手紙でプロポーズをするメリットとは?彼女が喜ぶメッセージ内容や贈り方を紹介

手紙で彼女へプロポーズをしようか考えている男性へ。今記事では、手紙でプロポーズをするメリットから、彼女へ手紙でプロポーズする際のポイントまで詳しくご紹介します。手紙で書くのにおすすめな内容を解説するのでぜひ参考にしてみてください!

手紙でプロポーズをするメリットとは|主な魅力を解説

プロポーズを手紙でするメリットは

様々な形のプロポーズがありますが、今の時代だからこそあえて手紙でプロポーズする、というおしゃれな手法を選ぶ男性が増えています。しかし、どのような文章を書いたりどうやって手紙を渡したりすればいいのか分からない人も多いはず。

ここから、彼女が喜ぶ内容や感動する渡し方など、手紙でのプロポーズのメリットや魅力を詳しく紹介します。一世一代のプロポーズを成功に導くために、しっかり把握しておきましょう。


手紙でプロポーズするメリット1. ずっと保管できる

プロポーズの言葉や場所、シチュエーションは、結婚した後も一生思い出として残ります。その中でも、手紙でのプロポーズが成功した場合、その手紙をずっと保管でき、いくつになっても読み返すことができるのです。

結婚してしばらく経った時に保管した手紙を読み返すことで、恋人時代の気持ちを思い出したり、思い出話に花が咲いたりすることもあるでしょう。

自筆で一生懸命書いた手紙自体が二人の思い出の品として残ることが、手紙でのプロポーズの最大のメリットと言えます。


手紙でプロポーズするメリット2. 口下手でも気持ちを伝えやすい

一世一代のイベントであるプロポーズは、誰だって緊張するものです。特に、口下手な男性にとっては、緊張のあまり伝えたい言葉を忘れてしまったり、上手く伝えられなかったりしてしまうこともあるでしょう。

しかし、手紙でのプロポーズだと、事前に時間をかけて彼女に本当に伝えたい言葉を紡ぐことができ、緊張して本番で忘れることもないのです。また、口にすれば恥ずかしい言葉も手紙なら書くことができ、あなたの本当の気持ちを伝えやすくなるメリットもあります。


手紙でプロポーズするメリット3. サプライズできる

予期せぬプロポーズは、彼女にとって思い出深いものになるでしょう。手紙をプレゼントと同封したり、記念日に合わせて彼女の自宅に手紙を郵送したり、置き手紙にしたり、サプライズプロポーズとして手紙は有効活用することができます。

事前に大きな仕掛けを考えたり用意したりする必要はなく、普段の生活の延長線上でサプライズを仕掛けることができるのも、手紙でのプロポーズの魅力です。


返事の仕方は男性から指定するのがおすすめ!

手紙でのプロポーズの場合、目の前で渡しても郵送で渡しても注意しておきたいのが返事の仕方です。せっかくサプライズが成功したとしても、彼女がいつどのように返事をすればいいのか分からなくなる状態も予想されます。

次会った時に伝えてほしいのか、同じように手紙で返してほしいのか、いつまでに返事してほしいのか、など。返事の期限や仕方を手紙に書くことで、彼女の心理的な負担をなくしてあげる優しさもアピールすることができるでしょう。


彼女へ手紙でプロポーズする際の大事なポイントを徹底ガイド

手紙でプロポーズする時に大切なことは、自分の気持ちをしっかり彼女に伝えることです。せっかくなら、気持ちを込めて書いた手紙で喜ぶ彼女を見たいですよね。

しかし、どのようにすれば彼女に気持ちがきちんと届くのか、分からないという男性も多いはず。ここでは、書き方や渡し方など、手紙でプロポーズする際の大事なポイントを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。


手紙でプロポーズする際のポイント1. 彼女に合わせて文章の長さを調整する

手紙でプロポーズとなると、彼女への溢れる想いや二人の思い出など、いろいろ書きたいことが出てくるでしょう。

そこで大切になってくるのが、彼女の嗜好に合わせた長さの文章にすることです。シンプルなことを好む女性であれば単調直入に伝え、普段のメールやLINEで長文を好む女性であれば、馴れ初めや思い出、未来のことなどを書き綴ってある程度の長さの文章にすることをおすすめします。

手紙を受け取る彼女の気持ちや好みを考えた文章の長さを心掛けることで、あなたの気持ちが彼女にしっかり伝わるでしょう。


手紙でプロポーズする際のポイント2. 内容は分かりやすくシンプルに

プロポーズで彼女が求めていることは、あなたの率直な気持ちです。泣ける内容や感動する言葉を意識しすぎてダラダラと長い文章になってしまうと、彼女が読み疲れてしまったり、嬉しい喜びに浸りたいのに読むことに力を注いだりしてしまいます。

シンプルな内容の文章を心掛け、必ず端的に「結婚してください」の一言を入れるようにしてください。大切なのは「結婚してほしい」というあなたの気持ちをストレートに伝えることです。


手紙でプロポーズする際のポイント3. 便箋や封筒もおしゃれな物を用意する

手紙でプロポーズをしてOKをもらった時、手紙は思い出の品としてずっと残ります。

せっかくの手紙を何の変哲もない便箋や封筒で渡すことは、プロポーズの演出面においてもマイナスになってしまう恐れが。便箋や封筒を選ぶ際は、おしゃれなものや彼女が好きな色やキャラクター、二人の思い出の場所で買うなど、事前にしっかり考えておきましょう。

おしゃれな便箋や封筒を選ぶことで後から何度も読み返すきっかけとなり、彼女の中でプロポーズの時の感動や喜びが蘇りやすくなります。


手紙でプロポーズする際のポイント4. 渡し方も考える

手紙の渡し方は、様々なシチュエーションが考えられます。

彼女を目の前にして自分で読んで渡すのか、プレゼントの中に手紙を忍ばせるのか。さらに、彼女の自宅に郵送で送ったりデートの別れ際に渡したり、彼女一人で手紙を読んでもらうパターンも考えられます。手紙を贈る時に婚姻届を添えたり、手紙を指輪で留めたりなど、ロマンティックな演出も素敵です。

記念日だけでなく日常の中でさりげなく渡すこともできる手紙でのプロポーズは、渡し方を工夫することでより深い思い出として刻み込まれます。


女性が言われて嬉しいプロポーズの言葉とは?

「彼女が感動するプロポーズの言葉を」と思っても、女性が喜ぶ言葉は意外と分からないものです。プロポーズに限らず、回りくどくなりすぎて上手く伝わらなかった、ということは多々ありますよね。

女性が言われて嬉しいプロポーズの言葉は、シンプルでストレートな言葉です。「結婚してください」や「俺についてきてくれないか?」などの鉄板ワードは実は女性にとっては最も嬉しい言葉なのです。

他にも女性がプロポーズの時に言われたい言葉はたくさんあるので、彼女が感動する言葉をチェックしておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


手紙でプロポーズする時は彼女が感動するメッセージを伝えてみて。

事前に言葉や想いをまとめることができる手紙でのプロポーズは、しっかりと彼女に本当の気持ちを伝えることができます。緊張したり口下手だったり、照れて素直な言葉を言えない人も少なくないでしょう。

しかし手紙でのプロポーズなら、面と向かっては言えない言葉できちんと伝えることができ、さらに手紙自体が思い出の品として一生残ります。あなたの率直な気持ちを綴った手紙で、プロポーズを成功させましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事