8キロ痩せるにはどんな努力が必要?2ヶ月で見た目が劇的に変わるダイエット方法を解説

確実に8キロ痩せる方法を知りたい方へ。本記事では、8キロ痩せるためのカロリー計算から、8キロ痩せるための方法まで大公開!おすすめのダイエットメニューや食事法も紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

【最初に結論】食事を変えれば誰でも痩せられる!

ダイエットの結論.001.jpg

痩せるためには運動よりも食事の内容が重要です

理由は簡単。

運動で頑張ってカロリーを消費するよりも、食事を変えてカロリーを抑える方が大きな結果に繋がるから。30分のウォーキングよりも夜の白米を抜く方がダイエットになります

でも、食事を抜くダイエットは厳禁。

食べないダイエットは不調の元ですし、おやつとかをついつい食べてしまうもの。

すぐ痩せるダイエットは戻るのもあっという間です。

  1. しっかり食べること
  2. カロリーは抑えること
  3. 続けること

ダイエットでは、この3つを意識するだけで、空腹にならずに気になる部分のお肉が無くなっていきますよ。

3つのポイントを満たせる「Nosh(ナッシュ)」はダイエッターの強い味方!

nosh(ナッシュ)の人気メニューとクーポン

テレビCMで人気を集める、美味しい料理の宅配サービス『Nosh(ナッシュ)』。

そんなナッシュがダイエッターから人気なのは、

  1. 低カロリーで食べ応えがある
  2. 塩分控えめでも、ちゃんと美味しい
  3. 60種類の豊富なメニューで飽きない
  4. 冷凍だからチンするだけでOK
  5. 栄養が偏らないから健康的
  6. 1食599円と安い

nosh(ナッシュ)の口コミ

「ダイエットするなら自炊が1番。」と言われてきましたが、自炊って面倒くさいし、1食分だと割高になってしまうもの。

ナッシュは1食599円と安い値段で1食を済ませられます。

今ならSmartlogページからの予約で全プラン2000円オフ(1食399円)で体験できます。

さらに、ナッシュのメニューは平均して400カロリーほど。毎日1食の置き換えを10日間続けたら、およそ2日分のカロリーを抑えられます

ナッシュのカロリー

ナッシュなら、電子レンジで温めるだけ。

今年はナッシュで健康的に手軽に美ボディを手に入れちゃいましょう!

ナッシュのメニューを見てみる


8キロ痩せるには|どれぐらい難しいの?

8キロ痩せるのはどれくらい難しいの?

体脂肪1キロを落とそうとすると、約7,200kcalを消費しなければなりません。つまり、8キロ痩せるには、7,200kcal×8キロ=57,600kcalをプラスアルファで消費することになります。

ジョギングを27分、ウォーキングを50分して、ようやく240kcalが消費できることを考えると、57,600kcalを消費するのはかなり大変な道のりになります。

消費カロリーと摂取カロリーの収支を継続してコントロールすることによって、8キロ痩せることは可能であるものの、高いダイエット目標となるため、本気で取り組む覚悟を持ちましょう。


8キロ痩せるために必要な期間|短くても2〜3ヶ月は必要

ダイエット期間を設定するためには、まず1日あたりの消費カロリーから考えてみましょう。例えば、2ヶ月で体重を8キロ減らす場合は、1日で960kcal(ジョギング約1時間40分)、3ヶ月であれば毎日480kcal(ジョギング約70分)を、余分に消費する計算になります。

1ヶ月程度のごく短期間では、身体への負担が大きすぎて健康を害するリスクが高まるため、あまりおすすめできません。

無理なく痩せるには、最低でも2ヶ月~3ヶ月の期間を見込んでおきたいところ。余裕を持つなら、半年程度で設定してもいいでしょう。


8キロ痩せると見た目はどのくらい変わる?

8キロ痩せると見た目はどれくらい変わる?

8キロ減量できれば、全身がかなりほっそりとするため、見た目の印象も大きく変化します。

まん丸な顔、むっちりとした二の腕や、ブラからはみ出る背中肉、大きなお尻、ぽっこり出たお腹、パツパツに張った太ももなど、あらゆる部位のお肉がまんべんなく落ちて、すっきりするでしょう。

人によっては、ウエストが約10cm細くなることも。ダイエット前と比べて、顔も身体も明らかに見た目がスリムになり、周囲の人からも痩せたねと言われるはずですよ。


8キロ痩せるダイエット方法|短期間で体重を落とす方法は?

