オーディオテクニカ製イヤホンのおすすめ12選。有線&無線の人気売れ筋モデルを紹介

オーディオテクニカのおすすめイヤホンをお探しの方へ。今記事では、オーディオテクニカのイヤホンの魅力や選び方から、ワイヤレスと有線それぞれおすすめのイヤホンまで詳しくご紹介します。ハイレゾ対応やマイク付きなど、機能性にも目を通して、最適なイヤホンをGETしましょう!

オーディオテクニカのイヤホンとは|主な3つの魅力を解説

オーディオテクニカのイヤフォン

オーディオテクニカは1964年に、アナログレコード愛好者の創業者・松下秀雄さんがアナログカートリッジを制作したことから始まった会社です。

オーディオテクニカの製品の中でもイヤホンは特に人気で、多くの方に親しまれています。なぜオーディオテクニカのイヤホンが世界中で選ばれているのでしょうか。人気の理由や魅力を最初に紹介します。


オーディオテクニカ製イヤホンの魅力1. 高音質なイヤホンが多い

オーディオテクニカのイヤホンはそれぞれに特徴が異なりますが、ほとんどのモデルが「オーテクサウンド」と呼ばれるクリアな音源が楽しめる音質を備えています。

SOLID BASSシリーズは特に人気で、迫力のある重低音が楽しめるのが魅力です。


オーディオテクニカ製イヤホンの魅力2. コスパが良い

オーディオテクニカは5,000円以下や1万円以下でも、十分に高性能なイヤホンが手に入るのが魅力です。

5,000円以下のイヤホンでも重低音が強く、レコーディングで録音された音を忠実に再現するハイレゾ音源を体感できるモデルがあります。


オーディオテクニカ製イヤホンの魅力3. 保証やサポートが充実している

オーディオテクニカの全てのイヤホンには保証とサポートが付いているので、万が一壊れた場合でも安心です。

保証期間内であれば、無料で修理してもらえますよ。また、修理後に同一の故障があった場合にも、3ヶ月以内であれば無料で修理を依頼可能です。


オーディオテクニカ製イヤホンの選び方|正しい比較方法とは

オーディオテクニカはイヤホンの機能や音質、フィット感などそれぞれシリーズによって特徴のある豊富なラインナップが魅力です。

どこに注目して選ぶと自分にぴったりのイヤホンが購入できるのか、オーディオテクニカ製イヤホンの選び方を解説していきます。


オーテクイヤホンの選び方1. 接続方法をチェックして選ぶ

以前までは有線のイヤホンが主流でしたが、最近はBluetoothを活用したワイヤレスイヤホンが定番になってきました。

ところが、有線イヤホンも変わらず販売されています。有線イヤホンとワイヤレスイヤホンの違いを説明するので、最適な方を選んでください。


「ワイヤレスイヤホン」の特徴

Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンは、スマホやPC、オーディオプレイヤーにケーブルを接続しなくても音楽鑑賞が可能。スマホを使わずに、イヤホンだけで音楽や通話、音量コントロールを操作できます。

オーディオテクニカのワイヤレスイヤホンは耳の内側にしっかりと引っかかり不意に外れない設計のため、スポーツ時に使用したい人にもおすすめです。


「有線イヤホン」の特徴

有線イヤホンはスマホやPC、オーディオプレイヤーにケーブルを接続するだけで音楽を再生できるので、ワイヤレスイヤホンのように充電する必要はありません。また、片方のイヤホンだけ紛失する心配も不要。

