失恋した友達にかける言葉&NGの言葉|振られた友達の慰め方とは

最近、失恋した友達がいる方へ。本記事では、失恋した友達にかける言葉から、励まし方のコツまで大公開!言葉をかける時のNG行為も解説していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

失恋した友達にかける言葉|友達を励ますセリフとは

失恋した友達にかける言葉

友達が失恋して落ち込んでいると、何かできることはないかと考えるもの。

そんな時は、友達の気持ちに寄り添うような言葉や励ます言葉をかけて慰めてあげるのも一つの方法です。

ここからは、失恋した友達にかける言葉をご紹介します


言葉1. 「そのままのあなたが魅力的だよ」

恋人と別れて失恋をした友達は、自己否定が強くなっていることがあります。

特に恋人に振られて傷ついた男女であればなおさらです。

そんな時に「そのままのあなたが魅力的だよ」という言葉をかけて友達の価値を肯定してあげれば

「自分には魅力がないと感じていたけど、ちゃんと良い所はあるんだ」と自信を持ってもらうことができますよ。


言葉2. 「何も悪くないよ」

失恋した友達は「自分がダメな人間だから恋人と別れてしまった」などと、失恋の原因を自分のせいにしてネガティブな気持ちになる傾向があります。

そんな様子を感じた場合は「あなたは何も悪くないよ」という言い方で励ますのが適切です。

第三者からそう言ってもらえると友達も気持ちが楽になって、「一生懸命向き合ったからこそ、結果として別れることになったんだ」という心理になれますよ。


言葉3. 「いつでも話してね」

失恋した友達にかける言葉はいつでも話してね

恋人と別れて失恋した男女は、メンタルがとことん落ちて自分をしっかり保てず、不安定になってしまうことも多いです。

周囲に「いつでも話してね」と寄り添う言葉をかけてくれ友達がいると、「味方になってくれる人がいる」と安心感を抱きます。

失恋してから誰かに話を聞いてほしいと感じるまでのタイミングは1人1人違うため、無理に話を聞き出そうとせず待ちの姿勢でいると相手も話しやすいでしょう


言葉4. 「今日はたくさん泣いていいんだよ」

失恋した男女の中には周囲に余計な気を遣わせたくないと、傷ついたメンタルを隠して気丈な振る舞いを見せる人もいます。

そのため「私の前では我慢せず素直になっていいよ」という意味を込めてこの言い方をすると、「この人には弱みを見せていいんだ」と安心してもらえるでしょう。

失恋してメンタルが落ちた友達も、自分の感情を他人に表すことで前向きな気持ちになれますよ。


言葉5. 「どこか遊びに行こう!」

恋人と別れて落ち込んだ気持ちを言葉に出せば出すほど、失恋の傷がさらに深まって長く引きずってしまう人もいます。

そんな友達には、明るく言葉をかけて遊びに誘ってあげましょう。

失恋したことを考えない時間を作ることで気分転換ができるため、失恋の傷も癒えて吹っ切りやすくなり徐々に前向きな気持ちになれますよ。


言葉6. 「本当に辛かったよね」

失恋した友達にかける言葉は本当に辛かったよね

大切な恋人と別れてしまった男女は、悲しみで心がいっぱいになってしまうものです。

「本当に辛かったよね」と友達の気持ちに寄り添う言葉は、相手に対する共感を示す言い方。友達は「この苦しみを理解してくれる人がいる」と感じて安心できます。

傷ついた心に寄り添うあなたの優しさが伝わって、友達を癒すはずですよ。


言葉7. 「いつでも味方だよ」

失恋したばかりで辛い時期の男女は、孤独感が強まってしまいやすいです。

