B型あるあるまとめ|日常のエピソードや恋愛の向などの共通点を徹底解説!

変わり者とか癖のある人と言われるB型について詳しく知りたい方へ。この記事では「確かに!」と思えるものから、思わずクスッと笑ってしまうようなB型あるあるを詳しく紹介します!

B型あるある25選|日常生活や恋愛などのエピソードもご紹介!

B型あるある

「B型ってどんな性格?」

「血液型別の性格ってどんなことがわかるの?」

仲良くなったばかりの友達や飲み会での話題で盛り上がるのが血液型。

日本人は血液型で性格をまとめるのが好きですよね。

必ずしも血液型で性格が分かるわけではありませんが「確かにそうだな」「納得できる」と当てはまる共通点や傾向があるのも事実です。

ここでは、日常でわかる血液型の中でもB型の共通点を解説していきます。

ぜひ客観的に見て話しのネタに活用してみてください。


あるある1. 「B型っぽいね」と言われるとイラッとくる

男女共に個性や自分らしさを大切にしているので、周囲の人と同じように見られるのは気に食わないと感じています。

同僚とご飯を食べに行った時、B型で多くみられる趣味が多いことを話題にあげたら、

「B型は納得だわ」

と言われたものの、

心の中では「B型っぽいという型にはめないで欲しい」

と感じてしまいます。


あるある2. 初対面にはなかなか心を開けない

日常生活で警戒心が強く、傷付くことを恐れる傾向にあるため、初めて会う人とは仲良くなるまでに時間がかかりがちです。

例えば、

初めて会った相手に「よろしくお願いします」と挨拶をした後に、話がうまく続かなかったり、ぎこちなくなったりしてなかなか溶け込めません。

いわゆる人見知りという特徴を持ち合わせています。


あるある3. 正論を言いすぎて引かれてしまうことがある

はっきりと主張する性格で、正義感も強い人が多い傾向にあります。

具体的には、

「あの人って仕事が遅いよね」

など同期の陰口を言っている友人に、

「本人がいないところで言わないで本人に言えば?」

と悪気なく本心をストレートにぶつけてきます。

オブラートに包まない言動に、相手の反感を買ってしまうこともしばしばあるでしょう。


あるある4. 意外と打たれ弱い

男女共に強がりの性格のように思われがちですが、実はナイーブなのです。

言いたいことをなんでも言うB型の人に、同じようにはっきり言っても大丈夫だろうとダメ出しすると、急に落ち込んでしまうことも。

時に弱さを見せる、意外な一面を持っているのです。


あるある5. 単独行動が好き

男女共に人に合わせるのが日常的に苦手な性格のため、誰かと一緒に行動することにストレスを感じることも。

友達とショッピングに行って、

「この服とこの服どっちがいいかなあ?」

と悩んでいる友人に、

「自分で決めればいいのに。疲れたなあ、早く帰りたい。」

と考えてしまいます。

自分のタイミングで自由に行動できる環境を好むのが、典型的なB型です。


あるある6. 切り替えが早すぎて冷めていると言われる

とにかくさばさばしている性格の人が多く、ささいなことにこだわりません

仕事で失敗をして一旦落ち込むものの、少しすると「まあ、しょうがないか」とすぐに立ち直ります。

感情の浮き沈みがあったとしてもすぐにケロッとするので、中には冷徹だと思う人もいるでしょう。


あるある7. 貯金がなくても気にしない

楽天的でお金にも執着心がないため、貯蓄がなくても不安に感じません。

仕事やバイトで収入が入っても、すぐに趣味や買いたいもの、食べたいものなどに費やしてなかなか貯金に回せない傾向にあります。

周囲が心配していても、本人は買いたいものが買えたことで満足感を得ているため、貯金のなさを気にしないのです。


あるある8. 行き当たりばったりの旅行が好き

計画して行動することが苦手なのもB型の典型的な特徴の一つ。

旅行に行く時は何も決めずに行動する方が楽だと思ってしまいます。

思い立ったら行きたいところに旅行に行き、食事や泊まるところの予約などはせずその場で考えて行動します。

行き当たりばったりで判断するので、上手くいかないこともありますが、それはそれで「良い思い出になる」とプラスに考えられるでしょう。


あるある9. 好きなことができるととことんハマってしまう

中途半端なことが嫌いな性格なので、一度やると決めたら極めるまでやり抜くタイプです。

自分が満足するまでは、どれだけ時間をかけても徹底的にやり込みます。

三日坊主にならず、何ヶ月も趣味を続けることができる性格です。


あるある10. ABOイチの集中力の持ち主

B型の人の短期の集中力には目を見張るものがあります。

一度集中すると周りが全く見えなくなり、気づいたら夜になっていたなんてこともしばしば。

職人気質な一面を持っています。


あるある11. こだわりが強すぎてわかってもらえない

自己主張が強い性格で、こだわりだすととことんこだわってしまいます

  • アニメにハマったらシリーズはもちろん、ゲームもやっておかないと気が済まない。
  • 料理の味付けのためにマイ〇〇を持ち歩いている

なんてことも多いのがB型です。

変なところにこだわるので、周囲からは「変わり者」「クセがすごい」と、理解してもらえず辛いと感じることもあります。


あるある12. 思ったことがすぐに顔に出てしまう

素直過ぎる性格なので、感情がすぐ表情に出てしまいます

そのため

  • 褒められたら顏が緩んで笑顔を見せる
  • 叱られたら落ち込んだ顔、機嫌が悪いとムスッとした態度

など、周囲の人から「表情を見るだけでその日の機嫌がすぐわかるね」と言われることもあるでしょう。

良くも悪くも感情を隠すポーカーフェイスが苦手です。


あるある13. ダブルデートは苦手...

