「性癖」の意味とは?性癖の種類や特殊フェチ一覧を一挙公開します!

性癖について知りたい人へ。本記事では、よく聞く性癖から、少し変わった特殊性癖まで大公開!理解できない異常性癖も解説していきます!

そもそも「性癖」とは?どんな意味?

性癖とは?

性癖とは、辞書によれば「性質上のかたよりやくせ」を指す単語です。

すなわち、その人の性格や性質、キャラクターを意味する言葉といえます。

例えば、

  • 好きな物をひたすらコレクションする収集癖
  • 意味もないのに嘘をついてしまう虚言癖

といった、常人に珍しい偏りを性癖と呼ぶのが、正しい使い方なのです。


近年は、本来の意味とは違った意味で使われている。

本来、人のあらゆる癖や偏りに用いられる性癖という単語。

しかし近年では、

  • 浮き出た血管に興奮する血管フェチ
  • 特定の香りに興奮する匂いフェチ
  • キリッとした横顔にドキドキする横顔フェチ

といった性的嗜好だけを指して性癖と呼ばれることが多くなっていますよ。


性癖がある人ってどのくらいいる?男女の本音や意見を紹介!

日本では20代までに男性なら約7割、女性も約6割と半数以上の割合で自分の性癖に目覚めるといわれています。

性癖を自覚するきっかけは様々で、

  • 恋人とのエッチ中に、鼻や二の腕など特定の部位がやけに気になった
  • 今までのパートナーを振り返ると、共通の特徴があることに気づいた
  • 友人と異性の好みを語っていたら「それって珍しい」と言われた

などが挙げられます。


性癖があることを恋人やパートナーに伝える人って多いの?

性癖を恋人やパートナーに伝えるのって結構勇気が入りますよね。

けれど、最近のカップルは性に対してオープンに話す人たちが多いため、お互いの性癖を共有し合っている人はたくさんいます。

特に、交際3ヶ月くらいのタイミングになるとお互いの信頼関係ができてきて、相手に伝えられるようになるそう。

ただし、付き合ってすぐのカップルの場合は相手に遠慮したり、嫌われるのが怖くて伝えてない人が多いですよ。

性癖を共有したカップルは、相手の好みを理解し合えるため、エッチや普段の生活で互いの要望を満たせると言えます。

そのため、性癖を伝え合うことで、カップルの70%はエッチの満足度が高くなると言われていますよ。


性癖一覧|全96種類の性的嗜好やフェチを一挙公開!

「性癖って実際、どれだけ種類があるものなの?」

「私の性癖ってもしかしておかしかったりする?」

自分の胸の内だけに隠しがちな性癖。

他人と共有しないデリケートな問題のため、他の人にはどんな性癖があるのか、自分は少し変わってるのか分からないですよね。

そこで今回は、全96種類の性癖を一覧でご紹介します

あなたやパートナーの性癖を学ぶきっかけにしてみてください。


性癖一覧|理解してもらいやすい性的嗜好やフェチ56種類とは?