心を許している友達から「いつでも味方だよ」という言葉をかけてもらうと、「自分は1人じゃない、すぐそばに味方でいてくれる人がいる」と勇気が湧きます。

気持ちを強く持てるようになるので、失恋から立ち直るスピードも早くなりやすいですよ。


言葉8. 「本当に大好きな人だったんだね」

失恋した辛い気持ちを他人にたくさん話して吐き出すことで、気持ちが楽になる人もいます。

そんな場合は聞き役になってあげましょう。

友達の言葉にうなずきながら「本当に大好きな人だったんだね」と最後まで恋愛を頑張ったこと褒めてあげてください。

心の中にある思いを全部聞いてもらえたと感じられると、少しはスッキリとして失恋のショックも和らぎますよ


言葉9. 「よく頑張ったね」

失恋した友達にかける言葉はよく頑張ったね

恋人と別れるまでの間、辛い時期が続いて失恋後は疲れ切っているケースもあります。

恋愛で苦労していた様子が感じられる場合は、「よく頑張ったね」という言い方で励ますのがいいでしょう。

最後まで自分と相手に向き合ったことに共感し、褒めてあげることで「頑張ったから自分は悪くないんだ」と自身を肯定できるようになります

辛さや痛みを理解して受け止めてくれるあなたの振る舞いに、優しさと信頼を感じて友達も勇気づけられるはずですよ。


言葉10. 「時間が解決してくれるよ」

失恋したばかりの男女だと、絶望のふちにいるような気持ちになって先のことが考えられなくなっている傾向があります。

未来を見据えて「時間が解決してくれるよ」と楽観的なスタンスを示してあげることで、相手も前を向けて「今は悲しくて辛いけど、時間が経てばいずれ全て解決するからきっと大丈夫」と気持ちが楽になるでしょう。


言葉11. 「幸せになるチャンスだよ」

失恋した友達は、「自分は不幸だ、恋愛運が無い」といった感情を抱いてしまうことがあります。

「幸せになるチャンスだよ」という言い方で励ますことで、自分にもこれから幸せになる機会があることを理解してもらえるでしょう。

友達は「この失恋は幸せになるためのことだったんだ」と、失恋の経験をポジティブな気持ちで捉えられるようになりますよ。


言葉12. 「綺麗になって見返してやろう」

失恋した友達にかける言葉はは綺麗になって見返そう

特に恋人に振られて別れてしまった場合は、自分に自信を無くしてしまう人が多いです。

そのため「失恋は自分磨きをする最大のチャンスだから、相手に振ったことを後悔させるくらい魅力的になってやろう」といった趣旨の言い方をしてあげるのが効果的。

友達を鼓舞することで、心に火が付き「見返してやろう!」と失恋の痛みなんてどうでもよくなりますよ。


言葉13. 「今は落ち込むべき時だよ」

失恋したばかりの時は、辛さや悲しさでいっぱいになって悲観的な気持ちになってしまいます。

誰でも失恋をすれば落ち込んでしまうものなので、「メンタルが落ちるのは自然なこと、それでいいんだよ」という意味合いを込めてこの言い方をして慰めてあげましょう。

そうすると、「今、辛いのはしょうがないことなんだ」と相手の気持ちが楽になります。


言葉14. 「美味しいものでも食べに行こ!」

失恋してまだ間もないと、そのことばかりをついつい考えてしまうものです。

そこで「美味しいものでも食べに行こう」という言い方で、友達を誘いだしてみましょう。

傷ついている時は、単純に思える提案こそが嬉しく感じます。

友達が以前から行きたいと言っていたお店に行ったり、雰囲気のいいバーを訪れたりするのもいいでしょう。美味しいものを食べて元気になることで、失恋で傷ついた心も癒すのです。