8キロ瘦せるダイエット方法

食べ方を見直したり、ダイエット向けの効果的な運動方法に取り組めば、2ヶ月~3ヶ月でも、8キロ痩せることは可能です。

次に、8キロ痩せるために重要となる、減量方法のポイントをご紹介していきましょう。食事管理やトレーニングメニューについて詳しく解説しているので、ぜひやり方を参考にして、ダイエットを成功させてください。


8キロ痩せるダイエット法1. 毎日30分程度の有酸素運動で消費カロリーを増やす

有酸素運動は、体内のエネルギーと酸素を使って、筋肉を動かすタイプのトレーニングのこと。軽~中程度の負荷をかけながら有酸素運動を行うと、皮下脂肪と内臓脂肪が分解され、エネルギー源として消費されるのが特徴です。

そのため、毎日30分以上の有酸素運動を継続することで、効果的に脂肪を燃焼していけますよ。

比較的取り組みやすい有酸素運動メニューは、以下の3種類。体重70.3kg、運動時間30分の場合の消費カロリーも記載しているので、参考にして早速あなたも取り組んでみましょう。

【参考記事】はこちら▽


8キロ痩せるダイエット法2. 筋トレをして基礎代謝を高める

筋トレ

呼吸や体温維持など、生命を維持するために最低限消費されるエネルギーのことを「基礎代謝」と言います。基礎代謝の中で1番エネルギー必要とするのが、筋肉。そのため、筋肉が増えれば、その分基礎代謝も上がっていくのです。

8キロ痩せるためには筋トレによって筋肉を増やし、じっとしている時もカロリーを多く消費できる痩せ体質を目指しましょう。以下の3種類は、ダイエットにぴったりの筋トレメニューなので、取り組んでみてください。

  • スクワット:下半身の大きな筋肉を鍛えて、基礎代謝をグッとアップできる。
  • クランチ(腹筋):ぽっこりお腹を改善するのに最適。
  • 腕立て伏せ:たるんだ二の腕や、胸まわりが引き締められる。

【参考記事】はこちら▽


8キロ痩せるダイエット法3. マッサージやストレッチで血流を良くする

脂肪や筋膜が硬い人は、体重が減るよう努力しても、代謝が悪くてダイエットの効果が得られにくくなってしまいます。

できるだけ毎日ストレッチ&マッサージを行い、身体をしっかりほぐして、血行や老廃物の排出をサポートしましょう。

パツパツに張った太ももが気になるなら、太もも周辺をしっかりほぐしたり、ズボンに乗るはみ肉が落とせない時は、お腹まわりに効くストレッチを実践するなど、気になる部分があれば丁寧にマッサージすると良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


8キロ痩せるダイエット法4. 主食をヘルシーな食材に置き換える

主催をヘルシーなものに置き換える

8キロという高いハードルをくりあするためには、運動だけでなく食生活も意識することが大切。

例えば主食である炭水化物(糖質)を制限するダイエット方法もありますが、炭水化物にはタンパク質を吸収したり、脂肪を代謝させたりする役割があります。大切な栄養素なため、ダイエット中も極端に制限せず、より低カロリーな食材を利用しながら適量摂取していきましょう。

いつも白米や食パンを食べている場合は、玄米や大麦ご飯の他、しらたき、胚芽パン、全粒粉パスタなどに変えるのが効果的。

これらは、低カロリーで、かつ炭水化物の代謝を助けるビタミンB1や食物繊維などが含まれた食材で、血糖値の急な上昇を抑えるため、脂肪を溜めこみにくくするのがメリットがありますよ。


ナッシュに頼って美味しく食事制限しよう!

ナッシュで人気のメニュー

基本的に本気でダイエットするなら自炊するべき。外食やコンビニなどは、自炊よりも圧倒的にカロリーが高いからです。

でも、自炊ってかなり面倒くさい。

そんな人はリーズナブルな宅配サービス『nosh(ナッシュ)』を使ってみるのがおすすめ。

ナッシュで利用できるメニューのカロリーは平均で400kcalほど。

夜のご飯をナッシュに変えれば、自然とカロリーを制限できますし、空腹に悩まされることもありません

1食599円〜と1食を自炊するよりも安い価格で楽しめるナッシュが、今なら本サイトからの予約で初回は399円〜楽しめます

自炊はしたくない、でもダイエットしたいという欲しがり屋さんはナッシュに頼ってみては?