性癖を自覚した後に気になるのは、それが世間から見て正常か異常かではないでしょうか。

ここからは、一般的に理解されやすい性癖やフェチ一覧をお伝えします。

果たして自分や大切な人の性癖はノーマルといえるのか、この一覧でチェックしてみてはいかがでしょうか。


性癖1. 脚フェチ

脚フェチは、脚の特定のパーツにこだわらず、脚全体に魅力を感じる嗜好です。

大半は女性の脚が対象となります。

女性ならではの脚のラインに色っぽさを覚えて

「いつまでも眺めていたい」

「いっそ舐めたい」

と感じるケースが多いですね。


性癖2. 足フェチ

足の甲やつま先といった脚の中でも先端の部位に特化したのが足フェチです。

「キュッとくびれた足首にドキドキする」

「しっかりと手入れされたつま先が理想」

など、美しい足に惹きつけられる人が多い傾向にあります。


性癖3. 足の裏フェチ

足フェチの中でも少し珍しいフェチで、足の裏独特のつるんとした皮膚や、土踏まずのアーチに強い魅力を覚えるタイプです。

他人の足の裏は日常生活では滅多に見られないからこそ妄想がはかどり、興味を惹きつけられてしまうのでしょう。


性癖4. 太ももフェチ

太ももフェチは、その名の通り脚の中でもっとも大きい太ももに性的興奮を覚える嗜好。

雑誌のグラビアでもよく強調されることが多く、フェチを自覚している人も多いようです。

太ももフェチといっても嗜好は人それぞれ。

  • スラリと引き締まった太もも

  • ガッシリとたくましい太もも

と、太さによって好みがわかれやすいのも特徴です。


性癖5. ふくらはぎフェチ

太ももの下から足首まで、緩やかなカーブを描いているふくらはぎにフェティシズムを覚えるふくらはぎフェチ。

ふくらはぎの膨らみは、ハイソックスやストッキングで強調されるのもポイント。

衣服でラインがよりくっきりした曲線に、ふくらはぎフェチが興奮しやすいのです。


性癖6. 尻フェチ

女性のお尻は男性とは違い柔らかくセクシーな印象があるため、そこに惹かれるのが尻フェチ。

「とにかく大きい尻がいい」

「キュッと締まったラインが好き」

など、好みが人それぞれなのも特徴です。


性癖7. 筋肉フェチ

鍛えあげられた腹筋や腕は、だれもが見惚れる美しさがあり、そんな筋肉に性的興奮を覚える人もいます。

  • 自己管理できている証としてマッチョに惹かれる
  • ムキムキな体と、シュッとした小顔のギャップにうっとり

といった理由で筋肉フェチに目覚める人が多いですね。


性癖8. 血管フェチ

主に女性が男性の血管に対して抱くフェティシズムです。

血管がうっすら浮きあがっている男性の手の甲や腕、首筋に対して、

「女性にはないものに憧れてしまう」

「男性らしさを感じる」

といった理由から、強い魅力を感じます。


性癖9. 手フェチ

手フェチは、手首から先の手の甲や手のひらといった、手全体の造形にこだわりが強いタイプです。

男女問わず人気が高いフェチで、手フェチの男性は女性の手を、

「柔らかくてすべすべしてそう」

と思い、逆に女性なら、

「ゴツゴツした手で撫でられたりしたい」

と考えています。


性癖10. 腕フェチ

腕は男性と女性でサイズや質感が大きく異なるので、腕フェチは自分にないものに憧れを抱き、そこから性的興奮を覚えるケースが多いです。

フェチの対象が男性なら、

  • 筋肉に覆われて凸凹したライン

に惹かれ、女性が対象ならば、

  • 男にはないスラッとした細さ

に魅力を感じる傾向にあります。


性癖11. 指フェチ

男性と女性で大きく造形が異なる指は、異性ならではの指の形を性的に感じるため、フェチの対象になりやすいパーツといえます。

指フェチの男性なら、

「女の子の繊細そうな指にドキドキする」

と思う人が多く、女性は

「自分の指よりずっと太い…」

と、たくましさに魅力を感じます。


性癖12. 耳フェチ

耳フェチの人は、耳ならではの柔らかさや、構造の複雑さに魅力を感じる傾向にあります。

耳フェチな人にも、それぞれに惹かれる耳の形や臭いがあり、触れてみたい匂いを嗅いでみたいと思うようです。


性癖13. ほくろフェチ

体中のいたる所にできるほくろ。肌色の人体にぽつんとある黒い点に、言いようのない魅力を覚えるほくろフェチは男女に共通する性癖です。

ほくろ自体に興奮する他、目元や胸といったパーツがほくろによって強調されるケースにこだわりを持つ人も少なくありません。


性癖14. 喉仏フェチ

喉仏は男性にしかないパーツなので、特に女性は、自分には無い喉仏に性的興奮を覚える人が多いようです。

  • 飲み物を飲む時に上下する喉仏
  • 手で触ると伝わる、コリッとした感触

こんなポイントにうっとりするのは、喉仏フェチあるあるといえます。


性癖15. 体毛フェチ

