「モテる女のさしすせそ」とは?「モテない女のさしすせそ」も大公開!

モテる女性のテクニックを知りたい方へ。この記事では、モテる女のさしすせそを始め、さまざまなテクニックから、モテる女性になる秘訣まで詳しく解説します!

「モテる女のさしすせそ」とは?意味や使うタイミングも解説!

「モテる女のさしすせそ」とは?

「モテる女のさしすせそを詳しく知りたい」

「さしすせそを使ったら本当にモテるの?」

男性を落とすテクニックの一つである、「モテる女の『さしすせそ』」

聞いたことがあるけど、詳しい意味や使うタイミングが分からない方も多いでしょう。

そこでここからは、モテる女のさしすせその使い方について分かりやすく解説していきます。


「さ」さすが!

「さすが!」は相手を認める意味がある言葉です。

男性はプライドが高く、尊敬されたいと思っている生き物なので「さすが」と言われると喜びます。

自慢話や苦労話をしてきたらチャンス。

「さすがですね~。○○さんだからできるんですよ」

と感心して褒めてあげましょう。

相手は「俺ってすごい」と自尊心が満たされ心をくすぐられるでしょう。


「し」知らなかった!

「知らなかった!」と言われると、男性は「自分は物知りだ」と優越感に浸ることができます。

男性は偉くなりたい願望があり、物知りだと思われたい心理があります。

男性が得意分野の話や、うんちくを語りだしたら

「知らなかった!○○さん物知りですね」

「知らなかったことが聞けて良かった」

など驚いた感じで言っておきましょう。


「す」すごい!

「すごい!」は他人を褒めるワード。

男性はとにかく褒められるのが大好きで承認欲求も強めと言えます。

何か一生懸命に成し遂げたような出来事や、苦労話に対して「○○ができるなんてすごい!」と驚きの気持ちを込めて褒めると喜ぶでしょう。

男性は「自分は能力が高く優れている」と感じ良い気分になること間違いなしです。


「せ」センス良い!

「センス良い」という言葉は相手の感性を褒めている言葉

「かっこいい」「おしゃれ」など見た目の評価ではなく、それを選んだ男性の内面的センスを認めていることになります。

男性のファッションや、持ち物を褒める時に大活躍する言葉です。

「センス良いね。どこで買ったの?」と聞かれると男性は得意げになって教えてくれるでしょう。


「そ」そうなんだ!

「そうなんだ!」は相手の話を理解したことの意志表示で、話をしっかりと聞いている印象を与えます。

男性は「自分の話を聞いて欲しい」「話を理解してほしい」という思いがあるので、聞き上手な女性には心を許しがち。

男性が自分の考えなどを話してきた時に「そうなんだね」と言われると「この人は分かってくれている」と嬉しく思うでしょう。


モテる女のさしすせそを効果的に言う方法|言い方のコツは?