本来は人のペースに合わせるのが苦手なB型ですが、友達の恋人と会う時には「礼儀正しくいたい」など、良い印象を持たれたいと感じています

本当は自分のペースでご飯を食べてお店を見たいけど、友達カップルに合わせて過ごすので、解散後にはどっと疲れてしまうでしょう。

相手に気を遣ってしまうので、気の知れた友人や恋人以外と遊ぶのは苦手です。


あるある14. フレンドリーすぎて浮気を疑われがち

周囲の人に良い人と思われたい、いわゆる八方美人的なところがあります

性別関係なく親切にすることで異性とも仲良くなってしまい、恋人から浮気を疑われ、不安にさせてしまいます。

また、本人は深く考えずに親切にしただけでも、相手には「私のこと好きなのかな」と思われてしまうことも。

恋愛対象と勘違いされてしまいいつの間にかトラブルになるなんてことも考えられます。


あるある15. 自分と似たタイプの異性を好む

前述した通り、周囲に気を遣ってしまう性分なため、相手が気を遣わない人だと疲れてしまいます

自分は相手に気を遣うので、

「楽しんでいるかな?」

「良い思い出を作ってあげたい」

などと、相手にも考えてほしいと願いがち。

お互い気を遣える人なら「自分ばかり」と考えず平和に過ごせるので、理想の関係だと感じるでしょう。


あるある16. 甘え上手&頼み上手

好奇心旺盛なため周囲にアンテナを張っており、いつも人目を気にしています

そのため、周囲を観察する能力に優れており、個々の性格を分析し懐に入り込むコツを心得ている人が多いです。

この後輩には褒めちぎって頼む、あの先輩にはと甘えて頼むなど、人によって受け入れてもらいやすい頼み方を分かっています。

いわゆる世当たり上手ですね。


あるある17. 人目を気にしすぎてストレスを抱えがち

周囲に嫌われたくないと考える人が多いため、自分の考えとは裏腹な行動をとることも

学校で本当はやりたくない係でも、勧められたり断りづらかったりする雰囲気だと、結局やってしまうのです。

時に自分の気持ちではなく、周囲の気持ちを優先して動くことがあり、それがストレスに感じて疲れの原因になってしまうこともしばしばあります。


あるある18. 大切な友人は全力で大事にする

変なこだわりがあり「変わり者」「クセが強くて面倒臭い性格」と思われがちですが、根はまじめで誠実

心を許せる友人や家族、恋人は大切な存在です。

自分を信頼してくれる友達が恋愛で悩んでいたら、時間を惜しまず話を聞いたり、アドバイスしたり、できることを何でもしてあげたくなります。

身近な大切な人の喜びは素直に喜び、悲しみは自分のことのように悲しめる素直な性格の持ち主です。


あるある19. 正義のヒーローに憧れている

曲がったことが嫌いなB型は、思ったことをストレートに表現します。

そのため、正義感を大事にしたいと思いがちです。

後輩に雑用ばかり頼む同僚に、

「これはみんなで分担しないと後輩が大変」

と正論を心に留めず口にだして伝えることも。

ただ、時に本気のダメ出しをしてしまい、メンタルをえぐってしまうこともあるでしょう。


あるある20. サプライズが好きなエンターテイナー

