ザイアンス効果とは?気になる男性&女性と付き合うコツも解説

片思いを優位に進めるテクニックが知りたい方へ。この記事では、「ザイアンス効果(単純接触効果)」の活用法から、注意点、そのほかにおすすめの恋愛心理学テクニックを詳しく解説します!

ザイアンス効果の意味|恋愛にも生かせるの?

ザイアンス効果(単純接触効果)の意味

ザイアンス効果は、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスによって提唱された「単純接触効果」についての心理学の法則のこと。

初めのうちは対象に興味がなかったとしても、何度か接近するうちに警戒心がとけて、好意的な印象になっていく人間心理のことをいっています。

対人関係に関しては、友人関係や恋愛関係はもちろんのこと、仕事関係でも有効。

また、人だけに限らず、物やサービスにも活用できるため、マーケティングの場でも広く活用されています。


恋愛におけるザイアンス効果の活用法|効果的な使い方とは?

「ザイアンス効果を活用して、好きな人からの脈ありを引き出したい!」

「ザイアンスの法則って、恋愛に活用することできるの?」

意中の相手がいる人は、「ザイアンス効果を使って両思いになりたい!」と考えている人もいるでしょう。

果たして、恋愛にザイアンス効果は有効なのでしょうか。

恋愛におけるイアンス効果の使い方をご紹介します。


活用法1. たくさん会って異性を落とす

ザイアンス効果は接触回数が増えることで、次第に好意的になっていく心理現象のことです。

そのため、相手があなたと繰り返し会うことで安心が生まれ、好意を持たれやすくなります。

片思いの異性がいるのであれば、

「新しくオープンした気になるお店があるんだけど、一緒に行かない?」

「今日は早く終わったし、少し飲みに行かない?」

など、気軽に会う口実を作って誘えば、相手も深く考えずにあなたと会えるでしょう。


活用法2. LINEのアイコンを変えて印象付ける

LINEのアイコンでも単純接触効果が働くため、自分の顔をアイコンにし、連絡を増やしてい方法も効果的です。

LINEをきっかけに接触する機会を増やせれば、相手の好意を引き付けることも可能に。

意中の男性や女性に連絡する時は、

「今日は学校で助かったありがとうね!」

「明日の集合場所分からないんだけど、知ってる?」

など、たわいもない会話から初めてみてくださいね。


活用法3. SNSで繋がって顔を見る機会を増やす

顔を見る機会が多いだけでも、単純接触効果につなげることが可能。

写真でもあなたを見る場面が増えれば、相手はあなたのことを意識しやすくなります。

例えば、SNSで顔を見ているだけでも、その人のことを自然と考えてしまうもの。

FacebookやInstagramなどでの投稿を増やしたり、片思いの異性の投稿にアクションするだけでも、ザイアンス効果が期待できますよ。


活用法4. 毎日使えるものをプレゼントしてみる

頻繁に使うものでも、ザイアンスの法則をうみだすことができます。

それを使うたびにプレゼントした人のことを思い出すので、徐々に意識するようになる効果も。

好きな異性が職場や学校にいて、親しい間柄なら、

「ささやかだけど合格祝い!良かったら、人気ブランドのペンだから使ってね。」

「出張先で素敵なグラス見つけたら、ぜひ使ってみて!」

このように、シチュエーションに合わせて、さりげなく渡すのがポイントです。


活用法5. 気になる相手の友達に自分の名前を出してもらう

何度も繰り返し同じ名前を聞くだけでも、ザイアンス効果が効くと言われています。

何度もあなたの名前を聞いているうちに、自然と好意を持ちやすい状態に。

なおかつ、第三者が好印象な話題にしてくれるほど、ザイアンス効果がアップします。

例えば、学校や職場で第三者にお願いして、

「〇〇ちゃん、最近勉強頑張ってて成績上がってるみたい、偉いよね〜。」

「〇〇って仕事ができるだけじゃなく、料理も上手なんですよ〜。」

など、あなたの名前を何度か話題に出してもらうようにしましょう。


ザイアンス効果を使う時の注意点は?気をつけるべきポイント解説

ザイアンス効果をただやみくもに使ってはいけません。気をつけるべき注意点をおさえておくことが大切です。

ここからは、好きな人にザイアンス効果を使う時の注意点を4つご紹介します。

良かれと思ってしていた行動が、相手にとって迷惑になっている可能性もあるので使い方に注意していきましょう。


注意点1. 効果があるのは10回が限界だと思っておく

ザイアンス効果は無限に続くわけではないので、やりすぎると相手に「めんどくさい」と思われてしまう恐れがあります。

毎日のように誘われている側は、

「断ってるのに、なんでいつも職場で誘ってくるんだろう」

「毎日LINEきて、返信するの疲れるな」

などと困ってしまいます。

誘われた側の負担にならないように、せいぜい10回位の効果と思っておきましょう。


注意点2. しつこくするのは厳禁

