ケチな女性と節約できる女性の違いとは?口癖や特徴から見分け方を徹底解説

男性が結婚したいと思うのはケチな女性?節約できる女性?ケチな女性と節約できる女性の違いを口癖や特徴からレクチャーしていきます。男性が結婚したい女性の理由までお届けするので、自分がどっちのタイプか比較しながら読み進めてくださいね。

ケチな女性は、お金に厳しい良い女性?

ケチな女性の特徴

「あの人ケチだよね」というと悪口に聞こえてしまいますが、「あの人はお金に厳しい人なんだよ」と言われると、節約できる生活能力のある人に聞こえる気がしませんか。

男性が結婚したいと考える女性の特徴は、やはりお金の価値観が合っていること。家族になるのだから、見た目だけではなく中身も重視するのは当たり前ですよね。


ケチと節約は、似ているようで違う。

先述した内容だと、一見ケチな女性のほうが良いように感じますが、ケチと節約は似ているようで少し違います。

節約は、不必要にかかるお金を減らすこと。対してケチは、必要なものや自分で払うお金を減らすことです。そして、節約家は、自分で使うお金をさまざまな工夫をこらして減らそうとしていますが、ケチな人は自分では払わないけれど、自分のために他人にお金を使わせようとします。

周りの意見としては、節約家の人の近くにいると、自分も不必要な支出を減らしていこうと明るい気持ちになりますが、ケチな人の近くにいると、お金ばかり取られて嫌な気持ちになるのです。

ケチと節約、意味は似ているようですが、大きく違います。


ケチな女性の口癖って?

ケチな女性の特徴

ケチな女性は見た目ではわかりませんが、意外にも口癖から判断できます。ケチは基本的に金払いが悪く、「相手のためにお金は使いたくない、でも自分のためにはたくさん使ってほしい」と思っていることが、口癖や言動に表れているのが特徴。

ここで紹介するセリフを多用している女性は、もれなく「ケチな女性」認定して大丈夫ですよ。自分のために使うべきお金を搾取されてしまうので、ケチな女性とは適度な距離を保っておくことをおすすめします。


1. 「お金がない。」

ケチな女性は常に「お金がない」が口癖。お金がないと伝えて、相手におごってもらおうという魂胆です。ケチな女性は基本的に金払いが悪いことが特徴なので、男性との楽しい時間に使うお金でさえも「もったいない」と思っています。こういった言動をとって、どうにかしておごってもらおうと考えているのです。

ただし、本当は割り勘できる金額を持ってきていることがほとんど。男性側からしても、いつも「お金がない」と言っている女性とは、ごはんに行きたくなくなりますよね。そう思わせていることに気がつかない、残念なタイプです。


2. 「コスパ悪いね。」

「コスパ(コストパフォーマンス)」は、ケチな人が大好きな言葉。何に関しても「コスパ」を求めているのはケチの特徴です。また、基本的に金額と量のバランスについて言及していることがほとんどです。

ケチな女性は、コスパが良いものが大好きなので、コスパの悪いものにはすぐにケチをつけます。しまいには、値切ることも。「コスパ悪いね」というセリフをよく聞くようであれば、彼女は「ケチな女性」と言えますよ。

また、ケチな女性と一緒にいて量のパフォーマンスばかり求めすぎていると、質の良いものと触れる機会を奪われかねないので、注意しましょう。


3. 「もったいない。」

「もったいない」はよく耳にするセリフで、節約家の人も使っていますよね。ケチな女性も、この「もったいない」が口癖。「もったいないこと」が嫌いなのが特徴です。

ただし、節約家の人は適切な部分に対して言うのに対して、ケチな人は「え?ここも?」と思うようなところに対して「もったいない」と言います。ケチの見分け方は、「節約家の人でもお金をかけるであろうところにも、もったいないと言うところ」と言えるでしょう。


4. 「おごってね。」

「お金がない」と間接的にアピールするのではなく、「おごってね」と直球で伝えてくるケチな女性もいます。お店に行く前に言う人が多く、「嫌だ」と伝えると来なくなることも。そもそも自分でお金を払うつもりは全くないのが特徴です。

たとえ毎回おごることになっても、あなたがその女性と「一緒にいたい」と思うのなら、おごる選択をするのもいいでしょう。


5. 「いくらかかる?」

「いくらかかる?」も、お金にうるさいケチな女性がよく使う口癖。できる限りお金を使いたくないので、金額について事前に確認しておかなければ気が済まないのです。

もちろんこのセリフはケチではない人も使いますが、ケチな女性は基本的にそのあとに金額についての否定・肯定がついてきます。「いくらかかる?」に答えたあとに「安いね!」または「高いから別の場所にしない?」などといったセリフがついてきた場合は、ケチである可能性が高いです。


ケチな女性の特徴って?

ケチな女性はモテない

ケチな女性が使う口癖に続いては、ケチな女性の特徴についてご紹介します。特徴をおさえておくことはとても重要。

なぜかというと、特徴を知っておくことで、関わると相当面倒くさいケチな女性を見抜けるから。ケチな女性が持っているそれぞれの特徴に対する対策も一緒にお伝えしていくので、「この女性、厄介だな、面倒だな」と感じたときに、ぜひ使ってみてくださいね。

ケチな女性は、一緒にいる人にお金の面で迷惑をかける可能性が高め。察知したら距離をおきましょう。


【参考記事】ケチな女性は男性から痛い女と思われているかも?▽


1. 料理を頼んでたくさん食べて、割り勘で払おうとする女性

コスパ重視のケチな女性は、飲食店にて1人1品ではなく、たくさんの料理を頼んで割り勘をしようとする特徴があります。この特徴を持った女性は、お金を男性に払わせるのではなく自分で払うので、まだましなタイプです。

