独り言が多い人の特徴とは?よく一人でブツブツ話している人の共通点を紹介

独り言が多い人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、独り言が多い人の心理から、共通する特徴まで詳しくご紹介します。ボソボソと独り言が口にする機会が多い人の共通点を解説するので、気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

独り言が多い人の心理とは|どうしてブツブツ喋ってるの?

独り言が多い人の特徴とは

独りでブツブツ言うことが多い人っていますよね。

そんな人が一体どんな心理状態なのかというと、まず寂しくて構ってほしいという気持ちが根底にあります。

その他、人目をあまり気にしない、神経質なため気持ちを落ち着かせたいなどの心情を持っているタイプの人も多いですよ。

【参考記事】はこちら▽


独り言が多い人の特徴とは|よく一人で呟いてる人の共通点を徹底ガイド

職場の同僚や友達、家族の中などに独り言が多い人がいて、「一体どうしたんだろう…?」と、気になってしまうという方もいるのではないでしょうか。

ここでは、独り言が癖になっている人の特徴について詳しくご紹介します。


独り言が多い人の特徴1. ストレスを抱えている

心の声が独り言として出てしまうことも少なくありません。

例えば職場で独り言が多い人は、数多くの業務を抱えていて気持ちがいっぱいいっぱいになっているケースも。「また、今日も絶対残業だ…なんでいつも俺だけこんな…」そんなふうにブツブツと言ってしまうのです。

ストレスがたまっていて、気持ちを吐き出すための行為として独り言が多くなってしまう人もいます。


独り言が多い人の特徴2. 人と会話する機会が少ない

自分の意見や思いを人に伝えたいという欲求は誰にでもあるもの。

ただ、一人でいることが多い場合はそのチャンスが少ないので、あたかも他人と会話しているかのように「これ、絶対そうだよね?前から分かってたんだけど…」そんなふうに言葉が出てしまうのです。

実際には目の前にいない友人などに向けて会話していることもあり、人との交流が少ない人にも独り言が多くなります。


独り言が多い人の特徴3. かまってちゃん

周囲から注目を集めたい性格の人は、自分中心に世界が回っていることが特徴です。そのため、自分に注意を向けてほしいという気持ちから、独り言が多くなってしまいます。

会社でも「あ、まちがっちゃった!どうしよう…!」そんなふうに普通の人が心で思うことも、口に出すことで周囲から気にかけてもらえるように。

構ってちゃんタイプの人は、独り言を意識的に使っている傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


独り言が多い人の特徴4. マイペース

我が道を行く人は、他人からどう見られようが気にしていません。友達、恋人、親の前でも、自分の心の中の言葉がポロっと出てしまい、一人で笑ってしまうなんてこともよくあります。

「ホントにありえない!ウケるんだけど」と、独り言もやや大きな声になりがちで、話しかけられているのかと思って見ても、自分の世界に浸っています。

マイペースな人も日常的に独り言が多いと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


独り言が多い人の特徴5. 自己肯定感が低い

自信のなさをカバーするために、自己暗示にかかったように口が動いてしまう人もいます。

「絶対に大丈夫、きっと上手くいく…」「次は右の道に行って、それから…」などと自分に言い聞かせていて、周囲が目に入っていない状態と言えるでしょう。

「失敗したらどうしよう…」そんな気持ちを払拭するために、独り言を言ってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


独り言が多い人の気持ちを汲んで上手に付き合ってみて。

独り言が多い人の特徴を5つに分けてご紹介してきました。

「友達が運転してる時によく独り言を言う」「職場でいつも一人の時にブツブツ言っている上司がいる」などいろいろあると思いますが、独り言を言う人の気持ちが少しは理解できたのではないでしょうか。

独り言も個性だと思って見守り、できるだけ上手く付き合っていけるようにしましょう!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事