毛深い男性は不潔な印象を持たれたり、だらしない性格と思われがちですが、むしろ毛深い男性が性癖な女性も。

体毛フェチな女性にとって男性の胸毛や腕毛は、

「男性ホルモンが多そうで男らしい」

「直に撫でて手触りを確かめてみたい」

など、ポジティブに思えるのです。


性癖16. メガネフェチ

メガネフェチとは、メガネをかけた異性にフェティシズムを覚える人のことを指します。

デートでおしゃれのためにコンタクトをつける人もいますが、メガネフェチの人にとっては逆効果。

  • ズレたメガネを戻す時の手の仕草
  • どことなく漂う知性

に魅力を感じており、どんな時でもメガネをつけてほしいと願っています。


性癖17. 唇フェチ

唇フェチの人にとって、唇はキスなどを連想させるものなので、そこに性的な魅力を感じるようです。

唇フェチの人は主に、

  • キスしたくなるようなぷるんとした唇
  • ずっと見ていたくなるようなピンク色

といったポイントにこだわりを持っています。


性癖18. 鼻フェチ

顔の中心である鼻に強くこだわる鼻フェチ。

女性が男性に対して抱くことが多く、鼻の形でイケメンかを判断する人も。

鼻フェチの女性が好みやすい鼻は、

  • 高めでシュッとした鼻筋
  • 横顔でも存在感がある鼻

といったものが多い傾向にあります。


性癖19. 顔フェチ

顔フェチとは、顔全体の印象や、顔の一部のパーツに対して自分なりのこだわりを持っているタイプです。

いわゆる面食いとは異なり、顔フェチは必ずしも整っている顔立ちを好みません。

  • この人の顔を見るとなんだか落ち着く
  • 目と鼻のバランスが自分好み

など、その人なりの価値観を有しているのがほとんどです。


性癖20. 爪フェチ

女性のよく手入れされた爪に魅力を感じる爪フェチ。

細かいところに目がいく、綺麗好きな男性が抱えやすい性癖です。

爪フェチの好みは千差万別で、女性特有のネイルアートが好きな人もいれば、化粧っぽさがないそのままの爪にこだわる人も。


性癖21. へそフェチ

普段はなかなか見えないレアな女性のへそに性的興奮を覚えるへそフェチは、男性にとってオーソドックスな性癖の一つです。

へその形は人によって違い、

  • 細長でキュッとしまったへそ
  • 丸くて小さいへそ

といろいろあり、個人によって違うその差異を楽しむ人も居るようです。


性癖22. うなじフェチ

首の後ろ側の部分にあるうなじに魅力を感じるうなじフェチ。

女性は襟足を伸ばすことが多いため、うなじが髪の毛で隠れがち。

男性にとって女性のうなじは日常で見られない聖域なので、だからこそ首の後ろ側の部分にあるうなじに、魅力を感じる男性は多いです。


性癖23. 音フェチ

特定の音に対してこだわりを持つ人を音フェチと呼びます。

最近では、音フェチの人が好む音を流すASMR動画もあり、メジャーになりつつある性癖です。

音フェチが好みやすい音には、

  • 耳かきをされている音
  • 異性のささやき声

などが挙げられます。


性癖24. 匂いフェチ

特定の匂いに激しく興奮し、嗅ぎたくてたまらなくなる匂いフェチ。

匂いフェチにはいい匂いだけでなく、一般的にくさいと思われる匂いにも強く惹かれる人もいます。

例えば、

  • 石鹸やシャンプーの清潔感ある匂い

が好きな人もいれば、

  • 激しく運動した後の汗の匂い

にこだわる人もいるのです。


性癖25. 脇フェチ

女性にとってはあまり人目に晒したくない脇に惹かれる腋フェチ。

滅多に見られないからこそ、そのプレミア感にドキドキする脇フェチの男性は一定数存在します。

女性ならではの綺麗な脇に魅力を感じる層もいますが、一部にはお手入れをサボって毛が残った脇に性的興奮を覚える人も。


性癖26. 胸フェチ

女性の性的なパーツとしてのイメージが根強い胸に、とにかくこだわる男性は少なくありません。

胸フェチがよく執着するのが胸のサイズで、

「とにかく大きい胸がいい」

「スレンダーに整ったラインこそすばらしい」

と、人によって好みが全く違います。


性癖27. 二の腕フェチ

ほっておくとついつい弛みがちな二の腕。そのちょっと緩んだ二の腕こそが最高と考えるのが二の腕フェチです。

揉むとモチモチ柔らかい感触がする二の腕は人気が高く、二の腕フェチの人は、

「他人の二の腕はどんな触り心地かな?」

と、心の内ではいろいろな二の腕を揉みたがっています。


性癖28. 肌色フェチ

肌色フェチの人は素肌の色合いが好きなのが特徴。

そのため、肌を隠すストッキングをもったいないと考えがち。

肌色フェチと聞くと綺麗な色白を好むと思いがちですが、実際は人それぞれで、

  • 日焼けして真っ黒な肌
  • 火照ってピンク色に染まった肌

に魅力を感じるケースも多い傾向にあります。


性癖29. 鎖骨フェチ

肩から首元にかけてうっすらと存在を主張する鎖骨。

