ハンズフリーイヤホンで快適なマイク通話を。人気おすすめモデルを厳選

ハンズフリーで通話できるイヤホンマイクをご紹介します。iPhoneの音声機能に対応する最新モデルから、低価格でコスパ◎の一品まで、片耳タイプ完全独立タイプのおすすめを厳選。使い方もBluetoothで接続して片耳に装着するだけなので、ぜひお試しあれ!

コードレスで人気急騰中の“ハンズフリーイヤホン”

人気のハンズフリーイヤホン.jpg

欧米諸国では一般的な“ハンズフリー通話”。海外ドラマや映画で手元で作業しながら通話している姿は様になってかっこいいですよね。

最近は、日本国内でも徐々に浸透しつつありますが、様々なメーカーから販売されていてどれがいいのか迷ってしまうも多いのでは。そこで今回、市販されているハンズフリーイヤホンについて徹底解説します。メリット&デメリットから使い方、おすすめ商品まですべて大公開。

今日から片手が塞がる煩わしさから解放されます、便利アイテムをゲットして快適な通話環境を整えましょう!


ハンズフリーイヤホンとは

ハンズフリーイヤホンとは

ハンズフリーイヤホンとは、スマホやガラケーを手で持つことなく通話ができる装置。大抵が片耳にはめるタイプで、大きさも手のひらに収まるサイズがほとんど。両手が開くため本を読みながら、テレビを見ながらなど“ながら通話”をする方にとっては便利過ぎるアイテムといえますね。


ハンズフリーイヤホンの種類

ハンズフリーイヤホンには種類があり、それぞれ特徴に違いが出てきます。まずはハンズフリーイヤホンの種類をご覧いただきましょう。


① 片耳タイプのハンズフリーイヤホン

Bardland k2000 24時間通話 Bluetooth...

いわゆる王道のハンズフリーイヤホンで、通常はハンズフリーイヤホンといえばこのタイプを指します。よく見るタイプは、少し縦長で先端にマイクの付いたタイプではないでしょうか。コレが一番オーソドックスなスタイルです。


メリット

メリットは軽いことと、声が拾いやすいことです。
片耳につけて余計な機能がないので軽いタイプが多く、長時間電話をいていても負担になりにくいです。
またマイクの先端が口元付近まで伸びているため、声を拾いやすいのも特徴。


デメリット

わざわざ、通話用に一台用意する必要があるため、結果的に持ち物は多くなります。スマホでイヤホンを使って音楽を聞いている時に着信があると、切り替える手間はデメリット。


② もはや見えないハンズフリーイヤホンも

【North Crown 特製版】QCY QY26 Bluet...

最近は耳にすっぽりと収まり、目立たない耳栓のようなタイプも存在します。このタイプは片耳、両耳両方あり、両耳の場合音楽が聞けるタイプも存在します。


メリット

【①】よりも更に軽いタイプで、ストレスフリーな仕様が可能。遮音性もT甲斐で相手の声が聞こえやすいのが特徴。


デメリット

サイズが小さいため、バッテリー容量は少なめ。ずっと待機モードにしておきたい方は不向きかもしれません。


③ ワイヤレスイヤホンタイプ

Mpow Bluetooth 4.1 ワイヤレス スポーツ ヘ...

Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンの中でも、通話もできるタイプが該当します。ハンズフリーはそのままで、価格帯も幅広くあり選択肢が多いのが同タイプです。


メリット

音楽を聴くついでに通話も受けられるため、切り替えがスムーズにできるのが大きなメリット。音楽に動画、通話もLineもすべてスマホで完結しているならおすすめのタイプです。


デメリット

AppleとAndroidによって対応しているものとそうでないものが存在します。通話に支障が出るため、事前の確認が必要なのは面倒ですね。
また、手元にあるリモコンにマイクがあるため、動きながらの通話の場合、衣服に触れて発生するガザガザという雑音(タッチノイズ)が発生することもあります。


④ 通話もできるイヤホンタイプ

Mpow 有線イヤホン 防水 防滴 高音質・内蔵マイク・ハンズ...

