エキセントリックな人の特徴|意味や具体的な人物像について解説!

エキセントリックな人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、エキセントリックの意味はもちろん、エキセントリックな人の特徴まで詳しくご紹介します。具体的にどんな人を指すのか知りたい方は、ぜひチェックしてみてください!

エキセントリックの意味とは?

エキセントリックな人の特徴

エキセントリックとは、行動や振る舞い、考えや態度が普通ではなく変わってる様子を指します

意味だけ聞くとネガティブな印象ですが、時にポジティブな使い方をします。

  • ポジティブな意味での使い方
    芸能人の○○氏は、そのエキセントリックな思考で人気がある

  • ネガティブな意味での使い方
    エキセントリックな彼女の考えは、みんなからは受け入れられなかった

このように、エキセントリックという言葉は、相手をけなす際にも褒める際にも使われます。


エキセントリックな人の特徴|主にどんな人のことを指す?

「私の職場にちょっと変わってる人がいるけど、あの人はエキセントリックな性格といってもいいの?」など、実際にエキセントリックという言葉を使う時に迷ってしまうこともありますよね。

ここからは、エキセントリックな人の特徴について詳しくご紹介します。

自己診断したみたり、周りにいる人に該当しないか確認してみましょう!


エキセントリックな人の特徴1. マイペース

エキセントリックな人は、基本的には人の目を気にしません

学校生活で、「合唱コンクールが近いから、放課後みんなで練習しよう。」という場面でも、「家に帰ってテレビ見たい。」などの理由で、雰囲気を読まずに平気で人と違った行動をします。

周囲に合わせることをせず、マイペースを貫いているので、よりエキセントリックに見えるのです。


エキセントリックな人の特徴2. こだわりが強い

普通の人は、自分のこだわりを持っていたとしても、ある程度周囲の意見と折り合いが付けられるものですが、エキセントリックな人はそれができません。

例えば、文化祭の出し物が、多数決でお化け屋敷に決まったとしても、「絶対に私はメイド喫茶が良い!それ以外はしたくない!」など、頑なにこだわります。

こだわりが強く、柔軟な考えができない性格。そんな人もエキセントリックと言ったりしますよ。


エキセントリックな人の特徴3. 心配性

エキセントリックな人は、あれやこれやと先回りして考えてしまい、結果的に変わった行動をしてしまいます。

そのため、一般的には心配しなくてもいいような場面でも、「仕事に行かなきゃいけないけど、交通事故が心配だから今日は休もう。」など理解しがたい言動をします。

心配のあまり、過剰な行動をしてしまうのでしょう。


エキセントリックな人の特徴4. 変わり者

趣味嗜好が偏っていたり、少数派の言動をしたりする人っていませんか。

好きなもの、考え方、行動が全て人と違い、しかもマイナーなものばかり選ぶので周りから浮いてしまい、その結果「あの人は普通の人には理解できない。」と思われます。

個性的を通り越して変わり者。そんな人のこともエキセントリックと言うことがあります。


エキセントリックな人の特徴5. 潔癖症

潔癖症だと普通の人と気にするポイントが違ったり、気にしすぎたりすることがあります。

公共のものに手が触れた途端手を洗う、他人と一定の距離を取る、不特定多数が使う公共交通機関は使わない、といった行動は潔癖症以外の人から見たら、変わってると感じてしまうもの

潔癖症のあまり、他人とかけ離れたエキセントリックな行動をしていると思われてしまうこともあります。


エキセントリックな人の特徴6. 奇抜な服装を好む

服装の個性が強過ぎる人は、どうしてもクセのある人物のように見えてしまいますよね。

エキセントリックな人は、流行や量産型の服装を選ばない傾向があるので、例えばTPO関係なく常に派手な着物、上半身はアロハシャツなのに下半身はヒョウ柄のズボン、といったような奇抜な服装をしがち。

主張の強い奇抜な服装を選ぶセンス自体がエキセントリックなのです。


エキセントリックな人の特徴7. 内向的

自分の殻に閉じこもっている人は、他人から内面を理解される機会が中々ありません。

内向的なため、人から話しかけられても心が開けずに他人との距離が縮まりません。その結果、「○○くんって何考えてるか分からない。」と思われてしまうことも。

このように、内向的で他人と人間関係が築けないためにエキセントリック認定されているケースもあります


エキセントリックな人の特徴8. 好きなことにはとことんのめり込む

一点集中型の人は、自分のやりたいこと以外はどうでも良いと思っていることも。

作家や学者、研究者によく見られ、例えば「コツコツと研究に熱中するあまり、世間の常識が通用しなくなる」など、一般的な人の感覚とズレていってしまいます。

好きなことにのめり込んで、熱中し過ぎて周りが見えないのもエキセントリックな性格と捉えられます。


エキセントリックな人の特徴9. 個性的

自分にこだわりがある人は、周りから見たらちょっと変なことでも気にしないもの。

例えば、学校のプール授業に一人だけ手作りの派手な水着で参加している人がいたら、「良く言えば個性的だけど…ちょっとあの人は独特だよね。みんなスクール水着なのに…。」と首をかしげますよね。

このように、周囲に合わせる、TPOに合わせる、という一般的行動をしないので、「個性的=変わってる」と思われるのです。


エキセントリックな人の特徴10. 型にはまらない

自由な人は、伝統的な方法や、会社のルールなどにとらわれず、自分が良いと思ったことを貫けます。

経営者や、団体のリーダーといった、型にはまらない発想が求められる職業の人に多いのが特徴です。型にはまらない考え方がみんなから評価され、強いカリスマ性を発揮する人も。

こんな人は、エキセントリックな考え方ができるなんて言われたりしますね。


エキセントリックな人に対する理解を深めてみましょう。

周りとは違った思考や言動をする変わった人をエキセントリックな人と言います。

エキセントリックな人は、「変わり者」といったイメージが強いですが、視点を変えれば「個性的で型にはまらない」といった魅力もあります。

ぜひそんなエキセントリックな人について、理解を深めてみてくださいね。


【参考記事】エキセントリックと近い意味がある「変わり者な人」の特徴とは?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事