「さしすせそは、どんなタイミングで使うのがいいのか知りたい」

「うざいと思われそうで、さしすせそがなかなか使えない」

テクニックとして知っていても、上手く使えるか心配な人も多いでしょう。

さしすせそは知っている男性も多いため、使い方を間違えると必死さがバレてしまい逆効果になる可能性も。

そこで、ここからはモテる女のさしすせそを効果的に使うコツを紹介します。


言い方1. 相手との距離感をわきまえる

どんな人でも褒められるのは嬉しいことですが、むやみに誉め言葉をならべると「馴れ馴れしい人だな」と思われる場合もあります。

特に親しくない相手に使ってしまうと、失礼になる場合もあるため注意が必要です。

例えば、

  • 会社の上司や先輩、取引先の相手
  • 全員が初対面の合コン相手

などは相手に「偉そうだな」と思われてしまう可能性も。

何度か話をする機会があり、相手が自分の話をしてくるなど、世間話ができるような間柄になったらいいかもしれませんね。


言い方2. 使い過ぎには注意する

何度も「すごーい」「さすが!」と言われると、相手に「わざとらしい」「うざい」と思われてしまう可能性があります。

頻繁に使いすぎると効果が薄れてしまうため、適度に使うようにしましょう。

また「何か下心があるのかも」と警戒されることもあります

「おはようございます。今日のネクタイすごい素敵」

「お疲れさまです。プレゼントーク、さすがでした」

など、あいさつのついでに同時にさりげなく使うといいでしょう。


言い方3. 言い換えてみるのもGOOD

「さしすせそ」はモテるためのテクニックと知っている男性もいます。

そのまま使っていると「モテたいために使っている」と思われてしまう可能性も。

言葉の意味を同じままで言い換えると使い道が増え、男性にも好印象を与えます。

例えば

  • 「さすが」を「期待通り」
  • 「知らなかった」を「初めて聞きました」
  • 「すごい」を「かっこいい」、「素敵」、「羨ましい<」/span>
  • 「センスいいね」を「私じゃ選べない」
  • 「そうなんだ」を「へ〜!!」、「たしかにそうかも〜!」

などは、男性に「さしすせそ」を意識している事がバレずに使うことができますよ。


言い方4. タイミングを間違えないように!

やみくもに「さすが」「すごい」と言っても、使う場面が違うと「話を聞いてないな」と思われいい加減な人という印象がついてしまいます。

思ってもいない言葉は、相手にも伝わるため、会話の流れをきちんと理解して最適なタイミングを意識するのが大切。

話の中で納得する部分がないのもかかわらず「そうなんだ~」と言っても相手はおかしいと思います。

きちんと会話に集中して、本当にそう思った時にだけ使うようにしましょう。


言い方5. ワンパターンにならないように心がける

同じ言葉ばかり言っていると「他の言葉を知らないのかな」語彙のない人と思われてしまいます

また、説得力も無くなってしまうためワンパターンにならないように心がけましょう。

「さすが」「すごい」をそのまま言うのではなく

  • ○○を選ぶなんてさすがお目が高いですね
  • ○○は難しいのに、簡単にできてすごいですよね

など、具体的に褒めると真実味も増し、あらゆるバリエーションで使用できます。

知性を感じる女性と思われて魅力的な存在になれるでしょう。


「モテる女のさしすせそ」以外の恋愛テクニック|NGパターンも紹介

「モテる女のさしすせそ以外に、男性を落とすコツはないの?」

「恋愛の駆け引き上手になって、気になる男性を振り向かせたい」

モテる女のさしすせそのコツは理解できたけど、もっと他の恋愛テクニックが知りたいという方もいますよね。

次からは、さしすせそ以外の恋愛テクニックとNGパターンも一緒に紹介します。


恋愛テクニック1. 「モテる女のあいうえお」

あまり男性に知られていないテクニックの「あいうえお」は少しぶりっ子に見える特徴があります。

  • 「あ」:「あーん」と料理を食べさせてあげようとして「あげなーい」と自分で食べる
  • 「い」:「いらなーい」「行かなーい」など、断りにくいことを言われた際、上手くかわしたい時に活用
  • 「う」:「動けなーい」酔ってしまった時などに活用
  • 「え」:合コンなどで料理を注文する際「選べなーい」「え〜わかんない」と言って男性に頼る
  • 「お」:「押せなーい」と店の呼び出しボタンに手が届かない際に、お目当ての男性に甘える

女性特有のキュートさを見せる「あいうえお」に、男性はドキドキするでしょう。


恋愛テクニック2. 「モテる女のかきくけこ」

良いところを見つけて褒める時に使えるテクニックの「かきくけこ」

  • 「か」:ファッションや髪型など、いいなと感じたら素直に「かっこいいね!」
  • 「き」:男性に手伝ってもらったら「気が利くね!」
  • 「く」:質問にしっかりと答えてくれたら「くわしいね!」
  • 「け」:場を盛り上げてくれる男性に「元気があって良いね!」
  • 「こ」:自分の失敗を笑って許してくれた際に「心が広いね!」

