女性からザオラルラインが来たら勝ち確?内容から脈あり度を判定!

女性からザオラルラインが来た男性へ。今記事では、女性からザオラルLINEが来た時の脈あり度合いや、LINEが来た時の返事の正解までお伝えします!

そもそも、「ザオラルライン」とは?

「ザオラルライン」とは?

ザオラルラインとは、しばらく連絡を取っていなかった相手とのLINEのやりとりを復活させるために送るLINEのことです。

RPGゲーム「ドラゴンクエスト」で、戦闘不能になった仲間を甦らせるために使われる呪文が「ザオラル」で、その呪文に由来していると言われています。

ただし、必ず蘇生できる呪文「ザオリク」に対し、ザオラルの蘇生率は100%ではありません。

LINEのやり取りが100%復活させられる保証がないことから、ザオリクラインではなくザオラルラインと言われています


【脈あり別】女性からのザオラルラインで好意を判定しよう!

女性からのザオラルラインで好意判定!

好きな人からのザオラルラインだと、

これって脈ありなのかな?
もしかして勝ち確?

と期待してしまいますよね。

しかし、ザオラルラインが来たからと言って、必ずしも相手があなたに好意を持っているとは限りません。LINEの内容によって脈あり度合いが異なります

ここでは、脈あり度別にザオラルラインの内容を解説します。自分にきたLINEをチェックして、脈あり度合いを確かめましょう。


【脈あり30%】「ごめん、返信返してなかった」

最後にLINEを送ったのがあなたで、相手はしばらく返信をしていなかったものの、ふと思い出して返信が返ってきた状態。

そのまま放置すれば良いものを、わざわざ連絡を送ってきてくれたということは、脈ありの可能性があります

ただし、既読スルーをするつもりは全くなく、うっかりと返信し忘れていたため、本当に悪いと感じてLINEを送ってきた可能性も

そのため、この段階では脈あり度は低め

「ザオラルラインが来た!」と浮かれないようにしましょう。


【脈あり50%】「ひさびさ!げんき?」

このザオラルラインからわかるのは、特別な用事はないのに、あなたの近況を知りたくて女性から連絡をくれたということ。

あなたのことが彼女の頭に浮かんだということなので、好意を持っている可能性はあります

ただし、「ひさびさ!げんき?」という挨拶だけでは彼女の心理は読めず、恋愛以外に意図があることも考えられます

例えば、あなたのことを懐かしく感じて、ただ近況を知りたいと思っただけかも。

この段階では、脈あり度はどっちつかずの50%くらいといえそうです。


【脈あり60%】質問や相談

ザオラルライン 脈あり60%質問 相談

「聞きたいことあるんだけどいい?」
「相談したいことがあるんだけど…」

そんなメッセージが久しぶりに送られてくると、ドキッとしてしまいますよね。

このLINEそのものからは脈あり度は判断しにくいですが、質問や相談内容によっては脈ありの可能性も高いです。

例えば、

  • 彼氏とうまくいっていないなど恋愛についての相談
  • その女性のプライベートに関わる質問や相談

なら脈ありの可能性があります

ただ単に聞きたいことがあるかもしれないので何とも言えないものの、質問や相談は口実とも考えられます。

これをきっかけに、あなたとのやり取りを再開したいという彼女の心理が隠れている可能性は大です。


【脈あり60%】男性の近況に対しての連絡

しばらく連絡を取っていなかったのに、久しぶりに女性からきたLINEが

「転職したって聞いたんだけど?」
「彼女と別れたの?」

といったものだったということもあるでしょう。

転職した、彼女と別れたといった近況を得ても、気になる相手でなければ、わざわざ連絡することはほとんどありません

近況報告をしているわけじゃないのに、自分の近況について知ってくれているということは、その女性があなたのことを気にかけていることを示しています。

この場合は、脈ありの可能性が高いといえます。


【脈あり80%】「連絡取りたいなぁと思って」

こんなことを女性から言われると、ドキッとしますよね。

「連絡が取りたい」
「話したい」

などのメッセージには、あなたと連絡を取りたいという女性側の素直な気持ちが伝わります

通常、このような内容のザオラルラインは、好きな男性もしくは好意を持っている男性以外には送りません

それ以外の男性に送ると、誤解される可能性があるから。

なので、このようなLINEが送られてきたら、脈あり度はかなり高いです。


【脈あり90%】「会いたい」

ザオラルライン脈あり90%会いたい

連絡を取りたいから、さらに一歩進んだメッセージ。

最近会えていなかったけれど、久しぶりに会いたい!
また一緒に遊びたいなぁ。

といったメッセージには、あなたに会いたいという女性側の強い気持ちが表れています

ただ単に懐かしく思って送ったザオラルラインであれば、近況報告をメッセージでし合ったり、音声通話で話すだけで十分なはず。

女性側のあなたに会いたいという素直な気持ちが伝わるザオラルラインは、高確率で脈ありだと判断できます。


女性からザオラルラインが来た時の返信の仕方とは?