オーディオテクニカの有線イヤホンは、小型・軽量化を実現しているものも多いので、ワイヤレスイヤホンの重さやバッテリー持ちが気になる方におすすめです。


オーテクイヤホンの選び方2. 人気シリーズの製品を選ぶ

オーディオテクニカにイヤホンは、シリーズによって特徴や価格帯が様々。人気の4シリーズの特徴を紹介するので、イヤホンを選ぶ際の参考にしてください。

初めて購入する方は、定番シリーズを選ぶのがおすすめです。


「CKSシリーズ」

CKSシリーズは、他メーカー、他シリーズと比較して特に重低音に優れたシリーズです。

ダンスミュージックやEDMなど、重低音を生かしたジャンルに向いています。録音された音源を、そのままの音質で楽しみたい人におすすめです。


「CKNシリーズ」

CKNシリーズは、耳が小さい人向けのイヤホンです。超小型ボディのため、耳が小さい方がイヤホンを付けていても耳が痛くなりにくい仕様になっています。

リング形状を採用したことで確実な装着感を実現。イヤホンをつけると、耳が痛くなることが多い人におすすめです。


「CKRシリーズ」

CKRシリーズはフラットで高音質が特徴で、全てのモデルがハイレゾ音源に対応しているので、原音を忠実に再現しています。

オーディオテクニカの高い技術が詰め込まれたモデル。アーティストが目の前で演奏しているかのような臨場感を味わいたい方におすすめです。


「Eシリーズ」

Eシリーズは、オーディオテクニカが音楽制作者向けに展開しているモニター系イヤホンです。

サウンドを正確に聞くために、音質がよく雑音が入りにくいのが特徴。音楽制作時だけでなく、普段使いとしても聞きやすいバランスの良いサウンドを実現しています。よりハイクオリティな音楽を楽しみたい方におすすめです。


【タイプ別】オーディオテクニカのおすすめイヤホン12選

オーディオテクニカのイヤホンはシリーズやモデルが豊富なため、どれを選べばいいのかわからない人も多いでしょう。

ここからは無線と有線に分けて、おすすめのオーディオテクニカの売れ筋イヤホンを紹介します。


【ワイヤレス】オーディオテクニカのおすすめイヤホン7選

ワイヤレスイヤホンはプレイヤーとイヤホンをケーブルで繋ぐ必要がないので、音楽鑑賞中にコードが邪魔になりません。移動やスポーツの時にも、快適に音楽を楽しめます。

オーディオテクニカの売れ筋ワイヤレスイヤホン7選を見ていきましょう。


おすすめのワイヤレスイヤホン1. 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKR7TW-GY

オーディオテクニカ audio-technica 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKR7TW GY / Bluetooth対応 左右分離型 グレー
  • 完全ワイヤレスであることを忘れるほど、中高域の音質がよく臨場感がある
  • 音切れが少ないので、電車通勤する際にもストレスなく音楽を楽しめる
  • 本体の連続再生時間が6時間と長持ち、ケースを併用すれば15時間と十分な長さ

「完全ワイヤレスイヤホンは、有線に比べて音が悪いのでは?」と心配になりますよね。

『ATH-CKR7TW-GY』は、高解像度再生を実現するデュアルレイヤー・テクノロジーを採用しており、コンサートさながらの臨場感を感じられるイヤホンです。通勤やスポーツ時には大いに活躍するでしょう。音切れの少なさも優れており、屋内では極端なことがない限り途切れません。内蔵バッテリーはフル充電で、6時間も再生可能。

アーティストの音楽を忠実に再現できるので、本物の音質を楽しみたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:カナル
  • 連続再生時間(フル充電):6時間
  • マイク:◯
  • リモコン:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • ハイレゾ対応:×

おすすめのワイヤレスイヤホン2. 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKS5TW BK

オーディオテクニカ audio-technica 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKS5TW BK/Bluetooth対応 左右分離型 SOLID BASS ブラック
  • 充電ケースから出し入れするだけで、イヤホンのON/OFFを切り替えられて便利
  • 1回のフル充電で15時間、充電ケースを併用すれば最大45時間もバッテリーが長持ちする
  • SOLID BASS(CKS)シリーズで小型ボディながらも、インパクトのある重低音が楽しめる

ワイヤレスイヤホンを使う時は、充電の持ち時間が気になりますよね。

『ATH-CKS5TW』は1回のフル充電で連続15時間再生可能、充電ケースを併用すれば最大45時間と長時間再生可能なので、バッテリー残量を気にする必要はありません。

小型ボディであるにも関わらず、重みのある低域表現により、音の厚みとインパクトがある重低音を楽しめます。専用アプリ「Connect」に対応しているので、万が一紛失した場合は最後にBluetooth接続した場所を地図で確認可能。

充電ケースを併用すれば約2日間もバッテリーが長持ちするので、「通勤や通学の途中で電池が切れて急に音楽が楽しめなくなるかも」と心配な方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:カナル
  • 連続再生時間(フル充電):15時間
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • ノイズキャンセリング:×
  • ハイレゾ対応:×

