好きな人が急にどうでもよくなる瞬間とは?恋が突然冷める理由を詳しく解説

好きな人が急にどうでもよくなるきっかけを詳しく知りたい方へ。今記事では、好きな人への気持ちが急に冷める理由や瞬間を詳しくご紹介します。好きな人への気持ちが急になくなる原因を詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

好きな人が急にどうでもよくなる理由とは?主なきっかけやタイミングを解説

好きな人が急にどうでもよくなるきっかけとは?

「あんなに好きだったのに…」いきなり好きな人のことがどうでもいいと感じ始め、動揺している人もいるのではないでしょうか。

ここでは、好きな人が突然どうでもよくなる理由やきっかけなどを詳しくご紹介していきます。

【参考記事】はこちら▽


好きな人が急にどうでもよくなる理由1. 受け入れられない一面を目にしたから

片思い中の相手をはじめ、彼氏や彼女のことを美化しすぎてしまうことはよくあります。

そんな素敵なはずの相手が人を馬鹿にしていたり、不潔な一面を見せたりすると、理想はガタガタと音を立てて崩れていくことに。

思いもかけない相手の一面を見た瞬間に、「こんな人とは思わなかった…」と好きな人に対して幻滅し、どうでもいいと感じてしまうのです。


好きな人が急にどうでもよくなる理由2. 他に好きな人ができたから

自分の心は正直なもので、一番興味がある人のことばかり考えてしまうもの。

新しく好きな人ができてしまった場合は、気づくとその人ばかりを目で追うことになり、徐々に今の恋人や好きな人について考える時間が減っていきます。

気づけば、気持ちは完全に新たな恋に走り始めているから、あれだけ好きだった人なのにどうでもよくなるのです。


好きな人が急にどうでもよくなる理由3. 恋愛以外で打ち込める物が見つかったから

何か夢中になれるものができると、そのことで頭がいっぱいになってしまうケースは多いです。

例えば、新しく始めたスポーツにはまったり、大きな夢ができて準備で忙しくなったりした場合は、そのことを考えると楽しくてたまらないはず。

恋愛がどうでもよくなることもあり、片思い中の好きな人のことも急に冷めるなんてことも珍しくありません。


好きな人が急にどうでもよくなる理由4. 我に返ったから

恋は盲目と言いますが、勢いに乗って突っ走ってしまうケースも多いです。

冷静になって考えてみると「報われない恋に何時間を費やしているのだろう…」「よく考えてみたら、自分とは全くつり合わない」などリアルな現実に気づくことも。

気持ちが盛り上がり過ぎて周りがよく見えておらず、突然我に返って好きな人のことをどうでもいいと思い始めるのです。


好きな人が急にどうでもよくなる理由5. 相手の成長止まりを感じたから

好きな人とは切磋琢磨し合って、良い影響を与え合う関係性でいたいもの。

以前は魅力的で、いつも自分に刺激を与えてくれると思っていた恋人でも、付き合いが長くなるにつれて、変わってしまうこともあります。

もうこれ以上は成長しないだろうなど、頭打ちになっているのを感じたときも、相手のことをどうでもいいと思うきっかけになりやすいです。


好きな人が急にどうでもよくなる理由6. 相手の方が好きの気持ちが強くなったから

恋人同士の関係は難しいもので、お互いの気持ちのバランスが釣り合っていないと、片方が重く感じてしまうことも。

自分が相手を好きと思う気持ちよりも、相手のほうが2倍も3倍も大きな気持ちがある場合は、連絡や会う頻度などの付き合い方の願望にもギャップが生まれます。

その結果、相手の気持ちに対して引いてしまい、突然どうでもいいという気持ちになるのです。


好きな人が急にどうでもよくなる理由7. 告白して振られたから

片思いの相手と付き合えないと分かった場合は、思い描いていた未来へのモチベーションも一気に下がります。

思い切って告白してみたものの、相手に他に好きな人がいたり友達としか思えないと言われたりした場合は、気持ちにも変化が表れやすいもの。

ショックと同時に気持ちが冷めることもあり、もうどうでもいいと思い始めるケースも少なくありません。


好きな人が急にどうでもよくなる理由8. 恋人やパートナーがいたから

他の異性から好きな人を横取りしてまで、愛を勝ち取りたいのかと言われると、そうではない人も多いでしょう。

好きになった人に恋人やパートナーがいたと発覚した場合、そのまま同じ気持ちを持ち続けるには覚悟がいります。

結局、自分に勝ち目がないと感じたり、泥沼な状況は避けたいと思うようになったりして、急に好きな人に対してどうでもよくなってしまうのです。


好きな人が急にどうでもよくなる理由9. 嘘をつかれたから

信頼できない相手を好きでい続けるのは難しいことです。恋人や片思い中の相手から、嘘をつかれた場合も心変わりする原因になります。

例えば、仕事で忙しいと言っていたのに誰かと飲みに行っていたり、自分の経歴を偽っていたりしたことが分かると、「なぜ?」という気持ちになるでしょう。

もう相手を信じられなくなり、急に冷めるパターンも多いです。


好きな人が急にどうでもよくなる理由10. 一緒に居て退屈に感じたから

ドキドキもせず楽しいとさえ感じない場合は、一緒にいても意味のない時間を過ごすことになります。

二人で同じ空間にいるにもかかわらず、お互いにスマホをいじっているだけの場合をはじめ、相手と全く会話がかみ合わない時などは、つまらないと感じるのは当然です。

デートをしても面白くないため、もう相手に対してどうでもいいかなと感じてしまうのです。


好きな人への気持ちが冷めたら今後の恋愛に活かしてみて。

好きな人が急にどうでもよくなる理由を10パターンに分けてご紹介してきました。

「この前は、好きと思ったのに、急に気持ちが冷めてしまうなんて…」という方も、思い当たる状況があったのではないでしょうか。

気持ちが変わるのには何らかの理由があるので、自分で受け止めたうえで、今後の恋愛に前向きに活かしていきましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事