対応しているため、小規模オフィスや自宅で家族全員が頻繁にプリンターを使う人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:インクジェット
  • インクの種類:顔料インク(4色)
  • サイズ:40.0×34.1×17.2 cm
  • 対応用紙:L判~A4・封筒・葉書
  • 複合機能:○(スキャナー機能・コピー機能)
  • 接続方式:無線LAN・USBケーブル
  • その他機能:自動両面印刷・ディスクレーベルプリント・ADF
  • メーカー:ブラザー

2万円以下のコスパ最強プリンターのおすすめ4. エプソン モノクロインクジェットプリンター PX-S160T

エプソン プリンター A4 モノクロ インクジェット エコタンク搭載 PX-S160T1 (無償保証期間3年/ドキュメントパック非同梱)

エコタンク搭載モデルのモノクロプリンターです。大容量インクタンク「エコタンク」にインクを1回注入するだけ、約11,000ページ印刷でき1年ほどはインク交換の心配がありません。

また、1枚あたり約0.3円と圧倒的なリーズナブルさで経済的。エプソンの同系統機種と比較して、ランニングコストは5年間で約69%削減できたデータもあります。

起動してから1枚目を印刷するまでの時間が約9秒と、待ち時間のストレスが少ないのも魅力的です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 種類:インクジェット
  • インクの種類:顔料インク(1色)
  • サイズ:43.5 × 53.0 × 29.6cm
  • 対応用紙:L判~A4・封筒
  • 複合機能:×
  • 接続方式:無線LAN・USBケーブル
  • その他機能:ー
  • メーカー:エプソン

コスパ最強なプリンターを揃えるおすすめ人気メーカー

プリンターのおすすめメーカー

ここまでコスパ最強なおすすめプリンターをご紹介してきましたが、およそ似通ったメーカーが登場していましたね。

例えば、キヤノンやエプソン、ブラザーなど。そこで、各人気メーカーの紹介とプリンターの特徴をご説明します。


プリンターのおすすめメーカー1. キャノン(Canon)

キャノンはプリンターや複合機などの事務機器だけでなく、カメラやビデオなどの映像機器も製造・販売している人気の電気機器メーカーです。

キャノンのプリンターは機能と性能、価格のバランスが良いのが特徴。「迷ったらとりあえずキャノン」と言われるほどで、他のメーカーで気に入るものがない時はキャノンを選べばまず間違いありません。


プリンターのおすすめメーカー2. エプソン(EPSON)

エプソンはプリンターやパソコン、プロジェクターなどの電子デバイスを手がける人気の精密機器メーカーです。

プリンターの画質に力を入れているメーカーなので、他のメーカーと比べても写真の印刷を綺麗にできます。頻繁に写真を印刷する方にはおすすめでしょう。

また、本体価格が比較的安いことから、普段あまり印刷しない方でも手に取りやすくて人気です。


プリンターのおすすめメーカー3. ブラザー工業

プリンターを始め、ファクシミリやミシンなどの製造・販売を展開している人気の電気メーカーです。

ブラザーの特徴は、他のメーカーではあまり見られない機能を搭載していること。電話機能付きプリンターやNFC対応(短距離通信)プリンターなど業界初の機能も多数あります。

また、低価格のプリンターでも比較的印刷速度が速いので、文章や書類を大量に印刷する方におすすめです。


プリンターのおすすめメーカー4. ヒューレット・パッカード(HP)

ノートパソコンやデスクトップ、プリンターやモニターなどデスク周りの機器を取り扱っているアメリカ発祥の電子機器メーカーです。

ヒューレット・パッカードのプリンターは機能的な上にスタイリッシュなデザインが特徴。リビングに配置しても周りのインテリアを邪魔しません。

リーズナブルな価格帯の機種も多いので、とにかく本体を安く購入したい方にいいでしょう。


使い勝手が良くて、コスパも抜群のプリンターを見つけよう!

使い勝手がいいコスパ抜群のプリンター

プリンター選びで大切なのは、普段から何に使うのかシチュエーションと目的を考えることです。そこから必要な機能や性能、予算を考えればおよそぴったりな1台が見つかります。

ちなみに、最近のプリンターはどれも2万円以下の比較的やすい機種でも高性能。それこそ1万円以下の超低価格なものでも印刷だけなら十分です。

不要な機能や性能を付けても価格が高くなるだけなので、紹介した内容を参考にしつつ、経済的で使いやすいプリンターを探してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事