言葉15. 「無理しないでね」

失恋した友達にかける言葉は無理しないでね

失恋すると「私と別れるなんて見る目ない人だよね」「しょうがないよ、気にしない気にしない」と強がる人も少なくありません。

そんな時、失恋した友達にかける言葉としては「無理しないで」という言い方がぴったり。

気にしていないように見えても内心はやっぱり傷ついているので、「今日くらいは弱音を吐き出してもいいんだ」と素直になれて心が楽になるはずです


失恋した友達にかける言葉選びで大切なこと

失恋した友達にかける言葉選びで大切な事

「的外れなことを言ってしまわないか不安…」

「相手を思いやる気持ちをしっかり伝えるためのポイントを知りたい」

失恋した友達にかける言葉だからこそ、相手に配慮した言い方や態度を選びたいものですね。

ここでは失恋した友達にかける言葉選びで大切なことを解説していきます。友達を元気づけるためにも、ぜひ参考にしてください。


大切なこと1. 無神経にならないように注意する

失恋をした相手に対して不用意なことを言ってしまうと、さらに傷を深くしてしまうこともあります。

「それくらい大したことじゃないよ、もうさっさと忘れよう!」など励ますつもりで言った言葉のせいで、

「いつまでも引きずってる自分ってやっぱりだめなのかな…」と自信を無くして、相手がさらに落ち込んでしまう可能性が。

無理に相手の気持ちを晴らそうとせず、まずは様子を観察しながら相手の気持ちをよく考えて発言しましょう。


大切なこと2. 茶化さないようにする

いつも冗談を言い合ってふざけている仲間同士だからといって、失恋のことまで茶化してしまうと相手は本気で傷ついてしまいます。

暗い雰囲気をどうにかしようと「振られたの?ダッサー、かっこ悪い」などと笑って言うのは、慰めにも笑い話にもならないので注意してください。

普段の軽いノリで接しそうになるのをグッとこらえて、失恋した相手の気持ちになって真剣に寄り添うことが大切。

そうすれば相手がどんな言葉を求めているのか、見えてくるはずですよ。


大切なこと3. 相手を否定しないようにする

失恋した友達にかける言葉選びで大切な事は相手を否定しない

2人のことは、本人達にしか分からないものです。

特に別れた恋人に対して未練がある場合は、相手の男性や女性のことを否定すると友達が反発心を感じてしまうことも

「相手の人が悪かったんだよ」「最低な人だったよね!」などと言っても、友達は「何も知らないのに、悪く言わないでよ!」と思う可能性が高いため、注意してください。

相手を批判するのではなく、失恋した友人の気持ちに寄り添うことや、癒す言葉をかけることがことが優しさに繋がります。


大切なこと4. 自分の話に変えない

失恋した友達を見ると、つい自分の経験談を持ち出して共感を示そうとすることがあります。

しかし恋愛で得る経験や感じることは人によって様々なので、的外れな事を言ってしまう可能性も否めません。

「私の時はこうだった、もっとひどかった」などと話しても、友達は「私はあなたとは違う」と感じてしまいやすいのです。

「自分の気持ちがわかってもらえてない...」と、友達がさらに落ち込んでしまう危険もあるので、まずは相手の気持ちに寄り添って話を聞いてあげる振る舞いが大切でしょう。


大切なこと5. 友達の魅力を褒めてあげる

「自分のここがダメだったから恋人とうまくいかなかった」など、失恋によって自己嫌悪に陥っていることも多いです。

そのため「今のままで十分おしゃれだし可愛い(かっこいい)よ」「あなたは優しくて気遣いができて魅力的な人だよ」など、

友達を肯定するような言葉をかけてあげるのがポイント。そうすれば、友達も少しずつ自信を回復できるはずです。

面と向かって言うのが気恥ずかしく感じる場合は、LINEや電話で伝えてもいいでしょう。


大切なこと6. 安心感を抱かせる

失恋した友達にかける言葉選びで大切な事は安心感を抱かせる

失恋すると今までの自分が全て否定されたかような、不安感や喪失感に襲われてしまいます。

そんな時には「私は何があっても側にいるよ」などの言葉を伝えて安心感を与えてあげてください

友達の気持ちが少しは楽になるはずですよ。

またその後もLINEや電話で様子を伺うなどして、実際に気にかけているということを態度でも示すことが大切。

相手を思いやる気持ちがより伝わって、友達にも心強く感じてもらえるでしょう。


大切なこと7. 次に進めるように後押しをする

恋人に振られたことで自分の全てを否定されたような気持ちになり、もう二度と恋愛ができないんじゃないか?とまで思い込んでしまうことがあります。

失恋がトラウマになっている状態のため、「またきっと良いご縁に恵まれるよ」「これから本当の幸せが待っているよ」など、また次にも新しい出会いがあるということを伝えましょう

それですぐ気分が晴れた様子が見られなくても、心配し過ぎる必要はありません。少しずつ前向きな言葉をかけ続けることで、徐々に活力が生まれてきますよ。


大切なこと8. 友達の気持ちに共感して寄り添う

別れたばかりの男女は心理的に追い込まれている可能性が高いため、余計なアドバイスをしてもあまり心に響きません。

それよりも「辛かったよね」「頑張ったね」と相手の気持ちに寄り添う言葉をかけて共感を示すことが大切です。

自分の気持ちを分かってくれる人がいるという事実が、友達の孤独感を取り除いていきます。

ただし、無理に「その気持ちわかるよ」などと相手の意見に合わせようとすると、わざとらしさが伝わるので注意しましょう。


失恋した友達にかける言葉選びでやってはいけないNG行為とは?