スタイルがいい人の鎖骨はくっきりと浮かびあがっており、そのラインが大好きな鎖骨フェチもいます。

中には見て楽しむだけでなく、あわよくば直に鎖骨の手触りを堪能したいディープな性癖も。


性癖30. 髪フェチ

よくケアされた女性の髪はサラサラとしており、その美しさに魅了されたのが髪フェチです。

髪フェチの男性は綺麗な髪の毛を見るのも好きですが、中には触れたり匂いをかぎたいと考える人も。

髪の毛に染みついたシャンプーの香りを嗅ぐと、髪フェチの人はうっとりしてしまうのです。


性癖31. 声フェチ

声フェチは、自分好みの声を聞くことにこれ以上ない喜びを感じる性癖。

美声からダミ声まで、どんな声がタイプかは人によってまちまちです。

声フェチの人がよくハマるのが、声優です。

理想の声で演技をする声優にメロメロになるのは男女共通のあるあるといえるでしょう。


性癖32. 胸板フェチ

運動している男性のガッシリと盛りあがって男らしく見える胸板に惹かれる胸板フェチ。

胸板フェチの女性は、

「たくましい胸板に飛びこんでみたい!」

「手で直に触って、胸筋の固さを実感したい!」

と、日々考えています。


性癖33. 肩幅フェチ

男性のがっしりとした広い肩幅に頼もしく男らしい印象を抱く、肩幅フェチ

その広い肩幅に包まれて守られたいと感じる人が多く、特に女性でこの性癖を持っている人は多いようです。


性癖34. 煙草フェチ

煙草は大人らしさや色っぽさを演出する小物として、男女問わず高い人気のあるフェティシズムの一つ。

「物憂げに煙草を吸っている姿がセクシー!」

と、喫煙中の人に魅力を感じやすいですね。

一方で煙の匂いにうっとりするなど、煙草そのものにこだわりを持つ煙草フェチも存在します。


性癖35. 髭フェチ

髭フェチは女性に多く、主に男性のあごに生える髭に性的な魅力を覚えるタイプです。

一般的に不潔と思われがちな髭を肯定的に捉えており、

「無精髭のボサボサした感じがたまらない!」

「手で撫でた時のショリショリした感触が癖になる」

といった感想を抱きがちです。


性癖36. 口フェチ

口フェチとは、口そのものの形や口内に強いこだわりを持つ性癖です。

唇フェチや歯フェチと違い、口全体を意識しています。

口フェチには様々なパターンがあり、

  • 笑った時に吊り上がる口角が好き
  • 普段は見られない他人の口内を覗いてみたい

などが挙げられます。


性癖37. 歯フェチ

歯フェチの人は、口を構成する部位でも特に歯に執着するフェティシズムです。

基本的に綺麗な歯を好む人が多い傾向にあり、

  • 歯並びが綺麗な異性と交際したがる
  • 芸能人のような真っ白な歯が好み

といった特徴があります。


性癖38. ぜい肉フェチ

運動をなまけたり食べ過ぎの人につきものの、ぜい肉。

ぜい肉をなくそうとダイエットに励む人は多いですが、世の中にはそんな無駄なお肉を愛するぜい肉フェチも。

  • 動くと波打って揺れるぜい肉の柔らかさが好き
  • 始めるとやめられない揉み心地が癖になる

といった理由から、ぜい肉に夢中になるのです。


性癖39. 鏡の前フェチ

鏡の前で性行為や自慰をするのが大好きなフェティシズムです。

鏡の前フェチの心理としては、

  • エッチの最中に鏡に映った、相手のいやらしい姿を見たい
  • 鏡を通して自分を客観視し、その淫らな自分に興奮する

といったものがあります。


性癖40. 股間フェチ

人の股間にこだわりを持つ股間フェチ。

あくまで股間そのものに魅力を感じていて、性器に対してではないのがポイントです。

股間フェチの人は

  • ピッチリしたパンツを履いた時の、くっきり浮かぶ股間のライン
  • 際どい水着やコスプレで見え隠れする鼠径部

といった部位に魅力を感じるようです。


性癖41. 横顔フェチ

横顔フェチの人は、他人を横から見た時の顔にこだわりを持っているのが特徴。

人の顔は真正面からと横からの角度とでは、見える形や印象が大きく変わるため、

  • イケメン俳優を見る時は横顔もしっかりチェックする
  • 横からだと鼻の高さや輪郭が浮き彫りになっている

などのはっきりとした横顔に惹かれる傾向があるようです。


性癖42. 頭の匂いフェチ

髪の毛をかきわけ、頭皮に鼻を密着させてようやく嗅げる匂いに興奮を覚えるのが頭の匂いフェチです。

皮脂などが出ていてあまり良い匂いがするイメージが無い頭皮ですが、

「なんだか落ち着く」

「むしろいい匂いだから」

と、頭の匂いフェチはポジティブな気持ちで嗅ぎたがります。


性癖43. まつ毛フェチ

まつ毛フェチの人にとは、他人のまつ毛に対して興奮を覚える嗜好を持った人のこと。

綺麗なまつ毛は目元を強く印象づけ、相手に美人と思わせるキーポイントにもなります。

そんなまつ毛に人一倍こだわるまつ毛フェチは、

