【2020】イヤホン有名メーカーのおすすめランキング|日本&海外の人気機種を比較

イヤホンの人気メーカーについて知りたい方へ。今記事では、大手オーディオ機器メーカーのおすすめランキングや、人気売れ筋のイヤホンを詳しくご紹介します。各メーカー毎の特徴などをしっかり把握して、最適なイヤホンをGETしましょう!

イヤホンをメーカーで絞って選ぶ人は意外と多い!

イヤホンメーカーのおすすめ

近年、日本だけでなく、アジアなどの海外メーカーのイヤホンがたくさん見られるようになっています。今ではコスパ優先で安い海外製を選ぶ人も珍しくありません。

そんな中、メーカーにこだわってイヤホンを選ぶ人は多いでしょう。イヤホンの音質に一定の水準を求める人、手持ちの端末とコーディネートさせたい人など様々です。メーカーごとの特徴を知り、納得いくイヤホン選びをしてみませんか。


【徹底比較】イヤホンメーカーのおすすめ人気ランキングTOP10

おすすめの有名なイヤホンメーカーをランキング形式で10社紹介します。各社の特徴を知り、自分に合うイヤホン選びの参考にしてください。

人気の売れ筋商品も取り上げるので、気になるイヤホンのメーカーがあったらぜひチェックしてみましょう。


【イヤホンメーカーのおすすめ第10位】Apple(Apple)

Appleは著名なスティーブン・ジョブスなどが197年に設立した会社です。かつてはパソコンのMacが主力でしたが、2000年代に入りiPhoneを発売、今では世界的に有名な大手スマホメーカーになりました。

以前、携帯デジタルプレイヤーのiPodや純正スピーカーなど、各種アクセサリー類を販売していたため、オーディオ関係にも強いです。Appleの携帯プレイヤーに欠かせないイヤホンもApple製が大人気。

現在は完全ワイヤレスイヤホンのAirPodsが好評です。iPhoneユーザーなら、iPhoneとの相性が抜群のApple純正イヤホンをチェックしてみましょう。


Appleの人気イヤホン:AirPods Pro

Apple AirPods Pro
  • ノイズキャンセリング機能搭載や、コンパクトな見た目に進化し使いやすくなった
  • 耐汗耐水機能が追加され、少々の汗や水がかかっても安心して使える
  • Apple純正品だから、iPhoneやApple Watchと連携性は抜群

街中や周囲に人がいる環境でAirPodsを使っていると、独特の見た目や雑踏のノイズが気になって、結局使わないままになっている人もいるかもしれません。AirPodsの改良版、新しいAirPods Proなら、周囲を気にせず快適に使えるのではないでしょうか。AirPods Proはノイズキャンセリング機能に加え、見た目もコンパクトになっています。

耐汗耐水機能(IPX4)も追加され、さらに使い勝手も向上しました。通勤・通学時に周囲が気になってAirPodsをやめた人も、新しくなったAirPods Proにチャレンジしてみては。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • タイプ:完全ワイヤレス
  • 形状:カナル型
  • マイク付き:◯
  • ハイレゾ対応:×
  • ノイズキャンセリング:◯
  • 防水:IPX4

【イヤホンメーカーのおすすめ第9位】Anker(アンカー)

Anker(アンカー)は2011年創業の中国の企業です。モバイル製品のバッテリーなど、コスパの高いモバイルアクセサリー(付属品)の製造を発祥とし、今ではオーディオ機器やスマート端末など複数の商品ブランドを持つ企業に成長しました。

Anker製イヤホンは、オーディオブランドの『Soundcore』のものが大半です。Ankerらしい品質と価格のバランスに優れたイヤホンが特徴的。コスパ重視の人におすすめするイヤホンメーカーです。


アンカーの人気イヤホン:Soundcore Liberty Neo

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応/グラフェン採用ドライバー/マイク内蔵/PSE認証済】(ブラック)
  • Anker製だから、価格と性能のバランスの良いリーズナブルなイヤホン
  • ケース充電やマイク内蔵、5gの軽量、低音再生など基本的な機能性はバッチリ
  • IPX7の高い防水性能により屋外や運動での使用も可能

