職場で手を振る女性の心理とは|遠くから手を振ってくる女性は脈ありなの?

職場で手を振る女性の心理について詳しく知りたい男性へ。今記事では、職場で手を振る女性の心理を詳しくご紹介します。笑顔で手を振るのはもちろん、遠くから手を振ってくれる女性の本音も解説するので、気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

職場で手を振る女性の心理とは|気になる本音を大公開

職場で手を振る女性の心理とは

同じ職場で働く女性から、仕事中に手を振られたら、思わずドキッとして勘違いしそうになるもの。

では、なぜ仕事場でその女性は手を振るのでしょうか?

今回は、職場で男性に向かって手を振る女性の心理や気になる本音について、一つずつチェックしていきましょう。


職場で手を振る女性の心理1. 好意をアピールしたい

例え、それが真面目に仕事をしなくてはならない会社の中であろうと、自分が好きな人にはいつだって気持ちをアピールしたくなるもの。

とはいえ、上司や同僚、先輩後輩など、いろんな人の目がある職場では、あからさま過ぎるアプローチはできません。

そこで登場するのが手を振るという行為。

遠くの席からでも、好きな男性と目があったら、にっこり笑顔と共に小さく手を振ることで、好意をさりげなくアピールしているのです。


職場で手を振る女性の心理2. 自分の存在に気づいてほしい

同じ会社に勤めていると、自然と仲の良い同僚ができてくるもの。

異性としての好意があるかどうかは別として、気軽にお喋りできる同僚がいる場合、目があった時などについ手を振って自分の存在をアピールしがちです。

「お、〇〇君外回りから帰ってきた。今日もお疲れ〜。」

などと、軽い気持ちで手を振っています。

この場合、挨拶がてら自分の存在をアピールしているので、遠くからでも手を振るのが特徴です。


職場で手を振る女性の心理3. 会釈だけで良いのか分からない

スムーズに日々の業務を進めるためには、会社の同僚とはつかず離れずの距離を保っていたいもの。

とはいえ、事務的な挨拶ばかりだと「なんかあの人よそよそしいよね。」などと言われ、フレンドリーすぎると「あれ?もしかして脈あり?嬉しいなぁ。」などと勘違いされる可能性大。

そんな時に、会釈で程よく心理的距離をとりつつ、小さく手を振る事で、よそよそしさを打ち消しています。

また、もともと愛想が良い女性の場合、毎日の挨拶も愛想良くしたいため日常的に手を振りがちです。


職場で手を振る女性の心理4. かわいいと思われたい

例え、それが職場であろうと、いつだってかわいい自分でいたい女性もいるもの。

「〇〇さんって、かわいいよね。」と思われるためなら、職場で自分がかわいいと思われる仕草もしっかり熟知しているのです。

そのため、遠くからでも、目が合いそうな男性社員を見つけたら、即座に小さく小首を傾げながらにっこり笑顔で、胸元で手を振り、自分のかわいさをアピールします。


職場で手を振る女性の心理5. 軽い挨拶で平気と思っている

会釈や目礼と違って、手を振るという挨拶はかなりカジュアルな挨拶になります。

仲の良い同期だったり、気軽なお喋りができる後輩だったりする場合、職場といえど、軽い挨拶でも問題ないと思っているのです。

この場合、手の振り方もかなりカジュアルになるケースが多く、その時の気分や状況で、小さくさりげない手の振り方だったり、ぶんぶん大きく手を振ったりと実に様々。

また、気心のしれた男性が相手であるため、忙しくてパソコンから目が離せない時や電話中の時などに、顔は向けずにとりあえず手を振って挨拶している事もありますよ。


自分との関係性を考慮して、職場で手を振る女性の心理を見抜こう。

職場で女性社員から手を振られると、「あれ?もしかして自分だけにしてる?」などと、思わずドキッと勘違いしてしまいそうになるもの。

しかし、女性が職場で手を振るのは、必ずしも異性としての好意がある時だけではありません。

手を振ると言う態度だけでは、その真意を図るのは難しいもの。

毎回、遠くからでも必ず笑顔で手を振ってくれるかどうか、手を振る以外にも脈ありそうな行動があるかどうか、など様々な言動をさりげなくチェックして、女性の真意を探っていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事