  • 長いまつ毛から目を離さずにいられない
  • バッチリまつ毛を手入れしている女性に好感を覚える

など、常日頃から他人のまつ毛をじっくり観察しがちです。


性癖44. 顎フェチ

顎の形やラインはその人の印象を決定づける重要なパーツ。その顎を人一倍重要視するのが顎フェチです。

顎フェチの好みは、

  • 逆三角形のスッキリしたラインの顎
  • ゴツゴツと角ばった、存在感の強い顎

と多種多様。同じ顎フェチでも実際は正反対の好みなことも珍しくありません。


性癖45. 背中フェチ

男性ならたくましく、女性なら色っぽい印象を与える背中にこだわる背中フェチ。

男女問わず一定数存在するフェティシズムであり、彼らは

「好きな人の背中を指でなぞってみたい」

「背筋がしっかりついた男らしい背中に寄りかかりたい」

といった願望を胸に秘めています。


性癖46. お腹フェチ

お腹フェチの人は、その名の通り人のお腹に興奮する性癖です。

ひと言でお腹フェチといっても好みはその人によって大きく異なり、

「腹筋で引き締まったお腹が大好き」

という人もいれば、

「指で押すと沈むぐらい肉のついたお腹が最高」

という人もいます。


性癖47. 性癖フェチ

人のパーツや行動ではなく、性癖そのものを対象に興奮するのが性癖フェチです。

例えば、友人から性癖を告白されてもドン引きせず、むしろ

「そんな性癖を持っているなんて興味深い」

「君の性癖についってもっと聞かせて」

と、興味津々で話にのっかる人は性癖フェチといえるでしょう。


性癖48. 下着フェチ

下着フェチとは、デリケートな部分を守る特殊な履物である下着自体に惹かれる性癖の事を指します。

下着フェチの人がよく抱く願望には、

「彼女の下着の匂いを思いっきり嗅いでみたい」

「彼氏のパンツをじっくり観察したい」

といったものが多く、普段見ない異性の下着への好奇心も混じっています。


性癖49. ネクタイフェチ

男性のスーツ姿を素敵だと考える女性は多く、そんな女性の中には、スーツの象徴ともいえるネクタイが大好きなネクタイフェチも。

ネクタイフェチの人には、

  • ピンとしたネクタイにドキドキする
  • 男性のネクタイを直すシチュエーションに憧れる

といった男性の所作に惹かれる傾向があるようです。


性癖50. 靴フェチ

靴が大好きで、人の靴を見たり好きな靴を何足も買ったりしがちな靴フェチの人。

靴フェチのあるあるは数が多く、例えば

  • 他人が履いた後のブーツの匂いを嗅ぎたくてたまらない
  • お気に入りの靴にはキスしてしまいたくなる

といったものがあります。


性癖51. マスクフェチ

マスクそのものにこだわりがある人や、マスクをつけて素顔を隠していることで、見えない場所を想像することに興奮や好奇心を掻き立てられるのがマスクフェチです。

マスクフェチが好むマスクにも種類があり、

  • 感染症対策につける一般的な医療用マスク

が好きな人もいれば、

  • 顔をすっぽり覆うようなマスク

に惹かれる人もいるようです。


性癖52. 方言フェチ

方言フェチの人は、標準語にない訛りや単語に特別感を覚え、方言をしゃべる人に性的興奮を抱きます。

方言フェチの中でも、

  • 関西弁
  • 博多弁

などは特に人気が高い傾向にあります。


性癖53. 吃音フェチ

吃音とは「きつおん」「どもり」と読み、言葉に詰まりながらしゃべる様子を言います。

そして、どもりながら一生懸命話そうとする姿

「かわいい」

と好意的に捉えるのが吃音フェチ。

ただし、吃音は病気の可能性もあるため、相手に気を遣って性癖を伏せている吃音フェチも多いですね。


性癖54. くすぐりフェチ

くすぐりフェチは他人をくすぐる行為や、くすぐられて笑っている人を見るのが大好きな性癖です。

くすぐりフェチの心理としては、

  • 笑いながらも苦しんでいる姿に興奮する
  • くすぐりでわき腹や脇などデリケートな部分をいじめられるのが楽しい

といったものがあります。


性癖55. くすぐられフェチ

くすぐりフェチの正反対で、自分がくすぐられている状況に興奮するのがくすぐられフェチです。

くすぐられフェチには、

  • なすすべなく笑うしかない状況にドキドキする
  • 相手に行動を支配されている被虐感がたまらない

などの気持ちが強く、Mの気質があるといえます。


性癖56. 陰毛フェチ

陰毛に、性器以上の性的興奮を覚えるのが陰毛フェチの性質です。

体のデリケートな部分に生えてくる陰毛は中々見ることが出来ないので、他の体毛にはない特別感があります。

陰毛フェチあるあるとしては、

  • 彼女の陰毛は濃い方がいい
  • 彼氏の部屋に陰毛が落ちていると意識する

などが挙げられるでしょう。


ちょっと変わった性癖一覧|少し異常な性的嗜好やフェチを紹介!

