昔好きだった人と再会してもいい?忘れられない人ともう一度会う方法とは

昔好きだった人を思い出してしまう人へ。本記事では、昔好きだった人と再会したことがある人の割合から、昔好きだった人と再会する方法まで大公開!久しぶりに連絡をしてくる男性心理も解説していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

昔好きだった人と再会したことがある人はどのくらい?

昔好きだった人と再会する方法

マイナビウーマンのアンケートによると、昔好きだった人との再会を経験したことがある女性の割合は約45%。約半数近くの女性が再会を果たしているようです。

この数字を多いと見るか少ないと見るかは個人で異なりますが、一般的に約半数もあれば昔好きだった人と再会できる可能性は十分にあります。心のどこかで再会を望んでいる方にとって、ポジティブな数字と言えるでしょう。


昔好きだった人にアプローチするのはあり?

自分も相手も未婚であればアプローチするのは大アリです。

例えば、学生時代は恥ずかしくて声をかけられなかった相手でも、大人になってから再会すると自然と会話ができるようになっていることがあります。再会してからの方が昔好きだった人と上手に距離を縮められるケースもあるため、好きな気持ちがあるなら思い切ってアプローチしてみましょう。

ただ、相手が既婚者だった場合はトラブルの原因となるので、どんなに忘れることができない相手でも近づかないのが無難です。


昔好きだった人と再会する方法|どうやって出会えばいいの?

「やっぱりあの人を忘れられない…。」

そんな切ない思いを抱いていると、どうしても願ってやまないのが昔好きだった人との再会です。ただ、具体的にどう行動に移せば再会できるのか分からないという方も多いでしょう。

そこでここからは、昔好きだった人と再会する方法を4つ紹介します。


再会する方法1. 同窓会に参加する

同級生の男性と再会したいなら、積極的に同窓会に参加するのがおすすめです。

同窓会は、成人式の後や30歳、40歳など節目節目で開催されることが多いため、再会のチャンスが多いというメリットがあります。1回同窓会に参加してみたけど会えなかったという場合でも、次の同窓会では再会できる可能性があるので、同窓会は昔好きだった同級生との再会を実現させるにはかなり有効な手段です。


再会する方法2. 結婚式で再会する

結婚式には、新郎新婦の家族や友達、仕事の同僚など様々な関係性の方が集まるため、忘れられない男性と何らかの繋がりがあれば再会できるケースがあります

特に再会の可能性が高いのは、共通の友達が結婚した時です。招待客は新郎新婦が決めるため、あくまで「会えるかも」という期待までしかできませんが、お互いに友人枠で招待されていて再会したという方は多くいます。


再会する方法3. 共通の友人に頼んで会わせてもらう

共通の友達がいるなら、協力を仰ぐというのも1つの手段です。

御無沙汰な女性からいきなり会おうと言われても、警戒してしまう男性はたくさんいます。しかし、共通の友達を含めて複数人でご飯に行くなどであれば、一対一にならないから気軽に再会に応じてくれるはずですよ。

ほとんど連絡も取っていなくて自力で再会を果たすのが難しい場合は、第三者に頼ることも視野に入れましょう。


再会する方法4. 思い切って連絡をしてみる

連絡先を知っている間柄なら、勇気を出して自分から再会したい旨を伝えてみるのもアリです。

同窓会や結婚式など、自然と再会を果たせる方法はいくつかありますが、これらのチャンスはそう頻繁に訪れるわけではありません。会いたいと思った時に会えないのは、とても寂しいものです。

同窓会などのチャンスを待っていられないなら、自分からきっかけ作りをすることも大切。思い切って連絡をしてみましょう。


昔好きだった男性から連絡がくるのはなぜ?男性心理を解説します。

どんな理由であれ、昔好きだった男性から偶然にも連絡が来たら誰だって期待してしまいますよね。しかし、相手も自分に好意があると勝手に解釈して突っ走ってしまうと、せっかくのチャンスを水の泡にしてしまう可能性も。

そこでここからは、昔好きだった男性が連絡をくれる心理を解説します。


男性心理1. 近況を知りたくて連絡をした

特別な理由がなくとも、なんとなく他人の近況が気になる時ってありますよね。

例えば、自分の仕事がうまくいっている時に「周りの人はどうなのかな?」と思ったり、友達が結婚したと報告を受けたら「知り合いで結婚している人はどれくらいいるだろう?」と気になったり。

基本的にどうでもいい相手なら近況が気になることもないので、近況を聞いてくるということはある程度気になる相手であるという証拠です。ただ、そこに恋愛感情があるかどうかは男性によって異なるため、近況を尋ねる連絡に深い意味はない場合も多いですよ。


男性心理2. 好意があって連絡をした

好きな女性にアプローチするために連絡をしてくる男性も多くいます。

明確な好意があると、なんとかして距離を縮めたいと思うのは男女問わず同じ心理です。LINEで盛んにやり取りを行うだけでなく、「久しぶりに会わない?」と男性の方から提案してくることもあるでしょう。

昔好きだった男性の方から連絡がきて、相手が積極的に話題を提供してくれたり、何日もやり取りが続いたりするようであれば、好意がある可能性が高いです。


男性心理3. 昔を懐かしんで連絡をした

昔を思い出す中で、「あの人元気にしてるかな?」と気になってしまうことがありますよね。その流れでなんとなく連絡をするというケースもあります。

例えば、卒業アルバムを見たり久しぶりに地元に帰省したりなど、昔を思い出すシーンであるあるな現象です。

何年も会っていない男性から唐突な連絡があった場合は、彼の中で思い出に浸るきっかけがあったと考えられます。


男性心理4. 寂しさを感じて連絡した

寂しい時は誰かのぬくもりを感じたくなるもの。寂しさを埋めたいという理由で男性から連絡をくれることも多いです。

日常で寂しさを感じる理由には、彼女と別れた、友達が既婚者になって自分だけ取り残された気分になったなど様々なものがあります。

趣味や仕事に没頭するなどの対処法もありますが、誰かに甘えたいという時には、「あの人なら優しくしてくれそう。」とある程度の関係性がある女性に癒しを求める男性は多いですよ。


昔好きだった人と会えるように自分から行動してみよう。

昔好きだった人との再会は可能ですが、実際に再会したいと思ってもきっかけ作りはなかなか難しいもの。会いたい気持ちばかりが募る現状では、いつまでも想いにケジメをつけることもできなくて辛いですよね。

そんな現状を打破するためには、自分から会える方法を模索していくことが大切です。同窓会や結婚式での再会を待つだけでなく、自分から連絡をしたり共通の友達に協力してもらったりなどの方法もあります。

忘れられない男性と再会するという夢を実現させられるよう、前向きに行動に移していきましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事