そして、女性の中には「1種類ではなくせっかくだからたくさんの種類が食べたい」と考えている人もいるのは事実。ケチなわけでなく、このような頼み方が好きだという女性もいるので、これだけでケチだと決めつけるのは早いです。口癖や他の特徴とトータルで考えてみてくださいね。


2. 食べない・飲まない時は、割り勘を崩そうとする

ケチな女性は、飲み物代さえもケチることが多くあります。

例えば大勢での飲み会のとき。「お酒飲んでないから、私は◯◯円分引いて払うね」というセリフを平気で言うのが、ケチな女性の特徴です。割り勘が崩れるので集金が大変になるし、周りから「あなただけずるい」という声が聞こえてきそうですよね。

実際にこのセリフを言われたときは、相手の条件を飲むのがスムーズに事が終わります。そして、呼ばなくていい飲み会には、極力ケチな女性は呼ばないのが賢明です。


3. 家に来る時、手土産などを要求して払わない

家にお呼ばれしたとき、お菓子などの手土産を用意してから行く人は多いはず。それとは別に「これを買ってきて」と平気で要求してくるのが、ケチな人の特徴です。しかも、基本的に代金は払いません。

もしあなたがどうしても支払うのが嫌な場合は、「もう向かってるから難しいよ」と伝えるのが良いでしょう。この特徴の女性は特に厄介なので、何回も手土産を要求されるようなら、家に遊びに行くのをそれとなく断ることをおすすめします。


4. 自分のポイントカードを差し出す

大人数でごはんを食べに行ったとき、人数が増えれば増えるほど、ポイントカードにはたくさんのポイントが追加されます。このとき、ケチな女性は当たり前かのように、サッと自分のポイントカードを差し出すのです。

確かに、ポイントカードも大事なお金になるので、「自分のカードでポイントを貯めたい」と考える気持ちもわかりますよね。もしあなたが幹事の場合は、場の雰囲気を冷めさせないように、みんなを店外に出すなどして上手に切り替えるのがおすすめです。


5. メニューを見た途端、お店の値段に文句をつける

「メニューを見て、料理の内容よりも先に価格に文句をつける」のも、ケチな女性な特徴のひとつです。

もし、入るなりすぐに料理の値段に文句を言っていたのが聞こえても、聞こえないふりをしてスルーしましょう。賛同すると、より態度が大きくなります。

この特徴の女性には、事前に行くお店のホームページを送っておくなど、値段を先に見せてどうするか訊ねておくことをおすすめします。行くお店の選択肢を与えてあげてもいいですね。


6. まぁまぁな距離も徒歩移動。

普通の感覚であれば、公共交通機関などを利用する距離も徒歩移動をしているのは、ケチな女性の特徴です。ダイエットや健康目的ではなく、バスや電車の料金を払うのが嫌で歩いている可能性が高いのです。中には、ケチの度が過ぎて「10kmでも普通に徒歩で移動する」という女性も。

多忙な人は、移動にタクシーを使い車内で仕事を片付けるなど、「時間をお金で買う」とはよく聞きます。しかし、ケチな女性はその反対。時間よりもお金を重視する傾向があります。

この特徴の女性と一緒に行動する機会がある場合は、「途中に用事がある」などと行って別行動・現地集合をするのが良いでしょう。


7. 誕生日プレゼントは安い物をあげて、高い物を要求。

ケチな女性は金払いが悪いのが特徴なので、「他人のために自分のお金を使うなんてもってのほか」と考えています。それにも関わらず、「自分にお金を使ってもらうのは大歓迎」と思っているので厄介です。

そのため、相手へのプレゼントには極力安いものを選び、自分へのプレゼントには高いものを要求してきます。ケチな女性は、自己犠牲を払わないのが特徴です。

この特徴の女性には、プレゼントの希望を聞かないのが賢明。プレゼントはあなたの独断で選ぶことをおすすめします。


ケチではなく、節約できる女性は男性が結婚したい女性。

節約できる女性は男性からモテる

もしあなたがケチな女性で、「ケチはお金が貯まるから、男性は私と結婚したいと思ってくれている」と思っていたら、それは大きな勘違い。

男性が求めているのは、値段に文句を言ったり、値切ったり、自分は支払わず男性に全ておごらせようとしたりするケチな女性ではありません。

確かに気前のいい人は浪費が多く、結婚相手と考えると悩むところ。だからといってケチがいい訳ではありません。ケチな女性は、普段の言動や口癖から印象が悪く、そばに置いておきたいとは思えないのです。

男性が魅力的に感じるのは、「使うところは使い、浪費を削れる女性」です。結婚相手に選んでほしいと思っているなら、お金の使い方と他人への言動を改めるべきですよ。


【参考記事】男性が彼女にしたい女性の特徴とは?▽


ケチな女性は節約できる女性になれるよう努力して

ケチではなく、節約できる女性になりましょう

ケチな女性の口癖と特徴・対策をご紹介しました。見た目では判断できないのが「ケチな女性」の怖いところ。

ですが、言動や行動で見分けられます。特徴を把握しておくことで、厄介な女性と関わらずに済みますよ。「これ、ケチな女性の特徴かもしれない」と感じたら、スッと身を引いて、適度な距離感の知人でいるのが賢明な判断でしょう。

厄介ごとに巻き込まれないよう、自分の身は自分で守っていきましょうね。

【参考記事】いい女の特徴や見分け方を男性目線で徹底レクチャー▽

【参考記事】男性が好きなモテる女の絶対条件とは?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事