褒められると謙遜する男性もいますが、言われた相手に好感を抱くのは間違いないでしょう。


恋愛テクニック3. 「モテる女のはひふへほ」

リアクション重視の「さしすせそ」とは異なり「はひふへほ」媚びる感じのテクニックではないのが特徴。

  • 「は」:その場にいるだけで明るくなるような「華やかな女性」
  • 「ひ」:身のこなしや姿勢がよく、マナーも心得ている「品のある女性」
  • 「ふ」:TPOを理解し「分別ある言動ができる女性」
  • 「へ」:いつもと違う服装にチャレンジしたり見ていて飽きさせない「変化のある女性」
  • 「ほ」:男性の守ってあげたい気持ちを刺激する「ほっとけない女性」

女性から見ても魅力的な「はひふへほ」は、心がけ次第で身に着けられますよ。


恋愛テクニック4. 「モテない女のたちつてと」

言われた男性は傷つき、怒りそうな言葉に「たちつてと」があります。

  • 「た」:自慢話に対して「大したことないね」
  • 「ち」:相手は話を聞いてほしいだけなのに「ちがうでしょ」
  • 「つ」:興味がない話だからと「つまんない」
  • 「て」:何か相談してきたときに「適当でいいよ」
  • 「と」:相手の話を水の泡にする「どういうこと?」

上から目線で男性のプライドを傷つけてしまうNGワードです。


恋愛テクニック5. 「モテない女のなにぬねの」

モテない女がよく使う「なにぬねの」は、相手をバカにするような感じの悪い印象を与えます。

  • 「な」:男性の行動に対して「何やってるの」
  • 「に」:イラっとしてしまいつい「にらみつける」
  • 「ぬ」:丁寧さが感じられない気の「抜けた」感じの言葉使い
  • 「ね」:分からないとすぐに「ねぇねぇ」と聞く
  • 「の」:「NO」と否定ばかり言う

自分では気が付かず無意識にしいてしまっているかもしれない言動に、男性はドン引きしてしまうでしょう。


「モテない女のさしすせそ」とは?モテたい女性は要注意!

「モテない女のさしすせそって何?」

「もしかして男性を不愉快にしているかも?」

なかなか彼氏ができず、モテた経験がない人は「モテない原因は何だろう」と悩んでしまいますよね。

もしかしたら、知らないうちに、モテない女のさしすせそを使っているかも。

ここでは、モテない女のさしすせそを説明していきます。


「さ」最低!

「最低」は最も悪い、劣っている、一番低いという意味

男性のちょいワルエピソードなどを聞かされると、正直「最低だね」と言いたくなるでしょう。

しかし、ちょっとした失言に対しても最低という強い言葉を使ってしまうのはNG。

言われた相手は「俺ってダメなヤツ」と落ち込んでしまったり、傷ついてしまう可能性があります。


「し」知ってる!

自分も知識がある、情報を持っているアピールになる言葉が「知ってる」

お互いが知っていることが嬉しい場合もありますが、相手は教えてあげているつもりの会話中での使用はNGです。

  • 男性が「この前行った○○の店なんだけど」と話している途中で「私も行ったことがあるから、知ってる」

などと言われると、男性は話す気がなくなってしまうでしょう。


「す」すごくない?

相手に「すごくない?」と聞くのは自分ではすごいと思っているから。

自分から褒めてアピールをされると相手はうざいと感じてしまいます。

誰もが他人に認められたいと承認欲求はありますが

  • ブランド品を購入した際に「見て見て、すごいでしょ」
  • 徹夜で仕事を終わらせて「私頑張った~すごくない?」

などと言われると、男性は「自分で言うか?」とドン引きしてしまいます。


「せ」せっかく〇〇したのに

「せっかく○○したのに」は、自分のしたことに対して見返りを求めている時に言ってしまう言葉です。

喜んでくれると思いスイーツを買ってきても、それほど嬉しそうでない反応だと「せっかく買ってきたのに」と言いたくなるでしょう。

相手は厚意に対してはありがたいと思っても、「せっかく○○したのに」と言われると負担に感じてしまう可能性があります。


「そ」そっか

「そっか」は会話の内容に興味がなく「ふーん」「へぇー」と同じく、話を適当に流している印象を与えてしまいがち。

「そうなんだ~それでどうなったの?」などは、その後の会話も発展しますが「そっか」と言われると、そこで会話は終了してしまいます。

男性は聞き上手な女性を好むため、マイナスイメージになってしまうでしょう。


モテる女になる方法|日頃から意識すべきこととは?