ナッシュの人気メニューを見てみる


8キロ痩せるダイエット法5. タンパク質や食物繊維が豊富な食材を意識的に食べる

筋肉量をアップさせるのに重要なのが、タンパク質です。筋肉の分解を防いでくれる役割があるため、8キロダイエットの際は質の良いタンパク質をしっかり摂取して、基礎代謝アップにつなげていきましょう

ただし、ロースやバラなど、脂肪が多い肉は高カロリーなので、避けてください。赤身部位の肉や鶏ささみ・むね肉、アジ・いわしといった魚、大豆製品(納豆・豆腐)、そして卵は、低カロリーなタンパク源で、減量レシピに大活躍します。

また、脂質と糖を排出したり、腹持ちを良くしたりする食物繊維も、ダイエットに欠かせない栄養素です。食物繊維は、野菜やきのこ、海藻などに豊富なので、積極的に取り入れましょう。


8キロ痩せるダイエット法6. 飲み物でカロリーを取らない|水かお茶を飲む

飲み物でカロリーを摂らない

ダイエットというと、食事の献立ばかりを考えてしまいがちですが、飲み物の種類にも配慮が必要です。カフェやコンビニで扱うドリンクには、糖分たっぷり&高カロリーのものも多数。

8キロのダイエットをするなら、小さなことでもできることを継続する必要があります。

ダイエット中に無駄なカロリーを摂取しないためにも、飲み物は水とお茶を基本にしてください。冷たい状態で飲むと、内臓も冷えてしまい体に負担がかかるため、常温以上で飲むことが大切です。

水を1度沸騰させてから冷ました白湯を飲めば、身体が温まるので、代謝が活発になりますよ。


8キロ痩せるダイエット法7. お酒を飲むなら「お酒の種類」と「おつまみ」に注意する

お酒好きの方だと、ダイエット中でも晩酌を楽しみたいでしょう。そこで工夫してほしいのが、お酒とおつまみの種類です。

蒸留酒のウイスキーと焼酎は、糖質が含まれないため、減量期間中にふさわしいお酒。甘味料入りのジュースで割らずに、水か炭酸水で割るよう気をつけてください。糖質ゼロの酎ハイなども、適量飲んで良いでしょう。

またおつまみは、冷奴、脂肪の少ない刺身、野菜スティックといった、低カロリーなヘルシー料理が最適です。ドレッシングなどの調味料で、糖質とカロリーを摂りすぎないよう、薄味で味わいましょう。

【参考記事】はこちら▽


8キロ痩せるダイエット法8. 毎日7時間程度は寝るようにする

睡眠をとる

ダイエット中にどうしても食欲を抑えきれない時は、睡眠が足りているかどうか見直してみてください。睡眠時間が不足していると、食欲を抑制するレプチンホルモンが減り、逆に食欲を増すグレリンホルモンの分泌は増加してしまうのです。

レプチンとグレリンは、7~8時間睡眠をとるとバランスが整うと言われているため、8キロも体重を減らすなら毎日7時間は寝るように改善しましょう。

また、脂肪分解助ける成長ホルモンも、睡眠中に分泌されています。22時~翌日3時に、特にたくさん分泌されるので、この時間帯にはできるだけ寝るのが理想的です。


8キロ痩せるダイエット法9. ストレスを溜め込まない工夫をする

ストレス太りをしてしまう人もいるほど、ストレスはダイエットの大きな壁になります。人がストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが分泌され、代謝が低下したり、脂肪を溜めやすくなったりする悪影響を及ぼすのです。

ストレスがあると甘い物が食べたくなる傾向もあるため、8キロのダイエット中は、上手にストレスを発散することが成功のコツ。リラックス効果のあるアロマを焚いて休んだり、読書などの趣味に没頭するのも良いでしょう。

身体を動かしてリフレッシュするなど、様々なストレス発散方法から自分に適したものを探してみてください。

【参考記事】はこちら▽


徹底した食事管理と運動を継続して劇的なダイエットを成功させましょう!

8キロのダイエットは、最低でも2ヶ月以上の期間継続すれば、男性・女性問わず達成できるレベルの目標です。顔・身体ともにスッキリとして、見た目も大きく変わりますよ。急激なダイエットは、心身へのストレスが大きすぎるため、無理なく痩せることを大切にしてください。

栄養バランスの整った食事を意識しつつ、有酸素運動と筋力トレーニングの両方を実践しましょう。今回ご紹介したやり方のポイントも押さえながら、ぜひあなたも8キロダイエットを成功させてください。

【参考記事】はこちら▽

手軽なダイエットならナッシュに頼ろう

nosh(ナッシュ)の人気メニューとクーポン

  • 低カロリーで食べ応えがある
  • 塩分控えめでも、ちゃんと美味しい
  • 60種類の豊富なメニューで飽きない
  • 冷凍だからチンするだけでOK
  • 栄養が偏らないから健康的
  • 1食599円と安い

ナッシュの人気メニューを見る

よく一緒に読まれる記事