性癖の中には、決して多数派とは呼べないものもあります。

どういうものが異常に分類されるか、興味がわきますよね。

ここからは、一風変わった性癖を一覧でご紹介します。

ちょっとディープなフェティシズムを見てみましょう。


変わった性癖1. サディズム

もっとも有名な異常性癖の一つで、他人を傷つけたり苦しむ姿を見たりして快楽を得ます。

傷つけるといっても、生死にかかわるほどの傷つけたい人は極めて稀。

ほとんどは、

  • SMグッズで軽い痛みを与えたい
  • 縄で縛られた異性がもがく姿を眺めたい

ぐらいの願望がほとんどです。


変わった性癖2. マゾヒズム

サディズムと真逆の性癖で、他人にいじめられたい願望を指します。

  • 性行為の時にパートナーに首を締めて欲しい
  • なじられるようなキツイ言葉を言われたい

といった他の人が嫌がるようなことに興奮する傾向があります。

隠したがるのは間違っていないものの、どう隠すというのは紹介として少しズレているため、紹介する内容に修正


変わった性癖3. スパンキング

素肌を平手打ちする行為をスパンキングと言い、相手に叩かれたり、逆に相手を叩くことに性的興奮を覚える人が好む行為を指します。

スパンキングは主にお尻を平手打ちするプレイが多く、

  • 平手打ちで真っ赤になるお尻に興奮する
  • お尻たたきをされている自分自身に酔いたい

といった理由からSM好きに人気があります。


変わった性癖4. へべフィリア

いわゆるショタコンの一種であり、ヘベフィリアは11~14歳程度の子供に大人が興奮する性癖を言います。

日本では法律的にも倫理的にも許容されない性癖のため、自分の性癖を隠しているヘベフィリアの人がほとんどです。


変わった性癖5. エフェボフィリア

15~19歳の男女を成人が性的に見る嗜好をエフェボフィリアと言います。

同世代の大人などには全く惹かれず、中高生くらいの男女にしか性的に興奮出来ない性癖のこと。

少し危ない性癖ともいえるので、あまり公言出来るような嗜好ではないかもしれません。


変わった性癖6. 鼻吸引フェチ

鼻吸引とは、鼻の穴や喉に機械をとりつけて鼻のゴミや鼻水を吸い取る行為です。

耳鼻科でよくおこなう治療なのですが、これを受けて鼻吸引フェチに目覚めると

鼻の中がスッキリする快感が忘れられずに何度も鼻吸引をしようします。


変わった性癖7. カトプトロノフィリア

日本語で鏡像投影性愛といい、鏡やテレビのモニターに映ったものや状況に対して興奮する性癖です。

カトプトロノフィリアの例としては、

  • 鏡で四方を囲まれたホテルの一室にドキドキする
  • ビデオに撮った過去の性行為を鑑賞すると興奮する

が挙げられます。


変わった性癖8. 羽によるくすぐりフェチ

鳥の羽毛で足の裏やわき腹をくすぐることで、人間の指では与えられないこそばゆい刺激を与えたいと考える性的嗜好。

くすぐられて悶ている姿や反応に興奮を覚えるくすぐりフェチの中でも特にとがったフェチです。


変わった性癖9. 年齢差性愛

同世代の恋愛では満足できず、何歳も年齢が離れた人同士との恋でしか燃えられないタイプです。

常識では考えにくい歳の差だからこそ、

「親子ほど歳が離れているのに恋愛なんて」

「同世代の友達が絶対しない恋愛に倒錯感を覚える」

と興奮し、強い快感を覚えるのが年齢差性愛にハマる理由の一つです。


変わった性癖10. 身長差性愛

相手の身長に強くこだわり、二人の身長差が激しいカップルを理想と考える性癖です。

この性愛が強い人は、

「背が高い人はスタイルよくて素敵」

「小さくてかわいらしいな」

など、自分にない特徴を持つ相手に憧れている、あるいはそんな状況が好きなケースが多いです。


変わった性癖11. スティグマトフィリア

スティグマトフィリアとは、入れ墨や派手なピアスに強い性的魅力を感じる性癖です。

単純に綺麗な装飾が好きな場合もありますが、

「体に消えない傷をつけるのが気持ちいい」

という理由で、自分自身に入れ墨を彫る人もスティグマトフィリアに含まれます。


変わった性癖12. 精液フェチ

性行為ではなく、精液そのものに興奮するフェティシズム。

精液フェチの人は、

「精液を飲んでみたい」

「性行為の直後に精液を体や顔にかけられたい」

などのプレイを好む傾向にあります。


特殊性癖一覧|なかなか理解できない性的嗜好やフェチを紹介!

