彼女が倦怠期の時に見せる特徴とは?カップルで交際の危機を乗り越える方法を紹介

彼女との倦怠期を乗り越える方法について詳しく知りたい男性へ。今記事では、倦怠期の特徴から、マンネリ化した時期を乗り越える方法まで詳しくご紹介します。彼女と円満な関係を築きたい男性は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも「倦怠期」とは?

倦怠期とは?

「倦怠期」とは、お互いに新鮮味がなくなり、相手にときめかなくなったり飽きてしまったりする時期のこと。

付き合った当初のドキドキ感がなくなってしまい、一緒にいることが 当たり前になり、刺激がないと感じたりマンネリ化している状況に陥ることを言います。

人の感情には浮き沈みがつきものなので、どんなに好きな恋人でも相手の短所が目について嫌になってしまう時期も当然あるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


倦怠期が訪れる時期はカップルによって異なる

倦怠期が訪れる時期は、一般的に3ヶ月前後が多いと言われています。しかし、付き合ったきっかけや環境、会う頻度や一緒にいる時間の長さなど多くの要素に左右されるので、カップルによって全く異なってきます。

付き合いたったばかりの短い期間ですぐに訪れるカップルもいますし、1年や3年など長い期間付き合って訪れるカップルもいますよ。


「これって倦怠期かも…」彼女との倦怠期を迎えた時の特徴とは?

まず、自分たちが本当に倦怠期に陥っているのかを把握する必要があります。デートの時や普段の生活、接し方など随所を思い出してみましょう。

ここからは、彼女と倦怠期を迎えた時の特徴について詳しくご紹介します。


彼女と倦怠期を迎えた時の特徴1. 喧嘩が増えた

彼女が倦怠期になってしまうと、些細なことでもイライラしてしまうこともあるでしょう。

例えば、彼氏であるあなたの言い方に腹を立てたり、提案しても否定されたり突っかかったりされて、うまくコミュニケーションが取れない場合も。

その態度に、あなた自身も腹を立てて、それが喧嘩になってしまうこともあるでしょう。


彼女と倦怠期を迎えた時の特徴2. 嫌なところが目につく

好き同士で付き合った恋人なのに些細なことが嫌になり嫌悪感抱くようになると倦怠期と言えるでしょう。

これまでなら気にならなかった「なんでそんなきつい言い方するんだろう。」や「自分だったらこうするのに」など、違和感を感じてしまうことも。

しかし、彼女としてはあなたに素の部分を見せるようになっただけという可能性もあります。


彼女と倦怠期を迎えた時の特徴3. 彼女が冷たい

彼女が倦怠期になったら、最初の頃に比べて気持ちが落ち着いてくるため、どうしてもそっけなく感じてしまうことがあります。

付き合った当初は、会いたいと言ってくれていた彼女が、全く自分から会いに来なくなったりすることも。

恋愛に必要な新鮮さを感じられなくなり、恋人であるあなたに対してそっけなくなり、冷たいと感じてしまうのです。


彼女と倦怠期を迎えた時の特徴4. 会う頻度・連絡の頻度が減った

彼女が倦怠期を迎えていると、彼氏に対するドキドキや新鮮さがなくなってしまいます。

そうなると、いくら彼氏がデートに誘っても、会いたくないとなってなかなか誘いに乗ってくれなかったり、LINEをしても返信が遅かったりします。

付き合っていることに慣れてしまい、刺激を感じられず、デートの誘いや連絡を取ることさえも面倒くさいと思ってしまうのです。


彼女と倦怠期を迎えた時の特徴5. デートが毎回一緒だなと感じる

倦怠期に入ると、彼女とデートをしても新鮮さを感じない、つまらなく感じてしまうことがあります。

付き合いたての頃は楽しかったデートですが、いつも同じお店だとどうしても飽きがきてしまいます。

彼氏との付き合いに慣れ、マンネリ化してしまっているため、一回一回のデートを大切な時間と思わずに過ごしてしまうのです。


彼女と倦怠期を迎えた時の対処法|上手な乗り越え方を大公開

ここからは、彼女と倦怠期を迎えた時の乗り越え方を詳しくご紹介します。

倦怠期を乗り越えてこそ、本当のパートナーになれるとも言えるでしょう。もう一度ラブラブなカップルに戻って、問題を解決するためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