通常のイヤホンにマイクと通話機能が付いたタイプの通話イヤホンとなります。


メリット

バッテリーを気にする事無く永遠に通話し続けられるため、長電話に向いています。
さらに、遮音性が高いため通話の音声もクリアな傾向にあり、聞き取りやすさも持ち合わせています。


デメリット

基本的に【③ ワイヤレスイヤホンタイプ】とデメリットは変わりません。
付け加えるならコードが断線しやすいため、すぐ壊れてしますことも。

今回は、①&②のタイプからおすすめをご紹介します。


ハンズフリーイヤホンの使い方&注意すべきポイント

ハンズフリーイヤホンマイクの使い方や注意点.jpg


使い方は簡単

ハンズフリーイヤホンの使い方はとっても簡単。お使いのスマホのBluetoothメニューから、イヤホンとペアリングするだけ。一度接続してしまえば、あとは耳元のボタンで通話開始と終了、音量などの操作が可能になります。


ハンズフリーイヤホンの注意点

そんなハンズフリーイヤホン最大の魅力と言えば、“ながら通話できる”ことですが、その分集中力も散漫になりがちです。実は、運転中のハンズフリーイヤホンの使用を条例で禁止している都道府県が意外と多いのを、あらかじめ理解しておく必要があります。

もちろん、たとえ罰則がなくても、運転中の通話は危険なのでやめましょう。

では、8種類のハンズフリーイヤホンおすすめモデルをご覧ください。


おすすめのハンズフリーイヤホンを大公開

種類や各タイプのメリット&デメリットを紹介したところで、ここからはハンズフリーイヤホンのおすすめの商品を紹介していきます。

  1. 片耳タイプのハンズフリーイヤホンのおすすめ
  2. 左右完全独立タイプのハンズフリーイヤホンのおすすめ

以上のようにレクチャーしていきます。


1. 片耳タイプのハンズフリーイヤホンのおすすめ6選

ここからはハンズフリーイヤホンの中でも「片耳タイプ」のイヤホンをご紹介します。音楽を聴くよりかは、積極的に会話を楽しめたい方におすすめのアイテムになります。リーズナブルなものから、ハイモデルまでお届けします。


片耳タイプ① PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70-BR

【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワ...

LINEやSkypeなど、SNS通話アプリにも使用できる『プラントロニクス』のハンズフリーイヤホン。耳元のボタンで通話/終話が簡単に操作できるため、いちいちスマホを取り出す手間も省けちゃいます。面倒な初期設定を日本語音声でガイドしてくれるので、電子機器の設定が苦手な男性にもおすすめの通話用イヤホンです。重量は約8g。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:8g
  • 電池持続時間(待受時間):最大約16日間
  • 電池持続時間(連続通話時間):約11時間
  • 本体充電時間:約2時間
  • 充電方法:充電用USBケーブル

片耳タイプ② PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット Voyager Legend

【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワ...

【おすすめハンズフリーイヤホン1.】と同じく、『プラントロニクス』より快適な通話をサポートしてくれるハンズフリーイヤホンをご紹介。3つのマイクで周りの雑音を軽減することで、ワイヤレスでもクリアな通話が実現しました。耳全体でしっかり固定するタイプなので、ずれたり落ちたりすることもありません。マイク部分を回転すれば左耳用にも装着OK。片耳でもキチンと相手の声を聞き取れる一品です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:18g
  • ノイズキャンセリング (NC):有り
  • 電池持続時間(待受時間):約11日間
  • 電池持続時間(音楽再生):約7時間
  • 電池持続時間(連続通話時間):約7時間
  • 本体充電時間:約1.5時間
  • 充電方法:充電用USBケーブル

片耳タイプ③ iBUFFALO Bluetooth4.0対応 ヘッドセット BSHSBE33BK

iBUFFALO iPhone7,iPhone7Plus動作確...