おすすめのワイヤレスイヤホン3. ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンATH-AVC400BT

オーディオテクニカ audio-technica ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ATH-ANC400BT ハイレゾ Bluetooth対応 : aptX HD/aptX対応
  • 業界最高クラスのノイズキャンセリング機能で、どんなに騒がしくても音楽を楽しめる
  • 約20時間の長時間再生可能で充電時間も早く、10分充電するだけで170分も使用できる
  • ネックバンド型なので安定感があり、スポーツ時にも使いやすい

勉強や作業中にイヤホンをしていても、雑音がすると集中力が途切れてしまうもの。

オーディオテクニカのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンは業界最高クラスのノイズキャンセリング性能なので、どんなに騒がしい場所でも周りの音が気になりません。通話をする時にも、静寂空間を作り出します。ネックバンド型のイヤホンで、首と耳で支えるため安定感があるので、勉強中にケーブルが邪魔になることはありません。

イヤホンをつけて集中して勉強や作業に取り組みたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:インナーイヤー
  • 連続再生時間(フル充電):20時間
  • マイク:◯
  • リモコン:×
  • ノイズキャンセリング:◯
  • ハイレゾ対応:◯

おすすめのワイヤレスイヤホン4. 完全ワイヤレスイヤホンスポーツ用 ATH-SPORT7TW

オーディオテクニカ audio-technica 完全ワイヤレスイヤホン ATH-SPORT7TW GY 防水 スポーツ用 Bluetooth対応 左右分離型 グレー
  • 水やシャワーで洗っても問題ない防水性能で、汗に強いからスポーツ時に安心
  • ヒアスルー機能により周りの音も音楽もクリアに聞こえる
  • 正しくイヤホンを装着すれば、激しく動いても外れることがない

スポーツする時にイヤホンを使う人は、汗で壊れないか気になるところ。

オーディオテクニカのスポーツ用イヤホンは、防水仕様で汗ガード機能が付いているので、スポーツで汗をかいても壊れません。最適なフィット感を実現するために、4サイズのイヤフィンを採用しているので、スポーツをしていても簡単には外れません。音楽や通話なども濡れた手で操作できるように、タッチコントロール機能付きです。

水で濡れることによる故障を気にせず使えるので、スポーツ時にストレスなく音楽を楽しみたい方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:インナーイヤー
  • 連続再生時間(フル充電):3.5時間
  • マイク:◯
  • リモコン:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • ハイレゾ対応:×

おすすめのワイヤレスイヤホン5. ダイナミック密閉型カナルイヤホン ATH-CKS550XBT

オーディオテクニカ Bluetooth対応 ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)audio-technica SOLID BASS ATH-CKS550XBT BK
  • キレのある重低音が特徴のSOLID BASSシリーズを1万円以下で購入できるコスパが魅力
  • ワイヤレスケーブルタイプなので、体の前や首の後ろなど好きなスタイルで装着可能
  • 高い密閉性と装着性により、簡単には外れない安心感がある

そこまでお金をかけたくないけど、音質が良いイヤホンがほしいと思っている人もいるのではないでしょうか。

オーディオテクニカのダイナミック密閉型カナルイヤホンはキレのある重低音が魅力ですが、1万円以下とコスパ最強です。小型ボディにより高い密閉性と装着性を実現し、外れにくくなっています。ワイヤレスケーブルタイプなので、体の前でも首の後ろでも扱いやすい仕様です。

できるだけ低下価格で、重低音を楽しめるイヤホンがほしい方におすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:カナル
  • 連続再生時間(フル充電):7時間
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • ノイズキャンセリング:×
  • ハイレゾ対応:×

おすすめのワイヤレスイヤホン6. スポーツワイヤレスイヤホンATH-SPORT70BT

オーディオテクニカ Bluetooth対応 スポーツワイヤレスイヤホン(ダイヤモンドブラック)audio-technica ATH-SPORT70BT BK
  • 耳掛け式なので、通常のイヤホンに比べて外れにくい安心感がある
  • 防水機能が付いているから、水で洗っても汗をかいても問題なし
  • ワイヤレスケーブルにコントローラーが付いていて、音楽や動画、通話を簡単に操作できる