大切な友達や家族、恋人のことをとても大切にするため、人を喜ばせるために何かしてあげたい気持ちが強いです。

友人が欲しいと言っていたアイテムを色々探して事前に用意。

「見つけたことは言わずに、誕生日に突然渡して驚かせる」など、特にサプライズが好きで、成功させるためには計画を立てて細かいところまでこだわります。


あるある21. 喧嘩するとだんまりを決め込む

歴史上では伊達政宗がB型だったと言われるように、相手の言動や発言を何手先までも読んでしまう癖があります。

そのため、喧嘩をしたら考えすぎて何も言えなくなってしまうことも。

「今こう言ったら相手はこう言うだろう」

と頭の中で様々なシミュレーションをしてしまい、結局言いたいことが言えません。

何も考えていないのではなく、相手の気持ちを読み過ぎて結局言葉が出ないという結果になってしまいます。


あるある22. LINEはスタンプで会話が楽しめる

人のことを気にしてしまう性分なので、LINEでのトークは「ここで止めたら失礼かな」など余計なことを考えてしまい自分からやめにくいです。

相手が楽しんでいることが重要と考えているため、たとえスタンプでもトークが進んでいればそのまま継続されます。

そのため、様々なLINEスタンプを持って使いこなしている人も多いでしょう。


あるある23. 変な人って言われるのが嬉しい

人と共感することで安心する日本人は多いですが、B型は他人と共感するのではなく、人と違うことがアイデンティティと思っています。

そのため、「変わり者」「個性的だね」と言われることに喜びを感じています。

あえて他の人が持っていない持ち物を選んだり、変わった習い事をしてみたり、「とにかく人と違うったことをしたい」という求が強いのが特徴的です。


あるある24. 話を聞いていないと思われがち

友達が話しをしている時にも、全体を把握しておきたいと思ってしまいます。

そのため、周囲をキョロキョロして話しがちで、集中していないと思われがち。

しかし、集中力に優れているので、実は人一倍状況を把握しているのです。

B型であった伊達政宗も、情報収集を機会あるごとにしていたことで状況を把握し、戦国の危機を乗り越えてきた様々な逸話があります。


あるある25. 能天気なフリをしがち

気を遣い過ぎてしまう性格のB型は、何も考えていないようで実は誰よりも場の空気を読んでいます

例えば、

飲み会でその場がシラケて盛り上がっていなければ、あえて空気を読まずに場を和ませようと立ち上がることもありますよ。

「天然で面白い人」だと思っていても、実はちゃんと考えられた行動かもしれません。


B型のあるあるを知って、今後の生活に活かしていきましょう

友達にB型の人がいる、自分自身がB型など、それぞれの生活にB型の人は少なからずいるでしょう。

血液型別でまとめても性格の全ては分かりませんが、血液型で性格を分析すると「確かに」「これは納得」当てはまること多いことも事実です。

B型で日本人の特徴を参考程度に覚えておけば

「今はきっとこんな気持ちなんだろうな」

と客観的に見れるので、職場や学校の人間関係に役立ててみてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事