失恋した友達にかける言葉選びでのNG行為

失恋した友達にかける言葉が、逆に傷をえぐってしまうことも少なくありません。そうならないためには、いくつかの注意点を覚えておくことが大切です。

次に、失恋した友達にかける言葉選びで注意すべきポイントをまとめました。

相手のためと思ってついついやってしまいがちなことばかりなので、しっかりチェックしましょう。


NG行為1. 「またいい人に出会えるよ」と励ます

失恋してすぐに次の恋愛の話をされても「そういうことじゃなくて、今が辛いんだけど」と、友達が腹立たしく感じてしまうことがあります

また「自分にはこの人が1番」と思っていた相手に振られて失恋した場合は、安易に次があると言ってしまうと意外とショックを受けてしまうものです。

失恋後は次の恋を考える余裕がないことも多いため、無理に励まそうとせずまず相手の話をしっかり聞いてあげましょう。


NG行為2. 「落ち込んでばかりじゃダメだよ」と背中を押す

失恋した後、落ち込みたくて落ち込んでいる人はいません。ずっと落ち込んでいても仕方がないことは、本人も頭ではわかっているはずです。

そこをあえて突っ込まれると、自分はダメな人間だとさらに落ち込ませてしまうこともあります。

仲がいい友達ほど背中を押して次へ進んでほしくなりますが、相手の気持ちを考えればそっとしておくことも優しさです


NG行為3.「あんなやつ別れて正解!」と励ます

失恋した友達にかける言葉選びでのNG行為はあんなやつ別れて正解

いくら仲のいい友達でも、恋人との関係については当人同士にしか分からないことが多々あります。

それなのに第三者が何でも知っているような顔で「別れて正解」と言ってしまうと、友達は「正しいかどうかは私が決めることでしょ」と複雑な気持ちになってしまうのです。

それよりも「辛いね」など、相手の気持ちに共感を示す言葉を選んでください


NG行為4. 自分の経験を話す

失恋した友達は、自分の辛い気持ちを誰かに聞いてほしい、分かってほしいと思っているだけのことが多いです。

そんな時に「私も失恋で辛い経験をして…」と自分語りをするのは、相手の心情に寄り添っていない振る舞いと捉えられます。

例え同じような経験があったとしても自分の話は封印して、気持ちを全部吐き出したいと思っている友達の聞き役に徹してください


NG行為5. 自分基準で「大したことじゃない」と言う

失恋によって受けるショックの度合いは、人それぞれ異なります。

自分が大切にしていた恋愛が終わってとても悲しんでいる時に「大したことじゃない」と他人から言われてしまうと、友達はイラッとしてしまうでしょう

相手の心を読み取らないまま自分基準で言葉をかけても、励ましにはなりません。

相手の恋愛や気持ちを否定するような言葉は避けて、相手の言葉にうなずき共感してあげましょう。


NG行為6. アドバイスしようと説教をする

失恋した友達にかける言葉選びでのNG行為は説教をする

特に、後輩など年下の人が相手だと「アドバイスしなきゃ」と変に説教じみた言葉を掛けてしまうことがあります。

しかし無意味な説教は、自分自身の信頼を低下させるだけでなく相手をさらに落ち込ませてしまうため避けましょう。

「今が一番辛いよね」「どんな時も味方だよ」と相手の気持ちに寄り添う言葉や振る舞いを選んでください。


失恋した友達を励ますような最高の一言を言ってみて

友達が失恋して落ち込んでいる姿を見ると、できることがあれば何でもしてあげたいという気持ちになるものです。

そんな時は名言のようなことを言ったり、大げさな振る舞いをする必要はありません。LINEや電話でただ話を聞いてあげるだけでも、友達の気持ちは楽になるものです。

今回ご紹介した言葉や振る舞いの注意点などを参考にしながら、失恋した友達にできることをあたなも実践してみましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事