完全ワイヤレスイヤホンが欲しいが、性能と価格のバランスが良いイヤホンを探している人は多いはず。アジアメーカーの安いイヤホンもいいですが、それならモバイル関連製品で定評あるAnkerのイヤホンを選んでみては。このイヤホンは5,000円以下とお手頃で、第二世代(先代モデルの改良版)のため安心感もあります。

IPX7の耐浸水とフィット感の高い機構により、運動中の使用や突然の雨に遭遇しても問題ありません。コスパのいい完全ワイヤレスイヤホンなら、『Liberty Neo』がおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • タイプ:完全ワイヤレス
  • 形状:カナル型
  • マイク付き:◯
  • ハイレゾ対応:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • 防水:IPX7

【イヤホンメーカーのおすすめ第8位】JVCKENWOOD

JVCケンウッドは3つの音響ブランド事業を展開する企業です。3つのブランドとは、国際ブランドのJVCと、車載機器に強いKENWOOD、高級オーディオのVictorです。

3ブランドともにイヤホンを販売しているものの、その大半はJVCとVictor。国際展開しているJVCは1,000円以下の激安イヤホンから数万円の高級モデルまでと幅広い。一方、Victorは5万円以上の最高級モデルになります。JVCは選べる楽しさ、Victorは最高の音質を求める人におすすめですよ。


JBCケンウッドの人気イヤホン:Victor JVC HA-FW1500

Victor JVC HA-FW1500 WOODシリーズ 密閉型イヤホン リケーブル ハイレゾ音源対応
  • 音にこだわるブランドカラーが明確なVictor製だからハイレゾ音質を堪能できる
  • 最上位モデルの技術を援用し、卓抜した音を比較的リーズナブルに味わえる
  • 外装や付属ケースも高級感があり、総合的な満足感が高い

JVCケンウッドのイヤホンは多種多様で、結局どう選べばJVCケンウッド「らしい」イヤホンが見つかるかは非常に悩みどころ。特にJVCは幅広く、好みや用途で選ぶ楽しさこそが魅力といえます。そこで、音にこだわる『原音探求』という明確なブランドコンセプトを持つVictorからイヤホンを探すと良いでしょう。

これは最上位モデルのウッド製パーツなどの技術を取り入れたハイレゾ対応イヤホン。独自の音質チューニングによる上質な音、また空間位置的な音の発生を再現しリアル感を追求しています。まずメーカーとしてJVCケンウッドを選び、次にイヤホンを選ぶなら、音に真摯なVictorを象徴するこの製品がふさわしいといえるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • タイプ:有線
  • 形状:カナル型
  • マイク付き:×
  • ハイレゾ対応:◯
  • ノイズキャンセリング:×
  • 防水:×

【イヤホンメーカーのおすすめ第7位】JBL

JBLは20世紀前半に確立されたアメリカの有名なオーディオブランドです。いくつかの変遷を経て、現在は韓国のサムスン傘下になっています。特に有名なのは映画館やスタジアム、レコーディングスタジオなどの業務用スピーカー。業務用の音響技術を応用し、一般向けにも製品を提供しています。

JBLのイヤホンはカジュアルなワイヤレスのスポーティモデルが多いです。価格が1万円以下の比較的安いイヤホンが多く、買いやすいのも魅力。屋外でアクティブに過ごす若い人におすすめのイヤホンブランドです。


JBLの人気イヤホン:REFLECT FLOW

JBL REFLECT FLOW 完全ワイヤレスイヤホン 連続約10時間再生/IPX7防水/Bluetooth対応/トークスルー機能搭載 ブラック JBLREFFLOWBLK【国内正規品/メーカー1年保証付き】
  • 一時的な水没に強いIPX7対応でトレーニング中でも安心して使える
  • 外音取り込みやハンズフリー通話機能により、装着したまま会話ができる
  • ポップなカラーもあり、おしゃれで日常使いしやすい

ハードなトレーニング中であっても、いい音で音楽が聴けるワイヤレスイヤホンを探していませんか。JBLのこのイヤホンは一時的な水没にも耐える高い防水機能により、雨天利用や、トレーニング中に汗をかいても安心して使えます。

