独身が最高という人の特徴|メリットが多く、楽すぎる単身生活とは

独身が最高と公言する人の特徴や理由について詳しく知りたい方へ。今記事では、独身が最高という人の特徴や理由から、生涯独身でいるか迷った時に確認すべきポイントまで詳しくご紹介します。独身で生きていくか迷うという方は、ぜひ参考にしてみてください!

独身貴族は幸か不幸か?

独身が最高という人の特徴

“独身貴族”という言葉は年々浸透していき、実際に生涯独身を貫いている男性も少なくありません。

ただ、結婚をしていた方が世間体がいいだとか、周りからの目が気になる方もいるでしょう。

その中で、自ら独身の道を選び人生を楽しんでいる人はどういった人なのか?

この記事では、将来の選択で悩んでいる男性に向けて独身貴族を楽しんでいる人の特徴やメリットなど紹介していきますよ。


独身が最高と感じる人の特徴とは|主な共通点を大公開

自分の身近に独身の人が少ないと、結婚しないで独身を続けている人はいったいどんな人なのかイメージしづらいですよね。

ここからは、独身を最高と感じている人の特徴について詳しくご紹介します。

自分にも当てはまるものがないか、チェックしてみてください。


独身が最高と感じる人の特徴1. 一人が好き

人とコミュニケーションをとることや、一緒に生活したりすることが苦手だったり、嫌いな性格の人もいます。

1人でいれば、住む場所など生活にかかわることを、自由に決められます。毎日の生活でも、外食をしたくなったらいつでも好きな時に外食できますよね。

このタイプの人は、他人の存在を気にすることなく自由な生活を求めているので、1人でいられる独身生活を最高だと思っています。

【参考記事】はこちら▽


独身が最高と感じる人の特徴2. 倹約家

1人よりも2人でいる方が、お金がかかります

外食や旅行など、2人で行けば倍の値段がかかります。また、自分は格安のプランでいいと思っていても、結婚していて相手がお金をかけたいと思っている場合など、一筋縄ではいきません。