存在は知っているけどあまりピンとこない、変わったフェチや性癖って心当たりありますよね。

ここからは、一般的ではない特殊性癖を一覧でご紹介します。

性癖は人それぞれ。バリエーション豊かなフェチの世界を覗いてみましょう。


特殊性癖1. スワッピング

スワッピングとは、互いのパートナーを入れ替えての性行為です。

例えば2組の夫婦ABがいた場合、Aの夫がBの妻を、Bの夫はAの妻を抱きます。

「自分のパートナーが違う人に抱かれている!」

そんな異常なシチュエーションが、強い性的興奮を呼び覚ますのです。


特殊性癖2. 服装倒錯

女装や男装に性的興奮を覚える性癖です。

男性ならスカートやドレス、女性は男物のスーツを着ることで

「いつもの自分じゃない」

「友達や家族にバレたらどうしよう」

といった非日常に酔いしれ、興奮する人が多いですね。


特殊性癖3. 人形偏愛症

人形フェチとも呼ばれ、人形に対して性欲や恋心を抱く人を指します

大好きな人形なら何時間も眺めていられる思っているため、自分の好きな人形を連れて外出することも。

治療が必要な場合もありますが、個人で楽しむ範囲ならあくまで嗜好の一種といえるでしょう。


特殊性癖4. 石フェチ

石に強い関心を抱き、興奮する石フェチ。

石フェチにも様々な種類があり、

  • 道端の石をいくつも集めたり比べたりする

なんて石コレクターもいれば、

  • 美術館によくある裸の石像に興奮する

という具合に、石像に性的魅力を抱く人もいます。


特殊性癖5. 老人性愛

老人を恋愛対象に見る場合老人性愛と名づけられることがあります。

日本では老け専と呼ばれることも。

こういった人は老人ならではの、

  • しわが深く入った顔や手足
  • しゃがれた声

に魅力を感じます


特殊性癖6. オートプラッシュフィリア

オートプラッシュフィリアとは、ぬいぐるみやキャラクターにコスプレしたい願望です。

着ぐるみを着たり、コスプレをして自分が好きなキャラクターになりきることに性的な興奮を覚えます。


特殊性癖7. 尿愛狂

尿に興奮し、異性にかけてもらいたい、あるいはかけたい願望を秘めている性癖です。

尿愛狂には様々なレパートリーがあり、尿をかけあう以外にも、

  • 相手が尿を出している様子を観察する
  • 尿を飲む

といった行為も該当します。


特殊性癖8. おもらし

日常生活なら絶対に避けたいおもらし。

しかし、恥ずかしいことだからこそやってみたいと考える人は少なくありません。

おもらしの観察はハードなSMプレイの一種として、

  • おもらしする姿を見られる情けなさにゾクゾクする
  • 他人のおもらしを眺める異常な状況にヤミツキ

などの理由から一部の層から人気があります。


特殊性癖9. 動物嗜好性

人間ではなく動物に欲情する性的倒錯です。

日本ではケモナー、ズーフィリアといった名称の方が有名でしょう。

実際に獣姦に及ぶと病気を筆頭に多くのリスクがあるため、基本的には想像で満足するべき性癖といえます。


特殊性癖10. ゼノフィリア

ゼノフィリアとは、異形の異性に性的魅力を感じる性癖です。

異形とはこの場合、

  • 長い耳を生やしたエルフの女の子
  • 青い肌に黒い翼を生やした筋骨隆々の悪魔

など、現実には絶対に存在しないものが分類されます。


特殊性癖11. テラトフィア

現実ではありえないモチーフに欲情するテラトフィア。

非現実的な異形を愛するゼノフィリアとは似ているようで全くの別物です。

テラトフィアの対象となるのは、

  • 全身が腐り落ちたゾンビ
  • 妖怪など、ゲームのキャラクターのような化け物

など、人間には似ても似つかないモンスターになります。


特殊性癖12. 画像性愛

生身の異性ではなく、写真や動画に映っている異性に興奮することを画像性愛と言います。

  • AVを見る
  • 雑誌のグラビアで水着の美女を眺める

といった行為も画像性愛の一種ですが、そこに写っている美女が実際に居ても生身の女性には惹かれないようです。


特殊性癖13. 太陽光フェチ

太陽光そのものではなく、太陽の光に当たった異性が好きな性癖です。

例えば、

  • 太陽に照らされて際立つマッチョな肉体にドキドキする

などが当てはまります。


特殊性癖14. 自己女性化愛

いわゆる女装願望で、かわいい洋服やお化粧をして、男性から女性に変身して興奮する性癖ですね。

自己女性化愛のポイントは、あくまで心は男性のままである点。

「男なのに女の子の格好している…」

そんな気持ちを味わいたいのがこの性癖です。


特殊性癖15. 蜂フェチ

蜂に関連する物事に興奮する性癖で、メリッサフィリアとも呼ばれます。

蜂フェチの性的対象には、

  • 蜂に刺される
  • 他人が蜂に刺されている様子を観察する
  • 蜂や蜂の巣そのもの

などがあり、2013年には男性が蜂の巣で自慰をして死亡した事件がスウェーデンでありました。


【閲覧注意】危険性癖|犯罪を起こす可能性がある性的嗜好やフェチを紹介!