あまりにしつこすぎると、相手から「怖い人」「ストーカー」と思われてしまう可能性があります。

意中の男性や女性がいると夢中になる気持ちは分かりますが、しつこく連絡を取りすぎたり、頻繁に会う約束を取り付けすぎたりするのはNG。

相手に警戒感を与えてしまうと逆効果になるため、程良い頻度で連絡を取るようにしましょう。


注意点3. 相手にとって自分の印象が悪いときはやめる

相手にとって自分の印象が悪いと、自分への悪印象を加速させる恐れがあります。

相手の印象を良くしようと一生懸命話しかけたり、アピールしたりしても、ザイアンス効果は働きません。

この場面ではザイアンス効果を期待するよりも、まずは相手と十分に話すなど、自分の印象を回復させてからにしないと、いつまでたっても逆効果のままです。


注意点4. 「一緒にいる時間<会う回数」を意識する

ザイアンス効果で混同されやすいのが、相手と接触する時間と回数です。

一見、会っている時間が長い方が効果的に思えますが、実は会う回数を増やした方が効果的と言われています。

そのため、片思いの男性や女性とのデートは長時間遊ぶよりも、短い時間で数回会うシチュエーションのが効果的と覚えておきましょう。


ザイアンス効果と合わせて活用したい恋愛心理テクニック

「ザイアンス効果のような恋愛心理テクニックが他にもあるなら教えて欲しい!」

「恋愛の駆け引きが苦手だから、心理学をもっと知りたい!」

好きな人を脈ありにするために、様々なテクニックを活用したいと思いますよね。

では、ザイアンス効果の他に恋愛に効果的な心理テクニックはあるのでしょうか。

ザイアンス効果と合わせて活用したい恋愛心理テクニックの方法を一挙に公開します。


恋愛テクニック1. ダブルバインド

ダブルバインドとは、2つの提案をすることで相手が断りにくくしてしまう恋愛テクニックです。

例えば、気になる相手を誘う時に、

「新しくできたショッピングモール行こうよ!ランチは和食と洋食どっちがいい?」

などと、デートに行く前提で相手に質問するとYESを引き出せるというものです。

このように潜在意識にさりげなく、すり込ませることが大切です。相手が気づかないうちに、誘導していくことができます。


恋愛テクニック2. 好意の返報性の原理

好意の返報性の原理は、「相手からの好意を同じだけ返したくなる」という心理を利用した恋愛テクニック。

「〇〇ちゃんって、手先が器用だよね。料理も上手そう。」

「〇〇くん、こないだは仕事のサポートしてくれてありがとう。本当に頼りになる存在だよね!」

このように、会話の中で相手を褒めたり、感謝したりする会話の中で相手を褒めたり、感謝したりすることがポイント。

こちらから好意を見せていき、相手に貸しをつくることで、相手から同じ分だけの好意を期待できます。


恋愛テクニック3. ミラーリング

ミラーリング効果は、好意をもった相手の動作を鏡のように真似ることで、好感度をあげる恋愛テクニックのこと。

人は同じような行動や言動をする人を無意識のうちに仲間と思いこみ、親近感を感じる生き物です。

例えば、気になる相手と同じものを注文したり、同じLINEスタンプを使ったりすると、二人に共通点が生まれます。

相手が「自分と似ている」と感じたときに、自然と好感を持たせることができるのです。


恋愛テクニック4. ゲインロス効果

ゲインロス効果は、元々がマイナスな印象からスタートしているので、通常の時よりもプラスを大きく感じるという恋愛テクニックです。

例えば、好青年が子供を好きなのはなんとなくイメージできますが、一方で不良が子煩悩だと知ると、ギャップが生まれ魅力を感じるものです。

ゲインロス効果はとてもシンプルなテクニックですが、相手にとって魅力的なギャップを生み出せれば、一気に脈ありに昇格する可能性があります。


恋愛テクニック5. ツァイガルニク効果

ツァイガルニク効果は、あえて盛り上がったところで中断することで、相手に「もっと話したい」「また遊びたい」と思わせる恋愛テクニックです。

いくら盛り上がっているからといって、長時間遊んだり、LINEをしたりするのでは効果はありません。

  • ランチに行って、盛り上がっても>「この後、仕事があるから」と帰る
  • LINEのやりとりがテンポよく続いていたのに、急に終わらせる

ぐっとこらえて、短時間で切り上げるようにすると、相手はもっとあなたと「遊びたい!」「LINEをしたい!」という気持ちになり、好意を引き付けることができます。


ザイアンス効果を駆使して、素敵な恋人を作ろう。

ザイアンス効果は、会う頻度を増やすことで相手に好意を抱かせる心理テクニックです。

それだけ聞くと簡単に思えますが、やり方を間違えてしまうと相手に嫌な思いをさせてしまう可能性も。

片思いの相手にザイアンス効果を使うのは、ハードルが高く感じてしまうかも知れませんが難しい事はありません。

今記事でご紹介したザイアンス効果の活用法や注意点を参考に、意中の相手にアプローチしてみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事