余計な出費や労力を減らすには、結婚せずに1人独身でいることは大きなメリットなので、倹約家にぴったりの環境です。

【参考記事】はこちら▽


独身が最高と感じる人の特徴3. 束縛が嫌い

独身の人の中には、プライベートで周りから「あれしろ」「これはするな」と指示されることを嫌う性格の人もいます

結婚すると、夜は何時までに帰ってこい、テレビのリモコンをここに置くななど、相手からの「こうして欲しい」という要望に応える必要が出てくるもの。

相手に合わせなければいけない状況が嫌いな人にとって、1人で自由に生活できる独身生活は最高です。


独身が最高と感じる人の特徴4. 女性好き

結婚していれば好きなタイミングで女性と遊んだり、夜遊びすることもできませんよね。

独身なら何人の女性と知り合っても、自分の自由です。風俗やキャバクラなどにどれだけお金を使っても、帰りが遅くなっても誰かに怒られることもありません。

女性好きな人にとっては、自分の自由に女性と遊べる独身という環境は最高です。


独身が最高と感じる人の特徴5. 趣味が多い

多趣味な人は、それだけやりたいこともたくさんあります。

平日に仕事が終わって家に帰ってきたあとや、休日などの自分の時間も、趣味の予定がいっぱいです。そのため、妻や夫と一緒に過ごしている余裕はありません。

趣味の優先順位が高く、趣味に時間が使えることに満足しています。そのため結婚したいという気持ちがなく、独身でいることに快適さを感じているのです


独身が最高と感じる理由とは|主なきっかけを徹底ガイド

独身最高という人も少なくない現代。

一体、独身生活の何がそんなに魅力的なのか、気になりますよね。

ここからは、独身が最高と言われる主な理由について詳しくご紹介します。

独身者も幸せになれる理由に、迫ってみましょう。


独身が最高と感じる理由1. 異性と気兼ねなく遊べるから

結婚をすると、浮気は許されません。どこからが浮気なのかも、判断基準は人それぞれ。

自分ではただ一緒に食事をしたり、ちょっと趣味が合うから一緒に遊びに行っただけのつもりでも、配偶者である妻や夫は浮気と捉えてしまうかもしれません。

そうした心配なく、性別関係なしに気軽に自分の気の合う人と遊べるのは、独身ならではです。


独身が最高と感じる理由2. 自分だけにお金を使えるから

結婚をすると、独身ならかからないお金がかかります。

結婚披露宴の費用、新婚旅行、男性なら結婚指輪や女性ならそのお返しの品など、一生の中で何百万単位のお金が必要になるもの。

独身なら、結婚すればかかっていただろうお金を自分のためだけに使うことができます。自分のためにお金を使いたい人にとって、最高の環境です。


独身が最高と感じる理由3. 誰にも縛られないから

社会人の人にとって、仕事中など自分の自由にできないことも多く、せめてプライベートでは人に強制されることなく、自由にしたくなりますよね。束縛を嫌う性格の人ならなおさら。

結婚しないでいれば、何時に帰るかなど連絡を強制したり、お互い相手を束縛することもありません。

お互いの言い分で相手を束縛する状況を独身なら回避できるので、ストレスもたまりません。


独身が最高と感じる理由4. 仕事や趣味に集中できるから

自分の生活や自分自身をより良くするために、限られた時間は有意義に使いたいですよね。

夜遅くまで仕事をしたり、好きな場所に旅行に行くのに、独身でいれば家族から怒られることも、家族に対して「自分だけ好きなことをしている」という罪悪感を感じることもありません。

独身なら、自分のやりたいことに全力で取り組めるので、最高の生活と感じられます。


独身が最高と感じる理由5. マイペースに生活できるから

「人に合わせなければならない」というのは、それだけで大きなストレスになります。

朝、時間のない中、仕事に行くのに急いで身だしなみを整えないといけない時。結婚相手がまったりと鏡の前で自分の顔をチェックしていたら、イラっとしますよね。

独身なら自分の生活リズムを乱してくる相手もおらず、マイペースに生きられるので、独身でいることは人生の満足感を上げてくれます。

【参考記事】はこちら▽


独身を貫くべきか迷った時に確認すべきポイントとは

独身、結婚どちらにもメリット・デメリットがあり、どちらを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

ここからは、結婚すべきか、それとも独身でいるべきか迷った時に確認すべきポイントについて詳しくご紹介します。

自分の人生について、じっくり考えてみましょう。


結婚を迷った時に確認すべき点1. 子供が欲しいと思うか?

自分の子供が欲しいのであれば、結婚する必要があります。

養子などの制度もありますが、一般的に考えた時、自分の子供が欲しいとなったら結婚して、相手の男性や女性と子供を作るというのがスタンダードです。

子育ては夫婦の共同作業でもあるので、単に子供が欲しいかだけでなく、夫婦での子育ても含めて子供が欲しいかを軸に考えてみましょう。


結婚を迷った時に確認すべき点2. 老後の生活に不安は感じるか?

歳をとるほど、結婚は難しくなってくるといわれています。

歳をとってから一人での生活に孤独感を感じて後悔しても、その時には既に結婚することがかなり難しくなっているでしょう。

老後は体力もなく、遠出をしたり遊びまわることも難しくなり、より孤独を感じやすくなります。

老後1人で生活することに不安を感じるなら、結婚をするという決断もアリです。


結婚を迷った時に確認すべき点3. 親が悲しまないか?

結婚は親のためにするものではなく、夫婦お互いの気持ちが一番大切です。

けれども、結婚しないことで親に申し訳なさを感じるなら、結婚したほうが自分自身も後悔しない可能性がありますよ。特に30代にもなると、親からの結婚に対する圧力や期待を感じることも多いでしょう。

親を喜ばせる方法は結婚以外にもあります。そのうえで、結婚にこだわる必要性があるのか考えてみましょう。


あなたが人生を幸せに過ごせる、最良の選択を考え抜いて

世間の価値観が変わってきたこともあり、結婚しても独身でいても幸せに暮らせるようになりました。

一生独身を貫いている人の特徴、その理由も人それぞれ。

自分の一生にかかわることであり、結婚は相手もいることなので、独身か結婚か悩む人も多いでしょう

この記事で紹介した内容を参考に、ぜひ自分が納得できる人生を歩んでくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事