女性からザオラルラインが来た時の返信の仕方

ザオラルラインがきた時、

どう返信すると正解なのだろう…。

と悩みますよね。

脈ありと思い込んで、積極的にアプローチすると引かれてしまう可能性も。また、女性が好意を持ってくれていたのに、素っ気ない返事をするとガッカリさせてしまうかもしれません。

そこでここでは、『女性からザオラルラインがきた時のベストな返信の仕方』について、例文を挙げながらレクチャーします!

返信の仕方によって相手の気持ちを確かめることも可能なので、どう返信すれば良いか悩んでいる人は参考にしてみてください。


返信の仕方1. 心理を探りたいなら「久々だね!いきなりどうしたの?」

まずは相手が久しぶりに連絡をくれたのなら、その理由を探ってみると良いでしょう。

相手に「どうしたの?」「何かあった?」と連絡をくれた理由を尋ねると、相手の心理を探ることができます。

「いや、特に用はないんだけど、なんとなく…」なら、ただの暇つぶしかもしれません。

でも、「また、話したいなぁと思って」という返事なら、脈ありの可能性アリ


返信の仕方2. こちらも脈ありなら「俺も」と使う

片思いしていた相手や好きな人からのザオラルラインが、

連絡取りたいなぁと思って…。

といった明らかに脈ありなものだったら、素直な気持ちを伝えるのがおすすめです。

俺も連絡取りたいなって思ってたんだよね!
どうしてるかな?って、俺も考えていたとこだよ。

など、あなたの気持ちを伝えると、相手にも脈あり感が伝わるでしょう。

お互いの気持ちをやんわりと確認できれば、そのまま恋愛関係に進展する可能性がありますよ。

好きな女性からのザオラルラインはチャンス!ぜひ活かしましょう。


返信の仕方3. 当たり障りない感じなら「連絡くれて嬉しい!」

女性からザオラルラインが来た時の返信の仕方は連絡くれて嬉しい

女性から久しぶりのLINEが来て、「脈ありかな?」とは感じるものの、まだはっきりとした意図が分からないこともありますよね。

そんな場合は、

連絡くれてありがとう!
久しぶりに連絡もらえて嬉しい!

など、連絡をもらったことを嬉しく思っていることを伝えると良いでしょう。

このような返信は、ただ単に連絡してきただけの相手には好印象を、あなたに気持ちがあって連絡をくれた女性には、「また連絡していいんだ」という安心感を与えます。


返信の仕方4. 質問や相談なら答えて会話を続ける

相手からのLINEが質問や相談なら、このタイミングでは相手の心理を読み切ることはできません

まずは普通に答えて会話を続けてみましょう。

最近どう?
元気だった?

など、相手の近況を尋ねながら雑談につなげていくのがおすすめです。

相手が話にのらず、うやむやにして早く話を終わらせようとするようであれば、ただ単に質問や相談がしたかっただけなのかもしれません。

でも、「実は職場でね…」などと、相手が雑談にのってくるようであれば脈ありの可能性があります

やり取りがその後も続くようなら、タイミングを見て距離を縮めていきましょう。


返信の仕方5. 一気にデートまで持っていくなら「久々に会いたいね!」

女性からのザオラルラインが来て「これはチャンスだ!」と思った男性は、このタイミングで積極的にアプローチしてみましょう

久々に会いたいね!
飲みに行こうよ!

といった「会う」「遊ぶ」「飲む」などのデートにつながるようなワードを使って、一気にアポを組んでしまうのがおすすめです。

あなたに好意をもっている女性なら、誘いに乗ってくれるはずですし、何回かデートを重ねることで、恋人同士になれる可能性は高いですよ。

女性からの好意を感じ取れるLINEが来たら、ぜひデートに繋げてみて。


ザオラルラインを送ってきた女性の気持ちを読み取ってみよう!

女性からザオラルラインが来た時はあなたが頭に浮かんだ事

ザオラルラインがきたということは、あなたのことがその女性の頭に浮かんだということ。

あなたとLINEのやり取りをまた始めたいという思いもありつつも、たまたま連絡してきただけとか、用事があっただけということもあるので、脈ありと言い切ることはできません。

ただ、女性から送られてきた文章によって、脈あり度は判断できます

ぜひ女性の気持ちを読み取って、恋に活かしてみてくださいね!


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事