お手頃価格でハンズフリーイヤホンをお求めの男性は『バッファロー』のヘッドセットを試してみて。イヤホン部分が耳の奥まで入らないため周囲の音もちゃんと聞こえる安心設計。圧迫感や違和感のないつけ心地で、長時間快適な通話が楽しめますよ

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:10g
  • ノイズキャンセリング (NC):有り
  • 電池持続時間(待受時間):約200時間
  • 電池持続時間(音楽再生):最大4.3時間
  • 電池持続時間(連続通話時間):約5.6時間
  • 本体充電時間:約1.4時間

片耳タイプ④ iBUFFALO Bluetooth デュアルマイクヘッドセット NFC対応 BSHSBE34

iBUFFALO iPhone7,iPhone7Plus動作確...

【おすすめハンズフリーイヤホン3.】と同じく『バッファロー』より、メタルアンテナを採用した片耳用イヤホンををご紹介。iPhoneなど、スマホの音声認識のアプリケーションに対応しており、耳元のマルチファンクションボタン長押しでSiri, Google Nowが簡単に操作できちゃいます。通話はもちろん、ちょっとした検索もノーハンドで行える最先端のイヤホンです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:11g
  • ノイズキャンセリング (NC):有り
  • 電池持続時間(待受時間):約194時間
  • 電池持続時間(音楽再生):約6.5時間
  • 電池持続時間(連続通話時間):約6.7時間
  • 本体充電時間:約1.5時間

片耳タイプ⑤ Jabra BOOST ブラック ワイヤレス Bluetooth イヤホン ヘッドセット

世界屈指のヒアラブルブランド JABRA Boost Blac...

電池持ちの良いハンズフリーイヤホンをお求めの男性は『Jabra』のハンズフリーイヤホンがおすすめ。誤って電源を切り忘れても、自動で省エネモードになってくれる優れもの。最長365日間待ち受け状態を維持できるパワーナップバッテリー機能を搭載しており、バッテリーを浪費するのを防いでくれますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:8.5g
  • 電池持続時間(待受時間):216時間
  • 電池持続時間(音楽再生):約9時間
  • 電池持続時間(連続通話時間):約9時間
  • 本体充電時間:約2時間

片耳タイプ⑥ Jabra MINI ブラック ワイヤレス Bluetooth イヤホン ヘッドセット

世界屈指のヒアラブルブランド JABRA MINI Black...

続いても『Jabra』の片耳用ハンズフリーイヤホンをご紹介。もちもちしたイヤージェルが絶妙なフィット感をもたらしてくれます。左右どちらの耳でも装着できるため、いつでもフレッシュな状態で通話が可能。連続通話時間は約9時間と、一日一回の充電で問題なくご利用になれます。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:8.7g
  • 電池持続時間(待受時間):216時間
  • 電池持続時間(音楽再生):約9時間
  • 電池持続時間(連続通話時間):約9時間
  • 本体充電時間:-

【参考記事】ハンズフリー通話が行えるおすすめの片耳イヤホンを徹底解説!▽


2. 左右完全独立タイプのハンズフリーイヤホンのおすすめ5選

ここからは左右完全独立タイプのハンズフリーイヤホンをお届けします。片耳タイプと比較して、小型であるため音楽を聴いたり、普段使いに優れたワイヤレスイヤホンとして使いたい方におすすめ。ここからは2018年発売される新型モデルから、ハイテクなイヤホンまでお届けします。


完全独立タイプ① SONY (ソニー) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ...

日本を代表する音楽ブランド「ソニー」から発売された、左右完全独立型のイヤホン。小型サイズで両耳にすっぽりと入るのが魅力的なワイヤレスイヤホンになります。

「自由すぎる音楽体験」をキャッチコピーに、様々な場面で使用できるアイテムに。専用アプリの「Headphones Connec」を入れることで、ノイズキャンセリングの程度なども調節でき、自分だけの音楽体験を楽しめます。もちろん会話もできるため、最先端のイヤホンをお探しの方は選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:6.8g
  • ノイズキャンセリング (NC):有り
  • 電池持続時間(待受時間):最大8時間(NC ON)/最大35時間(NC OFF)
  • 電池持続時間(音楽再生):最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF)
  • 電池持続時間(連続通話時間):最大3.5時間
  • 本体充電時間:約1.5時間
  • 充電ケースの充電時間:約3時間

完全独立タイプ② Bose SoundSport Free wireless headphones

Bose SoundSport Free wireless h...