人と会話をしなくてならない場面でも、取り外し不要のハンズフリー通話や外音取り込み機能を搭載。カジュアルなドンシャリ感、ポップなカラー展開で通勤・通学の日常使いにもぴったり。トレーニング中でも使えるワイヤレスイヤホンが欲しいなら、まずJBLのイヤホンをチェックしてみましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • タイプ:完全ワイヤレス
  • 形状:カナル型
  • マイク付き:◯
  • ハイレゾ対応:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • 防水:IPX7

【イヤホンメーカーのおすすめ第6位】SENNHEISER(ゼンハイザー)

SENNHEISER(ゼンハイザー)は1945年に創立されたドイツの有名な音響機器メーカーです。プロの現場から一般の音楽ファン用の製品まで幅広く手がけており、世界中でゼンハイザーの製品が愛用されています。特にゼンハイザーを象徴する製品がヘッドホン。数多くのプロから信頼を受け、特徴的なデザインも相まって数多くのミュージシャンが広告等で使用するほど。

音にこだわるなら、音楽にうるさい人も唸らせるゼンハイザーのイヤホンを一度試してみてはいかがでしょうか。


ゼンハイザーの人気イヤホン:MOMENTUM True Wireless 2

Sennheiser ゼンハイザー Bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless 2, M3IETW2 BLACK <<ノイズキャンセリング、LDSアンテナ、Bluetooth 5.1、ドイツ本社開発7mmドライバー、aptX、IPX 4 防滴、7+21時間再生【国内正規品】
  • ゼンハイザーのイヤホンを避けていた人も満足のノイズキャンセリングモデル
  • 一時的な外音取り込み機構により、街中でも安全に利用できる
  • 周囲の雑音があっても音量を上げずに済み、長時間聴いていても疲れにくい

ゼンハイザーのファンだが、ゼンハイザーのイヤホンは開放型だから、音楽を聴く時に周囲のノイズが気になるという人もいるのでは。このイヤホンは遮音性の高い構造とノイズキャンセリング技術により、ノイズを抑え低音から中高音域まで高音質で楽しめます。

一時的に外音を取り込んで、イヤホンを装着したまま話ができる機能も搭載。LDSアンテナとクアルコムの最新型のチップを搭載し、接続の安定度も向上しています。ゼンハイザーの製品に魅力を感じているが、「周囲の音が入りやすくイヤホンは敬遠していた」という人に試して欲しいイヤホンです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • タイプ:完全ワイヤレス
  • 形状:カナル型
  • マイク付き:◯
  • ハイレゾ対応:×
  • ノイズキャンセリング:◯
  • 防水:IPX4

【イヤホンメーカーのおすすめ第5位】Beats by Dr. Dre (ビーツ バイドクター・ドレー)

Beats by Dr. Dre(Beats)は著名なヒップホップアーティストのドクター・ドレー(Dr. Dre)と、レコード会社の社長アイオヴィンが2006年に創立したアメリカのオーディオメーカーです。音のプロを招いて開発した製品が大人気となり、一躍アメリカのトップブランドに成長しました。

2014年にはApple社の子会社となり、iPhoneと連携できる製品が多数開発されています。iPhoneユーザーで、音楽を聴くための高音質イヤホンを探している人におすすめです。


ビーツの人気イヤホン:Powerbeats Pro

Powerbeats Pro 完全ワイヤレスイヤホン - ブラック
  • 誰もが一目で見てわかるApple純正のイヤホンを避けたい人におすすめ
  • 高音質とiPhoneとの高い連動性、ワイヤレスイヤホンの利便性が魅力
  • 本国アメリカで定評の高音質イヤホンでいい音が楽しめる

「誰もがすぐにわかるApple純正のイヤホンをつけるのは気乗りしない」という人もいるでしょう。また、iPhoneと連動して使える高音質のイヤホンを探していませんか。このイヤホンはアメリカで定評あるBeatsの高音質とiPhoneとの高い連携性、ワイヤレスイヤホンの利便性の3拍子揃った使いやすいモデル。ドンシャリ感もほとんど感じません。