彼女と倦怠期を迎えた時の対処法1. デートを変える

倦怠期のカップルは、いつも似たようなデートをしていたり、ご飯に行くときも同じ店だったりすることが原因の場合も多いです。

倦怠期を乗り越えるには、今まで行ったことないところに行ったり、初めての体験をするなどデートパターンを変えてみることがおすすめですよ。

いつもと違うことで、ドキドキ感が復活し、倦怠期を乗り越えやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


彼女と倦怠期を迎えた時の対処法2. 旅行に行く

彼氏であるあなたといる日常に慣れてしまい、倦怠期を迎えてしまっている可能性もあります。

そんな中、非日常を感じることができる旅行デートは、新鮮さを思い出すきっかけになることが多いんですよ。

どこへ行くか計画したり、旅行先の情報を集めたりと、旅行以外の時間でもワクワクして一緒にいるのが楽しくなることも。

旅行に行くことで、付き合った頃のドキドキ感を取り戻し、問題解決することができるでしょう。


彼女と倦怠期を迎えた時の対処法3. 本音で話し合う

慣れてしまったがゆえに言いにくいことや、わざわざ話す必要が無いと思っていることが積み重なっていることが原因のこともあるでしょう。

改めて、話し合いの場を設けて、お互いの気持ちを再確認してみるのが良いですよ。

どう思っているか、音をぶつけることによって、今まで感じていた壁もなくなるはず。まずは、自分の気持ちを素直に伝えてみましょう。


彼女と倦怠期を迎えた時の対処法4. 自分磨きをする

倦怠期の大きな原因は、関係がマンネリ化してしまっていること。あなたに変化があれば、彼女も新鮮さを思い出すかもしれません。

次に会う時には彼女が惚れ直すよう、自分磨きを頑張るのがおすすめです。

彼女も他の女性に渡したくないという気持ちが湧き、きっとデートの回数も増えるはず。彼女をもっと好きにさせるためには、自分磨きも大切です。

【参考記事】はこちら▽


彼女と倦怠期を迎えた時の対処法5. 同じ趣味をつくる

一緒にいる時間があまり楽しいものではなく、飽きてしまっていることが、倦怠期の原因になっている場合もあります。

そんな時は、映画やゲーム、お酒など何でもいいので、2人で楽しめる共通の趣味をつくることをおすすめしますよ。

お互いが同じものを一緒に楽しむことで、一緒にいる時間がそのものが楽しいものになり、すんなりと円満に解決できることもありますよ。

【参考記事】はこちら▽


彼女と倦怠期を迎えた時の対処法6. スキンシップを増やす・変える

恋愛において欠かせないのがスキンシップ。付き合っているうちに、スキンシップが減ったり、それがワンパターンだったりすることで倦怠期になっているという可能性も。

デートの時には手を繋ぐことも大切でしょうし、ハグや夜の営みをの回数を増やしたり、いつもと違うような変化をつけるということも大切ですよ。

そうすることで、彼女もドキドキして、付き合った当初を思い出すはずです。


彼女と倦怠期を迎えた時の対処法7. 距離感を変える

倦怠期では、彼女は彼氏に飽きてしまっていることが多いです。

一緒に居過ぎることが原因になっている場合もあるので、彼女と少し距離を置いて、連絡の頻度を下げてみるといいでしょう。

少し距離を置いて、いつもと違う生活を送ることで、あなたに対して新鮮な気持ちを取りもどしやすくなりますよ。連絡や会う頻度を下げて、あえて距離を置くことで、上手に倦怠期を乗り越えていきましょう。


彼女と倦怠期を迎えた時の対処法8. 自分の気持ちを伝える

付き合っている期間が長くなると、どうしても「好き」という言葉を交わさなくなってしまいがちですよね。それが倦怠期の原因になってることも。

好きな気持ちや今思っていることなどを素直に伝えることが大切です。ため込んだりして言わないままは、危険かもしれません。

気持ちを伝えることで、もう一度付き合いたての頃の新鮮な気持ちを思い出すことでしょう。


「倦怠期かな?」と感じたら早めに対処してみて。

倦怠期はどんなカップルにでも訪れる試練のようなもの。しかし乗り越えられず、別れてしまうカップルも多くいることでしょう。

「乗り越えられるのかな。」と不安はあるかもしれませんが、倦怠期の特徴をしっかりと把握し、乗り越えようと努力することが大切ですよ。

ぜひこの記事参考に、大好きな彼女と末永くお幸せに過ごしてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事