時に犯罪の動機になってしまう性癖。どんな性癖が事件の引き金になってしまう傾向にあるか、知りたいですよね。

ここからは、実行したら犯罪に繋がる危険性癖を一覧で解説します。

想像だけならOKでも、現実では絶対NG。そんな性癖をご覧ください。


危険性癖1. サイクロフィリア

凍結という現象に強いこだわりを持ち、そこから性的興奮を覚える特殊性癖です。

「冷凍庫に入ったらどうなるのだろう」

と、自分が凍っていく妄想を抱く人もいれば、

「だれかを雪山に放置して、凍えさせたい」

など、他人を凍結させたい危険な願望を持つ人も。


危険性癖2. 丸呑みフェティシズム

大きな生物や機械に人間が丸呑みされる様を楽しみたいフェチです。

例えば、サメ映画ならば

  • サメによって女性が無惨に食いちぎられる

シーンではなく、

  • サメの大きな口で体を丸ごと呑みこまれる

場面に興奮する人を指します。


危険性癖3. 四肢欠損性愛

腕や足、あるいは四肢の全てがない人間に欲情する性癖です。アクロトモフィリアとも言います。

具体的には、

  • 人間の腕を切断する過程を想像すると興奮する
  • 切断面がどうなっているか見てみたい

といった願望を抱いています。


危険性癖4. 溺水性愛

海やプールといった水辺に興奮を覚えるフェティシズムです。

例えば、

  • プールで綺麗に泳ぐ異性を見るのが好き
  • 水に濡れながらの性行為が気持ちいい

といったものがあります。水に溺れる様子に興奮する危ない趣味を持つ事例も。


危険性癖5. エロトフォノフィリア

人を殺す行為に性的興奮を覚える嗜好で、いわゆる快楽殺人者が備えている性癖です。殺人淫楽症とも呼ばれます。

殺人そのものが性行為と結びついており、

「人を殺した後に射精していた」

と証言する殺人者も実在します。


危険性癖6. カニバリズム

人間の肉を食べる行為、あるいは食べたいと考える嗜好をカニバリズムと呼びます。

食人を実際におこなう例は古代でいくつか例があり、儀礼としてありました。

現代では性的嗜好の一種として、カニバリズムをテーマにしたイラストや小説が存在します。


危険性癖7. クレプトフィリア

日本語では窃盗性愛と呼び、人のものを盗みたい欲求が非常に強い性癖です

このフェティシズムの持ち主は常に

「だれかの物を盗んで気持ちよくなりたい」

という考えに囚われてしまい、頭ではわかっていても衝動に逆らえず窃盗をくり返してしまいます。


危険性癖8. 接触性愛

他人の体や衣服に自分の性器を触れさせて興奮する性的嗜好を言います。

恋人と同意の上でおこなうなら何も問題ないですが、

  • 電車内で見ず知らずの他人におこなう
  • 登下校中の学生に通りすがりに触れさせる

といった行為に及ぶと、犯罪になります。


危険性癖9. 強姦性愛

相手の同意なく強引に性行為に及ぶ強姦に興奮する異常性愛です。

  • 泣き叫ぶ様子を見て満足したい
  • 抵抗を暴力で抑える征服感を味わいたい

といった願望からくる性癖といえます。

もちろん、実際にするのは絶対許されません。


危険性癖10. 露出症

いわゆる露出狂が抱えている性癖です。自分の裸や性器を他人に見せて充足感を得る性的嗜好を指します。

重度の露出症は、

  • 通りがかりの他人にいきなり性器を見せつける
  • 自分の性行為を他人に見せびらかしたい

といった行動を我慢できず、何度もくり返します。


危険性癖11. 汚損愛好症

ミソフィリアともいい、汚れた人間やモノを性的な目で見る性癖です。

対象が人間ならば、

  • シャワーを浴びず性行為をしたがる

モノなら、

  • 洗濯前のシャツやパンツに強く執着する

といった特徴があります。


危険性癖12. 死体嗜好症(ネクロフィリア)

死体に欲情する性的倒錯を言います。日本ではネクロフィリアの名称の方が有名でしょう。

ネクロフィリアの嗜好にもいくつか種類があり、

  • 死体を眺めているだけで満たされる
  • 死体を抱く屍姦行為

などが例として挙げられます。


相手が嫌がる性癖を押し付けるのはNG。絶対にやめよう。

現代日本においてフェチとしての性癖は非常に細分化しています。

時には同じフェティシズムでも好みが合わなかったり、性癖のかみ合わせが悪かったりしてパートナーとうまくいかないこともあるでしょう。

常日頃から性癖は人の数だけあると考え、相手に自分の好みだけ押しつけない心構えが大事です。

この記事を通してたくさんの性癖を知ったからこそ、フェチの多様性を尊重しあえる日々を送ってくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事