マットなデザインやトレーニングでも使える対汗・防沫仕様、イヤホン単体操作可能な使いやすさも魅力。このイヤホンはiPhone純正品からの移行を検討している人におすすめのモデルです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • タイプ:完全ワイヤレス
  • 形状:カナル型
  • マイク付き:◯
  • ハイレゾ対応:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • 防水:◯、IPX不明

【イヤホンメーカーのおすすめ第4位】SHURE(シュア)

SHUREは1925年創業のアメリカの老舗音響メーカー。もともと業務用マイクの老舗メーカーでしたが、1997年になってイヤホン製造に進出。2000年代になり、高音質だけでなく、おしゃれなデザインで人気になりました。また、イヤホンでは異例のコードを耳に後ろにかける特徴的なスタイルも受け、『SHURE掛け』として有名に。

エントリーモデルは1万円代と安価ですが、標準的な製品は3~5万円前後。透明感ある豆型デザインや、ポップなスタイル、高音質を好む人におすすめのメーカーです。


シュアの人気イヤホン:SHURE AONIC 215

SHURE シュア AONIC 215 完全ワイヤレス高遮音性イヤホン / SE215SPE-B-TW1-A トランスルーセントブルー : 高音質/高遮音性/外音取り込み/Bluetooth 5.0 / Type-C ケーブル 【国内正規品/メーカー保証2年】
  • SHUREの完全ワイヤレスモデルを待望していた人にぴったりの新モデル
  • 新タイプのイヤホンだが、デザイン性やSHURE掛けスタイルが楽しめる
  • アプリ設定やケース充電、8時間の連続再生も可能で使いやすい

SHUREのファンだが、完全ワイヤレスのイヤホンがないからと他社製を使っている人も多いはず。そんな人に朗報です。2020年4月にSHURE初の完全ワイヤレスイヤホンが発売になりました。実は従来品の『SE215』にワイヤレスモジュールがセットになったもの。完全ワイヤレスでも定番のシュア掛けスタイルは健在で、いつものスタイルで音楽を楽しめます。

SHUREのスタイルが好きだが、やむなく他社製で我慢していた人も、この新モデルで完全ワイヤレスに移行できますね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • タイプ:完全ワイヤレス
  • 形状:カナル型
  • マイク付き:◯
  • ハイレゾ対応: ×
  • ノイズキャンセリング:ー
  • 防水:×

【イヤホンメーカーのおすすめ第3位】BOSE(ボーズ)

BOSEは1965年アメリカ創業の有名な高級音響機器メーカーです。BOSEの音響システムは国内外で好評を博し、企業向けだけでなく一般向けにも提供されています。技術開発力が高く、音響分野を超越し、航空機などの産業分野へも進出中です。

BOSEのイヤホンは数万円が相場で、昨今は1万円代のエントリーモデルやワイヤレスイヤホンも販売しています。BOSEの音響システムや技術力に惹かれるなら、イヤホンも高音質なBOSE製にしてみましょう。


ボーズの人気イヤホン:Bose SoundSport Free wireless headphones

  • 円錐形のノズルや独自のウィング機構により、外れにくくて快適フィット
  • 付属のケースは急速充電対応だから、思わぬ電池切れにあっても安心
  • 少々の雨や汗をかいても安心な防滴仕様で屋外でも便利に使える

自宅だけでなく、屋外でアクティブに活動している時でも気軽にパンチのきいた重低音が楽しめるといいですよね。これは防滴仕様で外れにくく、快適なフィット感だから屋外での動作を邪魔しません。BOSE独自の技術により深みのある重低音と音割れやノイズのない、クリアで安定した中高音が聴けます。

音質の良さだけでなく扱いやすいのも特徴。アプリで各種の設定や紛失時の捜索でき、付属ケースは急速充電に対応しています。BOSEファンで屋外でもBOSEの高音質を楽しみたいなら、ぜひチェックしてほしいイヤホンです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • タイプ:完全ワイヤレス
  • 形状:インナーイヤー型
  • マイク付き:◯
  • ハイレゾ対応:×
  • ノイズキャンセリング: ×
  • 防水:IPX4