耳の穴に入れるタイプのイヤホンはすぐに外れそうで、装着していて落ち着かないと感じる人もいるはず。

スポーツワイヤレスイヤホンは耳掛け式なので、しっかりと装着でき、簡単には外れない安心感があります。スポーツに適したイヤホンで、防水性能と汗ガードが付いているのが特徴です。イヤホンを着けたままタッチ操作で周りの音を確認できるヒアスルー機能も付いています。

耳にしっかりと固定して、運動しながら音楽を楽しみたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:ー
  • 連続再生時間(フル充電):6時間
  • マイク:◯
  • リモコン:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • ハイレゾ対応:×

おすすめのワイヤレスイヤホン7. 完全ワイヤレスイヤホンATH-CK3TW

オーディオテクニカ audio-technica 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CK3TW WH Bluetooth対応 左右分離型 小型 高音質 ホワイト
  • 充電ケースを併用すれば最大30時間もバッテリーが持つので、1日中電池を気にする必要なし
  • イヤホンのタッチセンサーで再生や一時停止、通話、音量調整などスムーズにコントロールできる
  • 耳に沿うラウンドフォルムと完全ワイヤレス専用のシリコンイヤーピースで、高い装着性と遮音性が魅力

小さいワイヤレスイヤホンでも、ヘッドホンのような高音質を楽しめたら嬉しいですよね。

『ATH-CK3TW』は完全ワイヤレスの5.8mm径の極小イヤホンですが、オーディオテクニカが長年培ったヘッドホンの技術を詰め込み、メリハリのある力強い低音に厚みのある伸びやかな音が楽しめます。SiriやGoogleアシスタントにアクセスしてマイクを通じて呼びかけるだけで、メッセージや通知を読み上げ、経路案内など日常の行動をサポートしてくれる音声認識機能付きです。

邪魔にならない小ささで、ヘッドホンのような綺麗な音質を楽しみたい方におすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:インナーイヤー
  • 連続再生時間(フル充電):6時間
  • マイク:◯
  • リモコン:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • ハイレゾ対応:×

【有線】オーディオテクニカのおすすめイヤホン5選

有線イヤホンは端末からそのまま音が伝わるので、音質の良さが魅力です。また、端末に繋げばすぐに再生可能なので、バッテリーを気にする心配はいりません。

ここからはオーディオテクニカの売れ筋の有線イヤホン5選を紹介します。


おすすめの有線イヤホン1. ATH-CKN50

Audio-Technica ATH-CKN50/BW ヘッドホンイヤホンプレミアムコンパクト ATHCKN50 ブラウン [並行輸入品]
  • 新構造によってぴったりとした装着感を実現し、音漏れが気にならない
  • コード巻取りホルダー付きなので、長さを自由に調整できる
  • 超小型ボディにも関わらず、迫力ある再生音で音楽を楽しめる

イヤホンを選ぶときに気になるのが、長時間つけていても疲れない装着感の良さですよね。

『ATH-CKN50』は新構造の正円のリング形状を採用し、確かな装着感で外れにくく、音漏れが防げるのが特徴です。コードが邪魔にならない1.2mU型コードを採用し、イヤホンを使わない時は首にかけておけます。コード巻取りホルダー付きなので、場面に合わせて長さを調節可能です。

しっかりと耳に納まり外れにくく、長時間つけていてストレスがないイヤホンを求めている方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:カナル
  • ケーブルの長さ: 1.2 (m)
  • マイク:×
  • リモコン:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • ハイレゾ対応:×

おすすめの有線イヤホン2. ATH-CKR7

audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ATH-CKR7
  • 綺麗で伸びのある中音域再生で、クリアで奥行きのある高解像度再生が楽しめる
  • ハウジングに2つの素材を組み合わせることで、不要な振動を抑制し澄み切った音を実現
  • 高域用と低域用のアコースティックレジスターを搭載し、最適な音質を保てる