様々なイヤホンを販売するBOSEが2018年11月に発売した、完全独立型のワイヤレスイヤホン。魅力は何と言っても連続再生時間“5時間”という長時間対応。普通のハンズフリーイヤホンの相場は約3時間であるため、長く使いたいという方におすすめの一台になります。

防滴仕様でもあるため、ランニングやジムに通っている方にも人気のアイテムに。少しサイズが大きくて、あまり耳から出たくない方にはおすすめできませんが、圧倒的フィット感を求めている方はチョイスしてみて。カラータイプは嬉しい3色。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:9g
  • 電池持続時間(音楽再生):約5時間
  • 本体充電時間:約2時間
  • 充電ケースの充電時間:約2時間
  • 防水・防滴性能:IPX4

完全独立タイプ③ QCY マイク内蔵 片耳用イヤホン

QCY Q26 Bluetooth4.1 ワイヤレスイヤホン ...

わずか4.9gと超小型サイズで、耳への負担が全くない『QCY』のハンズフリーイヤホンをご紹介。コンパクトな本体からは想像もつかないほど、ストレスフリーな通話を提供してくれます。連続通話約3時間と少し短めですが、小型軽量のメリットを考えればそんな苦に感じないはず。

販売サイトで購入


  • 本体重量:4.9g
  • 電池持続時間(待受時間):約70時間
  • 電池持続時間(連続通話時間):約3時間
  • 充電方法:充電用USBケーブル

完全独立タイプ④ Pioneer (パイオニア) SE-C8TW

パイオニア Pioneer 完全ワイヤレスイヤホン SE-C8...

音響機器メーカーのトップを行く「パイオニア」から2018年3月30日に発売される『SE-C8TW』。操作ボタンはそのままタッチするだけという、ハイテク仕様で初めて購入する方は戸惑うことでしょう。音声に関しては問題なし。

パイオニアの専用アプリ「Notification App」を使用することで、スマートフォンに届く、通知メッセージを読み上げてくれるとても便利な機能が一番の魅力です。通知が来る度に、いちいち携帯を見るのは面倒くさいと考えている方におすすめ。価格は約16,000円と約2万円の完全分離型のイヤホンの相場よりも安いため、初めて購入する方にもおすすの一台になります。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:12g
  • 充電ケース重量:125g
  • 電池持続時間(音楽再生):3時間
  • 本体充電時間:約1時間
  • 充電ケースの充電時間:約3.5時間

完全独立タイプ⑤ MOTOSTAR bluetooth イヤホン カーチャージャー付き

MOTOSTAR ブルーツゥースイヤホン (片耳 マイク内蔵)...

最後にご紹介するのは、車のシガーソケットで充電できる『MOTOSTAR』のハンズフリーイヤホン。日常的に車を運転する男性におすすめの一品です。さらに、ノイズキャンセリング機能を搭載しており、いかなる状況下でも相手の声をクリアに届けてくれます。マイクが内蔵されており、ストレスフリーな会話を楽しめますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:4g
  • 電池持続時間(待受時間):約80時間
  • 電池持続時間(音楽再生):約3時間
  • 電池持続時間(連続通話時間):約3.5時間
  • 本体充電時間:約2時間
  • 充電方法:専用のシガーソケット

【参考記事】完全ワイヤレスイヤホンのおすすめを価格別でレクチャーします▽


ハンズフリー通話可能な、利便性抜群のマイク付きイヤホンで快適な生活を。

ハンズフリーイヤホンマイクのおすすめモデル.jpg

“何かをしながら”電話ができると、時間も有効的に使えますよね。日頃から電話を良くする男性は、選択肢の一つとしてぜひ検討してみては?価格帯もリーズナブルだから、購入も楽チン。貴方のライフスタイルに合わせた一品でストレスフリーで豊かな日々をお過ごしください。


【参考記事】Bluetooth接続ができるワイヤレスイヤホンのおすすめについてレクチャー▽


【参考記事】有線を含めたおすすめの片耳イヤホンも合わせて確認してみて▽


【参考記事】貴方だけの音楽空間を味わえる。魅惑のイヤホンをピックアップ▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事