【イヤホンメーカーのおすすめ第2位】SONY(ソニー)

1946年創業のソニーは、日本はもとより世界的な知名度があるオーディオ機器メーカー。20万円弱の超高級ハイレゾイヤホンから、数百円のシンプルな片耳イヤホンまで用途に応じて選べます。ネットでの売れ筋は最新モデルの他、かっこいいワイヤレス型、高音質の有線タイプの高級イヤホン、4~5千円くらいのリーズナブルなイヤホンです。

ソニーにはデザイン性が高く、ポップな人気モデルも多い。また、ハイレゾにこだわるなら、ソニー製のイヤホンが定番といえるでしょう。


ソニーの人気イヤホン:ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル ブラック WF-1000XM3 B
  • エンジン音の低音から、中高音の人の声まで幅広いノイズを低減しクリアに聴こえる
  • 圧縮音源やネットの配信音源もハイレゾ級の高音質に変換、ワイヤレスでもいい音で楽しめる
  • 接続安定度を高め、動画視聴でも遅延が生じにくい

ワイヤレスでも周囲の雑音を気にせず、いい音で聴きたいと思っている人もいるでしょう。ソニーのこのワイヤレスイヤホンなら、周囲のノイズを大きく低減し、高音質の音楽を楽しめます。

新型のBluetoothチップを搭載し、左右のイヤホンに直接音を送信する他、安定接続するから動画視聴時の遅延も少なく快適です。街の雑踏や人の声など周囲の音が気になるけれど、いい音を楽しむならこのノイズキャンセリングイヤホンをおすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • タイプ:完全ワイヤレス
  • 形状:カナル型
  • マイク付き: ×
  • ハイレゾ対応:×
  • ノイズキャンセリング:◯
  • 防水:×

【参考記事】はこちら▽


【イヤホンメーカーのおすすめ第1位】audio-technica(オーディオテクニカ)

オーディオテクニカは1962年に東京で創業した大手音響メーカーです。プロ用途をはじめとして、音響関係の製品を広く販売しています。メーカーロゴは丸の中に相似した大小の二等辺三角形がぴったり重なったデザインで、長年放送や音楽関係に携わる人なら郷愁の思いに駆られることでしょう。

オーディオテクニカは10万円を超えるハイエンドモデルから、数百円代の片耳だけの安いイヤホンまで幅広く展開しています。性能も価格も多様なイヤホンがあり、誰もが手に取りやすいイヤホンメーカーといえるでしょう。


オーディオテクニカの人気イヤホン:カナル型イヤホン ATH-CKR7

audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ATH-CKR7
  • ミドルスペックモデルでそこそこ音質もよく、買いやすい
  • 耳に着けるとオーディオテクニカのクールなロゴが見えてカッコいい
  • 専用の収納ポーチや各種サイズのイヤーピースが付属しており日常使いがしやすい

オーディオテクニカのイヤホンの中でも、リーズナブルなイヤホンを探していませんか。このイヤホンはミドルスペックなので買いやすいうえ、ジャズやクラシックの演奏、ポップスのボーカルを綺麗な音で楽しめます。中高音だけでなく、低音の再生をきちんとこなせるスペックがあり、ドンシャリ感もほぼありません。

専用ポーチや各種サイズのイヤーピースも付属しており使いやすいです。いい音を手頃な価格で楽しみたいなら、オーディオテクニカのこのイヤホンをおすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • タイプ:有線
  • 形状:カナル型
  • マイク付き:×
  • ハイレゾ対応:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • 防水:×

有名メーカーのイヤホンで、手軽に高音質の音楽を楽しもう!

世の中には選びきれないほど多数のイヤホンがあり、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。イヤホンの場合、お気に入りのメーカーの売れ筋商品を選ぶのも一つの手です。

今回は国内外の人気の大手・有名メーカーを取り上げました。定番の日本メーカーや、音質にこだわる海外メーカー、コスパの高いアジアのメーカーなど様々あります。自分の好みや用途に応じて、ふさわしいイヤホンを選んでくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事