イヤホンを購入するなら、綺麗な音質をコスパよく楽しみたいですよね。

『ATH-CKR7』は約5,000円で購入できるにも関わらず、クリアで奥行きのある高解像度の音を再生可能です。切削ステンレス×アルミニウムのハイブリッド構造で不要な振動を除去したことで、音質が向上しました。高域用と低域用のアコースティックレジスターを搭載することで、それぞれの音域を調整し、最適な音質を保ちます。

リーズナブルで、忠実に音を再現してくれるイヤホンがほしい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:カナル
  • ケーブルの長さ: 1.2 (m)
  • マイク:×
  • リモコン:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • ハイレゾ対応:×

おすすめの有線イヤホン3. ATH-E70

audio-technica オーディオテクニカ バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-E70
  • 耳掛け式に装着することで、しっかりと安定したフィット感を保てる
  • ステージ上やスタジオ内での作業にも適しているほど、全音域を正確に再現
  • 遮音性に優れているので、集中して物事に取り組みたい時におすすめ

イヤホンに安定感のあるしっかりとした装着感があれば、通勤やスポーツ時にも安心ですよね。

『ATH-E70』は柔軟に調整できる専用コードを耳掛け式に装着することで、長時間つけていても安定したフィット感を保てます。ステージ上のモニタリングやスタジオでのミキシング作業まで対応しているほど、全音域を正確に再現。集中力を高め、より高パフォーマンスを引き出すために遮音性にも優れています。

耳に安定して装着でき、通勤やスポーツ時に快適に使えるイヤホンがほしい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:インナーイヤー
  • ケーブルの長さ: 1.6 (m)
  • マイク:×
  • リモコン:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • ハイレゾ対応:×

おすすめの有線イヤホン4.ATH-CKS770X

オーディオテクニカ ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)audio-technica SOLID BASS ATH-CKS770X BK
  • 1万円以下だがハイレゾ音源対応で、価格以上の満足度と評判が良い
  • 楽器の音質は価格帯最高レベルで、躍動感と張りのある音を楽しめる
  • 切削無垢アルミニウムインクロージャーを採用し、不要な共振を低減し綺麗な音質を再生可能

音楽が好きな人にとって、イヤホンの音質はすごく重要。

『ATH-CKS770X』は価格は1万円以下と安いものの、オーディオテクニカで人気のSOLID BASSシリーズでハイレゾ音源を楽しめるモデルです。楽器やボーカルの繊細な音も、細かな部分まで綺麗に聞き取れます。磁力を高める高精度設計の磁気回路に寄ってドライバーの駆動力と制動力を高めて、重低音再生を実現。

ハイレゾ対応のハイグレードなイヤホンを求めている方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:カナル
  • ケーブルの長さ: 1.2 (cm)
  • マイク:×
  • リモコン:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • ハイレゾ対応:◯

おすすめの有線イヤホン5. ATH-C505iS

  • マイクとリモコン内蔵で、音楽鑑賞途中にスマホを取り出さずに電話応対できる
  • 大型ドライバーを採用し、奥行きのある音質と表現豊かな低音域再生を鳴らす
  • 約1,000円と低価格でありながら、適度な音が楽しめるのでコスパが良い

通話や音楽再生、動画再生などの操作がイヤホンでできれば、わざわざスマホを取り出さなくて良いので便利ですよね。

『ATH-C505iS』はイヤホンのケーブルにマイクとリモコン機能が付いているので、音楽鑑賞中に電話応対可能です。内蔵マイクによりクリアな通話が実現。また、インナーイヤータイプならではの大型ドライバーで、奥行きのある音質を楽しめます。

イヤホン1つで音楽再生や動画再生、通話などを完結させたい人におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 装着方法:インナーイヤー
  • ケーブルの長さ: 1.2 (m)
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • ノイズキャンセリング:×
  • ハイレゾ対応:×

オーディオテクニカには高音質でコスパが高いモデルが揃っている!

オーディオテクニカの製品は特徴や価格は様々ですが、どれも人気と満足度が高い製品ばかりです。使う場面や音質、価格など、自分にぴったりのイヤホンを選びたいですよね。

全て保証サービス付きの製品なので、どれを選んでも安心です。ワイヤレスイヤホンと有線イヤホンの2タイプのうちどちらかを選び、人気シリーズやモデルの中から自分がほしい機能が揃ったイヤホンを選びましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