「モテる女になる方法をもっと知りたい」

「テクニック以外の日常でできるモテる方法はある?」

モテたいと思っているけど何をすればいいのか分からない人も多いでしょう。

自分は美人じゃないからと、諦めるのは早すぎます。

ここからは、モテる女になる具体的な方法を紹介。日頃から意識すべきことを解説していきます。


方法1. ナチュラルメイクで清楚感を演出する

メイクが濃すぎるとけばい印象を与え、男性からすると清潔感がないと思われてしまう可能性もあるでしょう。

どちらかというと、清楚系女子のほうが幅広い男性からモテる傾向があります。

キメが細かく、透明感のある肌は清潔感があり、ナチュラルメイクでも充分綺麗。

アイシャドウなども、ほんのり色づくくらいでOKです。

ナチュラルメイクでもいいように、まずは肌のコンディションを良くする生活習慣を心掛けましょう。


方法2. ジムに通ってスタイルアップを目指す

痩せすぎや太りすぎの体型よりも、程よく筋肉があり引き締まったスタイルのほうが、健康的で魅力的に思われやすいです。

スタイルがいい人は、体形を維持するために、陰で努力をしています。

家で運動をするのもいいですが、ジムに通うとモチベーションも高まりさらに効果的。

お気に入りのウェアを身に着けるのもいいでしょう。

また、トレーナー在中のジムは最適なトレーニング方法を教えてくれるので、早く理想の体型に近づけますよ。


方法3. 共感とポジティブ発言で会話を盛り上げる

何を言っても「でも~」「だって~」など言い訳やマイナスな発言の人との会話は嫌な気分になります。

話をしていて楽しい女性の方が「もっと一緒にいたい」「また会いたい」と思われ重宝されるでしょう。

例えば

  • 自分の失敗談でも笑い話に変える
  • 「それは辛いよね」と共感し慰めてくれる

など、どんなことでもポジティブに捉え、会話を盛り上げてくれる相手には好意的になります。

「○○ちゃんと話していると癒される」と男性に思わせることができたら落とすまでもう少しですよ。


方法4. 笑顔で大きなリアクションをとる

女は愛嬌と言われる通り、笑顔は女性の最強の武器です。

どんなに美人でも、笑顔がなくいつも眉間にシワを寄せている女性は、近寄りがたいと感じる男性も多いはず。

自分の話に反応してくれる女性に魅力を感じる男性が多いので、あからさまになりすぎない範囲でリアクションを取ってあげるといいでしょう。

例えば、自分が言ったジョークに、大笑いしてくれると男性は喜びます。

ただ、笑顔が多いのはいいことですが、真面目な話をしている時は「ふざけてるの?」と怒らせてしまうので注意しましょう。


方法5. さりげないボディタッチをしてみる

女性からさりげなく触れられると男性はドキッとし「脈ありなのかな?」と気になってしまいます。

例えば、

  • 通路ですれ違いざまに自然と体がぶつかる
  • 物を渡すときに、さりげなく手に触れる
  • 名前を呼ぶときに、腕をつんつんする

など、見えないところで触ったり、偶然ぶつかった感じを装うとさらに印象に残り効果的。

突然大胆に触られると男性もびっくりしてしまうので、まずはさりげなくチョンと触れるくらいから始めましょう。


モテる女のさしすせそを駆使して、気になる男性を虜にしてみて

モテる女性は、男性がどんなことで喜ぶのかを観察し努力しています。

誉め言葉である「さしすせそ」は相手を喜ばせる反面、使い方を間違えると不愉快に感じてしまうことも。

テクニックとして知っていても上手く使えるか心配になる方も多いですよね。

ぜひ今回の記事を参考にして、気になる男子を振り向かせてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事