バーベルを使った筋トレの種類|上半身&下半身に効果的なトレーニングメニューを解説

織田琢也 2023.10.10
バーベルを使った筋トレの種類を知りたい人へ。本記事では、筋トレでバーベルを使うメリットから、バーベルトレーニングの種類まで大公開!筋肉を効果的に鍛えるコツも紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

筋トレでバーベルを使うメリット|どんな人におすすめなの?

筋トレでバーベルを使うメリット|どんな人におすすめなの?

鉄の棒の両端に円盤系の重りをつけた、バーベル。主にパワーリフティングやウエイトトレーニングで用いられます。

ダンベルとは異なり、左右それぞれで独立しておらず、両手で扱うもの。

そんなバーベルを使うことで得られるメリットについて紹介していきます。


メリット1. 負荷を自由に調整できるので、効果的にトレーニングできる

負荷を自由に調整できるので、効果的にトレーニングできる

バーベルは、プレートと呼ばれる円盤系の重りが着脱可能。

プレートは、1.75k、2.5kg、5kg、10kg、15kgなど様々な重量があるため、女性や初心者の方でも安心して、トレーニングを行うことができます。

また、幅広い重量を扱うことができるため、経験者の方は高重量のトレーニングを行うことが可能。重量を上げれば、その分大きな負荷を筋肉にかけられますよ。


メリット2. フォームが安定しやすいので、初心者でも取り組みやすい

ダンベルは左右それぞれが独立しトレーニングを行う際は片手。一方でバーベルはシャフトと呼ばれる鉄の棒を、両手で持ってトレーニングします。

そのため、バーベルはダンベルよりも軌道がぶれにくく安定したフォームでトレーニングを行えます

あまりトレーニングに慣れていない初心者の方でも、バーベルを用いることで正しいフォームで行えるでしょう。


メリット3. 一つのトレーニングで複数の筋肉を鍛えられる

高重量のバーベルでトレーニングを行うことで、一部の筋肉のみならず他の筋肉を鍛えられます

バーベルスクワットを行う際、主に鍛える筋肉は太ももにある大腿四頭筋。しかし高重量のバーベルを用いてスクワットを行うことで、下半身の大臀筋やハムストリング、背中の脊柱起立筋や腹筋などにも効果的。

1つのトレーニングメニューで複数の筋肉を鍛えられるため、効率よく筋肉が成長していきますよ。


▷次のページ:筋トレで使うバーベルは大きく2種類ある

よく一緒に読まれる記事