末っ子の特徴あるあるを大公開。家族で一番年下の男女における共通点とは?

末っ子ならではのあるあるについて詳しく知りたい方へ。今記事では、末っ子の人に多く見られるあるあるを詳しくご紹介します。末っ子の人に共通する特徴について詳しく知りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

末っ子あるある一覧集|共通する特徴を徹底ガイド

末っ子あるある一覧

男性女性限らずに、末っ子であることを公表した途端「やっぱりね!」「そうだと思ったよ」といった反応をされることはないでしょうか。あなたの言動や行動が、世間の末っ子に対するイメージに当てはまっているのかもしれません。

そこでここでは、末っ子ならではのあるあるや、共通して見られる特徴についてご紹介していきます。

当てはまるものがないか、ぜひチェックしてみてください。


末っ子あるある1. 甘えるのが上手い

兄弟姉妹の中でも特に気にかけられる存在だった末っ子は、甘えることが自然な環境下のもとで育ってきています

そのため、甘え方のポイントをしっかりと抑えており、会社においても上司や同僚に協力を仰ぎながら上手く仕事を進めていきます。

他人を頼りにすることは当たり前だったため、甘えん坊な性格の末っ子が多いのでしょう。


末っ子あるある2. 負けず嫌い

兄や姉と比較されたり、喧嘩に負けてきた経験を多く積んでいる末っ子は、反骨精神が強い傾向にあります。

他者と競う場面が訪れれば「絶対に負けたくない!」「経験の少なさを言い訳にはできない!」と考え、闘争心をむき出しにすることも。

幼い頃にしてきた悔しい思いが糧となっているため、負けず嫌いな性格の末っ子を生み出しているのかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


末っ子あるある3. 洞察力が高い

兄や姉の背中を見てきた末っ子は、どのような仕草や言葉を選べば周囲が喜んでくれるのかを読み取る能力に長けています。

「今は〇〇さんの機嫌が良いから、提案も通りやすそう」「この雰囲気だと行動しても無駄だな。大人しくしていよう」といったような、シチュエーションに応じて最適な行動を起こしていく様は、末っ子感が垣間見える瞬間。

自然と周囲の顔色を伺いながら生きてきたことから、高い洞察力を備えているのでしょう。


末っ子あるある4. 寂しがり屋

末っ子は幼いころから周りに人がいるのが当然だったため、周囲に誰もいなくなると孤独感を感じやすい傾向にあります。

そのため、単独行動になりそうな場面でも「ねえ、良かったら一緒に行かない?」といったように誰かを誘い、複数人で行動をとることが基本。

家族や兄弟姉妹といるように人に囲まれている環境が安心と考えるため、寂しがり屋になってしまうのも末っ子あるあるなのです。

【参考記事】はこちら▽


末っ子あるある5. 目上の人に可愛がられやすい

年上の人と接する機会が多かった末っ子は、社会人になっても目上の人との接し方が上手。

年下として可愛がられる言葉遣いや、リアクションの取り方が自然に身についているため、上司とのコミュニケーションにおいても好印象を与えます。

なぜか上司に可愛がられている同僚がいたら、末っ子特有の愛らしさを発揮しているのかもしれません。


末っ子あるある6. 承認欲求が強い

兄弟姉妹の中でも溺愛されやすいのが末っ子。困ったことがあっても兄弟などが助けてくれるため、甘やかされて育ってきている人も少なくありません。

幼いころから思い通りになってきた経験が、自分を認めて欲しい願望へと結びついていることも。

他人から褒められた際などに、喜びをあらわにする仕草を見せやすいのも末っ子に見られる特徴なのです。


末っ子あるある7. 世渡りが上手い

幼い頃から兄や姉の様子を見てきた末っ子は、人前で器用に立ち回る術を身につけています。

上の兄弟が叱られたり褒められたりする過程を観察しているため、周囲の雰囲気を読むのが上手く良好な人間関係を築いている人が多くいます。

幼い頃の経験が、社会人になってからも活かされる世渡り上手なしっかり者の一面を持つきっかけになったのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


末っ子あるある8. 優柔不断

「小さい頃はお兄ちゃんが何をして遊ぶのか決めていた」「洋服はお姉ちゃんのお下がりだった」といった末っ子は多くいます。

このような人は、幼い頃の経験がベースとなり、選択を委ねられた際に周りに同調したり、曖昧な態度をとってしまいがち。

決めてもらうことが当たり前だったので、自ら物事を決めることに対して苦手意識を持っている人が多いのでしょう。


末っ子あるある9. コミュニケーション能力が高い

兄弟同士での日常的な環境はもちろんのこと、兄や姉の友達など、幅広い交友関係のもとで育ってきた末っ子。

男性女性限らずに様々な性格の人と接する中で、相手と仲良くなるためのノウハウを磨くチャンスも数多くあったはず。

友達が多かったり周囲の評価が高いのも、末っ子ならではの高いコミュニケーションスキル活かされているからなのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


末っ子あるある10. 何事も飽きっぽい

家族から可愛がられやすい末っ子は、求めているものを周囲がすぐに解決してくれる環境にあるため、一つの物事に対する執着心が薄い傾向が多く見られます。

恋愛面においても「恋人と〇〇ヶ月付き合ったけど、なんだか刺激が足りないな」といったように、新たな出会いを頻繁に求めがち。

いつでも思い通りになってきた経験がもととなることで、飽きっぽい性格が根付いている点も末っ子あるあると言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


末っ子のあるあるな特徴は当てはまっていましたか?

男性女性限らず対人関係を築く力や、周囲を冷静に分析する能力など、末っ子のあるあるについてご紹介しました。

「自分の考え方と似ている!」「当てはまる項目があった!」といったように、共感できる点もいくつかあったのではないでしょうか。

客観的に自分の性格や考え方を捉えることで、これからのコミュニケーションにも活かせるはず。本記事を参考に、末っ子ならではの魅力を見つけてみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事